『 ミラクルガール 』

2019年5月7日は奇跡が起きた日でした。

それはサッカーUEFAチャンピオンズリーグの準決勝が行われた、イングランド北西部にあるリバプールの本拠地アンフィールド。

敵地での1戦目を0‐3で落としたリバプールは、ホームで行われるこの2戦目を4点差以上で勝たなければならない。

エースのサラーやフィルミーノが出場できない飛車角落ちのリバプールに対するのは、世界最高の選手メッシが率いるバルセロナ。

試合前のサッカー分析サイト『ユーロ・クラブ・インデックス』がはじき出したリバプールが勝利する確率はわずか「3%」、どう考えても4点差で勝つことは不可能ではないかと誰もが思っていました。

 

そんな中で始まったこの一戦はキックオフから凄い試合でした。リバプールの選手たちはボールを保持するバルセロナの選手に激しいプレスをかけ続けます。

一戦目で失敗したやり方であり、バルセロナはその戦いを予想していたはずですが、何かこの日は熱量みたいなものが明らかに違いました。

こんなペースで90分もできるのか?、プレスをかけるということは相当な体力の消耗と、プレスをかいくぐられたら即ピンチになるという諸刃の剣です。

そして試合は進み、熱狂的なサポーターが埋め尽くすスタジアムの後押しもありリバプールは前半に1点をとります。勢いに乗ったチームは後半にも3点を取り、誰もが予想しなかった奇跡の大逆転をバルセロナ相手にやってのけました。

”アンフィールドの奇跡”と言われているこの試合ですが、その試合で影のMVPと注目されたのが、外に出たボールを拾うボールボーイでした。

3点を取りあと1点で大逆転というコーナーキックの場面でした。ボールボーイの少年がものすごいスピードでコーナーキックを蹴る選手にボール渡します。まだコーナーキックを蹴らないと油断しているディフェンダーを尻目に素早く蹴られたボールが奇跡の大逆転のゴールにつながりました。

奇跡がおきることには理由があるのかも知れません。

 

『 ミラクルガール 』

奇跡とは「人間の力や自然法則を超え、神など超自然のものとされるできごと。」とWikipediaに書いてありました。

めったに起きないから奇跡であり、起こそうと思って起こせないから奇跡ですが、奇跡をおこす方法がもしかしたらあるんじゃないか?と近頃は思うようになりました。

 

星島美子さんと初めて会ったのは2019年のことでした。

7月13日、岡山の倉敷市の美観地区にある倉敷物語館にて特定非営利活動法人『つくぼ片山家プロジェクト』の主催で行われたちゃんとちゃんとの学校のイベントに来ていただいた星島さんは、初対面の私にも明るく優しく接していただいて、なんて人懐っこくて魅力的な人なんだろうと思ったことを覚えています。

その後、東京で開催したちゃんとちゃんとの学校の100歳図書館にも岡山から来ていただいたり、今も仲良くしていただいています。

ご縁があってまだ短い期間ですが、星島さんと会う人は自然と笑顔になったり元気になったりします、そういう瞬間を幾度となく見てきました。

私も星島さんと話をしているとなんて言ったらいいのか分からないですが楽になります。

人生はシンプルなんだよと教えてくれているような気がします。

5月6日、星島さんから電話がありました。

「 幸田さんが明日来るんよ、あんたいまどこにおるの?」

「仕事で高松にいますよ」と伝えました、それからなんやかんやで翌日に幸田さんと私とで、久しぶりに星島さんに会いにいくことになりました。

 

翌日は仕事を早く切り上げて高松から電車に飛び乗り、綺麗な瀬戸内海を見ながら星島さんのご自宅に向かいました。

先に到着していた幸田さんと合流して、まず地域の方々の憩いの場所となっている特定非営利活動法人つくぼ片山家にお邪魔しました。

ちゃんとちゃんとの学校でもお世話になっている代表の滝口美保さんに再会し、お庭に生えているスギナで作ったスギナ茶をごちそうになりました。

滝口さんから星島さんは裏の駐車場にいるとお聞きし、そこで久しぶりに星島さんにお会いすることができました。

久しぶりに会った星島さんは汗ばむ陽気の中、駐車場の草むしりをしていました。その姿を見て内心ほっとしました。

最初に星島さんのご家族がされているあきちゃん農園を見学させていただきました。

倉敷地方いちご共進会で最優秀賞を受賞したといういちごは何回か星島さんに送っていただいたことのあるいちごですが、やはりいつも以上にみずみずしく格別でした。

ご家族からいちご作りのお話を聞いていると、農園の横にある自販機でいちごを買ってくれた星島さんが笑顔で言いました

「おーい、中で食べよう」

 

『 種を蒔く 』

「私は18歳なのよ」

「そうなの?」

「来年は28歳なの」

「え?、なんで?」

「逆さまにしてみて」

「あー、そういうことか」

「そう81歳だよ」

これは星島さんといちごの自販機にいちごを買いに来てくれた子どもとの会話なんですが、星島さんは買いに来てくれた人と必ず会話をするんだそうです。

「家族で愛情込めてつくったいちごですよ、私の愛情も少し入ってますよ」「遠いところから来てくれてありがとうございますね、また来てくださいね」そんな一言があると、またここで買いたくなる気持ちになる気がします。

そんな話を聞いたり、みんなで楽しくおしゃべりをしました(ほとんど星島さんですが)

そして星島さんがさらっと言った言葉が印象的でした。

「種を蒔かなきゃだめだ」

星島さんは長く続いていた抗がん剤の治療が4月の末に終わり、その治療の結果が出るのを待っているという状態なんだそうです。

そんな星島さんの印象的な話があります。

星島さんは42歳の時にがんになり、あと数か月の命と宣告されます。それから星島さんはご主人とスイスに行ったんだそうです、残りの時間を楽しむしかないというお気持ちもあったのでしょうか。

そんなスイスに行っているときの話です。レストランでの食事中に音楽が流れ始めると向こうの人は自然に立ち上がって踊り始めたんだそうです、だけど慣れていない日本人は誰も踊ろうとしない。

でも星島さんは立ち上がって踊ったようです、まわりのみんなは驚いたみたいですが「踊り方も知らないのに踊ったのよ、楽しかったわ〜、」とニコニコとお話してくれました。

星島さんらしいなぁと聞いていましたが、そのときのお気持ちを考えると単に楽しかったと言える状況では無いだろうとは想像できます。

もしかしたらそのときに何かが変わったんじゃないのかなぁと、意識されていたのかどうかはわかりませんが、未来への種を蒔いていたのかも知れないなぁと勝手に思いました。

そして星島さんのがんは奇跡的に消えていたようです。その後もたくさんの奇跡を起こしてきた星島さんは18歳のミラクルガールです。

あらゆるものは目に見えない無数の糸のように繋がっているのもしれません、だから今日の種蒔きはすぐには芽が出なくても、いつの日かの芽生えに繋がっていてるんじゃないでしょうか。

星島さんの強い想いや周りの人に対する深い優しさが、種として根を張りぐんぐん成長して、あちらこちらで奇跡のような花を咲かせているような気がしてなりません。

 

リバプールは昨年の7月7日、17歳のオークリー・キャノニエとプロ契約を結んだことを発表しました。

彼はあのアンフィールドの奇跡で活躍したボールボーイの少年です。あの時の種蒔きが実を結んだのでしょうか。

星島さんの奇跡はまだまだ続きます、いつも励ましてくれてばかりの星島さんを今回は元気づけてあげたい気持ちでいっぱいです。

とにかく星島さん、また会いに行きますね。

 

 

 

『 明日 』

簡単に説明できないことってありませんか?

自分ではわかっていることも、誰かに説明することは難しかったり、説明してもうまく伝えられないことだったり

 

それは人の場合はどうなんでしょう、家族や友達や仕事の取引先、恋人、習い事の先生、友達の友達、よく書類に続柄を書かされるときでさえ、一瞬なんて書いていいのか悩んだりしますが、人には名前以外に自分とその人との間に、その関係性を表す名前があります。

そんな自分のまわりを取り囲む人間関係の中において、なんて言っていいのか分からないけれど大切な人は誰にもいるのではないでしょうか?

何年も会っていないのに辛いときにふと心の支えになっていたり、簡単に名前を付けて分類できない存在、なんなら分類したくないような人っているんじゃないかと思います。

もしそんな人が大変なことになったとしたら、そういうときに自分は何か出来るのだろうか、そんなことを考えさせられることがありました。そんなとき出来ることは限られているのかもしれません。

そして何かが出来たとしてもそれがその人のためになるのかどうかは、自分には分からないことだと思います。

ただそのタイミングでそこに居合わせたということには、きっと何かの意味があるんじゃないのかなぁとも思います。

誰だって明日のことは分からないから、もしかしたら正解ではなかったとしても、自分が思っているように進んでいくしないのかなぁと、そしてそれができることは幸せなんじゃないかと、そう思うことがありました。

春は色々なことが変わっていく季節なのかもしれません。

いつの間にやら高校3年生になる長男、行かなくなった学校に少しずつ通い始めた次男、付けてと頼まれたネックレスの留め具が見えなくなった私。

時間は止まらない、どんなことがあっても明日はやってくる。

 

『 世界一 』

4月から変わったことと言えば、成人の年齢が20歳から18歳に引き下げられたことや、育児や介護休業法の改正、また年金の受給開始年齢を75歳まで先延ばしできるようになったこと、そして、あのうまい棒の値上げなどがあります。

長く暗いトンネルが続くような不景気が続いていますが、一時は1ドルが129円になるほどの円安と、海外に比べてコロナからの経済活動の遅れや金融政策の問題、そして戦争がさらに大変な状況を加速させています。

経済大国だったことを忘れてしまいそうですが、こういうピンチをチャンスに変えるようなイノベーションが生まれていないことも問題なんだろうと、素人ながら思います。

世界一なのは高齢化率だけなのではないかと、思ってしまったりします。

 

『 健康のためなら 』

高齢化率では世界ナンバーワンの日本は、世界のどの国よりも一足先に超高齢社会に突入しています。ずいぶん前から指摘されている様々な超高齢社会の問題を抱えたまま、時間は過ぎていきます。

そしてそんな時代には健康寿命をのばすこと、そしてシニア世代の活躍は欠かせないはずです。

”健康のためなら死んでもいい”ということで、猫も杓子も世の中健康ブームです。

多くの高齢者の方が病院に通って何種類もの薬を飲み続ける、そんな病気になってから治療する時代から、病気にならないように予防する時代へと変わってきています。

ただ一方で『どうしたら健康でいれるのか』ということに関しては、わかっているようでわかっていないのかもしれません。

一発屋のお笑い芸人のように、掃いて捨てるほどいろいろな健康法が出てきては消えています。ブームになっては廃れ、また生まれてはいますが、そういう健康法ではなくそろそろ科学に基づいた偏りのない栄養学や運動などの健康法の普及が必要だと思います。

知り合いに100歳になるまで長生きされた女性がいましたが、その女性はとにかくお肉が大好物でした。

肉を食べていたから元気で長生きなのか、元気で長生きだったから肉が食べれたのか、これはどっちが正しいのか分からない、難しい問題です。

例えば同じ年齢だとしても人それぞれ生活リズムは違います、睡眠時間や食生活、よく運動をするのか、ストレスを感じやすいのか、持って生まれた体質などなど、個人個人には違いがあり、その違いは数え切れないほど細分化されてます。

また、その人にとって必要な栄養や運動は違うわけですから、よりその人にあった健康法がこれからの時代はますます必要になるんだと思います。

ということで、今年から勉強のためにフィンランドから取り寄せた指輪型のデバイスを身につけています。

Oura Ringというこの指輪は心拍数や歩行距離、睡眠時間や睡眠の質、体温、これからアップデートされたら血中酸素濃度まで計測してくれるようです。そんな指輪をどっかにいってしまった結婚指輪の代わり?に付けています。 

スマホに出てくる色々なデータを毎日のように見ていると、あの人と会うときに心拍数が上がっていたのか、昨日の睡眠は質が良かったのか、今日も運動が足りていない、、などなど、あらためて知っているようで知らないのは自分自身の身体なのだと理解しました。

Oura RingやApple Watchのようなウェアラブルデバイスの市場は年々拡大していて、富士キメラ総研の「ウェアラブル/ヘルスケアビジネス総調査 2021」によると、3人に1人が65歳以上になるという2025年には市場規模は1兆731億円と予測されているようです。

 

『 あらためて考える ジリツ 』

ちゃんとちゃんとの学校が目指すシニアのジリツは時代によってそのかたちを変えていくはずです。

世界一の超高齢社会の日本では2025年問題に象徴される超高齢社会ならではの問題が山積しています。

さらに連日のように報道される物価の上昇、長引く戦争による不安定な情勢も追い打ちをかけているわけですが、逆に日本は世界一の超高齢社会でしか体感することができない経験や課題、また超高齢社会だからこその新たな価値観も生まれてくると思います。

超高齢社会はピンチでもあり新たなイノベーションを生み出すチャンスなのかもしれません。

シニア支援プロジェクト『ちゃんとちゃんとの学校』では業種や立場をこえてシニア支援に関わる人達がゆるく繋がりながら、これからも『長く生きることの価値』を色々なカタチで表現できたらと思っています。

2022年もまた出来ることを探し歩き始めていきたいと思います。

2019年5月、ちゃんとちゃんとの学校が山梨で開催した『正しい歩き方を学ぶ授業』と『ウォーキングイベント』がありました。

その時に協力していただいた山梨のちゃんとちゃんとのメンバーである加藤寛啓さんからも「久しぶりにやりませんか?」とありがたい連絡をいただきました。

どうせなら今回はウェアラブルデバイスを使ったようなウォーキングイベントができないかなぁとか、できたらウクライナ支援にも少しでも協力できるようなかたちにできないかなぁとか、近頃はそんなことをずっと考えています。

とにかく春はスタートの季節ですね、新しい明日は少しでもいいことがありますように。

 

 

 

 

『 ひまわり 』

絶望感と無力感の感情がごちゃ混ぜになっています。

世界の歴史を振り返ると戦争がなかった時代はないわけですが、それにしても目の当たりにするとあまりにも理不尽で悲惨です。

抑止力としての軍事力はあるのだとは理解したとしても、結局いまの時代でも何ら変わっていなかったという、歴史から学ばない、過ちを繰り返す姿を見せつけられました。そして世界中がそれをただ見守るしかない、というのはなんとも言えない気持ちになります。

泥沼化したベトナム戦争を終結させた理由のひとつが『テレビの普及』と言われています。メディアが戦場の悲惨さと馬鹿らしさを伝え始めたことは今までの戦争においては無かったことでした。

そしてそれは、大きな意味があったはずです。

 

『 WINTER ON FIRE 』

Netflixで『 WINTER ON FIRE 』というドキュメンタリー映画を観ました。

映画では、2013〜2014年の頃のウクライナの姿を見ることができます。

ウクライナの当時の大統領はロシア寄りのヤヌーコヴィチでした。

ウクライナはEUとの政治・貿易協定の仮調印を済ませましたが、ヤヌコーヴィチはロシアからの圧力もあり調印を見送ります。これに対してウクライナ国内は大規模な反政府デモが発生、デモには子どもから高齢者まで参加し拡大していきます。

デモを抑えたいヤヌコーヴィチは全身黒ずくめの”ベルクト”と言われる特殊部隊を使い容赦無く群衆を攻撃します。

それに立ち向かうのは武器を持たない一般市民。

デモを抑えるために様々な圧力をかける政府はヘルメットを禁止したりしますが、市民はヘルメットがダメならと鍋を頭にかぶってデモに参加します。

多くの怪我人や死者も出しながらも自由を取り戻すためのデモは93日間も続き、とうとう大統領はキエフから逃げ出しました。

自由を勝ち取るウクライナの人々の凄まじい姿と、心の強さが理解できるドキュメンタリー作品でした。

 

『 FCスタート 』

FCディナモ・キエフはウクライナの首都キエフを本拠地とするプロサッカーチームです。

1941年、FCディナモ・キエフの新スタジアムのこけら落としの日にドイツ軍がウクライナに侵攻しました。

試合はもちろん中止され、キエフはその後ナチス・ドイツに占領されます。

占領下の選手達はチームを離れバラバラになりますが、FCディナモ・キエフの熱烈なサポーターだったパン工場の工場長が、練習できる環境を提供することになると、集まって来た選手達は再びサッカーを始めます。

そんな中ドイツによるウクライナ・サッカー再開の宣言が始まり、ディナモ・キエフの選手達は「FCスタート」としてリーグに参加することになります。

試合の相手は、ハンガリーやルーマニア軍などの兵士たち。

恵まれた練習環境で試合に挑む相手チームに対して劣悪な環境で挑むFCスタート、試合では明らかに相手に有利な笛を吹く主審がいるにも関わらず、FCスタートは勝ち続けます。

占領国側の勝利をキエフ市民に見せつけるためのサッカーの試合が、逆にキエフのチームが勝ち続ける展開になります。ドイツ軍はついに、自らFCスタートと戦います。結果はFCスタートが2戦して2試合とも勝利します。

ただ、ドイツ軍がこれで終わるはずはなく、試合に出場した選手はゲシュタポに逮捕され収容所に送りこまれました。そしてこの収容所から帰還できた選手はほとんどいなかったそうです。

ドイツ軍による脅しや圧力にも負けず、最後までサッカー選手としての誇りを失わなかったFCスタートの選手達の戦いは今でも「死の試合」として語り継がれています。

 

『 勇気 』

ウクライナ代表ルスラン・マリノフスキーはヨーロッパリーグのオリンピアコス戦に出場し、66分にチームの2点目になるゴールを決めるとユニフォームのシャツをまくりあげました。

そこには「ウクライナでの戦争に反対する」とメッセージが書かれたTシャツがありました。主審はルールでは出さなければならないイエローカードを出しませんでした。主審である前に人間であると言っているようでした。

ウクライナ代表のオレクサンドル・ジンチェンコが所属するマンチェスター・シティの選手たちは、ユニフォームの上にウクライナの国旗と「NO WAR」とメッセージが書かれたTシャツを着て入場しました。対戦相手エヴァートンの選手たちはどうするのかなと思っていたらウクライナの国旗をマントのように羽織って入場しました。

ドイツのシャルケはロシアによるウクライナ侵攻を受け、胸スポンサー(メインスポンサー)であるロシアの『ガスプロム』社のロゴをユニフォームから外すことを発表、そのスポンサー名を削除したユニフォームは注文殺到で販売サイトがダウンするほどの人気だったようです。

ロシアのプロテニスプレイヤーのルブレフは、試合後にカメラにマジックで『NO WAR PLEASE』
のメッセージを書きました。

ロシアのサンクトペテルブルクで反戦デモ中にロシア当局に逮捕されたのはエレナ・オシポワさん。彼女は第二次世界大戦中、ナチス・ドイツによって900日間近くにわたり包囲された「レニングラード包囲戦」の生存者なんだそうです。

国とか立場とかは重要ではなく、そんなことより自分の思っていることを伝えていく勇気が、大きなエネルギーになっていくのを感じます。

個人的には苦手なSNSですが、こんなときには必要なのかもしれないと思っています。

 

一方で自分の意志に反して何かを言わされたり、やりたくないことをやらされている人を見るのは嫌な気持ちになりますが、戦争はその最たるものかも知れません。

一部の狂人のために人の自由や命を奪っていい理屈なんてあるわけがない、早くこの馬鹿げた戦争が終わってほしいと思います。

 

『 ひまわり 』

ウクライナのヘルソン州ヘニチェスクで機関銃をもつロシア兵に近づいていく女性がいました。

彼女は武器はもっておらず、もっているのはひまわりの種だけでした。

彼女はロシア兵に「あなたがここで死んだ時、ひまわりが育つようにこの種を持って行きなさい」

ロシア兵は「わかった。この会話は何も生まない。これ以上、事態を悪化させないようにしよう」と言った。

しかし、女性は続けて言った。

「みんな、この種をポケットに入れなさい。この種を手に取りなさい。あなたたちは一緒にここで死ぬでしょう。あなたは私の国に来ました。わかっていますか。あなたは占領者です。あなたは敵です。そしてこれから、あなたは呪われるのです」

このときの女性のひまわりの種は、機関銃よりも力があったのではないでしょうか。

平和は平和なときにいくら言ってもわからない、無力で不安定で、あっという間に失うものだと気づかせてくれました。

ウクライナ人ではないし、シニア支援プロジェクトとは関係がないのかもしれないけれど、その前に人間です。

1日でも早く平和な日々が訪れますように。