『 名前がない社会 』

2022年から、つまりあと1年ちょっとで団塊の世代が75歳以上になり始めます。

その団塊の世代の約800万人が75歳以上となる2025年がいよいよ目前です。

コロナで大変なときに、という気持ちもわかりますがこちらも目を背けられない現実です。

 

『 75歳 』

よく65歳以上を高齢者といいますが、あの郷ひろみだって65歳ですから、いまの65歳はめちゃくちゃ若いと思います。

これは見た目だけの話ではありません。

2017年に日本老年学会・日本老年医学会は、75歳以上を「高齢者」、65歳以上74歳以下を「准高齢者」とする新たな定義を提言しています。

多くの科学的なデータをもとに検証したところ、現在の高齢者は10年前に比べて身体の働きや知的能力が5~10歳は若返っていると判断したからなんだそうです。

これまで、高齢者は65歳以上とされてきました。

1956年にWHO(世界保健機関)が発表した「65歳以上の人口が全人口の7%を超えると高齢化社会とする」

当時の日本人の平均寿命は66歳、平均寿命を超えた人はみな高齢者だったようです。

あれから64年、今の平均寿命は84歳くらいですから、昔の65歳と今の65歳は全く違うわけです。

そして昔に比べて10歳若返ったとされる現在では”75歳”がキーワードになっています。

 

『 ごえん 』

75歳以上になると、いわゆる寝たきりの原因になる大腿骨(太ももの付け根にある骨)の骨折が増えます。

骨粗鬆症や、サルコペニア(ギリシャ語の「サルコ=筋肉」「ペニア=減少」を組み合わせた言葉)という筋肉量が減少してしまう状態にもなりやすくなります。

がんになりやすい年代も75~79歳がピークで、糖尿病や高血圧などの生活習慣病や動脈硬化による血管障害、膝や腰に影響がでる関節障害、またこれからの時期に気をつけなければならない肺炎での死亡者も75歳以上がピークになります。

もちろん75歳以上でも元気な方は多いですが、病気になりやすいのも事実です。

 

食べ物や飲み物を飲み込むことを嚥下(えんげ)といいますが、その食べ物や飲み物が本来通るはずの食道に行かず、誤って気管の方に流れていくことを間違った嚥下、誤嚥(ごえん)といいます。

味噌汁を飲んだらむせるとか、お茶を飲むときに咳き込む方は注意が必要です。

それは口の中にいる細菌が肺にいっておこる誤嚥性肺炎で亡くなる方が高齢になると圧倒的に多いからです。

肺炎で死亡する方は冬場が多く、また約98%が65歳以上と言われていますが、特に75歳以上から急激に死亡率が上がります。そしてその70%近くが誤嚥性肺炎です。

耳の下辺りにある耳下腺などが唾液をつくりますが、年齢とともにその機能が衰えて唾液が少なくなります。

唾液には口の中の細菌を殺す役割もありますので、結果的に年齢とともに口の中の細菌が増えやすくなります。

年齢とともに増える口腔感染症、ドライマウス、こういう口腔内の衰えをオーラルフレイルなんてよんでいるようです。

マスクはもちろん大切ですが、口の中を清潔にすることや、唾液を増やすことが大切です。

唾液を増やすためにはよく噛むことはもちろんのこと、会話をすることも大切だと言われています。

コロナであまり人と会わなくなり会話の機会も減っているいま、より気をつけなければならないことだと思います。

 

『 名前がない社会 』

1000万人以上が感染し、24万人以上がコロナで死亡したアメリカは、その大きな原因として医療保険制度があげられていますが、日本では今のところ国民皆保険制度によって全国各地で安心して医療が受けられます。

ただこれから75歳以上の人口が増えていくと、これからも今と同じような医療が受けれるかは不透明です。

もしもコロナが無かったとしても、以前から逼迫していた社会保障費の問題は、コロナの景気に及ぼす影響も含めてより深刻になるのは目に見えています。

65歳以上の人口が全人口の7%を超えると高齢化社会、14%を超えると高齢化社会の”化”が取れて高齢社会、21%を超えると超高齢社会と高齢化率が7%増えるごとに呼び名が変わります。

総務省が9月20日に公表した「統計からみた我が国の高齢者『敬老の日』にちなんで」によると現在65歳以上の高齢者数は3617万人で、総人口に占める割合は28.7%なんだそうです。

7%ごとに名前が変わるなら、28%を超えた日本は既に超高齢社会ではありません。

そのさらに上の社会ということとなり、あてはまる名前がないほど高齢化率が高い、日本は名前がない社会です。

そしてさかんに求められているのは高齢者の自立です。

 

自分のことは自分でする、自立が大切、理屈ではわかってはいるけど、高齢者が増える社会の暗くて大変な問題点ばかりがクローズアップされているのは、なんだか違うなぁと、せっかく長生きの時代になったのに、なんだかなぁと

そんな中で

「高齢者が増えることはそんな問題なんだろうか?」

「もしかしたらそれは素晴らしいことなんじゃないか」

と思って始まったちゃんとちゃんとの学校ですが、名前がつかないほどの超高齢社会の困りごとを解決する学校ではなく、年齢を重ねることの素晴らしさを証明する学校でありたいと思います。うまく伝えられませんがそう思います。

 

ちゃんとちゃんとの学校ではシーズン3をスタートしています。

「100歳図書館」や「ちゃんとちゃんとハウス」など、どれもが長生きすることの価値を改めて考えさせられる魅力的なプロジェクトが進み始めています。

是非一緒に参加してみませんか?

 

 

 

『 シニアの再生可能エネルギー 』

人間の醜い部分だけを寄せ集めたようなアメリカの大統領選は、見ているだけで胸焼けします。

当選するまではいいことばっかり言って、当選したら裏切られるのが日本のパターンですが、アメリカは逆なんだなぁと思ったり、また74歳と78歳とのシニアの戦いでもあるんだなぁとも思ったりしています。

 

そして新しいリーダーがぬるりと決まった日本では「温室効果ガスの排出量を2050年までに実質ゼロにする」という方針が発表されたばかりですが、その目標を達成するために注目されているもの、それが再生可能エネルギーです。

再生可能エネルギー(Renewable Energy)とは、石油や石炭、天然ガスといった有限な資源である化石エネルギーとは違い、太陽光や風力、地熱といった地球資源の一部など自然界に常に存在するエネルギーのことで、その特徴は「枯渇しない」「どこにでも存在する」「CO2を排出しない」の3点だといわれています。 

 

『 開きます、職員室 』

シーズン3がいよいよスタートした「ちゃんとちゃんとの学校」ですがシーズン3ではテーマを ”開け職員室” としています。

 

運営側と参加者の方々との壁をとっぱらい、まだちゃんとちゃんとの学校を知らない人なども含め、より多くの人に活動に加わっていただいて、今まで以上に魅力的な今まで以上に雑多な学校にしようということで、いつものようにスローなスタートをしております。

 

シーズン3で特に力を入れたい企画のひとつが、昨年も大好評だった『100歳図書館』です。シーズン3ではオンライン化した『 つなぐ100歳図書館 』として来年の3月をひとつのゴールとして始めていきます。

ただ、そもそも「100歳図書館って何?」など疑問に思うこともあると思いますので、少しだけ書かせていただきます。

 

『 100歳図書館とは 』

自分自身の人生最高の写真を使いながら人生の一場面を語り、参加者の方々と対話するという対話型の授業プログラムです。

“誰かの人生が誰かの人生に元気を与える”

そんなことができるんじゃないかというこの授業は、一冊の本を読むよりも1人の体験を聞くほうがためになるという、2000年にデンマークのコペンハーゲンで開催される野外ロックフェス”ロスキルド・フェス”から始まったとされる「ヒューマンライブラリー」の要素や

また1960年代にアメリカの精神科医であるロバート・バトラーによって始まった「回想法」(昔の写真や使っていた馴染みの物を見たり、音楽を聴いたりすることで昔の体験や思い出を語り合う心理療法)などの要素も含みますが

そういう方法とは一線を画す「100歳図書館」は他にはない世界でひとつしかない体験だと思います。

 

ちゃんとちゃんとの学校には「3つのじりつ」という考え方があります。

自律・誰かの助けがあればできる

自立・好きなことができる

地立・誰かのためにできる 

 

ひとことで「じりつ」と言っても分野ごとに意味合いが違います。

ちゃんとちゃんとの学校ではこの”3つのじりつ”が全て実現できるような学校でありたいと考えています。

その3つのじりつが全てが集約されたもの、そしてちゃんとちゃんとの学校の目指しているものが体験できるもの、それが「100歳図書館」だと思います。

 

『 たきびと 』

100歳図書館では写真を使いながら話をしていただく主役になるストーリーテラーの方と、そしてそのストーリーテラーの方をサポートするアシスタントの方との二人三脚で進めていきます。

 

写真選びから内容の確認、当日の進行までしていただくこのアシスタントの役割は、ストーリーテラーの方と同じくらいに重要です。

ストーリーテラーの方の心に火をつけて、発表まで導いていくこの役割をちゃんとちゃんとの学校では “たきびと” と呼ぶことにしました。

このたきびとがいなければ100歳図書館は成り立ちません。

例えば最初の工程である写真を選ぶことは、自分自身の人生をあらためて振り返ることになります。また過去の出来事は第三者からみれば違う意味をもつこともあります。

どうしても自分の過去に否定的だったり卑下したりすることが多いご高齢な方に対して、違う立場から見るとそれは実はすごいことなんだということも多々あります。

それをたきびとが素直に伝えることは、今までのその人の生きてきた足跡を肯定することにもなります。

 

過去は変えられないけれども過去の捉え方は変えられるはずです、そしてそれはこれから進んでいくためのエネルギーにもなります。

そんな重要なたきびとには、何よりもストーリーテラーの方との信頼関係が大切だと思います。

 

 

『 ビルドアップ 』

サッカーではパスをつないで組み立てるサッカーと、それをさせないようにジャマをするサッカーがあります。創造と破壊といったところでしょうか。

 

どちらが良いのか、どちらが強いのか?それは永遠に分からないですが、どちらが好きかというとやはり組み立てるサッカーです、それはやっぱり楽しいからだと思います。

ゴールキーパーからまずはディフェンダーにパスをして、ほとんどの選手がボールに触って試行錯誤しながらゴールを目指していくパスサッカーは、たった1本のロングパスでゴールを目指すサッカーとは違います。

 

みんなで組み立てていく、そんなサッカーがやっぱり面白いと思います。その組み立てていくことをビルドアップといいます。

 

ちゃんとちゃんとの学校ではシニアの力が社会を豊かにする新たなエネルギーになればと考えています。

 

再生可能エネルギーの特徴は「枯渇しない」「どこにでも存在する」「CO2を排出しない」ですから、COは多少出しますがそれ以上に社会を元気にしたり、頭でっかちで角ばった社会を柔らかくしてくれたりする気がします。

そんな年齢を重ねていくことに新たな価値をつくる『ちゃんとちゃんとの学校』もいよいよ新しいシーズンを迎えます。

新しいシーズンもどうせなら楽しくビルドアップをしていこうと思っています。

またお知らせしますので、是非ご一緒に!

『 あの人に聞いてみよう 』

もしもビートルズが存在しない世界だったらという映画「YESTERDAY」を見ました。

 

やっぱりビートルズの楽曲は素晴らしく、そして映画では78歳になったジョンレノンが「幸せになる秘訣を知りたいか?愛する女に愛を伝え、嘘をつかずに生きることだ」と言っていました。

なかなか言えないこんな言葉もジョンレノンなら許されるわけです。

 

ジョンレノンがもし生きていたなら、こんな時代にどんな歌を書いたんだろう、と想像してみるとワクワクします。

 

『 道標 』

おばあちゃんのぽたぽた焼きは安定の美味しさですが、小袋の裏に書いてあるおばあちゃんの知恵袋が楽しみのひとつでした。

「タクシーに乗るときは左側に荷物を置けば忘れない」と書いてあったことを覚えています、当時タクシーなんて乗らない小学生だった私も「確かに、、」と妙に納得していました。

 

そしてその「おばあちゃんの知恵袋」はいまは無くなり「みんなの知恵袋」に変わったようです。

あれはおばあちゃんだから良いのになぁ、わかってないなぁ。

 

自分では抱えきれないような問題が起こったときに、あの人ならどうするだろう?と考えるような人は誰にも1人や2人はいる気がします。それは父親であり母親であり、教師や上司や友人かもしれません。

 

そういうときには何が正しいか何が間違えなのかを知りたいわけではなく、たとえ間違えたとしても自分が納得する答えが知りたいのかもしれません。

どっちが得かどっちが損か、それだけで全ての生き方を決めていくのはなんだかつまらない、一度きりの人生なのに。

 

そんな無意識に意識してしまう道標みたいな人が、生きていくためには必要だと思います。

 

『 あの人に聞いてみたい 』

こんなコロナの時代だからこそ色々な方から話を聞いてみたいと思っています。それは同じ状況であっても人によって感じ方や考え方が違うからです、そこにはギャップがあり救いがある気がします。

感染症の専門家だけじゃなく、子供から大人まで色々な人に聞いてみたいです。

 

今回のコロナでは情報がありすぎて迷ったり困ったり、そして便利だと信じこまされてきたものが、実はあまり役にたたなかったり、物知りになり分かったような気になっていたつもりが全く分かっていなかったり、、、道を知っているのと道を歩いたことがあるのとは違うということを思い知らされました。

 

そんな中にあってより大切なことは実体験だとも感じました。やっぱり経験というのは思っていた以上に価値があるし生きてきた経験はとてもネットには載せきれないほどの情報量があります。

 

色々な困難を乗り越えながら、地に足をつけて一歩ずつ歩いてきたリアルな暮らしの中には、こんな答えがない時代を乗り越えていくヒントがあると思っています。

 

コロナが世界中でパンデミックをおこしている最中、英東部ベッドフォードシャーに住む第2次世界大戦で従軍したトム・ムーア退役大尉は、新型コロナウイルスとの闘いで最前線に立つ医療従事者らを支援しようと、NHS(国民保険サービス)に1000ポンド(約13万円)の寄付金を募るキャンペーンを開始しました。

4月30日に100歳の誕生日を迎えるその日までに自宅の庭を100往復すると宣言したムーアさん、歩行補助器を使いながら庭を往復するムーアさんの姿をニュースで見た人も多いはずです。

同じようにこの姿を見た世界中の人から3890万ポンド(約51億円)もの寄付が集まったとのことで、この出来事が映画になることも決まったようです。

何がこんなにも世界中の人の心を動かしたのか、理屈や言葉だけでは伝わらない何かがあの短い動画にはあったはずです。

 

 

生きている間は誰もがいつも何かの途中です、止まっているようで止まることはありません。

そんな慌ただしい日常に疲れてしまったときに、綺麗な見栄えだけのつくりものの言葉より、長い時間を過ごしてきたその経験から生まれたシニアの方から出る何気ない言葉には、人を元気にしたり、その言葉に救われたりすることがあります。

こんなときだからこそ、シニア世代の方が困難を乗り越えてきた話を聞かせていただきたいです。その話がどこかの誰かを元気にしたり、癒やしたり、イギリスのムーアさんのように世界を動かしたり、そんなことが出来たら素敵だなぁとよく思っています。

 

大切な試験の前とか、重要なプレゼン、雨の中になかなか来ないバスを待っているとき、そんなときにスマホでシニアの方の短い動画を見て、少し楽になったり、元気をとりもどしたり、いつかそんなことができたら素晴らしいし、生きてきた経験には想像以上にもっと価値があるんじゃないかと思っています。

 

というかそんなことをちゃんとちゃんとでやりたいと思います。