『高齢化社会を担う「福祉理美容師」の仕事』

このエントリーをはてなブックマークに追加

「福祉理美容師」という言葉を聞いたことがありますか?

福祉理美容師は、介護が必要な方の施設などに訪問して、美容を施すことができる者のことを指します。

数年前に起きた大震災時にも、多くの福祉理美容師の方々が活躍された事がメディアでも取り上げられ、その知名度は少しずつですがあがってきたように感じます。

実際に、美容師をしている私の友人にも、昨年福祉理美容師の認定資格を取得した人もいます。

2228884605_786fb93312_o

 

 

 

 

 

 

Photo by  conmi

 

■福祉理美容師とは?

福祉理美容師の資格は国家資格ではなく、NPO法人日本理美容福祉協会が証明する認定資格です。

認定資格と言っても、そのレベルは非常に高く、高齢者や身体の不自由な方々へ、不安なく理美容のサービスを提供するため、理美容師資格だけでなく介護福祉の基本知識を備え、寝たきりのカットやシャンプー技法などを学んだ、いわばスペシャリストを輩出するためのものです。

 

■今後注目の福祉理美容

前述した美容師の友人。彼女は東京都内で美容師として働きながら、この福祉理美容師の認定資格を取得しました。しかしこうした制度があること事態がまだ広まっていないこともあり、利用者は多くはないと言っていました。

昨年は半年間で数回程しか、出張美容師としてお客様のご自宅を訪問する機会がなかったようです。そんな数少ない利用者しかいないのが現状ですが、それでも彼女はこの出張理美容に拘るのは、美容サービスを提供することによって、元気になってくれる方々の顔を見るのが嬉しいからだそうです。

「久しぶりに気持ち良かったわ~、有難う!」

これは、足を悪くされて外出が難しくなってしまった、シニア女性のご自宅に訪問した時にかけて頂いた言葉だそうです。その言葉が本当に嬉しく、そしてその時に見せて下さる笑顔に、自分まで元気をもらえると彼女は言っていました。

こうした高齢者向けのサービスは、今後日本が迎える超高齢化社会を担う仕事として増加していくのではないでしょうか。

チャントチャントでは、このような高齢者向けのサービスなどを行う人たちをサポートしたり、もっと多くの方にサービスを知ってもらえるようにご紹介させて頂き、少しでも多くのシニアの方々が笑顔で快適に暮らせるよう応援させて頂きます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です