『 サティスファクション 』

57年前に結成されたザ・ローリング・ストーンズの、75歳になるミック・ジャガーは未だに 「I can’t get
no satisfaction (満足なんか出来てない)」と歌っています。

ローリング・ストーンズの存在は、音楽の枠を超えて影響を与え続ける、生きる伝説です。

そのローリング・ストーンズの史上初となる大規模企画展「Exhibitionism-ザ・ローリング・ストーンズ展」が、うちの事務所の近くの、何故か五反田の、TOC五反田メッセで開催されています。

初期の頃のメンバー達が住んでいた部屋を再現したり、今に至るまでの衣装やアルバムジャケット、アンディ・ウォーホルや、あの”ベロのマーク”のジョン・パッシュなどのアートワーク、実際に演奏した楽器など、約500点を超えるストーンズのアイテムが展示されています。 

アジアでは日本しか開催しないという、この「Exhibitionism-ザ・ローリング・ストーンズ展」は6月5日(水)まで開催期間を延期して開催されるようです。

個人的に大好きな、THE YELLOW MONKEYが12年ぶりに復活するきっかけになったのがローリング・ストーンズの50周年ライブだったというくらいですから、それはそれは有り難い存在です。

ストーンズは音楽もそうですが、それ以上にその生き方が、どこまで行こうが現状に満足しない姿勢が、ザ・ローリング・ストーンズの価値でもあります。

 

『 交通安全 』

悲惨な交通事故のニュースをよく目にします。人生が一瞬で奪われることもある交通事故は、そのニュースを見るのも辛い、なんとも言えない気持ちになります。

一方で交通事故による死亡者数は減っているようです。

警視庁の統計によると、2018年の交通事故による死者数は3,532人で、警察庁が保有する1948年からの統計でもっとも少ないようです。

1899年にロンドンでの自動車事故によりシートベルトが開発され、あのF1もかつてはシートベルトが無かった時代もあったようですが、現在ではシートベルトは当たり前になり、後部座席もシートベルトをする時代になっています。

また飲酒運転による事故が増えたことによって、2007年から厳罰化された飲酒運転や、高速道路での事故の減少、、などなどが交通事故の減った理由としてあるようです。

そういえば子供の頃はシートベルトなんてしてなかった?気がしますし、ヘルメットをかぶらないでバイクに乗る人もよくいましたから、時代の流れと共に安全への取り組みも、変化してきているんだと思います。

 

『 死亡事故の半数が認知症の可能性 』

3月18日の警視庁の発表によると、昨年「認知症の恐れ」があると判定された75歳以上の高齢ドライバーが、5万4786人もいたことがわかったようです。

そして死亡事故を起こした高齢ドライバーのほぼ半数が、事故前の検査で「認知症の恐れ」か「認知機能低下の恐れ」と判定されています。 

2017年の3月から始まった改正道路交通法は、この高齢ドライバーの認知機能低下に関する部分が新たなポイントとして盛り込まれ注目されました。

75歳以上のドライバーは、3年に一度の免許更新時に「認知機能検査」を受ける必要があります。

 

『 認知機能検査 』

その【認知機能検査】は3つの検査項目を30分で検査します。(警視庁Webサイトより)

①時間の見当識

検査時における年月日、曜日及び時間を回答します。

②手がかり再生

一定のイラストを記憶し、採点には関係しない課題を行った後、記憶しているイラストをヒントなしに回答し、さらにヒントをもとに回答します。

③時計描写

時計の文字盤を描き、さらに、その文字盤に指定された時刻を表す針を描きます。

 

【認知機能検査】の検査結果からの分類

第1分類(認知症の恐れがある)

「記憶力・判断力が低くなっている」

第2分類(認知機能低下の恐れがある)「記憶力・判断力が少し低くなっている」

第3分類(低下の恐れなし)「記憶力・判断力に心配がない」

3つのいずれかに、検査結果を受けて分類されます。そして第1分類のドライバーに、医療機関の受診が義務付けられました。

そこで認知症と診断された場合は免許停止や免許取り消しになります。

 

そして、2018年に認知機能検査を受けたのは延べ216万5349人です。

そのうち

「認知症の恐れ」5万4786人(2.5%)

「認知機能低下の恐れ」53万1057人(24.5%)

「認知機能低下の恐れなし」157万9506人(73.0%)

この結果からも、認知症や認知機能低下の割合が多いということもわかりますし、また認知機能低下の恐れがない高齢ドライバーもそれ以上に多いことも分かります。

 

『 超高齢社会の安全を求めて 』

先月、池袋で高齢ドライバーの車に母親と3歳の女の子がはねられ死亡する事故がありました。

その他にも高齢ドライバーによる事故が相次いでいる中、都内ではゴールデンウィーク明けに1,200人以上が運転免許を返納したというニュースがありました。

また高齢ドライバーには運転させないべきだとか、オートブレーキの車しか運転出来ないようにするべきだとか、マニュアル車にすべきだとか、様々な意見がでていますが、とても難しい問題だと思います。

高齢になってもしっかりされてる方も多いですし、地域によっては、車がないと生活に支障が出る人も多々いるわけですから、ひとつのルールで万事うまくいく、なんてことはなさそうです。

高齢者の方は認知症じゃなくても、持病を持っている割合が若い人より多かったりしますから注意が必要です。 

そして運転をしない方も歩行速度が低下することによっての事故もあるわけですから、よりそのあたりにも配慮した考え方を多くの人がもつことも必要です。

 

もちろん高齢者だけのことではありませんが、ある日突然、誰もが被害者になり、ある日突然、誰もが加害者になる交通事故を完全に防ぐことは出来ません。

技術の進歩によってより安全になることを、悲惨な事故から少しでも学んで、事故を起こす芽を摘んでいくような努力を、地道に積み重ねていくしかないのかもしれません。

あと6年で、3人に1人が65歳以上になるわけですから、交通ルールに関しても、新たな考え方や取り組みが必要だと思います。 

 

これだけやっておけばいいと、”満足しない” ことがますます大事になってくる気がします。

全然 “サティスファクション” とは言えない現状のなか、5月11日から春の全国交通安全運動がはじまります。

とにかく悲惨な事故が、少しでも少なくなりますように。

 

『 暗黙知 』

初めてのことに、なんて挨拶すればいいのか?、何をすればいいのか?、みんながよく分からないまま、ふわふわしながら新しい時代が始まりました。 

急に日々の暮らしが変わるわけじゃないですが、ワクワクしたり、心を新たにしたり、新しい時代を迎えた空気は、なんとなく感じる期待や希望みたいなものが、そこらじゅうにあるような、そんな令和の始まりでした。

 

『 言語化 』

自分ではわかっていることも、人に伝えていくには言葉が必要です。私はこれが苦手で、そんなこと言わなくても分かってくれないかな?なんて思っちゃったりしますが、やはり言葉は大切です。

「ありがとう」と思っていても言葉にしないと伝わりませんし、自分が分かっていても、相手も同じように理解しているとは限らないわけです。

 

『 言葉にする 』

“ドリブルデザイナー” 初めて聞いたときに、なんだそれは?と思いました。

岡部将和(おかべ・まさかず)さんはFリーグ(フットサルの全国リーグ)出身で、世界でたった1人のドリブルデザイナーです。

それはドリブルデザイナーなんていう職業はそもそも無く、初めて作ったのが岡部さんだからです。

岡部さんは1対1の場面で99%抜けるドリブルの理論をつくり、あのネイマールや世界中のサッカー選手達と勝負してその理論を証明し、現在は日本代表の選手まで指導することもある、名前通りのドリブルの専門家です。

遊びから始まるサッカーのドリブルは人によって違います、またとても感覚的です。

岡部さんはそれを細かく分析し、なぜ抜けるのか?、またどうしたら抜けるのかを、言葉で伝える、言語化したので、その理論をより多くの人に伝えることができるわけです。

影響されやすいので、公園で久しぶりに球蹴りをしたいと思っています。

 

『 SUSHI TELEPORTATION 』

朝のテレビで見ましたが、世界中のどこにいても、同じ味の寿司が食べれるという『SUSHI TELEPORTATION』(スシ・テレポーテーション)が紹介されていました。

昨年にアメリカのテキサス州のオースティンで開催された、テクノロジーイベント「SXSW 2018」で紹介されたスシ・テレポーテーションは、例えば東京のお寿司屋さんが作った寿司の、味や食感、色、栄養素、水分量などをデータ化して、それをフードプリンタで再現するというものです。

それは音楽や映画をダウンロードするみたいに、本場の寿司を世界中どこにいても、宇宙であっても、食べたいときに、同じ味の寿司がダウンロードできるようになるみたいですから、驚きです。

 

『 暗黙知 』

自分は気がついていなくても、身体が知っている知識のことを『暗黙知』(あんもくち)と呼ぶようです。

顔を見分けたり、真っ直ぐに歩くとか、車を運転するとか、料理人が絶妙な味を出したり、医者が病気を当てたり、、、

それは、その人にしか分からない経験からのもので、主観的で、言葉にしたり、データ化して人に伝えたりすることが難しい知識のことです。

高齢の方々は、この『暗黙知』の宝庫ではないかとよく思います。それは長年の経験と、身体に染み付いた実体験からの知識がずば抜けているからです。

言語化が難しい『暗黙知』は、客観的に分かりにくく、自分でその価値に気づいていない方も多い気がしますが、人生100年時代の『暗黙知』は、やはり、すごいです。

アナログな『暗黙知』と、それに対してデジタル化できるような、客観的な知識を『形式知』というようです。

先程紹介したようなサッカーのドリブルデザイナーや、スシ・テレポーテーションなんかは、本来はアナログなものをデータ化しているというか、『暗黙知』を『形式知』に少しでも近づけようとしている気がします。

 

『 言葉にならない 』

「女性は言葉にしてほしくて、男性は言葉にしなくても分かってほしい」とよく言いますが、男女は脳の違いがあって、その溝はなかなか埋まらないわけです。

永遠に埋まらない溝を埋めるより、そういうもんなんだと、お互いを理解することが大切なようです。

デジタル化が加速する中で、データ化できるものは今まで以上に増えていくはずです。 

ただし、全てはそうはならないのではないでしょうか、データ化できないものが必ずあって、そしてそのデジタルにならない”暗黙知”は、きっとこれから先、今まで以上に価値があるはずです。

 

『 暗黙知の価値 』

言語にできること、言葉では伝えられないこと、それは全く違うことではありますが、区別せずに組み合わせて使えば、長所が短所を補い、強みに変わります。

人はロボットじゃないですから、やはり両方とも必要です。技術が進化して効率的にあらゆるものがデータ化されてしまったら、なんて味気がない未来だと思ってしまいます。

『高齢者のジリツ支援』という難しいテーマも、単純に表面的な数字だけで物事を進めてしまうと、とてもじゃないですが豊かな超高齢社会にはなりません。

シニアの方々のデータ化できないような『暗黙知』も、その素晴らしさや価値を『ちゃんとちゃんとの学校』から、もっともっと広めていきたいと思っています。

そしてそれを伝えるのは、高齢者の側にいる方から、現場からしか伝えていけない気がします。

新たな時代はテクノロジーの進化と同様に、シニアならではの魅力を、データ化できない魅力を、言葉にならないものを、より多くの人に伝えることができるようになることが、そういう進化が必要です。

一見相反する2つが合わさって、はじめて豊かな超高齢社会になるはずです。

 

『シニアのジリツを楽しみに』

どれだけ人が偉くなろうが、わからないことのほうが多い世界です。

「生きる理由は?」「長生きする理由は?」、もしかしたらそんなものは無いのかもしれません。

ただその理由をつくることはできるはずです。この時代にたまたま生きている意味も、多分偶然ですが、そんなの無くても作ればいいことです。

 

「高齢者のジリツ」を応援するこの『ちゃんとちゃんとの学校』は、どのような形(忙しくて参加できない方や、遠方の方も含めて)であっても1人でも多くの人に、色々な形で参加してもらえたら、と常に思っています。

1ヵ月のうち、ほんの数時間でも超高齢社会に対して出来ることをする、それは簡単なことではありません。

そのためには、楽しさが必要だと思います。 楽しいと思えることは長続きする秘訣です。

子供がワクワクするような、大人が子供に戻れるような、そんな楽しさも併せ持った『ちゃんとちゃんとの学校』に出来たら、”楽しくて役に立つ”なんて最高です。

それを同じ気持ちを持つ方々と作れたら、最高の最高だと思います。

シニアのジリツを応援するプロジェクト、『ちゃんとちゃんとの学校』は参加いただける方々でつくっていきます。令和の時代も引き続き、よろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

『 平成最後のちゃんとちゃんと 』

平成最後の『ちゃんとちゃんとの学校』を開催しました。

昨年末から始まった『ちゃんとちゃんとの学校』シーズン2は、シーズン1の “シニアのジリツを学ぶ” というスタイルから、”シニアのジリツを学ぶ➕実際に授業をつくっていく” という、より実践的な内容で進めています。

シーズン1から参加いただいている、まるでファミリーのような方々と、今回初参加の方々などと一緒に、10連休前にもかかわらず集まっていただき、ゆるくまじめにシニアの自立支援を共に考える、素晴らしい時間を過ごすことができました。

 

『 超高齢社会に対して出来ることは 』

2025年、令和6年には、3人に1人が65歳以上になる日本ですが、65歳以上の約半数が75歳以上です。

75歳からは要介護になる方が急増し、また認知症も同じように増えます。もちろんそういう状態ではない方であっても、年齢と共に身体の衰えはおこるわけです。

年齢が全ての原因ではありませんが、ここ数日報道されているような悲惨な交通事故も含めて、超高齢社会を生きていくことが、日常になることを実感している方も多いのではないでしょうか。

 

『 2019のチャレンジ 』

今回はまず私から『ちゃんとちゃんとの学校』で2019年度に開催予定のものを、いくつかご紹介しました。

【ウォーキングイベント】

5/18(土)に山梨県中央市で開催する予定の、『ちゃんとちゃんとの学校ウォーキングイベント』をご紹介しました。

 

昨年末に開催した『ちゃんとちゃんとの学校@東京大学』に参加していただいた加藤寛啓さんは、山梨で健康関連商品などの販売を行う企業グリーンパスの代表を務めています。

顧客にシニア層の方々も多くいるため、その方々に本当に喜んでいただけるようなことが出来ないか?、また地元の地域の方々にも参加していただけたらということで、ちゃんとちゃんとの学校が企画するウォーキングイベントを開催することになりました。

そして、どうせやるならシニアの方々に怪我をしにくい歩き方や、膝に負担のかからないような歩き方、正しい歩き方を学んでいただいた上で、歩こうじゃないかということになりました。

そこで『ちゃんとちゃんとの学校』シーズン1で講師に来ていただき、大好評だった鈴木学さんが “ちゃんとちゃんとの歩き方” を参加者の方々に教えてくださることになりました。

鈴木学さんは骨格を162パターンに分類し、その人に最適なシューズや歩き方などを提案できるフィットファクターの開発者でもあり、スポーツ骨格サイエンティストでもあるスペシャリストです。

当日は私と幸田さんも参加させていただく予定ですが、あまり学ぶことがない、正しい歩き方を学ぶ貴重な機会ですので、ご興味のある方は是非ご参加ください。

 

【ちゃんとちゃんとの学校@岡山・倉敷】

そして7月13日には、幸田さんの地元でもある岡山で『ちゃんとちゃんとの学校@岡山・倉敷』を予定しています。

倉敷の美観地区にある倉敷物語館にて、今回は初めて東京を飛び出して『ちゃんとちゃんとの学校』を開催予定です。

そして9月の上旬に予定しているシニア写真展、そしてヒューマンライブラリーの企画は、岡山県倉敷市帯高に残る、美しい能楽堂まである古民家「つくぼ片山家」で開催予定です。

どんな人にも、それぞれの歴史がありストーリーがあります、例えばある人の人生の一場面が誰かを元気にしたり、勇気づけたりすることがあるのではないかと思っています。

シニアの方々の昔の写真を展示しながら、人や街の歴史について子供たちに語っていただくような体験、それは本を一冊読むよりも深く心に残るかも知れません。

210年も前につくられたという歴史ある古民家で、昔の写真を見ながら、人生の1ページを振り返る、それはデジタル化された情報では伝えきれないものを、繋いでいくことになると思います。

 

【大阪開催】

そして『ちゃんとちゃんとの学校』を、なんと大阪でもスタートしてくことになった報告をさせていただきました!

私も生まれは兵庫ですから、大阪は目と鼻の先ですが、大阪には以前からちゃんとちゃんとを応援してくださる方もいて、スタートすることになりました。大阪開催に向けて5月13日には中心になる方々と食事会をする予定です、今から楽しみです。

 

【多古町ツアー】

そして、以前から何回かお伺いさせていただいている千葉県多古町の、いま全国から熱い視線を集めている、地域包括ケアシステムの新しいカタチ『タコ足ケアシステム』を引き続き紹介しました。

ゆるくて、そしてなにより楽しくて、人の魅力や繋がりで地域を変えていくカタチは、誰から見ても魅力的です。

今までにない、遊び心にもあふれた取り組みを、是非ちゃんとちゃんとの皆様と視察?(遊び?)に行きましょう! と話をさせていただきました。

もうずいぶん前から参加したい方々もいらっしゃったので、近々 “ちゃんとちゃんと多古町ツアー” をやりますので、みんなで楽しく行きましょう。

 

【フードプロジェクト】

そして当プロジェクト発起人の一人である、ミタニホールディングスの三谷さんを中心にしたフードプロジェクトを説明させていただきました。

高齢者の方々の低栄養、新型栄養失調に対して、その対策になるようなフード開発を行います。

そして「ちゃんとちゃんとの学校」でやるなら、日頃シニアに関わる立場の人達だからこそ作れるようなものを作り、今年の内に打ち合わせや試作、試食会などをして商品化を目指します。

フードプロジェクトはどうしても、食や栄養に関する知識や、高齢者の方々の身体に関しても、精通している方に関わっていただきたいということで、お願いさせていただいたのが河野ひなさんです。

河野ひなさんは、救命医療の現場で活躍され、またナチュラルフードコーディネーターや、漢方養生指導士でもある凄い人です。

そんな河野ひなさんに、三谷さんを中心にするフードプロジェクトのサブリーダーとして、関わっていただくことになりました。

フードプロジェクトも、その他のプロジェクトも含めてですが、私と幸田さん、三谷さんだけでは、なかなか難しい状態ですので、みなさんのお力をお貸しください。

お仕事の合間の少しの時間を、ちゃんとちゃんとに、シニアの自立支援に、使っていただけたら幸いです。

 

『 ちゃんとちゃんとのジリツとは? 』

今回は幸田さんのほうから、ちゃんとちゃんとの学校の目指す「3つのジリツ」について説明がありました。

ひとことで「ジリツ」といっても様々な自立があります。自立の定義は難しく、どういう人がその言葉を使うかによって意味合いが変わります。

ちゃんとちゃんとの学校では、3つの「ジリツ」が必要だと考えます

 

1つ目が「自律」

年齢を重ねても身の回りのことが自分で出来ること、また誰かの助けを受けながらそれが出来ること、介護の方々から考えるようなジリツもここに入ります。

2つ目が「自立」

年齢を重ねても、スポーツや、趣味、旅行など、好きなことがちゃんと出来る、それは元気なアクティブシニアの方々から考えるジリツになります。

3つ目が「地立」

年齢を重ねても、誰かに必要とされる、地域に貢献できる、そういう元気なシニアがそこにいることは、地域の大切な人の資源です、地域と関わって社会を元気するような方々のジリツになります。

このうち、どれか1つがかけても “豊かな老い” とは言えないのではないでしょうか?。

そして何よりも、それぞれのジリツは、介護の世界、アクティブシニアの世界、社会に貢献するシニアと、分かれてしまっている気がします。

本当は “豊かな老い” という目的は同じなわけです。

そういう業界の壁を壊して、それぞれが繋がり、協力していかないと、世界に先駆けて直面している超高齢社会は、乗り越えられないのではないでしょうか。

そういう目に見えない壁を壊して、 “3つのジリツ” が、つながるような意味を含めた「ジリツ」を目指していくのが、ちゃんとちゃんとの学校です。と幸田さんから、熱いお話がありました。

 

『 シニアの「自立支援 」介護福祉の視点から 』

今回は、介護福祉のエキスパート清水絵理さんからの特別授業でした。

清水さんは、ちゃんとちゃんとの学校の初回からずっと参加いただいていますが、授業をしていただくのは今回が初めてです。

清水さんは、大学で社会福祉学を学び、その後、高齢者介護の現場で働き始め12年になられます。

介護福祉士、ケアマネジャー、介護職員初任者研修・実務者研修講師、福祉サービス第三者評価委員などを経験され、昨年からは大学院で老年学を専攻中されています。

また「食」と認知症、介護の関連性に着目し、介護現場で働きながらも料理研究家として食に関する活動も始められています。

今回清水さんに授業をお願いしたのは、介護福祉の最前線にいる方からのお話は、ちゃんとちゃんとの学校では過去にやったことがないということ、そして清水さんが考えるシニアの自立支援を、純粋に知りたかったということがあります。

優しく丁寧に説明していただく中にも、介護現場でしか分からない、そこにいなければ感じることのできない話が、散りばめられていて引き込まれます。

同時に介護は大変な仕事にもかかわらず、その大変さより、むしろ明るく話す話し方からは、利用者の方への愛情が根っこにあることがわかります。

そして認知症の方に対しての、理解を改めさせてくれるような、考えさせられる内容もありました。

そこには介護に携わる人とそれ以外の人の間にある、捉え方の違いが、大きな溝がやっぱりあるなぁと痛感しました。

最後に生理的な欲求を満たす「自律」は、好きなことが出来る「自立」と分かれていない、繋がっている、ということを伝えていただきました。とにかく考えさせられる、清水絵里さんからの特別授業でした。

 

『 壁はどこに?』

アイオライトという群青色の石があります。菫青石(きんせいせき)ともいわれ、ギリシャ語で『青』を表す『アイオ』、『石』を表す『ライト』から名付けられたようです。

1000年以上も前に、西ヨーロッパを中心にいたバイキングが、方角を割り出すために航海に使っていたアイオライトの最大の特徴は、見る角度によって色が変わることです。

バイキングは、日光の当たる角度により色が変わるというアイオライト特徴を生かして航海に利用したようです。

同じ石であっても、見る角度が違うだけで、色が変わるということは不思議なもんです。

 

「シニアのジリツ」も見る角度によって意味が変わります、様々な形のシニアの自立支援は、たくさんの業種や、違う立場の人たちがそれぞれの価値観でシニアの自立支援を目指しています。

その世界によってジリツの考え方が違う、当たり前です。そしてルールに縛られた世界には当たり前のように壁があります、ある意味必要なことかもしれないですが、それは高齢者のために作った壁なのか?そこが重要です。

またその壁は、思い込みの壁は、実は個人個人にも根強くあるのかもしれません。

決まった答えがないシニアのジリツ、ひとつではない答えに対しては、多くの考えを知ること、また知ろうとすることが、スタートになるはずです。

シニアのジリツを支援する、「ちゃんとちゃんとの学校」は4年まえから始まって、皆様の応援のおかげで、なんとか令和の時代も続けていきます。

また令和もゆるくまじめにやっていけたらと思っていますので、よろしくお願いいたします。

ちゃんとちゃんとの学校終わりに、入るといきなりラストオーダーの居酒屋に入り、幸田さんと2人で飲むビールが、なぜか美味しいので、それも楽しみにしながら、また次回も6月に開催させていただきます。 

 

もう始まってしまいましたが、良いゴールデンウィークをお過ごしください。