『 あと何回 』

「ぱさぱさに乾いてゆく心を
ひとのせいにはするな
みずから水やりを怠っておいて

気難しくなってきたのを
友人のせいにはするな
しなやかさを失ったのはどちらなのか

苛立つのを
近親のせいにはするな
なにもかも下手だったのはわたくし

初心消えかかるのを
暮らしのせいにはするな
そもそもが ひよわな志しにすぎなかった

駄目なことの一切を
時代のせいにはするな
わずかに光る尊厳の放棄

自分の感受性くらい
自分で守れ
ばかものよ」

 

ふと大好きな茨木のり子さんの『自分の感受性くらい』を思いだしました。

 

 

『 感受性 』

テレビはバカの一つ覚えみたいに陽性者の数ばっかり言ってるから見る気がしないわ

世界的にみれば感染者が少ないのに医療崩壊しているシステムこそが問題じゃないの、家にいないやつに偉そうにステイホームとか、生活に困らないやつに外食だけが悪いことみたいに言われてもねえ、ぽっと出のPCR検査に振り回されてもっとぽっと出のワクチンまで打たされるなんてどうかしてるわ

 

そんなこと言ってたら「人が死んでるんですよ」って言う人がいたんだけどさぁ、よく考えてみなよ、人は死ぬんだよ、あたしもあんたもね、いつかは知らないが。

 

 

そんな話をある80歳の女性から聞きました、それはそれは楽しい時間で途中から2人で大笑いしながら話しました。

人はどこかに属していると思います。企業や肩書きや団体など、いつのまにかそういうものにある程度の言動が縛られていて、そういう縛りのある人の話はやっぱり当たり障りなく、またその属している組織に反しない話が多くなるわけですが、その80歳のおばあちゃんは自由でした、どんな政治家やリーダーよりも魅力的でした。

そしてこう言われているみたいでした。

「自分の感受性くらい自分で守れ

ばかものよ」

 

『 あと何回 』

〜お百姓はどれほど田植えをするのだろう
コックはパイをどれ位焼くのだろう
教師は同じことをどれ位しゃべるのだろう〜

茨木のり子さんの詩にはこんなのもありました。

そしてこんな不摂生をしながらもあつかましく平均寿命まで生きれたとすれば、あと37年あります。

37回新年を迎えて、13505回眠り、40515回食事をして、落ち込んだり、喜んだり、病院にいったり、そんな日常には必ず終わりがあるわけです。

人生はそうみるといつも限定版です。1日1日は貴重な時間です。

コロナで自宅にいる時間が増えることは感染症対策には大切なのでしょうが、あのおばあちゃんにとってはもっと大切なことがあったのかもしれません。

家にいると筋肉が衰えるように、人と接する時間が減ると心が衰えるのかもしれません。

人間は合理的な生き物じゃありません、そんな簡単じゃありません。コロナであきらめたくありません。

緊急事態宣言が出るこんなときだからこそ、ちゃんとちゃんとの学校は心だけでも自由にできるようなことをしたいと思っています。

誰かの人生の誰かの言葉が、どこかの誰かを元気にしてくれる、いよいよそんな100歳図書館を始めようと思います。

こんなときだからこそ

 

『 おいる 』

遅くなりましたが、新年あけましておめでとうございます。

2021年が始まりましたが、シニア支援プロジェクトちゃんとちゃんとの学校ではシーズン3を2020年の10月~2021年の3月としておりまして、年をまたいでの開催、そしてオンラインが中心での開催になっております。

 個人的には休みがほぼなかった1年だったので、正月休みにやれることをやろうと思っていたら人生初めての腰痛になりほとんど何もできませんでした。

そんな初老を痛感する年の瀬を過ごし、ここのところ毎年来ている山梨のキャンプ場で新年を迎えました。

 

『 忘年会 』

年末にオンラインで開催したちゃんとちゃんとの忘年会では不思議な気持ちになる体験をしました。

今回は参加者の方々が昔の写真をお互いに紹介しながら、お酒を片手に語り合うような時間がありました。

100歳図書館ではありませんが、いざ自分で写真を選ぶとなると1枚の写真を選ぶことは改めて大変だなぁと思いました。

ちょっと前のことだと思っていたことが実際にはかなり昔のことだったとか、あのこは今どうしているんだろう?とか、時代を感じさせる洋服だとか、痩せてたなぁ、とか、、まあ思っていた以上にたくさんの感情が出てきて交通整理ができない状態で、今まで使っていなかった脳の部分が動いている気がしました。

そしてその写真の頃の自分にアドバイスしたいことや、荒削りだけどあの頃にあったものが今は無くしてしまっていたものとかを見つけることになり、なんというか知っていたはずの自分は今の一部分だけであって、本当の自分を知らなかったような不思議な気持ちでした。

そして参加者の方の写真を見たりお話を聞いたりすると、その人の背景が見え始めてきてより立体的にその人のことが見えるような気もしました。

 

『 ドリームチーム 』

サッカー専門誌フランス・フットボールは昨年の12月14日に歴代ベストイレブンの「ドリームチーム」を発表しました。同誌が選定する伝統の年間最優秀選手賞「バロンドール」はコロナウイルスの影響で昨年は中止になりましたが、その代わりの「ドリームチーム」の発表でした。

その中には昨年に亡くなった偉大なマラドーナも入っていました。そしてそのマラドーナが「シャビはサッカーそのもの」と称賛したシャビもドリームチームに選出されました。

マラドーナとシャビは共に小柄なサッカー選手ですが、マラドーナは圧倒的なテクニックとカリスマ性があり、シャビはフィールド全体を見渡しその判断のスピードと正確性がありました。

シャビのことを書き始めるときりがないのですが、まるで空から鳥が見下ろすような視点でフィールドを見ていました、鳥瞰とか俯瞰とかそういう視点でサッカーを見れる数少ない選手でした。

 

『 おいる 』

俯瞰で物事を見る、これはかなり難しいことです。どうしても目先のことで精一杯になりがちですが、目先のこともことばかりではやっぱり無理が出てきますから、全体を見ることも時には必要です。

ちゃんとちゃんとを始めていつも考えていることが「おいる」ってどういうことなんだろう?ということです。

それは単にシワが増えたり、白髪が増えたり、早く走れなくなったり、忘れっぽくなったり、腰が痛くなったりということではないと思います。

それは単に老いの一面だけであって全体を見ると昔より進化してきたことも成熟してくることもあるはずです、そしてなによりも老いは今までの自分の変化と周りの変化を含めた現在進行形の一切合切を含んだものなんじゃないかとも思います。

年齢とともに出来なくなったこととか、出来るようになったこと、あの日には戻れないけど、今しかできないこともある、そういう色々な足し算と引き算をしながら生きている状態を俯瞰で見ることがとても大切な気がします、目の前のことだけを見るのではなく。

 

『 触媒 』

「これからは”風の時代”なんだって」と誰かが言ってました。

僕はこの手の話には詳しくはありませんが、なんでも火・土・風・水の4種類がありこれまでは土の時代だったようです。

土の時代はお金や物や権威などの物質が重視されてきた時代のことで、その土の時代が終わりこれからは知性やコミュニケーションなどの物質的なものではないものが重視されるような”風の時代”になるようです。(間違えてたらすいません)

 

風の時代はともかくとして、コロナの影響もあり変わらざるを得ない時代なのは確かです。そして様々な価値観が変わることは、すでに起こり始めている気がします。

3人に1人が65歳以上になるという2025年問題が近づいてくる現在、従来のやり方ではうまくいかないことがたくさん出てきています。

 

わたしたちはこれを問題としてとらえるだけではなく長生きすることは価値があると、まだ誰も気が付いていない価値があるはずだと思っています。そして皆さまと一緒にその新しい価値をつくる学校でありたいと思っています。

 

なんにもない山梨のキャンプに毎年行く理由がなんとなくわかりました、それは焚火をして家族がその火を囲んでする会話があるからです。おそらくそこでしかできない会話に意味があるんだとわかりました。

なんにもないと人は会話が難しいもんです。焚火の炎は人と人をつなぐ触媒みたいなものなのかもしれません。

そんな炎のマークを持つこのちゃんとちゃんとの学校はシニアとシニア支援パーソンを繋ぐ触媒にもなるんじゃないかと思います。

今年もいろいろな人たちでつくるちゃんとちゃんとの学校は、何時でも皆様の参加をおまちしております。

シニア支援プロジェクトちゃんとちゃんとの学校を今年もよろしくお願いいたします。

 

 

 

『 ちゃんとちゃんとがあって良かった 』

人間はどこまで優しくなれるのだろう

きっと優しさの下には途方もない数の色々なものが積み重なっていて、その上に優しさはあるのかもしれません。

良いことばかりじゃない人生で、辛いのは自分だけじゃないんだと自分のことより周りの人達を思いやる姿が優しさで、優しさは強さなんだと思います。

 

『 開店休業 』

今年はアルゼンチンのビジャフィオリートが生んだサッカーの神様が死んでしまったことが個人的には悲しくて仕方がないですが、やっぱりコロナのパンデミックな一年でした。

もともと仕事ではない『ちゃんとちゃんとの学校』はコロナで仕事もままならなくなった時には、やはり活動そのものが難しく開店休業状態でした。

そんな中、ちゃんとちゃんとの学校に昨年参加していただいた岡山の星島美子さんからお手紙が届きました。すぐにメンバーで読み、その内容に励まされ、勇気をもらいました。

1人でもちゃんとちゃんとを待ってくれている人がいるんだということが嬉しくて、迷いながらもやってきたことにとにも意味があったのかもしれない、そんな気持ちにさせていただいてやれることから始めることになりました。

コロナでそれどころじゃないという方もいる中でのスタートかも知れませんし、やらない理由を探せばたくさんあるとも思いますが、今年初めに読んだ「それしかないわけないでしょう」を思い出しながら出来ないことを探すのはやめて出来ることを探してみることにしました。

 

『 自然免疫と獲得免疫 』

「免疫」という言葉を今年は例年以上に耳にする気がしますが、「免疫」という言葉はあっても「免疫力」という言葉は無いようです。

免疫とは強いから良いとか弱いからダメだとかそんな単純なものではなく、ウイルスや細菌などの病原体から身体を防御し、身体の中の老廃物や死んだ細胞や発生したがん細胞を処分し、傷ついた組織を修復したりするような身体を守る複雑なシステムのことを「免疫」とよぶようです。

そんな複雑な免疫システムでは、生まれつき身体に備わっている免疫の仕組みと、生活の中で獲得していく後天的な免疫の仕組みの2つに分かれていて、前者を自然免疫、後者を獲得免疫というようです。

そしてこれらの免疫システムに異常がでると、本来は自分の身体を守るはずの免疫が自分の身体を攻撃してしまうこともありますから、免疫は諸刃の剣でもあります。

 

 

今年は今までに経験してこなかったことに誰もがチャレンジせざるを得ない1年でした。子供から大人まで誰もが迷いながらも正解のない問題に挑み、それぞれが正しいと思う選択をしながら過ごしたそんな1年間は今までにはありませんでした。

コロナの新しい暮らしに慣れていく日々で、免疫でいうと獲得免疫のようなものが知らず知らずのうちに身についてきた気がしました。

 

そして同時にそれぞれの正しい道をめぐる対立も印象的な一年間だった気もします。コロナによって巻き起こった様々な論争は、誰かにとっては正解でほかの誰かにとっては不正解で、みんなが正義でそれぞれが正論で、なかには意見の違う人を攻撃する人も出てきて、こういう状態は免疫でいうところの「免疫暴走」(サイトカインストーム)になるのかなぁ?と思ったりしました。

ふと昨年末の100歳図書館に出演していただいた千葉県の多古町の郡司保美さんが、先日Zoomでお話しされていた言葉を思い出しました。

「コロナになって分かったことは、結局人間は偉そうにしているけどたいしたことないってこと」

ですよね、郡司さん流石です。

 

『 錯覚 』

錯覚とは「昔お金を持っていた事ばかり覚えている人のこと」って誰かが安い居酒屋で言っていましたが、僕は「昔からのお金の物差しでしか善し悪しが判断できないこと」だと勝手に思っています。

誰かが勝手につけたお金の価値を何も考えずに信じ込み、お金のことばかりで物事を判断して振り回され、大切な人生の時間を無駄にはしたくはありません。

もちろん綺麗ごとだけは生きてはいけないですが、やっぱり自分が心からいいなぁと思うことに関わっていたいと思いますし、まだ価値があるのに気が付けていないものも、まだまだあるんじゃないかとも思います。

 

友人達で始めたちゃんとちゃんとの学校はいよいよ6年目に突入します。まさかこんなに続くとは、、、こんな僕たちに協力いただけた皆様のおかげです、本当にありがとうございます。

超高齢社会を問題として考えるだけではなく、長生きすることにはもっともっと価値があるはずだとスタートしましたが、その価値を多種多様な人たちで探していくことがちゃんとちゃんとの学校であり、それを誰もがわかるカタチで表現できたら、長生きの価値がもっと伝わればということを目指しています。

 

100歳図書館で感じたことは、なぜこんなに心に響くのか、なぜこんなに勇気を与えられたりするのか、おそらくそれは今まで気がつかなかった長生きの価値がそこにあったからだと思います。

 

ちゃんとちゃんとの学校は校舎もなければ先生もいません、学校でいうと休み時間に近いかもしれません。

勉強の合間に集まってワイワイガヤガヤ、遊び感覚でもいいのでゆるくシニア支援に関わっていただきたいそんな学校です。

ゆるい休み時間だからたくさんの面白いシニア支援の企画が生まれましたし、休み時間だからこそクラスや学年を越えていろいろな人と交流できるんだと思います。もっともっといろいろな人に参加してほしいし、遊びに来てほしいと思っています。そしてシニア支援に興味がある方の休み時間のような居心地がいい場所でありたいとも思います。

世界で初めての人の図書館をつくる100歳図書館や、シニアの立場に立ったシニアの住まいづくりをデザインするちゃんとちゃんとハウスはもちろんのこと、新しいシニア向け栄養学やフード開発、歩き方を学ぶ授業、来年は校歌もつくりたいし、かっこいいグッズもつくりたい、そんな感じで来年も楽しみながらも真面目にシニア支援の活動をしていく予定です。

今年も大変な状況にもかかわらずご協力いただいた皆さま、一年間本当にありがとうございました。来年もちゃんとちゃんとをよろしくお願いいたします。

最後にコロナにひっちゃかめっちゃかにされながらもいま思うことは

「ちゃんとちゃんとがあって良かった」

ということでした。来年には1人でも多くの人に同じように思っていただけるちゃんとちゃんとの学校でありたいと思います。

一年間本当にありがとうございました、よいお年をお迎えください。