『 人の図書館をつくりたい 』

嬉しさのあまり、思いっきりジャンプして頭をコンクリートにぶつけ、星がチカチカ飛んで、その頃からあまり喜びを表現しなくなった気がします。

うまくいっているときにも喜ばず、慎重に、油断しないようにしてきたのも、今にして思うとその影響なのかもしれません。

そんなこともあってか全身を使って喜びを表現している子どもの姿にはどこか羨ましさがあります。そしていい歳しても子どものように喜んだり泣いたり出来るような大人でもありたいとも思います。

 

子どもに「なぜ勉強しないといけないの?」と聞かれたら「死なないため」と答えてきましたが、学ぶことは学校での授業だけではなく、生きているとそこいら中にある気がします。

食べることを教わって、歩くことを教わって、病気になり健康の有り難さを教わって、大切な人との別れから永遠はないことを教わったり、普段の生活の中にはいつでもどこかに学びがあります。

 

『 エビバディシンギン 』

本来なら一昨年の12月に幸田さんと行く予定だったイエモンのライブがコロナで延期になり、昨年の11月に東京ドームで振替的なライブがありました。

今回はオンラインで観ましたが、東京ドームでは入場者数を制限してマスクを着用し距離をとり、声も出せない、拍手だけのライブでした。

シーンとした東京ドームで始まったライブは観客のいつもの歓声や歌声がない異様な雰囲気と緊張感がありました。

名曲「ジャム」が始まりますが、一緒に歌う人はもちろん誰もいません。

そんな中ボーカルの吉井和哉がロビンが叫びました「エビバディシンギン!」え?、と思った瞬間、東京ドームに観客の歌声が鳴り響きます、歌ってはいけないはずなのに、、

これは事前にファンがカラオケボックスなどで収録された歌声を集めて流した演出でした。

コロナの色々な制限の中でもあきらめない、そこに関わるたくさんの人達の願いみたいなものが歌声になっていたような、感動的なシーンでした。

 

『 学 』

本来なら動物はすぐに死なない為に学ぶのかもしれません。なんだか最近は人間もやっぱりケモノだなぁと思うことが多々ありますが、やはり人間には他に学ぶ理由があって欲しいなぁと思うのです。

同じものを見て、同じような経験をしたとしても人それぞれ感じるものは違います。違うことはとても面白いし、救いがある気がします。

辛い時には誰もが暗い気持ちになりますが、辛いときに明るくできる人がいて、涙を笑いに変えるような人がいるわけです。

自分のフィルターだけを通して物事を見ていると、どうしても一方通行で同じ色にしか見えなくなりがちです。

世代や価値観の違う自分以外の人の考えや生き方を知ることは、コロナで灰色になってしまった景色をカラフルに変えてくれる力があると思います。

 

『 人の図書館をつくりたい 』

ちゃんとちゃんとの学校で取り組んできた”長生きの新たな価値”を見つける『100歳図書館』では、本番に向けて慣れないペースアップをして準備を進めています。

写真を使いながら人生の経験を語っていただく語り部である炎心(えんしん)さんと、サポートしてくれるたきびとさんと一緒に写真選びや人生の経験の一部をお聞きしています。

そして本番ではないのに、もうすでに毎回のように学びがあり、心を揺さぶられています。

なぜこんなに、今まで知らなかったはずの人の話に感動するのだろうか?

 

それは実体験だからなんだと思います。

話を聞いている側は自分も体験したような、まるで映画や本を見たような気持ちにもなります。

話をしている側は自分の生きて来た道を振り返って、いまの自分と過去の自分とのつながりを再確認します。

情報にあふれた今の時代は誰もが物知りで、知らないことはスマホがあればすぐにでも調べることができます。

そんな時代に足りないものが、実体験ではないかと思います。100歳図書館には古くて新しい学びがあります、そしてなんだかその空間が愛おしくて好きになります。

それはリアルな人生の匂いみたいなものが、そこにあるからなのかもしれません。

 

人はずっと昔から炎を囲んで語り合っていたのではないでしょうか、相談したり励ましたり、ラジオもテレビもネットもない今以上に全く先が見えない中でも、みんなで前を向くためのエネルギーみたいなものを会話の中に探していた気がします。

人はやっぱり1人では生きていけないのではないでしょうか。

こんな時に楽な人なんていないと思いますが、困難に直面するときにはそれと同じくらいのことを学んでいるはずです。

そしてこんなときだからこそ、「誰かの人生がどこかの誰かを元気にすることだってある」と信じて100歳図書館をスタートしたいと思います。

2月7日は、ちゃんとちゃんとの学校の新しい挑戦のスタートになります。

少しでもこの図書館の魅力が誰かに伝わりますように。

 

100歳図書館についてはこちらをどうぞ。

 

『 あと何回 』

「ぱさぱさに乾いてゆく心を
ひとのせいにはするな
みずから水やりを怠っておいて

気難しくなってきたのを
友人のせいにはするな
しなやかさを失ったのはどちらなのか

苛立つのを
近親のせいにはするな
なにもかも下手だったのはわたくし

初心消えかかるのを
暮らしのせいにはするな
そもそもが ひよわな志しにすぎなかった

駄目なことの一切を
時代のせいにはするな
わずかに光る尊厳の放棄

自分の感受性くらい
自分で守れ
ばかものよ」

 

ふと大好きな茨木のり子さんの『自分の感受性くらい』を思いだしました。

 

 

『 感受性 』

テレビはバカの一つ覚えみたいに陽性者の数ばっかり言ってるから見る気がしないわ

世界的にみれば感染者が少ないのに医療崩壊しているシステムこそが問題じゃないの、家にいないやつに偉そうにステイホームとか、生活に困らないやつに外食だけが悪いことみたいに言われてもねえ、ぽっと出のPCR検査に振り回されてもっとぽっと出のワクチンまで打たされるなんてどうかしてるわ

 

そんなこと言ってたら「人が死んでるんですよ」って言う人がいたんだけどさぁ、よく考えてみなよ、人は死ぬんだよ、あたしもあんたもね、いつかは知らないが。

 

 

そんな話をある80歳の女性から聞きました、それはそれは楽しい時間で途中から2人で大笑いしながら話しました。

人はどこかに属していると思います。企業や肩書きや団体など、いつのまにかそういうものにある程度の言動が縛られていて、そういう縛りのある人の話はやっぱり当たり障りなく、またその属している組織に反しない話が多くなるわけですが、その80歳のおばあちゃんは自由でした、どんな政治家やリーダーよりも魅力的でした。

そしてこう言われているみたいでした。

「自分の感受性くらい自分で守れ

ばかものよ」

 

『 あと何回 』

〜お百姓はどれほど田植えをするのだろう
コックはパイをどれ位焼くのだろう
教師は同じことをどれ位しゃべるのだろう〜

茨木のり子さんの詩にはこんなのもありました。

そしてこんな不摂生をしながらもあつかましく平均寿命まで生きれたとすれば、あと37年あります。

37回新年を迎えて、13505回眠り、40515回食事をして、落ち込んだり、喜んだり、病院にいったり、そんな日常には必ず終わりがあるわけです。

人生はそうみるといつも限定版です。1日1日は貴重な時間です。

コロナで自宅にいる時間が増えることは感染症対策には大切なのでしょうが、あのおばあちゃんにとってはもっと大切なことがあったのかもしれません。

家にいると筋肉が衰えるように、人と接する時間が減ると心が衰えるのかもしれません。

人間は合理的な生き物じゃありません、そんな簡単じゃありません。コロナであきらめたくありません。

緊急事態宣言が出るこんなときだからこそ、ちゃんとちゃんとの学校は心だけでも自由にできるようなことをしたいと思っています。

誰かの人生の誰かの言葉が、どこかの誰かを元気にしてくれる、いよいよそんな100歳図書館を始めようと思います。

こんなときだからこそ

 

『 おいる 』

遅くなりましたが、新年あけましておめでとうございます。

2021年が始まりましたが、シニア支援プロジェクトちゃんとちゃんとの学校ではシーズン3を2020年の10月~2021年の3月としておりまして、年をまたいでの開催、そしてオンラインが中心での開催になっております。

 個人的には休みがほぼなかった1年だったので、正月休みにやれることをやろうと思っていたら人生初めての腰痛になりほとんど何もできませんでした。

そんな初老を痛感する年の瀬を過ごし、ここのところ毎年来ている山梨のキャンプ場で新年を迎えました。

 

『 忘年会 』

年末にオンラインで開催したちゃんとちゃんとの忘年会では不思議な気持ちになる体験をしました。

今回は参加者の方々が昔の写真をお互いに紹介しながら、お酒を片手に語り合うような時間がありました。

100歳図書館ではありませんが、いざ自分で写真を選ぶとなると1枚の写真を選ぶことは改めて大変だなぁと思いました。

ちょっと前のことだと思っていたことが実際にはかなり昔のことだったとか、あのこは今どうしているんだろう?とか、時代を感じさせる洋服だとか、痩せてたなぁ、とか、、まあ思っていた以上にたくさんの感情が出てきて交通整理ができない状態で、今まで使っていなかった脳の部分が動いている気がしました。

そしてその写真の頃の自分にアドバイスしたいことや、荒削りだけどあの頃にあったものが今は無くしてしまっていたものとかを見つけることになり、なんというか知っていたはずの自分は今の一部分だけであって、本当の自分を知らなかったような不思議な気持ちでした。

そして参加者の方の写真を見たりお話を聞いたりすると、その人の背景が見え始めてきてより立体的にその人のことが見えるような気もしました。

 

『 ドリームチーム 』

サッカー専門誌フランス・フットボールは昨年の12月14日に歴代ベストイレブンの「ドリームチーム」を発表しました。同誌が選定する伝統の年間最優秀選手賞「バロンドール」はコロナウイルスの影響で昨年は中止になりましたが、その代わりの「ドリームチーム」の発表でした。

その中には昨年に亡くなった偉大なマラドーナも入っていました。そしてそのマラドーナが「シャビはサッカーそのもの」と称賛したシャビもドリームチームに選出されました。

マラドーナとシャビは共に小柄なサッカー選手ですが、マラドーナは圧倒的なテクニックとカリスマ性があり、シャビはフィールド全体を見渡しその判断のスピードと正確性がありました。

シャビのことを書き始めるときりがないのですが、まるで空から鳥が見下ろすような視点でフィールドを見ていました、鳥瞰とか俯瞰とかそういう視点でサッカーを見れる数少ない選手でした。

 

『 おいる 』

俯瞰で物事を見る、これはかなり難しいことです。どうしても目先のことで精一杯になりがちですが、目先のこともことばかりではやっぱり無理が出てきますから、全体を見ることも時には必要です。

ちゃんとちゃんとを始めていつも考えていることが「おいる」ってどういうことなんだろう?ということです。

それは単にシワが増えたり、白髪が増えたり、早く走れなくなったり、忘れっぽくなったり、腰が痛くなったりということではないと思います。

それは単に老いの一面だけであって全体を見ると昔より進化してきたことも成熟してくることもあるはずです、そしてなによりも老いは今までの自分の変化と周りの変化を含めた現在進行形の一切合切を含んだものなんじゃないかとも思います。

年齢とともに出来なくなったこととか、出来るようになったこと、あの日には戻れないけど、今しかできないこともある、そういう色々な足し算と引き算をしながら生きている状態を俯瞰で見ることがとても大切な気がします、目の前のことだけを見るのではなく。

 

『 触媒 』

「これからは”風の時代”なんだって」と誰かが言ってました。

僕はこの手の話には詳しくはありませんが、なんでも火・土・風・水の4種類がありこれまでは土の時代だったようです。

土の時代はお金や物や権威などの物質が重視されてきた時代のことで、その土の時代が終わりこれからは知性やコミュニケーションなどの物質的なものではないものが重視されるような”風の時代”になるようです。(間違えてたらすいません)

 

風の時代はともかくとして、コロナの影響もあり変わらざるを得ない時代なのは確かです。そして様々な価値観が変わることは、すでに起こり始めている気がします。

3人に1人が65歳以上になるという2025年問題が近づいてくる現在、従来のやり方ではうまくいかないことがたくさん出てきています。

 

わたしたちはこれを問題としてとらえるだけではなく長生きすることは価値があると、まだ誰も気が付いていない価値があるはずだと思っています。そして皆さまと一緒にその新しい価値をつくる学校でありたいと思っています。

 

なんにもない山梨のキャンプに毎年行く理由がなんとなくわかりました、それは焚火をして家族がその火を囲んでする会話があるからです。おそらくそこでしかできない会話に意味があるんだとわかりました。

なんにもないと人は会話が難しいもんです。焚火の炎は人と人をつなぐ触媒みたいなものなのかもしれません。

そんな炎のマークを持つこのちゃんとちゃんとの学校はシニアとシニア支援パーソンを繋ぐ触媒にもなるんじゃないかと思います。

今年もいろいろな人たちでつくるちゃんとちゃんとの学校は、何時でも皆様の参加をおまちしております。

シニア支援プロジェクトちゃんとちゃんとの学校を今年もよろしくお願いいたします。