『 ピタゴラスイッチ 』

無い無いと聞いたら欲しくなることがありますが、自分の周りの人達が無い無いと言いだすとさらに気になるもんだと思います。

偶然立ち寄ったスーパーの売り場を覗いてみるとやっぱり無い、ダメもとで店員さんに聞いてみる。

60代くらいのいかにも仕事が出来そうな女性の店員さんが「たったいま入ったところです!」突然救世主のように見えた店員さんは届いたばかりのダンボール箱をエプロンのポケットから取り出したハサミで器用に開けて、キラキラ輝く?それを取り出しました。いま話題の『どうぶつの森』というゲームです。

「今なら本体もありますよ!」と言われたので持ち運び用の本体とソフトを衝動買いしました、お金とマスクが届くことを信じて。

 

『 どうぶつの森 』

どうぶつの森は無人島でのテント暮らしから始まります、住人は動物で(人間も動物ですが)その島で釣りをしたり虫を獲ったりと好き勝手に暮らすというゲームです。

やり始めるとまず意外にシビアです、まず移住のための費用のローン返済が始まります。

それからすぐ壊れる釣竿や虫取り網にイライラしながら、支配者のようなタヌキにローン返済するために働きつづけます、ボーッとして全然働かない他の住人達の代わりに島を住みやすくしていくため、ただただ働きます。

実際の株のように値段が変動するカブ(野菜)を買って大儲けしようとしたりする要素もあるこのゲームは、可愛いキャラクターとはかなりギャップがあり、まあなんだか普通の生活みたいで、なかなか生々しいです。

そしてオンラインで離れた友人を自分の島に呼んだり、友達の島に遊びに行ったりできるのも人気の理由です。会いたくても会えないステイホームの時代にあっていたのだと思います。

ファッションや家のインテリアなど数多くのアイテムがありますが、イギリスに拠点を置くインテリア専門企業Olivia’sは新たなサービスとして『あつ森』におけるインテリアコーディネートのコンサルタントを開始するというニュースがありました、つまりバーチャル・インテリアコーディネーターです。

費用は1時間につき40ポンド(日本円で約5200円)のようです。高いのか安いのか、もうよく分からない話です。

 

世界的にも大ヒットしている『あつ森』がなぜここまでの人気があるのかは、ステイホームで会えない誰かと会えるだけではなく、島では色々なことを頼まれたり、毎日のようにやらなきゃならないことがあります、例えば草むしりをしないとそのうち島は雑草だらけになります。

「早起きは確かに面倒だけど、朝起きてやらなきゃならないことがある人は幸せだ」と誰かが言ってましたが、『あつ森』の人気の理由は誰かに必要とされていることを感じることが出来るからなんじゃないかと思います。

 

『 ピタゴラスイッチ 』

ニュージャージーと言えば初めて買ったボンジョビのアルバムを思い出しますが、今回の新型コロナウイルスでアメリカの死亡者数は10万人を超える事態となっています。

死亡者数が最悪なニューヨーク州に次いで死亡者が多かったのがニュージャージー州なんだそうです。

このニュージャージーで話題になっているのは、ナーシング・ホームです。ナーシングホームは、日本の老人ホームと老人病院を合わせたような高齢者向けの居住型福祉施設です。

コロナによってニュージャージーで死亡した1万1000人のうち5400人がナーシング・ホーム入所者で、全入所者の13人に1人が死亡したというニュースを見ました。ニュージャージー州とニューヨーク州では「施設の高齢者は重症化しても病院に移送しない」という方針が出されたことが関係しているのではとのことでした。

理由としては、施設にはベッドがあるので治療が可能ということのようですが、やはり病院と同じようにはいかなかったということで、高齢者を医療の対象から除外していたようなものだったことが問題になっています。

緊急時には何かを決めなければならないのは分かっていながら、残念で残酷な話だと思いました。

 

コロナの非常事態の中で多くの仕事が休業や、形を変えたりしています。「不要不急の外出はしないでください」と言われるときに「あなたの仕事は本当にいるの?」と言われているようでした。

確かに医療や物資の運搬などの仕事に携わっている人からすれば私の仕事は必要じゃないのかもしれないと思いましたし、それと同時にこれはなんだか嫌だなぁとも感じました。

必要かどうかを知らない誰かに決められるほど嫌なことはないなぁと。

 

多様性なんて言葉がよく使われていますが、パンデミックによってあらためて日本だけでも様々な人達がいて、世界に目を向けても様々な人達がいるんだと、あまりにも知らなかった自分がいました。

年齢、仕事や、身体の不自由な方、様々な習慣、大切にしている文化や信仰、医療や介護などの体制、衛生的とはいえない環境、それは共通の問題を抱えることになったからこそ、よりその違いが明確になってきた気がします、世界がそんなバラバラのパーツで出来ているんだとも思いました。

 

 

ピタゴラスイッチは大好きな番組のひとつですが、そのピタゴラ装置に使われるものは、オタマや、鉛筆、トイレットペーパー、金づち、、などなどたくさんの全く関係のないものを組み合わせてつくります。

効率化を目指して無駄なものを省いていくとピタゴラスイッチは面白くないし、一瞬で終わってしまいます。効率化とは真逆で無駄が多いから面白いし、バラバラの関係のないものがひとつでも欠けるとうまくいかないところがいちばんの魅力でもあります。

コロナが無くならないとすると、新しい生活が必要になりますが、気をつけながらもそれぞれが大切なものを、同じような想いの人が集まって守っていくしかない気がします。

動物がいないどうぶつの森なんて、高齢者がいない社会なんて、面白くありません。

 

 

『 おこりんぼママ 』

大好きだけど、子どもや奥さんはあまり読まなかった絵本が『おこりんぼママ』というドイツの作家ユッタ・バウアーの絵本です。

ペンギンの親子の話で、ママに怒られた子どもの身体がバラバラになって飛んでいきます、まるでバッファローマンがミート君をバラバラにしたみたいに身体のパーツが遥か遠くに飛んでいってしまいます。

現実だと恐ろしい話ですが、そこは絵本なので、可愛らしく描かれています。

ママは子どもの身体を集めるために宇宙に行ったり、海に潜ったり、ジャングルにまで行きバラバラになった身体を拾い集めます。そしてなんとか集めたパーツを縫い合わせ元通りにします。

個人的には気に入っているシンプルで深い絵本です。

 

『 抗体 』

なぜもっと政治に関心をもたなかったのか?

と反省しても後の祭りですが、人やシステムの問題もありますが新たな手を打つにしても正確な現在地すら分からない状態ですから、そこが一番の問題かもしれません。

そんな中、いま気になっているのは毎日報道されている検査数が少ない感染者の数よりも、抗体のことです。

「抗原は、病原性のウイルスや細菌、花粉、卵、小麦などの生体に免疫応答を引き起こす物質で、抗体は、体内に入った抗原を体外へ排除するために作られる免疫グロブリンというタンパク質の総称です。」 とヤクルト中央研究所のHPに書いてありました。

慶応大学病院が今月13〜19日の間に、新型コロナウイルス以外の患者67人に対して、感染しているかどうか調べる検査を行ったところ、およそ6%の4人が陽性だったことが分かりました。
患者は全員、新型コロナウイルスに感染した際に見られる症状はありませんでした。
 
またニューヨークでは23日、州内で無作為に選んだ3000人に新型コロナウイルスの抗体検査を行った結果、14%近くの人が抗体を持っていることがわかったと発表したようです。
 
思っていたよりも多くの人が知らない間に感染しているのかもしれないということで、それは知らずに感染を広げてしまうという恐ろしい問題です。
 
一方で抗体をもつ人が6割を超えると感染は拡大しなくなるようなので、ワクチンや特効薬ができるよりも早く落ち着いてくれるのではないかと、詳しいことはよくわからないですが久しぶりに少し希望を持ちました。
 

 

『 距離 』

仕事やちゃんとちゃんとも、これからどうしたもんかなぁ?と悩んでいる日々を過ごしていますが、今回は世界中の人も同じように悩んでいるのだと思えば少しは気が楽になります。

そして何となく感じることは、ソーシャルディスタンスだとか外出制限だとかを頭では理解していても、どこかで無理をしていて余裕が無くなっている気がします。

物理的な人と人との距離が離れていくことはやっぱり寂しいことですね。物理的には無理であったとしても他の方法でもっと穴埋めできないかとよく思います。

どんどんオンライン化が始まっているようですが、会議だったり、情報の伝達や共有には十分だと思いますが、やっぱりそれだけだとさみしいなぁと、物足りないなぁと思ってしまいます。

YouTubeで無観客のライブを観たりも悪くはないと思いますが、やっぱりその場所にいるのとは違います。

おそらく実際に会うことには、その場所に一緒にいることはそれ以上の価値があるんだと思います。

学校、仕事、病院、日常会話、買い物、今までは人と人で出来ていた仕組みが難しくなります。ずっとなのか、全てなのかはさておき、これらはどんどんオンライン化が進んでいくはずです。

今回のオンライン化は、ある意味必要を迫られてのオンライン化ですから、まだまだ良くなっていくはずですが、あくまで使うのは人間ですから、そこには人間らしさも忘れないで欲しいもんです。

 

『 抗体 』

自分のことで精一杯のときに介護崩壊のニュースをテレビで見ました。新型コロナウイルス感染において避けなければならない3密(密閉、密集、密接)の場所になるのが介護施設です。

施設内で集団感染が発生している現状があっても、必要とする人がいるために休業要請が出ていません。介護従事者の感染リスクやマスクや消毒液など衛生用品の不足、事業所の人手不足など「介護崩壊」の危機が迫っているようです。

「医療崩壊」がよく報道されていますが同じくらい深刻な問題ではないでしょうか。介護は医療と同じく私達の暮らしを支えてくれている必要不可欠なものです。

そんな中ちょっと幅広く視点を変えて「シニア世代の方々が困っていることはなんなんだろう?」と思ったら少しずつやるべきことが見えてきました。

「ちゃんとちゃんとの学校」はシニアのジリツを支援するスクール型のコミュニティです

アクティブシニアに対する介護予防のスペシャリストや、介護が必要なケアシニアに対して活動されている介護関係のスペシャリスト、食を通じて自立支援をするスペシャリスト、また地域を元気づけるために大活躍するシニアの方々が協力してくれています。

シニアの方々も本当に多様化しています。こんな時でも頑張っているシニアの方々がたくさんおられます、僕は逆にそんな方々に元気をいただいています。いまさらですが、やっぱりお年寄りは偉大です。

コロナ禍によってもたらされた多くの気がつかないような分断を、少しでも補うためにはシニア世代の方々もオンライン化が必要だと思います。

ただの情報だけを繋ぐオンライン化ではなく、そこには人と人が会うときに与え合うような感覚や価値が少しでもあればいいと思いますし、そんな目に見えない糸を繋ぎ合わせていくことができるのは日頃からシニアの近くにいるシニア支援のチームの強みじゃないかと思います。

誰もが先が見えない現状です。これからは人と人が触れ合う時代が来なくなるわけではなく、いつかは今までのような暮らしが戻ってくると思います。

それが戻ってきたときには、今まで以上に人生を豊かにする手段が増えたと考えるべきじゃないかと思います。

ペンギンの子どもは怒られてバラバラになり、ママが身体を集めて縫い合わせ元の姿に戻りました。

子どもはバラバラにされる前よりも多分強くなったのではないでしょうか、お母さんに怒られるのも子どもがこれからも強く生きていけるように抗体をつくっているのだと思います。

成長していくためには必要なことなんだと思います。

人類はパンデミックを100年に1度くらい経験して、多くの犠牲者を出しながらもなんとか打ち勝っていまに至っています。

最近はどうせ大変な思いをするなら自分達の世代で良かったような気もしてきました。頑張りましょう。

 

 

 

『 What a Wonderful World 』

家に居ろと言われたら喜んで引き篭もりたい人間ですが、普段から家に居ない人間には居場所もなく、家族のそれぞれの居場所を邪魔しないようにソファーには座らず、すみっこにあるバランスボールを椅子の代わりとして過ごしています。

今しかできないことはないのかな?と色々と考えたり、漠然とした不安を感じながらも新しい働き方を考えたり、新しいちゃんとちゃんとのカタチを考えたり、まあダラダラしながらも無意識に探し物を探している気がします。

そしてカバンの中も机の中も探したけれど見つからないので夢の中へ行きたい気分です。

 

『what a wonderful world』

what a wonderful world』は学生時代に友達がバイトしていたオカマバーで暇なときに歌っていました。福岡から来た変わり者の友達はルイ・アームストロングが好きで声の低い私にモノマネの指導をして歌わせて、1人だけ喜んでいたのを覚えています。

 

作詞・作曲は、G・ダグラスとジョージ・デヴィッド・ワイスの二人で、ベトナム戦争の最中につくられたこの歌は歌詞の内容からは想像できないですが、反戦歌のようです。

映画『グッドモーニング、ベトナム』ではベトナム戦争で無差別に殺される民間人や、戦争の歯車にされて犠牲になる若い兵隊が映される中、ラジオのDJに扮したロビン・ウィリアムズがこの曲をかけます。

また1996年に人類を50億人も殺したウイルスがばら撒かれ、それを阻止するために2035年からタイムスリップしてくるというSF映画『12モンキーズ』、ブラッド・ピットやブルース・ウィルスが出演したこの映画のエンディングにも”この素晴らしき世界”が使われていました。

“緑の木々が見える
赤いバラも君と僕のために咲いているんだ
なんて素晴らしい世界なんだろう
真っ青な空や白い雲が見える
輝かしい祝福の昼
そして暗く神聖な夜
心から思うよ
なんて素晴らしい世界なんだろう”

当たり前の日常の素晴らしさはいつもは気がつかない、失われたときにやっと気がつくことだと思います、より強く鮮明に。

 

『 探し物 』

大好きなサッカーがとうとう見れなくなり、仕事と託けて居酒屋でお酒をのむことも、大幅に仕事のスケジュールを変更したり、また大切な人と会うこともできなくなったりと、徐々にそんな生活に慣れつつあります。

とは言え、こんないい加減な自分でさえ少なからずストレスがたまっているわけですから、他のちゃんとした方々はもっとストレスを感じているはずです。

目に見えないストレスに対して、自分自身が求めているものにぼんやりと気がつきました。

それが映画や、音楽や、お笑いなど、一般的には生活必需品とは言われないものを求めていたり、そしてそういうものに救われています。

探し物は見つからないけど、どこかで無意識にそういうものを探している自分がいました。

どんなときでもポジティブシンキングは大切ですが、見方を変えればそれは”思考停止”にもなりますから、名前の響きほどはいいもんじゃないのかもしれません。ただの気晴らしや現実逃避なのかもしれません。

けれどもいまは必要かもしれません。決して明るくはない現実を受けとめながらも、受け止めきれない現実に対しては、支えになるものが誰にとっても必要だと思います。

シニア支援に関わる人たちが集まるちゃんとちゃんとの学校の皆さまもそうでしょうし、たくさんの人が集まったり、人と人が触れ合う場所にいた私からすると、よりそう思います。

物理的な距離が離れれば離れるほど、心の距離を縮めたくなります、そしてそれは私だけではないのではないでしょうか。

それはギスギスした今の世の中を見ているとそう思います。やっぱりシニア支援と心の触れ合いは切っては切れない間柄なんだと思います。

いつものようにぼんやりとしたコラムですが、でも何か探し物のヒントは見つけたような気がしています。

今までとは違うカタチで心の距離を近づける、そんなちゃんとちゃんとを探していきたいと思います、こんなときだから。