『 そこらじゅう 』

どうやら2022年になりました。

 

昔に比べてお正月らしい雰囲気が少なくなったような気がして、好きでもないお餅を食べました。あんなに嫌だったお正月も無いよりはあったほうがいいように感じる、どうやらそんな歳になったようです。

昨年の大晦日にはちゃんとちゃんとの学校のバロンドーラー、岡山の星島美子さんからいただいた世界一美味しいイチゴをごちそうになりました。

2019年の年末に開催した『ちゃんとちゃんとの学校の学園祭』にわざわざ参加いただいた星島さんと、手伝いに来ていた当時中学3年生だった私の息子がたまたま仲良くさせていただくようになり、それ以来その恩恵を受けさせていただいています。

 

『 今年は… 』

今年はサッカーのワールドカップが開催されます。もしかしたら日本代表も出場できるかもしれない今年の大会は初めての中東、カタールでの開催になります。

カタールはアラビア半島にある国で、サウジアラビアの右側にちょこっとくっ付いているような形で、面積は秋田県くらいの小さな国です。

石油プラントのおかげで世界一裕福な国として取り上げられたこともあるカタールは学費、医療費、電気代、水道代、電話代はすべて無料で、所得税も消費税もないというから驚きです。

なんてうらやましい。

ちなみにイスラム教徒の国なので基本的にアルコール、豚肉がダメなんだそうです、これはうらやましくない。

カタールはほとんどが砂漠です。5月〜9月頃は気温が50度近くになることもあるようなので、通常6月〜7月に行われるワールドカップですが、11月〜12月にかけての開催に変更されました。

人口に占める65歳以上の方の割合を高齢化率といいますが、2019年のカタールの高齢化率は1.5%、人口のほとんどが海外からの出稼ぎで成り立っている国ならではの数字ですが、日本の高齢化率が29.1%ですから、それを考えると、やはりすごいと思います。

 

『 ヤングケアラー 』

本来は大人がやるべき家事や家族の世話などを日常的にする子どもを、「ヤングケアラー」と呼びます。

昨年4月に発表された国の実態調査によると、中学生の17人に1人がこのヤングケアラーになるとのことでした。

1日平均4時間もの時間を食事の準備や洗濯、保育園などの送迎、祖父母の介護や見守りなどに費やしているようです。

その結果として自分の時間が取れない、勉強の時間が取れない、睡眠時間が十分に取れない、などの問題が出てきており、また7割近い中学生はそのことを人に相談したこともないということでした。

 

 

わたしが間違っていなければ、今年で7年目になるこのちゃんとちゃんとの学校はシニア支援プロジェクトとしてスタートしました。

そしてあっちに行ったりこっちに行ったりしながら、自分たちにできるシニア支援のかたちを探してきました。

要介護の予防、自立支援、病気の予防、そして認知症に対する考え方、またシニア世代の方が中心になって生み出していく新しい価値観、そして誰かに支えられながら生きていくことも大切な時代なんだということ。

そんなことをちゃんとちゃんとの学校を通じて学んできた気がします。

そして今思うのはシニア支援はシニアだけの問題ではなく、誰かの人生は誰かの人生に必ずつながっているということです。

誰もが元気で長生きであればいいですが、病気になったり身の回りのことが出来なくなり介護が必要になったり、様々なことが起こる、それが長生きの時代です。

ヤングケアラーのことを考えるとますますシニア支援は全ての世代に関わる問題だと痛感します。

 

神奈川県の藤沢にある小規模多機能ホームぐるんとびーの代表を務める菅原健介さんのTwitterを見てハッとしました。

写真には高齢の女性の手に小さな手をちょこんと乗せる赤ちゃんの姿がありました。(*この写真ではありません。)

「この小さな手がどんな専門性よりも大きな力を発揮することもある

人が人をケアする中では専門性は一つのツールでしかない」

この投稿を見ると、カタチにこだわる必要はないというか、シニア支援もシニア支援に関わる人だけでやることではないんだと改めて考えさせられました。

「シニア支援」という言葉を出した瞬間から、人によってはどうしても人ごとに思ってしまうことがあります。そして「シニア支援」と言ってしまえば伝わりやすい代わりにそれ以上に拡がらない、そんな気がします。 

 

今年の抱負なんて言ったことも言う気もないですが、シニア支援と宣言するよりも自分たちが面白いと思うことをやりながら、結果としてそれがシニア支援につながるようなことができたら、誰にでもできるシニア支援ができたら素晴らしいなぁと思っています。

そしてそういうものはそこらじゅうにあるのかもしれません。

 

 

冒頭にご紹介した星島さんは、現在ご病気と闘いながらも、畑の草むしりをしたり、持ち前の明るさで周囲の皆さんを元気にしながら暮らしていらっしゃるようです。

時々星島さんと電話でお話をすることがあります。元気づけようと思っていてもいつのまにか逆に励まされています、そして星島さんみたいになりたいなぁとお話をするたびに思います。

「東京に行ったときにあんたの息子が私の手のひらを見て言ったんだよ『おばあちゃんは150まで生きるよ』って、だからその言葉を信じて頑張って元気になるよ。」

星島さんに聞くまで2人の間にそんな会話があったことも全く知りませんでした。

かたちにこだわらず、まだまだできることはあるのかもしれないと思いました、そこらじゅうに。

 

 

『 TMT 』

大阪駅から少し歩いたところに露天神社(つゆのてんじんじゃ)があります。

元禄16年(1703年)にこの神社で心中事件がありました。

堂島新地の遊郭の遊女「お初」と、醤油屋の手代(てだい)「徳兵衛」は訳あって一緒になれない2人でした。ならば死んで添い遂げようと心中した。

この実際にあった心中事件を題材に、近松門左衛門が人形浄瑠璃「曽根崎心中」を書きました。

その「露天神社」はヒロインの名前「お初」にちなんで「お初天神」と呼ばれるようになったようです。

そんなお初天神のすぐそばに大好きな居酒屋さんがあります。

お初天神から続く細い路地を通ると古びた小さな看板があります、狭くて急な階段を上ったところにその店があります。

よく行くバーの店長からのお勧めで知ったこの店は、コロナの前までは年末にお邪魔していました。美味しい料理と日本酒と、なによりその店の雰囲気が他には無いお店です。

コロナも落ち着いたので久しぶりに行ってみるかと電話をしましたが、なかなか繋がらない。

おかしいなぁとググってみたら1ヶ月前にその辺りで「計10棟、約360平方メートルが燃える火災があったが、けが人はいなかった。」というニュースを見つけました。

恐る恐るそのニュース動画を見るとそのお店の場所に近い。急いで紹介してくれたバーの人に聞いたところ全焼したということを知りました。

その店で過ごした楽しかった時間まで燃えてしまった気がして、悲しくてやりきれない気持ちになりました。

子どもの頃に、姫路にいるカメラ屋さんをしている従姉妹の家が燃えたことがありました。燃えさかる家の前になすすべもなく立ち尽くす、その隣で従姉妹はこんなに泣くんだというくらい泣いてました。

とにかく悲しいなぁ、お店の方々も大変だろうなぁ、あの鯖サンドまた食べたいなぁ。

悲しいことはだいたい突然くるもんです、準備なんてしてないから余計に悲しい、なんとかならないものかといつも思う。

 

『 TMT 』

TMTとは『30m望遠鏡』(Thirty Meter Telescope)の略称です。

このTMTはレンズの口径が30メートルもある史上最大の地上望遠鏡で、アメリカ、 カナダ、 中国 、インド、日本の5か国共同でハワイのマウナケア山頂に建設中です。

このとんでもないデカさの望遠鏡が注目されている理由は、宇宙が誕生した起源がわかるのではないかと言われているからです。

いったいなんの話なのかというと、今見ている宇宙の姿は今の姿ではないという話です。

私たちは星空を見るときにその天体から届く光で見ています。

「光年」という単位がありますが、光年は光が1年間に移動する距離をもとに定められていて、例えば100光年離れた天体から届いた光は今から100年前にその天体から放たれた光ということになるんだそうです。

なんだか分かったような分からないような話です。

今の姿はわかりませんが、代わりに過去の姿は観測できるんだと言うことのようです。

TMTのような望遠鏡を使えば今からおよそ138億年前に始まったとされる宇宙の過去の様子も知ることができるんじゃないかと期待されているようです。

138億年前を知りたければ138億光年先の天体を観測すればいいという話です。興味のない人にはどうでもいい話だと思いますが、僕にはワクワクする話です。

この話はたまたま読んだ生物学者の小林武彦さんの著書『生物はなぜ死ぬのか』に書いてあったんですが、そこには宇宙の誕生の話から、地球に奇跡的な確率で生物が誕生したという話や、また多種多様な生物が生息している話などが書かれていました。

一見関係のないような生物達がお互いにつながり合って、支え合って生態系をつくっていることや、またひとつでも欠けると成り立たないバランスで成り立っていることなんかが書いてあり面白かったです。

やっぱり無駄なものなど何もないことがわかり、またそれを忘れてしまいがちなこともわかりました。

 

「たりない」

総務省が9月19日に発表した「統計から見た我が国に高齢者」によると65歳以上の人口は3640万人と、前年(3618万人)に比べ22万人増加して過去最多となりました。

総人口に占める割合は29.1%と過去最高となり、その割合は世界で最も高く2番目に高いイタリア(23.6%)を大きく離しての大谷翔平選手ばりのぶっちぎりの1位です。

また高齢者の就業率は25.1%(2020年※)となり、9年連続で前年に比べ上昇しています。
65~69歳は49.6%となり、70歳以上は17.7%となっています。世界では1位の韓国34.1%に次いで2位です。

年齢にとらわれず社会で活躍する方も増えた一方で、介護の問題もあります。

 

21日の日本経済新聞の記事によると政府は介護の人員規制の緩和を検討しているようです。

従来の介護施設の入所者3人につき少なくとも1人の職員を配置する現行の基準を見直し、1人で4人に対応できるようにする案を軸に調整するとのことでした。

センサーなどのITの活用で介護現場の生産性を高めるなんて書いてありますが、財政を圧迫する社会保障費の削減だけが目的な気がしてなりません。

また11月19日の閣議決定において「保育士等・幼稚園教諭、介護・障害福祉職員」を対象に「収入を3%程度(月額9000円)引き上げるための措置」が来年2月から実施されます。

2020年の介護職員の平均月収は23万9800円、保育士は24万5800円。全産業平均の30万7700円を大きく下回っているなか、どう考えても9000円は少な過ぎます。

また同じ介護事業所で働いていても、ケアマネジャーや生活相談員、看護師などの他職種は対象にならない可能性や、補助金は経営者に支給され、その配分の裁量は経営者に与えられているため本当に9000円すら上がるかどうかも不透明なんだそうです。

いったい何のための消費税の増税だったのかとつくづく思います。

 

長生きの時代の真っ只中を生きているわけですが、今までの65歳以上というイメージは現実には既になくなっていて、これまで以上に年齢層が幅広くカラフルなグラデーションな時代になってきている気がします。

そんな時代では、社会にとって役に立つということだけで判断していくことはあってはならないと思います。

歳をとっても働ける人もいれば、そうでない人もいます。

ただそこにいるだけで誰かを和ませる人がいたり、元気づけられたりる人もいたりすることだってあるわけです。

遠くの天体みたいに望遠鏡で過去を見るのなら、今のこの社会もその人達のおかげでつくられてきた社会であったわけですから、いまばっかりを見て判断するのはおかしいなぁと思います。

どんな人にでも役割があるはずです、生態系のように誰もが欠けてはならない存在だということを忘れてはならないはずです。

気候変動や自然災害などを乗り越えて進化してきた生物の中の一員である人間も、環境問題はもちろんのこと超高齢社会の問題においても進化をしてマインドから変わっていくことが必要なのかもしれません。

たかが数十年の生きている時間、時間も力も足りないからこそ、多種多様な人達で少しずつ助けあってシニア支援の活動を続けていきたいと思います。

来年はどうしましょうか?良かったら一緒に考えてください。

とにかく、いいこともそうじゃないこともたくさんあった1年間でしたが、なんとかちゃんとちゃんとの学校もここまでやってこれました。

たくさんのご協力や応援チャントをありがとうございました。

来年もゆるく関わっていただけたらそれはそれは嬉しいです。

 

 

 

『 アナザーラウンド 』

海は遠くから見ると美しい、だけど近くに行ってみるとゴミが浮かんでいて汚れている。けれども勇気をもって海に飛び込むと海の底で真珠を見つけることができる…

そんな言葉を結婚式でいただきました。

もうすぐ20年になりますがまだ真珠が見つからない。

ある人にその話をしたところ「海を間違えたんじゃない?」と言われ大笑いしました。

そしてもともと真珠なんていらないやと思っています。

 

子供の頃に虹の付け根の場所に行ったことがあります。

小さな山を登ると廃車になった錆びついたバスがあり、柵もない場所に牛がいて、虹が消える前にと急いでいると雨でぬかるんだ土に滑って靴が脱げて、まあ手やら足やらドロドロになりながら、なんとか虹の付け根の辺りにたどり着きました。

そこにはもちろん虹なんて何もなく、憶えているのは腐った木の匂いと、食べると危険だとアピールしているキノコと、ボールペンサイズのミミズでした。

アニメの一休さんみたいに虹を歩いてやろうと思っていたので相当に落ち込んでいたことを覚えています。

近くで見た芸能人の肌がボロボロだったり、憧れのサッカー選手の性格が悪かったり、近づけば近づくほど思っていることと現実は違っていることを思い知らされます。

そんなギャップを埋めていくうちに、夢を見なくなるのかもしれないと思います。

 

『 アナザーラウンド  』

今しかないと、居酒屋に行きました。

久しぶりの再会と久しぶりに飲む生ビールは格別でした。意味のない会話をし、グダグダと過ごしました、やっぱりこういう空間は少なくとも今の自分には必要だなぁとしみじみ思いました。

【人間の血中アルコール濃度は常に0.05%を保つのが理想】というノルウェー人哲学者の理論を証明するために、酒を飲みながら授業をする4人の高校教師。

そんなあり得ないような物語『アナザーラウンド』がアカデミー賞をはじめ世界中の映画賞を総なめにしています。ちなみに ”アナザーラウンド” とは「もう1杯」という意味なんだとか。

デンマーク出身のトマス・ヴィンターベアが監督を務めた映画「アナザーラウンド」は高校ではやる気のない授業に生徒や親からクレームがきたり、家庭では奥さんと会話もなく息子からもバカにされるという50代の歴史の教師が主人公です。

そんなさえない教師と同じように人生に嫌気がさした教師の友達3人が飲みながら、1人が見つけたある新聞記事の話題になります

【人間の血中アルコール濃度は常に0.05%を保つのが理想】

そしてこのあやしい記事を4人の教師が実践してしまうという、めちゃくちゃな内容ですが、ウォッカを飲んでから授業をすると嘘のように授業がうまくいき始めたり、家族との関係もうまくいき始めるという話なんだそうです。

なぜか上映館が少なすぎてまだ見れていません。ああ、見たいなぁ

 

『 としよりの日 』

「としよりの日」なんて聞くと今の時代では問題が出そうですが70年前は問題にならなかったようです。1947年に兵庫県多可郡野間谷村から始まったこの敬老行事は、その後全国に拡がりながら「老人の日」になり(これも問題なネーミング)、そして1966年に現在の国民の祝日「敬老の日」(これはぎりぎりセーフ)となり、毎年9月の第3月曜日がその日になります。

7月末に厚生労働省から発表された昨年の日本人の平均寿命は女性が87.74歳、男性が81.64歳で、いずれも過去最高を更新しました。男性は世界で2番目に長生きで、女性は世界で1番長生きになるようです。

2025年になると3人に1人が65歳以上になり、団塊の世代が75歳以上になるタイミングで医療や介護、また年金制度も限界を迎えるのではないかと危惧されている「2025年問題」まであと4年になりました。

そしてもうひとつの問題として2025年には「崖」があるといわれています。複雑化・老朽化・ブラックボックス化した既存システムをそのままにしていくと国際競争に負け、経済がさらに悪化し最大12兆円の経済損失が生じるかもしれない、そのシステムの問題を経産省のリポートでは「2025年の崖」と警告しています。

この2つの問題は関係ないようで密接に絡み合っている問題でもあるようです。

少子高齢化によるIT人材不足や、既存のシステムの全容を知る人材が定年退職や介護などの理由によりいなくなっていくのではないかと予測されています。

2025年問題はあらためて高齢者の問題ではなく、誰もが関わる問題だと思います。

 

『 問題意識 』

6年くらい前、友人3人の漠然とした問題意識からシニア支援の活動として始まったこの「ちゃんとちゃんとの学校」ですが、2025年問題に対してこんな自分達でもできることはないだろうかと、日頃シニアに関わることの多い有志の方々を中心に職種や年代も超えてお集まりいただき、もちろん本業に差し支えのない範囲でゆるくご協力いただきながら活動しています。

まず考えたのはシニアに関わる人たちが職種を超えて学び、意識をアップデートしていかないといけないということで定期的な勉強会をスクール形式でスタートしました。

また個人や1つの企業ではできないことも、同じような志を持った人たちで集まればできることもあるんじゃないかということで、グループというかコミュニティのようなものをつくり、そこからシニア層の方々の健康寿命を延ばすためにできるアイデアを集め、出来ることから始めました。

ちゃんとちゃんとの学校の立ち上げからいつも優しく見守っていただいている東京大学名誉教授の眞鍋昇先生にご協力いただいて健康寿命を延ばす「シニアの栄養学」の授業を東京大学で開催したり、山梨では鈴木学さんや加藤寛啓さんにご協力いただいて正しい歩き方を学ぶウォーキングイベントを開催したり、立ち上げ人の1人である三谷さんに協力いただきながら健康寿命を延ばすフードを開発し発売したり、同じような問題意識を持った方々と様々な活動をしてきました。

そんな活動を続けながら見えてきたことや感じたことは、始める前に想像していたものとは違ったものでした。

認知症に対する考え方や、介護に携わる方の意識の高さや情熱、またそれぞれの分野の方が行っているシニア支援の活動など、とにかくとても刺激にもなり勉強になりました。

そして一番強く感じたことは、暗いイメージが先行していた高齢化の問題ではなく「長生きにはもっと価値があるんじゃないか」ということでした。

歳をとるということはマイナスなことばかりではなくプラスのことも沢山あります。ただ生産性ばかりが重視される社会においてはどうしてもマイナスなことが注目されがちです。

儲かるか儲からないか、それは確かに大切です。綺麗事だけでは生きてはいけないこともわかります。ただ知らぬ間に人にも値札がくっついているような世の中は、そういう価値観ばかりで物を見る世の中はつまらないし、その価値が突然消えたらどうするんだろう、その人は価値がなくなるの?そう思うと恐ろしい考え方だとも思います。

大好きな女優の石田ゆり子さんが「お金って紙だから、経験に変えていきたい」と言われてました。その通りだなぁと思いますし、限られた時間の中では経験こそが大切なんだと思います。

何もなくなった時にこそその人の本当の価値があるはずです。

ちゃんとちゃんとの学校として色々と取り組んできましたが、その中でたどり着いた感のある「100歳図書館」は”長生きの価値”を世代を超えて多くの方々に伝えていくことができるプログラムだと思います。

 

『 終わりの始まり』

まだまだ小さいけれどこれからも大切にしたいちゃんとちゃんとの学校ですが、個人的なことを言うとちゃんとちゃんとの学校をやればやるほど落ち込んでいました。数えきれない失敗と、実際にやってみるほど思い知らされる現実とのギャップ、自分は何もできないなぁと…

でも今考えると、始めるときに思っていた場所とは違いますが、なんだかんだでたどり着いたこの場所が来たかった場所なんだと思います。

よく使われる言葉 ”終わりの始まり” じゃあないですが、宇宙にも終わりがあるみたいですから物事には必ず終わりがあります。始まった時点でどこかで終わることは決まっていて、このちゃんとちゃんとの学校もいつか終わりの日が来ます

つい先日、ちゃんとちゃんとの学校は過去最長のシーズン3を終えました。

これからの先のことはいつものように未定です。次やるとしたらシーズン4なのかもしれませんが、4はだいたい良くない気がします。

インディ・ジョーンズもあのトイストーリーだって4はつまらない。やっぱりシリーズものは3までが限界なんじゃないかと思ったりします。

次やるときは「シン・チャントチャントノガッコウ」になるのかな?まあそれはさておき、名前だけじゃなく今までとは違うカタチでできたらいいなぁと思っています。

やっぱりまだまだ足りない、アナザーラウンド。