『 冬のライオン 』

ワールドカップを初めて知ったのは、たしかキャプテン翼です。日本が予選も勝ち抜いたことがない時代、少年は野球ばっかりでサッカーをするやつなんてめったにいない時代でした。

オリンピックよりも多くの人が見るFIFAワールドカップは、4年に1度サッカーの世界一の国を決める祭典です。

 

これだけ世界中でサッカーが人気があるのは”貧乏人のスポーツ”だからだと言われています。


ルールが単純で、ボールかボールのようなものがあれば誰でもどこでもできるスポーツはおそらくサッカーくらいです。頭が悪かろうがお金が無かろうが、平等に誰もができるからサッカーは愛されているんだと思います。 

 

ロシアは出場できなくなりましたが、今年は中東カタールで予選を勝ち抜いた32チームが出場します。


開催国を決めるところから色々あった今大会ですが、暑すぎるという理由で各国のリーグ戦の最中という季節はずれの開催、オイルマネーでつくりあげた最新設備のバブリーなスタジアム、海外から来た労働者の人権侵害、、、とまあ色々な問題を抱えながら始まろうとしています。

戦争が終わらなくても、ミサイルが頭上を飛ぼうともワールドカップは開催されます。

サッカーはワールドカップの度に様々な変更があります。
前回の大会からVAR(ビデオアシスタントレフェリー)が導入されたことがありましたが、今大会から変わったことの1つはサッカーボールの真ん中にセンサーが埋め込まれたことです。

ボールに埋め込まれたセンサーから1秒間に500回のデータが送信されます、さらにスタジアムの設置された無数のカメラからもデータが連動することによって、半自動でオフサイドを判定するシステム「セミオートメイテッド・オフサイドテクノロジー」が採用されることになりました。


簡単なルールの中で唯一難しいオフサイド、これまでも微妙な判定により多くの幻のゴールが生まれてきましたが、今大会からレフェリーとラインズマンだけでは判断が難しいオフサイドの判定にもこのテクノロジーが役立つのでしょう、きっと、たぶん。


そして放映権料の高騰の影響でテレビの放送はかなり少なくなりました。

その代わりにライブストリーミング形式インターネットTVプラットフォームの『ABEMA』が全試合を放送してくれるようですから、時代を感じます。こんな調子では次回からは見れるかどうかも分かりませんが、とりあえず今回はABEMAとウマ娘に感謝です。

 

そして今大会の注目チームはまず前回大会優勝のフランスです。前線にはバロンドールを受賞したベンゼマ、早くてうまいエムバペ、クレバーなグリーズマンとタレント揃いですが、中盤はカンテやポグバを怪我で欠くので連覇はかなり難しいような気がします。

そして日本と同じグループのドイツはどんな状態であろうがいつも強いですし、スペインは世代交代の時期ですが大好きなペドリやガビ、ファティなどの新しい選手がでてきてかなり強いです、日本は”おしん”のように耐えて耐えて少ないチャンスに賭けるしかないと思います。


ブックメーカーでは一番人気がブラジルですが、フィルミーノやコウチーニョが選ばれないほどの、胸焼けするほどの豪華なメンバーが揃っていますから当然といえば当然だと思います。


また今大会が最後になると言われている史上最高の選手メッシがいるアルゼンチン、そして5度目のワールドカップになるロナウド率いるポルトガル、ありとあらゆるトロフィーを獲得してこれまで世界に君臨し続けてきた2人が、未だに手にしたことがないのはワールドカップだけです、今回どちらかが手にしても全く不思議ではありません。


その他にはパーフェクトな選手デブライネがいるベルギーも可能性があり、前回準優勝のモドリッチがいるクロアチア、アフリカサッカー最強のセネガル、そして今回個人的に注目しているのはサッカーの母国イングランドです。

スミスロウは出れないですが才能あるフォーデンをはじめプレミアリーグで活躍する選手達がバランスよくいて、前評判が低いわりにはかなり魅力的です。

 

『Be supporters!』

Be supporters!」とは「サポーターになろう!」という意味ですが、「福祉施設を利用する高齢者が、サッカーJリーグのクラブのサポーターになろう」という参加型プロジェクトのことです。


サントリーウエルネス株式会社がJリーグの複数のクラブと連携し2020年12月にスタートしたこの取り組みは、高齢者や認知症の方など、普段は周囲に「支えられる」場面が多い方々が、サッカークラブの「サポーター」となることで、クラブや地域を「支える」存在になることを目指し、「支えられる人から、支える人へ」をコンセプトに発足したんだそうです。

「Be supporters!」のホームページによると

日本各地の高齢者の方々が選手・クラブ・地域とつながり「普段歩行器を使っている方が“推し”の選手の写真を見るために、足を自力で踏み出した(90歳)」「イニエスタが大好きで、スペイン語の勉強を始めた(86歳)」「認知症が進行し、真顔のことが多い方が笑うようになった(90歳)」など、誰もが予想しなかった物語が数多く生まれているようです。

神戸新聞NEXTの記事に載っていたヴィッセル神戸の107歳のサポーター竹本繁野さんは「命つきるときまでサッカーをたのしみなさい」というエールを選手に送っています、それにしても言葉の重みが凄すぎる。


好きなチームのユニフォームを着てマフラータオルを首にかけて応援すると、形から入っているだけなのになぜか気持ちが高まります。そして頑張っている人を応援することは自分自身の心の持ち方にも大きな意味があるような気がします。なんだか素晴らしいなぁと思います。

いつもワールドカップの時期は睡眠不足で過ごしていますが、今大会は比較的見やすい時間帯の放送もあるので、シニア世代の方々にもワールドカップを見て、少しでもこのお祭りを楽しんでもらったり、日本代表以外の好きなチームや”推し”を見つけるのもいいかもしれません。

 

1183年、クリスマスが近づくイングランドでの話です。

国王で”冬のライオン”と呼ばれるヘンリー二世が、十六年も幽閉中の王妃や、三人の王子、王の愛人やその弟も城に集めます。そこでおこる王位継承をめぐる争いを描いた「冬のライオン」はブロードウェイで上演され何度もリバイバルされ、映画化もされた作品です。

この冬はまるで映画のようにサッカーの王位をめぐって、国を挙げた戦いがいよいよ始まるんだと思うとワクワクします。

そういえば子供の頃に見ていたキャプテン翼のエンディング曲も「冬のライオン」という名前でした。変な名前だなぁと思っていましたが、放送から39年後の伏線回収があるのではないかと、冬のライオンになるのはレオ・メッシなのか、イングランド代表(スリーライオンズ)なのか、まあ何を書いているのか分からなくなってきましたが、早く戦争が終わってお祭りが始まってくれますように。

『 10 』

先日、知り合いのやっている居酒屋さんに行きました、そして珍しく真面目な話をしました。飲食業界も大変な状況で、それをどう乗り越えようかという話でした。

私が呼ばれた理由はそういう真面目な話ばっかりだと疲れちゃうから、それを和らげる緩衝材みたい役割で呼ばれたようです、あのプチプチみたいなもんです。

まあ、でも居酒屋の醍醐味は意味が無い話をすることじゃないのかなぁと思っています。

愚痴を言ったり傷を舐め合ったり、非生産的なことばかりやって過ごす時間がいいわけです。早く意味のない時間を過ごせるようになればいいなぁと思いながら、真面目な話を聞いていました。

 

10

10月からは電気代やガス代も含めて値上げラッシュが続いていますが、75歳以上の方の医療費の窓口負担額も変わっています。

今までは75歳以上は1割負担でしたが、10月からは75歳以上の方でも一定の所得がある人には、医療費の負担割合が1割から2割に変更になります。

一定の所得とは課税所得28万円以上かつ「年金収入+その他の合計所得金額」が200万円以上になる場合なんだそうです。

今までも70歳以上で現役並みに所得(課税所得が145万円以上)がある人には3割負担でしたが、今回の変更によってさらに負担する人が増えることになりました。

1割が2割になるということは窓口負担は倍になるわけですから、そうなると75歳以上でちょっと働きたい人は考えてしまいます。

 

また介護保険料についても「上がった」という話をよく耳にします。

介護保険制度とは介護が必要になった高齢者を社会全体で支える仕組みです。40歳になると介護保険に加入が義務付けられ保険料を支払うことになります。

介護保険のサービス(サービスを受けるには原則1割の自己負担が必要で、ただ前年度の所得によっては自己負担率が2割か3割になります。)を受けられるのは原則として65歳以上の人で、40歳から64歳までの方は介護保険料は支払いますがサービスは受けられません。

そして65歳以上の方も介護保険料は支払います。

そして65歳以上の方が支払う介護保険料は年々値上がりしている傾向にあります。2020年まで介護保険料の全国平均は月額5,000円台でしたが、2021年の全国平均は月額6,014円で初めて6,000円を超えました。

市区町村が運営する介護保険料は地域によってかなり差があり、負担額が大幅に増えているところもあるようです。

消費税を10%に増税した理由は、主に年金や医療など社会保障の財源確保のためですが(本当にそこにつかわれているかは分からないですが)、少子高齢化や不景気、そこにコロナの影響もかさなり、10%にしたところであちらこちらでそのしわ寄せを感じ始めている気がします。

これからは「自分のことは自分で責任をとれ」といわれているようで、長生きするのも大変な時代になってきた気がします。

わけのわからない旅行支援をする前に、他にやることがあるだろうと思います。

 

『 HDI 』

HDIとは人間開発指数(Human Development Index)といって健康、教育、所得という3つの側面から、その国の発展レベルや豊かさを測るための指標です。

国民総生産(GNP)や国内総生産(GDP)では、その国の経済的な豊かさを知ることができるが、そのお金がどう使われているのかは分からない。
一方HDIでは、その国がどんな分野に力を入れているのか、つまり何にお金を使っているかを知ることができるのが違いです。

2019年の1位はノルウェーで、2位がアイルランド、3位がスイス。

1位のノルウェーは医療、教育などの福祉サービスが公的資金で行われていて、それが平均寿命や教育指数といったHDIの数値に大きく影響しているようです。

平均寿命ではトップクラスのはずの日本は19位、日本に不足していることは北欧諸国のような教育や医療サービスの無償化など、つまり福祉面の改善が必要なんだそうです。

どっかの市長さんみたいなことをやらないといけないんだと思いますし、やろうと思えば出来ることはまだまだある気がします。

 

「幸せ」とか「豊かさ」はあいまな表現ですが、そこにはそれを支える基盤が必要です。子どもが安心して育てられる、老後を心配しなくても生きていける。

そんな当たり前の暮らしがあって初めて感じることができるんじゃないかと思います。

 

「楽しかった、何を喋ったか覚えてないけど、意味のない話ばっかりしたような気がするよ」

「意味のある話ばっかりじゃ疲れちゃうよ、楽しかったからいいんじゃない?」
と居酒屋の帰り道によくそんな会話をします。

 

どうでもいいことは無いよりはあったほうがいいと思います。

無くていいという人もいるし、時間の無駄だという人もいるけど、そんなことがあったほうが楽しい人生な気がします。
そんな時間を過ごすためにも出来ることを探さなきゃならない、探せばできることはまだまだある気がします。

 

『 あれから 』

2020年9月1日、ちゃんとちゃんとの学校に手紙が届きました。

そこには

急性前骨髄球性白血病と診断され年齢的にも難しいと言われたけど、前向きに考えるようにします、どんな苦しい治療でも受けます、奇跡を起こすと決めています。

と書かれていました。

 

2019年に『ちゃんとちゃんとの学校 学園祭』に参加していただいた星島美子さんからの手紙でした。

学園祭で星島さんのお話を聞いていただいた方々からのメッセージを、後日星島さんに送りました。そのメッセージを何回も何回も広げて見ています、とも書かれていました。

 

あれから約2年に及ぶ大変な抗がん剤治療が終わり、その結果が昨日分かったと、1時間前に星島さんから連絡がありました。

「ありがとうございました、奇跡がおきました、とにかくみなさんに感謝の気持ちでいっぱいです。」

星島さんが、何度もみなさんのおかげと言われていましたので、お知らせしたくて書きました。

本当に良かった。