『 きもち 』

人の気持ちはわからない。赤の他人や気心の知れた人も、家族だってわからない。

わかったつもりがわかっていないのが人の気持ちで、時々自分の気持ちさえもわからないくらいだから、まあ、わからないのは当然なのかもしれません。

今年から高校に入った長男と夜中の2時に缶チューハイとコーラを飲みながら話しました。深夜にイライラして大騒ぎしたり家出したり、最近そんなことが立て続けにあったからです。

自分より大きくなった子どもと思ったことをお互い話しました。小さな頃はなんでも話していたのが、いつからそんなに話をしなくなったのか?、何があったわけじゃないけれど自然にそんな感じに、そんな空気になっていました。

お互い話をしてみると大きくなった子どももやっぱりまだ中身は子どもで、いつのまにか父親になった私もまだまだ親にはなれていなかったことがわかりました。

コロナの影響で大切な中学の最後と高校の最初がほぼ無くなった世代、新しい友達も親しい友達も誰もいない、そんな環境で過ごすことや自分の居場所が見つからなかったことは相当なストレスがあったようです。

とにかく素直に話しました、こういう場合はなんて言えばいいのかなんて全く気にせずに、分からないことは分からないと言い思ったままを話しました。

不安で当たり前だし、友達なんてできなくたっていい、生きていればだいたいのことはどうにだってなる。素直に話すと相手も正直に話してくれた気がします。

そういえば今までこういう時間が無かったなぁと、こういう時間もいいもんだなぁと気づきました。そんなこんなでえらい時間になってしまい、わからない気持ちが少しでも分かることができた2人の深夜の飲み会が終わりました。

人の気持ちはわからない部分がほとんどだけど、話をすることは問題解決にはならなくても、ちょっとは色々なことをマシにしてくれます。

 

「よそゆき」

服装はほとんど興味がないですが、それなりの場所にいくときにはめんどくさいですが、それなりに気を使います。言葉も思っていたことを話していたはずが、いつからか”よそゆき”になってくることがあります。

こう言わなきゃならないとか、こう言えば何か言われるかも知れない、そんなことばっかり考えていると、いつの間にか言葉がよそゆきになります。

それはもはや自分の思っていることではなく、ただ批判を受けないように選んだ、つまらない言葉の寄せ集めで、どんなに綺麗な言葉でもなんだかピンときません。

「やりたいことは何?」よく大人に子どもが言われる言葉ですが、子どもの頃に聞かれていちばん嫌な質問でした。

「そんなのありません」と答えると「夢を持たなきゃだめだ」と言われ「〇〇がやりたいと」と言えば「今のままじゃダメだと」言われ、もう大人の子ども向けのマニュアルに書いてあるみたいな質問にウンザリでした。『やりたいことなんて常に変わるわ、ずっと一緒だと思うなよ!』と思ってました。

個性を大切にとか、夢を持てとか言われても困るタイプの子どもだったので、そんなぼんやりとした言葉より自分の言葉で話すことがまず大切だと思っていました。

そういうことを続けていって出会う人が友達になるかもしれないし、なんだか面白そうだったからです。

誰かがつくったよそゆきの言葉ばっかりを選んで失敗してもそれは誰かさんの失敗で、自分の言葉でたくさんの失敗をして、経験していく事のほうがよりガッカリするしとても意味がある気がしていました。

昔はもっとあった気がする失敗を許してくれるような環境と、本音を言っても否定されずに受け入れてもらえるような場所や時間、そういうものは、子どもだけじゃなく誰にも必要だと思いますし、あまりないような気もしています。

一枚の写真を使って自分の人生を語る、そして対話をする「100歳図書館」という企画が昨年ありましたが、今年はコロナの影響で進んでいない現状です。たこ焼き器みたいなオンラインではどこまで伝わるのかは分かりませんが、いま必要とされる企画だと改めて思っています。

1人ではなくチームとして、より良いシニア支援をするためには、私達のよそゆきじゃない言葉でつくる、もっとたくさんの失敗が必要だと思っています。

7月になりました、そろそろ始めていきたいと思います。

 

『 メメント・モリ 』

自分があと何年間、何日間、何秒間生きていられるかを知らせてくれる、そんな腕時計があるそうです。

年齢や身体の基本的な情報、生活習慣などを入れると人生の残り時間が分かるという腕時計です。

いったいそれの何がいいんだろうとは思いますが、その腕時計は当たり前のことを気づかせるためにあります「いつかは死ぬんだ」、ラテン語で「メメント・モリ」というようです。

 

『 世界を救う100歳老人 』

スウェーデンのヨナス・ヨナソンの著書「世界を救う100歳老人」は大ヒットした前作「窓から逃げた100歳老人」から5年ぶりの続編です。

主人公のアラン・カールソンが101歳の誕生日にバリ島で気球に乗ります、安全装置が外れた気球は遥か彼方に飛んでいって海へ不時着、北朝鮮の貨物船に拾われ平壌まで連れて行かれる、というぶっ飛んだ話から始まります。

そして金正恩やメルケル、プーチン、トランプまで登場するという、もちろんノンフィクションではない小説です。

前作では退屈な老人ホームから脱出するところから始まりますが、今回も前作と同じく世界中でユーモアたっぷりのお年寄りが100年分の貫禄を見せつけるように、若造どもを圧倒します。

最後にアランはいいます「人生は一度きりだ。人生で確かなことはそれだけさ。どのくらいの長さか、それはいろいろだがな」

なんだか長生きすることが楽しくなる小説です。

良かったらちゃんとちゃんとのインスタのオススメブックカフェでも紹介してください、ちゃんとちゃんとの女神、清水さん。

 

『 ネオウイルス 』

“ウイルスは必ずしも人類の敵だとばかりは言えない”、という記事を見ました。

人類より遥か昔から存在するウイルスは時には生物の進化を促進することもあり、またプランクトンなどの急激な繁殖により起きる「赤潮」もウイルスの働きによって終息しているようです。

ウイルスを病原体として見るだけではなく、地球の生態系の一部として捉える。

細かく分かれているウイルス研究の専門家が、それぞれの分野を超えて研究するような”ネオウイルス学”というものもあるようです。

この世界を変えたウイルスもいつか私たちの進化を促進することにつながっているのかもしれない、言葉が適切かは置いといて、面白そうです。

 

 

 

『 new  normal 』

「さあ、新しい生活様式にしましょう」と言われても、そう簡単にはいかない仕事についてしまったことを悔やんでも仕方ないわけですが、不器用ながら出来る限り変わろうとしています。

ステイホームの時にもコソコソと犯罪者みたいに仕事をしていた者からすると、身の周りに関しては随分と元に戻りつつある気がします。

コロナで1番変わったことはマスクやソーシャルディスタンスではなく「メメント・モリ」じゃないかと思います。

 

今まで何の疑いもなく信じていたことが、本当は間違いだったのかも知れない。

新しい生活様式を海外では new normal と呼ぶようですが、普通が新しくなると思っていた以上に基本的な価値観が変わろうとしているのを感じます。

シーソーのように何かの価値が下がれば代わりに何かの価値が上がります、今まで社会的弱者だった立場の人達が世界を救うかもしれないし、アラン・カールソンみたいな、端にも棒にも引っかからないお年寄りが、角ばり続ける世界を丸く優しくするかもしれません。

メメントモリ(いつかは死ぬ)は決して後ろ向きな言葉ではないようです。

いつかは死ぬんだと思ったときに初めてやるべきことがクリアになったり、生きていく上で本当に大切にするべきことがわかったりするからのようで、やはり死を意識すること、それは大切なんだと思います。

2020年もコロナであっという間に半分が過ぎてしまいました。

ちゃんとちゃんとの学校はシニア支援プロジェクトとして、「年齢を重ねることの価値」を誰にも分かりやすい形で表現していくことを目指しています。

若者が憧れる生き方、生産性に縛られない生き方、誰かのために生きる生き方、そんなシニアの生き方が、こんなコロナの時代だからこそ光になると信じています。

『 just do it 』

銃殺刑か絞首刑かを死刑囚が選ぶことができるユタ州で銃殺刑を選んだ死刑囚ゲイリー・ギルモアは、世界的に死刑廃止の風潮が高まりをみせる中「死刑にされる権利」を主張しました。

死刑執行人に「言い残すことはあるか?」と訊かれたギルモアは「Let’s do it」(さっさと始めようぜ)と答えたといいます。

この「Let’s do it」が世界的なスポーツメーカーNIKEのスローガン「just do it」が生まれたキッカケなんだそうです。

 

『 立たない勇気 』

2018年「just do it」の30周年を記念する広告に起用された選手はマイケル・ジョーダンではなくコリン・キャパニックというアメリカンフットボールの選手でした。

サンフランシスコ49ersのクォーターバックとして活躍した選手ですが、話題になったのは2016年に行われた試合での国歌斉唱の時、1人だけ片膝をついたまま立ち上がりませんでした。

「黒人や有色人種への差別がまかり通る国に敬意は払えない」という抗議でした。

この行為には賛否両論あり、その翌年からキャパニックはフリーエージェントになり、人権運動の影響もあったからなのかチームとの契約は結ぶことができませんでした。

そんな中にも関わらずNIKEはコリン・キャパニックを「just do it」30周年の広告に起用しました。

これをよく思わない者の中にはNIKEの帽子やシューズを切り刻んだり燃やしたり、不買運動が出たりもしました。

企業やブランドは顧客離れを恐れて政治的な立場を明確にはしませんが ナイキは明確にしました。

コリン・キャパニックの広告にはこう書かれています。

「何かを信じろ。たとえそれがすべてを犠牲にすることを意味しても。」

 

『 性別なんて 』

53年前の1967年、キャサリン・スウィッツァーは当時女性の参加が認められていなかったボストンマラソンに、性別を悟られないように参加し、レース途中には競技役員からの妨害にあいながらも4時間20分で完走しました。

キャサリン・スウィッツァーは女性として初めて正式に参加、完走した選手になりました。

当時マラソンは男性の競技で女性には無理だと考えられていたようです。それからも女性がマラソンに参加できるように古い固定概念と戦い続け、いまは当たり前のように女性のマラソンがあるのは彼女のおかげだと言われています。

2017年、70歳になったキャサリン・スウィッツァーは再びボストンマラソンに参加して完走しました、タイムは4時間44分31秒。

 

『 見て見ぬ振り 』

コロナのニュースで埋め尽くされた中、アメリカのミネアポリスで警察官が黒人男性ジョージ・フロイドさんの首を膝で押さえつけ死亡させた動画が報道され、アメリカの人種差別に関わる人権問題や警察のあり方などに対する抗議やデモが世界中に広がりをみせています。

“見て見ぬふり”という言葉がありますが、何を言っても叩かれるような時代ですが、かといって何も言わないのは暗に差別を肯定していることになるのかもしれません。

 

もし何も言わなかったら、もし何もしなかったら、ということの積み重ねで未来ができているとしたら、もしコリン・キャパニックが片膝を立てなかったら、もしキャサリン・スウィッツァーが走らなかったら、今は違っていたかも知れません。

 

高齢者支援プロジェクトを初めてから分かったことの中にはエイジズム (年齢差別)や認知症の方への偏見です。

知らないことが偏見をつくることはもちろんそうですが、もう少し踏み込むと知ろうとしない”無関心”こそがその根本的な問題なのかも知れません。

それでも夜は明ける」という人種差別を題材にした映画がありましたが、知れば知るほど人種差別だけにとどまらず様々な偏見や固定概念があふれていることに気づきます。

どんな歪な世界でも夜は明けますが、それを少しでも変えるようなことをちゃんとちゃんとの学校でもやれるのではないかと思っています。

そのためには多くのことを学び知ることや、それを勇気をもってやっていく「just do it」が大切なんじゃないのかなと思います。まじめか!と言われてしまいますがおおまじめです。