『 遣る瀬無い 』

出張先のホテルや自宅の2階のWiFiはよく不安定になります。zoomをやることが増えたのもあり余計にそう思います。

北極と南極あたりに巨大なルーターみたいなやつを設置して世界中でも、うちの2階でも安定してつながるようにしてもらいたいもんです。

 

 

『 歳 』

歳なのか日本人のDNAに刻まれているからなのか、桜はやっぱりいいなぁと思うようになりました。

お花見はあまり好きではなく、そしてわざわざ見に行くのではなく偶然見るのが好きです。

一瞬で人の気持ちを変えるような説得力がある桜の魅力は、日本人ならそれぞれに数え切れないほどの思い入れがあるんだと思いますが、個人的にはやっぱり”遣る瀬無い”ところが魅力的だと思います。

常に流れていてとどまることができないところは、止まっているように感じる日常を錯覚だと教えてくれます。

近頃は言語化するみたいな感じがありますが、本当にいいものは言葉には出来ないし、説明しても全ては伝わらないんだと思います。

逆にたいしたことないものはすぐに言葉にできますが、それはそんなもんなんだと思います。

 

『 奴隷 』

デジタルじゃない音楽をデジタル化してからなのか分かりませんが、効率化を進めていくと便利になる代わりに何かを捨てています、それは本当に要らないものなのかと思ったりします。

そんなこと言うとよくノスタルジーみたいな言葉で片付けられてしまいがちですが、最先端ヅラをして捨ててきたものの中には長く培ってきた大切なものもあるのではないかと思います。

 

先週は大好きな島根にいました、緊急事態宣言のある東京とは違って少しのんびりしている空気がありましたが、そんな島根でお会いしたカッコいい70歳くらいの女性がいました。

「生き方の問題じゃない?スマホなんていらないし、便利になるって言われても私には必要ないし、便利が幸せとは限らないでしょ?

私は気があう人とだけ話するのが好きだし、自分で野菜を育てて好きな人にあげるの、好きなときに好きなとこに出かけて、安売りの店なんて行かない、高かろうが好きな店で買い物して、似合わない贅沢はしないで生きていたい。慣れない高い料理なんて食べたらお腹こわしちゃうわ。」

シニア世代の方々の魅力を1つあげるとすると、誰かの物差しではなく自分の物差しを持っていることではないかとよく思います。

自分が知らない間にいつの間にか競争に参加していて、そんな社会に当たり前のように生きていることを気付かせてくれる人でした。

私は奴隷にはならないと言っているかのようでした。

 

シニア支援プロジェクトなんて言っていますが、実際は諸先輩方から学ぶことだらけです。シニア支援されてるプロジェクトかもしれせん。

そんなシニア支援プロジェクトちゃんとちゃんとの学校で私がハマっている『100歳図書館』の魅力は、まさにそれぞれの人生の価値観を知れることだと思います。

生産性を求め機械みたいにミスをしないで休まず働く、そんなな生き方はやっぱりつまらないし、いつか限界がきます。

効率よく生きていく生き方はGoogle先生が教えてくれると思いますが、人間くさく自分らしく魅力的に生きていく生き方を感じられるのが『100歳図書館』だと思います。

人生の経験から学び、世代を超えて対話する時間と空間がそこにはあり、桜のように言葉では表せない魅力があります、次回は3月27日、是非体験してみてください。

『 折り返し 』

「 神様なんていないよね、こんなことになるなんて 」

当時よく長電話していた友人は良くも悪くもまっすぐな人でした。

ちょっとでも私がおかしなことをしゃべると「それは違うんじゃない?」とくってかかってきことをよく覚えています。

でもスイッチが入るとすぐに福島までボランティアにいったりする行動力とそのまっすぐな言葉は、なんだか自分には無いものがあって少し尊敬もしていました。

そんな人が10年前に言った言葉が冒頭の言葉でした。

 

10年前の3月10日は仙台で仕事をしていました、そしてその日の夜には神戸にいました。

あれから10年ですが震災で学んだこと、そして忘れてしまったこともある気がします。

何事にも備えが必要であり、命はいつ終わりがくるかは分からない、それだけは忘れてはいけないことだと思っています。

 

『 オアシス 』

東京、神奈川、埼玉、千葉の緊急事態宣言がよく分からないまま延長されたり、オリンピックが開催できるのかどうかも危ぶまれています。

これでもかと悪いことばっかりする政治家の話題や、石焼き芋屋さんみたいに同じことを繰り返すニュース番組は見る気にもならないし、何か言いたいことも言えないそんな空気に正直ウンザリです。

そんな中たまたまチャンネルを変えると

「パンデミックは農地が砂漠になってしまったみたいなもの、だから今までのように農作物を植えても育たなくなる、ただ砂漠になると今までは無かったオアシスができることがある」

と誰かが言っていました、なるほど確かにそれはそうかもしれない。

 

シニア支援プロジェクト『ちゃんとちゃんとの学校』では今まで東京を中心に開催してきました。

現場でリアルに開催するイベントはやはりいいものですが、遠方の方は参加が難しいこともありました。コロナ以降は今までのように集まることはできない代わりに、オンラインでの開催が中心になりました。

そのことはちゃんとちゃんとの学校にとっては大きな変化でした。

シーズン3ではスタートからずっと支えていただいている事務局の清水さんや、村岡さん、平野さん達には引き続き協力いただきながら、新たな活動としてシーズン1で講師をしていただいた佐藤さんにシニアの住まいを考える「すまい部」の部長をしていただいています。

また100歳図書館ではリアルに開催していたカタチから、オンラインでの開催になりましたので、大阪や岡山、愛知や新潟からも参加いただくようになりました。

岡山からは毎回のように綾部さんや滝口さんにもご参加いただいたり、同じく岡山から参加いただいている三原さんからはオンラインの100歳図書館の名前のご提案もいただきました。

そしてオンラインでの100歳図書館は『つながる100歳図書館』となりました。

オアシスではないですが、コロナの影響によりオンラインになった『つながる100歳図書館』は結果として物理的な距離の問題を解決して、今まで以上にちゃんとちゃんとの学校を、そして100歳図書館をより幅広く知っていただくようになった気がしています。

 

『 折り返し 』

100歳図書館はいま2回目が終わり、明日が3回目を迎えます。5回はやりたいなぁと思っていますので明日が折り返しになります。

スタートはオンラインならではの難しさも感じましたが、写真を使いながらお話していただく炎心さんや、サポートしていただくたきびとさんのおかげでとても濃密な素晴らしい内容になっています。

実際にコロナで今は会えないご家族がオンラインで参加されたりするなど、詳しくは動画を見ていただきたいのですが、今折り返し地点で少し感じていることがあります。

それは100歳図書館で話していただくお話は、もしかしたら他で話す機会はあまりないのではないか?ということです。

他人はもちろんのこと、例えば家族だと自分から過去の話をあらためてすることはそんなにないのかもしれません、友人にもそうではないでしょうか?

人間関係の距離感みたいなものが近すぎても話せないし、遠すぎでも話せない気もしました。

お話をしていただく方はあらためてご自身の過去を振り返ると色々な気付きがあるようですし、またお話を聞かせていただく私たちも過去の体験を、いつのまにか自分に置き換えて未来へのヒントにしていたりしています。

人生の時間には限りがあり、誰かの人生の体験を聞く時間も回数も場所も限られています。

そんな場所を参加者の方々とつくりあげていく、そしてその時にしか創り出せない空間を楽しむ100歳図書館は、正直まだまだ改善すべきことはあるとは思いますが、なんて面白いんだろうとワクワクしています。

 

星空に浮かぶ宇宙ステーションのように人生最高の1枚の写真と、たったひとつの人生のストーリーをウェブ上に、1冊の本のように残していくのが100歳図書館です。

その本を見て誰かが勇気づけられたりするかもしれない、100年後に誰かが見るかもしれない、遥か遠くの国から見る人がいるかもしれない。

そんな素敵な100歳図書館をつくるために、シーズン3から新しいメンバーが参加してくれています。

動画編集をしていただく堀田有希さんと、記事を書いていただく柴田惠津子さんの素晴らしいお2人です。なにかとゆるいちゃんとちゃんとの学校ですが、よろしくお願いします。

そして明日で折り返し地点になる100歳図書館をこれからもよろしくお願いします。

 

 

 

 

 

『 人の図書館をつくりたい 』

嬉しさのあまり、思いっきりジャンプして頭をコンクリートにぶつけ、星がチカチカ飛んで、その頃からあまり喜びを表現しなくなった気がします。

うまくいっているときにも喜ばず、慎重に、油断しないようにしてきたのも、今にして思うとその影響なのかもしれません。

そんなこともあってか全身を使って喜びを表現している子どもの姿にはどこか羨ましさがあります。そしていい歳しても子どものように喜んだり泣いたり出来るような大人でもありたいとも思います。

 

子どもに「なぜ勉強しないといけないの?」と聞かれたら「死なないため」と答えてきましたが、学ぶことは学校での授業だけではなく、生きているとそこいら中にある気がします。

食べることを教わって、歩くことを教わって、病気になり健康の有り難さを教わって、大切な人との別れから永遠はないことを教わったり、普段の生活の中にはいつでもどこかに学びがあります。

 

『 エビバディシンギン 』

本来なら一昨年の12月に幸田さんと行く予定だったイエモンのライブがコロナで延期になり、昨年の11月に東京ドームで振替的なライブがありました。

今回はオンラインで観ましたが、東京ドームでは入場者数を制限してマスクを着用し距離をとり、声も出せない、拍手だけのライブでした。

シーンとした東京ドームで始まったライブは観客のいつもの歓声や歌声がない異様な雰囲気と緊張感がありました。

名曲「ジャム」が始まりますが、一緒に歌う人はもちろん誰もいません。

そんな中ボーカルの吉井和哉がロビンが叫びました「エビバディシンギン!」え?、と思った瞬間、東京ドームに観客の歌声が鳴り響きます、歌ってはいけないはずなのに、、

これは事前にファンがカラオケボックスなどで収録された歌声を集めて流した演出でした。

コロナの色々な制限の中でもあきらめない、そこに関わるたくさんの人達の願いみたいなものが歌声になっていたような、感動的なシーンでした。

 

『 学 』

本来なら動物はすぐに死なない為に学ぶのかもしれません。なんだか最近は人間もやっぱりケモノだなぁと思うことが多々ありますが、やはり人間には他に学ぶ理由があって欲しいなぁと思うのです。

同じものを見て、同じような経験をしたとしても人それぞれ感じるものは違います。違うことはとても面白いし、救いがある気がします。

辛い時には誰もが暗い気持ちになりますが、辛いときに明るくできる人がいて、涙を笑いに変えるような人がいるわけです。

自分のフィルターだけを通して物事を見ていると、どうしても一方通行で同じ色にしか見えなくなりがちです。

世代や価値観の違う自分以外の人の考えや生き方を知ることは、コロナで灰色になってしまった景色をカラフルに変えてくれる力があると思います。

 

『 人の図書館をつくりたい 』

ちゃんとちゃんとの学校で取り組んできた”長生きの新たな価値”を見つける『100歳図書館』では、本番に向けて慣れないペースアップをして準備を進めています。

写真を使いながら人生の経験を語っていただく語り部である炎心(えんしん)さんと、サポートしてくれるたきびとさんと一緒に写真選びや人生の経験の一部をお聞きしています。

そして本番ではないのに、もうすでに毎回のように学びがあり、心を揺さぶられています。

なぜこんなに、今まで知らなかったはずの人の話に感動するのだろうか?

 

それは実体験だからなんだと思います。

話を聞いている側は自分も体験したような、まるで映画や本を見たような気持ちにもなります。

話をしている側は自分の生きて来た道を振り返って、いまの自分と過去の自分とのつながりを再確認します。

情報にあふれた今の時代は誰もが物知りで、知らないことはスマホがあればすぐにでも調べることができます。

そんな時代に足りないものが、実体験ではないかと思います。100歳図書館には古くて新しい学びがあります、そしてなんだかその空間が愛おしくて好きになります。

それはリアルな人生の匂いみたいなものが、そこにあるからなのかもしれません。

 

人はずっと昔から炎を囲んで語り合っていたのではないでしょうか、相談したり励ましたり、ラジオもテレビもネットもない今以上に全く先が見えない中でも、みんなで前を向くためのエネルギーみたいなものを会話の中に探していた気がします。

人はやっぱり1人では生きていけないのではないでしょうか。

こんな時に楽な人なんていないと思いますが、困難に直面するときにはそれと同じくらいのことを学んでいるはずです。

そしてこんなときだからこそ、「誰かの人生がどこかの誰かを元気にすることだってある」と信じて100歳図書館をスタートしたいと思います。

2月7日は、ちゃんとちゃんとの学校の新しい挑戦のスタートになります。

少しでもこの図書館の魅力が誰かに伝わりますように。

 

100歳図書館についてはこちらをどうぞ。