『 普段着 』

「 これなんぼするん?」

「 いくらもらってるん?」

大阪の友人の口癖です。

関西出身の私には日常の会話ですが、関東の人はひいています。そして「聞いてどうするの?」とだいたい言ってきます。それもまた日常です。

おじいちゃんのクソどうでもいい豆知識』というガチャガチャがあるみたいです。

カプセルの中身は、どこの誰だかよく分からないおじいちゃんの写真と、そのおじいちゃんが気になった雑学を書いた手書きのメモが入っている、そして価格は200円。

「高っ、、そんなん誰が買うん?」

とまあ、予想通りのリアクションを見せた大阪の友人でしたが、その予想に反してえらい売れているんだそうです。僕も関西人なので「高っ、」と言いながらも1つは買うだろうと思います、まあ関西人だろうが色々です。

 

『 普段着 』

ベタが嫌いです、特に昔からコテコテの観光地みたいなところは苦手です。飲み屋の呼び込みみたいな土産屋さんに、美味しく無い饅頭に、誰が買うのか分からないキーホルダー、、、

その場所にしかないありのままが売りだったはずが、整備されて観光地になってしまうと魅力が失われる気がします。

 

それより旅先の楽しみは、地元の人しか行かないようなスーパーマーケットとか、西日で変色した食品サンプルがある食堂とか、飾らない場所や人のほうがなんだか好きです。

だいたい地元の人からは理解されず、変わった人だなぁという顔をされます。

仕事柄、全国を移動するほうですが、どこに行こうが似たような街並みになってしまって、そこに行かなきゃ味わえなかった空気は減ってきている気がします。

そしてそれは場所だけじゃないと思います。

ときにはよそ行きの格好も必要ですが、楽なのは普段着で、場所も人もやっぱり普段着がいいなぁと思うわけです。

 

老年的超越(gerotranscendence)とは、高齢期に高まるとされる物質主義的で合理的な世界観からの宇宙的、超越的、非合理的な世界観への変化のことで、スウェーデンの社会学者ラルス・トルンスタムの提唱する概念です。

ずいぶんと前にちゃんとちゃんとの学校のメンバーである清水絵理さんから教えてもらいました。

これを教えてもらったときに、歳をとることは悪いことばかりじゃない、素敵だなぁと思った記憶があります。

間違っているかもしれませんが、ある年齢を超えると今まで感じなかったような幸せを感じるようになったり、合理的で物質的だった世界から解放されて、本当に大切なことを見つけることなんじゃないかと個人的に解釈しました。

御年配の方と話をすると面白いのはとても自然体で、普段着の自分でいられるからなんだと思います。

 

『 なんとなく 』

少しでも楽なほうへ楽なほうへと行きたくなるナマケモノな私ですが、ちゃんとちゃんとの学校もそろそろ色々と考え始めないとなぁと思っています。

個人的には映画みたいなものをつくりたいと思っています。そんなのつくれるのか?予算はどうするのか?まあ一旦それはおいといてください。

 

シニア支援プロジェクトちゃんとちゃんとの学校では、日頃シニアに関わる方たちと一緒に、様々なカタチのシニア支援の活動をしてきました。

そんな活動の中に3年前からスタートしている『100歳図書館』があります。

どんな人にもその人にしかない人生のストーリーがあります、その一部を1枚の写真を使いながら、語り、対話します。

見ず知らずの誰かの人生経験はどこかの誰かにとっては価値があるかもしれない、そう思って始めたこの『100歳図書館』には当初ひとつの心配事がありました。

どこの誰だか分からない人の話を面白いと思ってくれるのだろうか?

実際にやってみないと分からないという中で始めた100歳図書館でしたが、どこの誰だか分からないはずだった人の話が面白くて仕方ありませんでした。

つくりものじゃない人生経験はなんだか特別でした。とてもリアルでストーリーもうまくいくことばかりではありませんが、たった1つしかない話でした。

だからこそ年代や育ってきた環境がまったく違う人達にも、驚きや共感があったのではないでしょうか。

人生経験はたとえどんな経験だったとしても、どこかの誰かには価値があるんだと思います。

それは自分の生きてきたことを誰かが知ってくれたり認めてくれることで、また縁もゆかりもない誰かを励ましたり元気づけたりすることにもなります。

超高齢社会の日本は、ある意味世界の最先端です。

飾らないありのままの暮らしの中には、長生きの時代をいきていく知恵だったり、いいことばかりじゃない人生から楽しさを見つける才能だったり、長い時間かけて熟成したそれぞれ違うリアルな人生経験こそ面白くて価値があるんだと思います。

2019年から世界で猛威を振るった新型コロナウイルス、突然始まった戦争、今までのあたりまえや日常が失われてしまった気がします。そんなときに長い人生を生き抜いた経験は今まで以上に意味がある気がします。

100歳図書館では話をしてくれる方やサポートしてくれる方々も含めて、ごちゃ混ぜのみんなで一緒になってつくる過程にも面白さがあります。

また誰かの話が世代や言語も全く違う人に影響があったりするところを映像化出来たりすると、もっとイメージできるんじゃないかと思いますし、もっと多くの人に素晴らしさを感じてもらえるじゃないのかなぁと妄想しています。 

連日の暑さにやられ、いつもにも増して信用できない私の脳は言ってます。

『 映画がいいんじゃない、なんとなく 』

 

 

 

『 唇歯輔車 』

暑い、とにかくむし暑い、6月ってこんなに暑かったかなぁ、とうなだれています。

気温よりもこのジメジメとした湿度が嫌いです、体力と元々ないやる気をさらに奪っていきます。

この前、立ち話をしている学生が道を塞いでいるところに出くわしました。

こんな季節はいつも以上にイライラしてしまいますが、その学生たちをよく見たら、うちの子供と同じくらいの年頃だなぁと、そう思ったらなぜだか、あの年代は仕方ないよなぁ、とか思ったりするわけですから、本当に人間っていい加減なもんです。

 

『 シルバー民主主義 』

「今のままじゃいずれダメになる、だから新しいチャレンジをしないといけないと思います」とかなり昔に上司に言ったことがあります、柄にもなく。

顔面から黒光りするブラック企業の上司は「今を頑張らない人間に先のことを考える資格なんてない」と相手にしてくれなかったことがありました。

今さえ良けりゃいいのか?未来に力を入れるべきなのか?そりゃあいろいろな考え方があるんだと思いますが、内心思っていたことは「両方やらないとダメだろ、このやろう」でした。

そんな話はさておき、円安と値上げと節電と、連日そんなニュースばかりを目にする日々ですが、そんな私たちの生活のこれからを左右するのは、やはり政治です。

内閣府が6月14日に公表した2022年版の高齢社会白書によると、日本の65歳以上の人口は3,621万人、高齢化率(65歳以上が人口に占める割合)は28.9%でした。どうやら今年も日本が世界一の高齢化率の国になりそうです。

少子高齢化の時代は有権者に占める高齢者の割合が増えます、そしてそれは高齢者の政治への影響力が増大する結果へとつながります。こういう現象を『シルバー民主主義』と言うようです。

日本に限らず、民主主義の高齢化が進む先進国では見られることですが、世界一の超高齢社会の日本においてはより大きな影響があります。

民主主義は民意を反映するべきですが、選挙に当選したい政治家は多数派の高齢者層に配慮した政策をとりますし、その結果として少数派である若年・中年層の意見が政治に反映されにくくなります。

NHKの選挙WEBによると3年前の参議院選挙では20歳代の投票率が30.96%だったのに対し、60歳代の投票率は63.58%とだったようです。

若い世代の投票率が低いという問題は政治に関心がないことや、投票したい政党が無かったりするということはあるものの、はっきりいってやる前から多数決で勝てないわけですから、なかなか難しい問題だともいえます。

 

シルバー民主主義』の著者である八代尚宏さん(昭和女子大学副学長)はGLOBE +の記事の中で

「日本のお年寄りは正月、孫にお年玉をあげるのを楽しみにしています。それなのに実際、社会保障制度では孫の世代から、お年玉を取り上げているのです。最大の問題は、多くの高齢者がその事実を認識していないことなのです」と話されています。

まあどれだけ高齢者の方の意見が反映されているかどうかは別の問題だとは思いますが、これから先のことを考えると大きな問題の一つではあると思います。

 

『 唇歯輔車 』

もし日本が若い世代ばかりだったとしたら、例えば20代が多数派を占めるなら大学は学費が無料とか、PCやスマホは無料でWi-Fi使い放題とかそんな制度ができたりするのかもしれません。

30代なら子育てや住宅に関する支援を手厚くしたり、17歳までは選挙権はないですが10代ならゲームやYouTubeを好きなだけ見れる法案とか、それぞれの世代によって必要なものは違います。

そしてその世代ごとの意見は多世代からは理解がされにくいものだと思います。

とはいっても誰しも若い頃があり、年をとらない人はいないわけですから、自分さえよければ、今さえよければという考え方を少しでも変えていくには、世代間を超える想像力が必要になるのではないでしょうか。

 

コレクティブハウスはスウェーデンで1970年代から始まり、現在世界中に広がっている居住スタイルの名前です。

建築家のスヴェン・マルケリウスが、ノーベル平和賞受賞者のアルバ・ライマル・ミュルダールとともに1925年〜1935年に計画した居住プロジェクトがはじまりなんだそうです。

ポイントは多世代居住で、子育て中の家族、一人暮らし、大人だけの世帯、シニア世代などが世代をこえて共に暮らします。

シェアハウスとの違いはキッチンやトイレやバスルームなどはそれぞれの自室にあり、それ以外の場所が共有スペースになるので、シェアハウスと比べるとプライベートが適度に確保されている居住スタイルになっています。

多世代居住は人間関係の問題があったりするようですが、それ以上に孤独感が減ったり、悩みを相談できたり、そんな”あたたかみ”を感じることがコロナ以降また注目をされているようです。

 

 

とにかく様々な分野で、世代間の交流は大きなテーマになっています。

ただそれはそんなに難しいことではないと思います。すべてを理解することは同じ世代でもできないわけで、そうするとまずは身近な人から相手の気持ちをほんの少しだけでも想像してみる、知ろうとする、それだけでも充分ではないでしょうか。

そんな機会をちゃんとちゃんとの学校でもつくれたらなぁと思っています。

 

10代の頃は親や大人に反発したりしていた気がします、20代は社会人になると会社や上司に反発したり、30代は結婚生活に反発して、40代は若い世代と上の世代との板挟みに反発して、これからも懲りずにずっと反発していくんだと思います。

そして、それと同じくらいに共感できることが年齢と共に増えてきた気がします。親から口を酸っぱく言われ続けた言葉は、自分が親になるとその気持ちが痛いほどわかります。

唇と歯、頬骨と下あごの骨、これらは全て繋がっていて一つでも欠けると成り立たない、そんな切っても切れない関係を「唇歯輔車」(しんしほしゃ)と呼ぶようです。

長生きの時代には、そんな切っても切れない関係を大切にする想像力が試されている気がします。

 

 

 

 

『 ミラクルガール 』

2019年5月7日は奇跡が起きた日でした。

それはサッカーUEFAチャンピオンズリーグの準決勝が行われた、イングランド北西部にあるリバプールの本拠地アンフィールド。

敵地での1戦目を0‐3で落としたリバプールは、ホームで行われるこの2戦目を4点差以上で勝たなければならない。

エースのサラーやフィルミーノが出場できない飛車角落ちのリバプールに対するのは、世界最高の選手メッシが率いるバルセロナ。

試合前のサッカー分析サイト『ユーロ・クラブ・インデックス』がはじき出したリバプールが勝利する確率はわずか「3%」、どう考えても4点差で勝つことは不可能ではないかと誰もが思っていました。

 

そんな中で始まったこの一戦はキックオフから凄い試合でした。リバプールの選手たちはボールを保持するバルセロナの選手に激しいプレスをかけ続けます。

一戦目で失敗したやり方であり、バルセロナはその戦いを予想していたはずですが、何かこの日は熱量みたいなものが明らかに違いました。

こんなペースで90分もできるのか?、プレスをかけるということは相当な体力の消耗と、プレスをかいくぐられたら即ピンチになるという諸刃の剣です。

そして試合は進み、熱狂的なサポーターが埋め尽くすスタジアムの後押しもありリバプールは前半に1点をとります。勢いに乗ったチームは後半にも3点を取り、誰もが予想しなかった奇跡の大逆転をバルセロナ相手にやってのけました。

”アンフィールドの奇跡”と言われているこの試合ですが、その試合で影のMVPと注目されたのが、外に出たボールを拾うボールボーイでした。

3点を取りあと1点で大逆転というコーナーキックの場面でした。ボールボーイの少年がものすごいスピードでコーナーキックを蹴る選手にボール渡します。まだコーナーキックを蹴らないと油断しているディフェンダーを尻目に素早く蹴られたボールが奇跡の大逆転のゴールにつながりました。

奇跡がおきることには理由があるのかも知れません。

 

『 ミラクルガール 』

奇跡とは「人間の力や自然法則を超え、神など超自然のものとされるできごと。」とWikipediaに書いてありました。

めったに起きないから奇跡であり、起こそうと思って起こせないから奇跡ですが、奇跡をおこす方法がもしかしたらあるんじゃないか?と近頃は思うようになりました。

 

星島美子さんと初めて会ったのは2019年のことでした。

7月13日、岡山の倉敷市の美観地区にある倉敷物語館にて特定非営利活動法人『つくぼ片山家プロジェクト』の主催で行われたちゃんとちゃんとの学校のイベントに来ていただいた星島さんは、初対面の私にも明るく優しく接していただいて、なんて人懐っこくて魅力的な人なんだろうと思ったことを覚えています。

その後、東京で開催したちゃんとちゃんとの学校の100歳図書館にも岡山から来ていただいたり、今も仲良くしていただいています。

ご縁があってまだ短い期間ですが、星島さんと会う人は自然と笑顔になったり元気になったりします、そういう瞬間を幾度となく見てきました。

私も星島さんと話をしているとなんて言ったらいいのか分からないですが楽になります。

人生はシンプルなんだよと教えてくれているような気がします。

5月6日、星島さんから電話がありました。

「 幸田さんが明日来るんよ、あんたいまどこにおるの?」

「仕事で高松にいますよ」と伝えました、それからなんやかんやで翌日に幸田さんと私とで、久しぶりに星島さんに会いにいくことになりました。

 

翌日は仕事を早く切り上げて高松から電車に飛び乗り、綺麗な瀬戸内海を見ながら星島さんのご自宅に向かいました。

先に到着していた幸田さんと合流して、まず地域の方々の憩いの場所となっている特定非営利活動法人つくぼ片山家にお邪魔しました。

ちゃんとちゃんとの学校でもお世話になっている代表の滝口美保さんに再会し、お庭に生えているスギナで作ったスギナ茶をごちそうになりました。

滝口さんから星島さんは裏の駐車場にいるとお聞きし、そこで久しぶりに星島さんにお会いすることができました。

久しぶりに会った星島さんは汗ばむ陽気の中、駐車場の草むしりをしていました。その姿を見て内心ほっとしました。

最初に星島さんのご家族がされているあきちゃん農園を見学させていただきました。

倉敷地方いちご共進会で最優秀賞を受賞したといういちごは何回か星島さんに送っていただいたことのあるいちごですが、やはりいつも以上にみずみずしく格別でした。

ご家族からいちご作りのお話を聞いていると、農園の横にある自販機でいちごを買ってくれた星島さんが笑顔で言いました

「おーい、中で食べよう」

 

『 種を蒔く 』

「私は18歳なのよ」

「そうなの?」

「来年は28歳なの」

「え?、なんで?」

「逆さまにしてみて」

「あー、そういうことか」

「そう81歳だよ」

これは星島さんといちごの自販機にいちごを買いに来てくれた子どもとの会話なんですが、星島さんは買いに来てくれた人と必ず会話をするんだそうです。

「家族で愛情込めてつくったいちごですよ、私の愛情も少し入ってますよ」「遠いところから来てくれてありがとうございますね、また来てくださいね」そんな一言があると、またここで買いたくなる気持ちになる気がします。

そんな話を聞いたり、みんなで楽しくおしゃべりをしました(ほとんど星島さんですが)

そして星島さんがさらっと言った言葉が印象的でした。

「種を蒔かなきゃだめだ」

星島さんは長く続いていた抗がん剤の治療が4月の末に終わり、その治療の結果が出るのを待っているという状態なんだそうです。

そんな星島さんの印象的な話があります。

星島さんは42歳の時にがんになり、あと数か月の命と宣告されます。それから星島さんはご主人とスイスに行ったんだそうです、残りの時間を楽しむしかないというお気持ちもあったのでしょうか。

そんなスイスに行っているときの話です。レストランでの食事中に音楽が流れ始めると向こうの人は自然に立ち上がって踊り始めたんだそうです、だけど慣れていない日本人は誰も踊ろうとしない。

でも星島さんは立ち上がって踊ったようです、まわりのみんなは驚いたみたいですが「踊り方も知らないのに踊ったのよ、楽しかったわ〜、」とニコニコとお話してくれました。

星島さんらしいなぁと聞いていましたが、そのときのお気持ちを考えると単に楽しかったと言える状況では無いだろうとは想像できます。

もしかしたらそのときに何かが変わったんじゃないのかなぁと、意識されていたのかどうかはわかりませんが、未来への種を蒔いていたのかも知れないなぁと勝手に思いました。

そして星島さんのがんは奇跡的に消えていたようです。その後もたくさんの奇跡を起こしてきた星島さんは18歳のミラクルガールです。

あらゆるものは目に見えない無数の糸のように繋がっているのもしれません、だから今日の種蒔きはすぐには芽が出なくても、いつの日かの芽生えに繋がっていてるんじゃないでしょうか。

星島さんの強い想いや周りの人に対する深い優しさが、種として根を張りぐんぐん成長して、あちらこちらで奇跡のような花を咲かせているような気がしてなりません。

 

リバプールは昨年の7月7日、17歳のオークリー・キャノニエとプロ契約を結んだことを発表しました。

彼はあのアンフィールドの奇跡で活躍したボールボーイの少年です。あの時の種蒔きが実を結んだのでしょうか。

星島さんの奇跡はまだまだ続きます、いつも励ましてくれてばかりの星島さんを今回は元気づけてあげたい気持ちでいっぱいです。

とにかく星島さん、また会いに行きますね。