『 ホモ・ルーデンス 』

勘がいいのか頭が悪いのか、考えるより直感を信じたほうがうまくいきます。

その日は何故だかうまくいく予感がして、家を出るときに子供たちに「今日ゲットしてくるから」と言いました。

よくわからない直感は当たりました。

仕事終わりに寄ったヨドバシカメラで、昨年からずっと手に入らなかったプレイステーション5をついに手に入れました。

そして久しぶりに子供たちのヒーローになりました。

なんだ、たかがゲームの話かと思われるかもしれないですが、ゲームのような別に無くても困らないと思われている “遊び” が大切なんじゃないかと思うのです。

 

『 ホモ・ルーデンス 』

“Felis silvestris catus”と書いてあっても意味も読み方も分かりませんが、これは学名でネコのことなんだそうです。

そして人類を学名で呼ぶと、ホモ・サピエンス(Homo sapiens)です。

ラテン語で「ホモ」は人で「サピエンス」は英知、つまり「賢い人間」という意味なんだそうですが、そうすると僕はホモ・サピエンスじゃないのかもしれません。

一方オランダの歴史家ヨハン・ホイジンガは人間をホモ・ルーデンス(Homo ludens)と呼びました。同じく「ホモ」は人で「ルーデンス」は遊戯、つまり「遊ぶ人間」です。

ああ、自分はこっちだなぁ、間違いなく。

ヨハン・ホイジンガはあらゆる文化は遊びから始まっていて、人間の本質は遊びで、それが日々の生活に意味を与えるのではないかという考え方や人間観を ”ホモ・ルーデンス” という言葉で表現しました。

たしかに最初は遊びから始まることばかりだと、言われてみるとそう思います。

言われて無理にやらされている勉強と、言われなくても自ら進んでやる遊びとを比べたら、やっぱりホモ・サピエンスである前にホモ・ルーデンスなんだと思います。

ヨハン・ホイジンガの考え方に影響されたフランスの社会学者ロジェ・カイヨワは著書『遊びと人間』の中で遊びの定義を6つの活動として紹介しています。

①自由な活動

②隔離された活動

③未確定の活動

④非生産的活動

⑤規則のある活動

⑥虚構の活動

こう書いてあると難しそうですが、結局人は意味のないことが好きで、それがなくなったら、人間らしくはいられないんじゃないかとも思います。

 

『 Gamer Grandma 』

森浜子さんは『 最高齢のゲーム動画投稿YouTuber 』としてギネス世界記録に認定されています。

91歳になる森浜子さんは51歳の頃からTVゲームをはじめて、40年のゲーム歴をもつ超ベテランのゲーマーです。

Gamer GrandmaというYouTubeチャンネルを2014年には開設し、バイオハザードや荒野行動などを楽しんでいる動画をアップしています。

最初は ”おふざけ” で始めたというこのGamer Grandmaは日本だけではなく世界中からも注目されていて、現時点でなんと登録者数50.3万人にもなる大人気チャンネルです。

「一人でプレイしているだけではもったいない」「自身も動画をアップすることでゲームの楽しさをより多くの人と共有できるのではないか」「もっと面白くなるのではないか」という思いから始めたこのGamer Grandmaはコロナで外出を控えている高齢者の方に、こんな楽しみ方もあるんだよと教えてくれているような気がします。

またWikipediaによると2020年時点でゲーム機としてファミコン、ディスクシステム、スーパーファミコン、PCエンジン、PCエンジンDuo-RX、プレイステーション、NINTENDO64、PS4、パソコンを所持していて、ゲーム時間は1日に3〜4時間までと決めているんだそうです。

 

『 遊びから 』

そもそもスポーツも遊びから始まっているわけですが、次第にそれを忘れてしまいがちです。

好きで始めたことがいつのまにかやらなきゃならない義務になっていく、プロのスポーツなら仕方はないと言われたらそうなのかもしれないですが、遊びの要素が失われていくことは本来のスポーツの魅力も失われていくことになるのではないでしょうか

スポーツは本来遊びであって、そこに遊び以外の意味をどんどんつけ過ぎてしまうことは良くないことかもしれません。遊びのはずのスポーツを商業的にしすぎることはどこかにしわ寄せがくるんだと思います。オリンピックだって、大坂なおみ選手だって、、、

 

ちゃんとちゃんとの学校で100歳図書館のお手伝いをしてもらっている村岡さんは、自身がお勤めになっている株式会社シールズで顧客管理システムに関わるお仕事をされています。

シニア層の顧客が多い村岡さんの会社では、今までお知らせなどをDMにてお伝えしていたようですが、代わりにLINEでお知らせなどを送るように変え始めているようです。

業務の手間やハガキ代のコストを削減だけるだけでなく、これからの時代は少しでも紙を使用する機会を減らすことは環境に配慮するうえでも必要です。

ただ現実はそう簡単にはいかなかったようで、シニア層の方が慣れないスマホを使ってLINEを使えるようになるまでには、丁寧に何回も使い方を説明したりすることの繰り返しで、思っていた以上に大変なこともあったみたいです。

ただそんな作業を繰り返す中でシニアの方がどこでつまづいているのかが分ったり、また村岡さんは仕事の合間にメーカーや機種ごとによって異なるスマホの使い方を勉強したり、学校に通ったりしながらスマホを使えるシニア層の方を増やしています。

そんな村岡さんが心掛けていることも “遊び” なんだそうです。

LINEでお知らせを送るだけではなくクイズを出したり、様々な遊びの要素を取り入れているようです。

「まずはスマホやLINEの楽しさを知ってもらいたいんです、それに遊びだと思ってもらったほうがよりスマホを気楽に使っていただけますし、便利なことや得することもたくさんあります。」とよく話をしてくれます。

最近だとワクチンの予約の取り方が分からないというお声が多かったので、わかりやすく丁寧に書いた説明をLINEで送ったり、また小さな文字が見づらいというお声に対しては太く大きな文字で文章をつくったりして、よりスマホを身近に感じていただける努力をしているようです。

これはなかなか出来ない凄いことをやっている気がします。

そして現在LINEの会員数は1200名をこえているようですから、さすがです。

 

コロナでステイホームの時期には誰かに会って話をしたりするような、いつもの日常が奪われました。

そんなときわたしたちはメールやLINEをしたり、SNSで繋がったり、無意識に少しでもその空いた穴を塞ぐようにしていたと思います。

スマホやパソコンを使わないようなシニアの方の中には、誰とも合わずにずっと自宅にいた方も多くいたと思います。

一人暮らしの方はどんなに心細くて寂しかったのだろうと思ってしまいます。そんなときにスマホはポッカリと空いた穴を少しは埋めてくれるのかもしれません。

もし1日しか生きれないと言われたら、誰もが自分の好きなことをやるのではないでしょうか。

ただしそれを毎日続けるとしたら、好きなことをやり続けることは一見簡単そうで難しいことだと思います。

でもそれが遊びだと思えばできる気がしてくるから不思議です。

「遊んでばっかりいないで勉強しなさい!」と何万回も言われた記憶があります。

どうしても遊びはダメなことだと思われがちですが、遊びが無ければ文化が出来なかったとするならば、遊びがすべてとは言わないまでも遊びこそ生活に欠かせないものではないでしょうか。

やらされているより、楽しくて自然とやってしまうようなシニア支援が理想です。

そんな苦もなく続けられる、遊びのようなちゃんとちゃんとの学校でありたいもんです。

 

 

 

『 おじさんはセンチメンタル 』

朝からお腹が痛い。

今すぐトイレに行きたいけどこの電車を乗り過ごしたら、遅刻するのは間違いない。

駅のトイレは汚いだろうし、なにより朝は混んでいる。カバンに入れているビオフェルミンを3錠のんでお腹に手を当てる。

さてこれからどうしよう、このまま現実逃避しながら電車に乗るのか、遅刻覚悟でトイレに向かうのか、いつもボーッとしている脳がこんなに働いているときは珍しい、、いや、それはそれで問題だなぁと、、、もし富岳ならどうするのが正解と答えるんだろうか?

そんなことを考えながら、極限の時間が続いていく。

最悪の事態を想像すると日頃のどんな悩みもちっぽけな悩みに思えてくる、駅のホームで普通にしている人がみんな立派な人に見えてくる、いつもなら思わないそんなことも緊急事態には思ったりします。

そんな朝の戦いが終わり、何とか無事に生還できました。

そしてなんの根拠もない私調べによると、お腹が痛くなりやすいおじさんはセンチメンタルだと思います。

 

『 非日常 』

試合終了間近、ディフェンダーを抜いてゴールキーパーと1対1になる。これを決めたらチームは勝利する。

そんな絶好のチャンスにも関わらずシュートを打たずにタッチラインの外にボールを蹴りだした選手がいました。

敵のディフェンダーが大怪我をして倒れていたからです。

この行動にはいろんな意見があるようですが、その瞬間に彼はそのプレーを選びました。サッカーで勝利するより大切なものが彼の中にあったからだと思います。

そしてそんな場面はサッカーではめったにない非日常であり、普通であれば誰でもゴールに向かって蹴ります、そうじゃないとユニフォームは着れなくなります。

当たり前ですが、非日常はめったにないから非日常で、突然起きるから非日常ですが、そんないざというときにこそ、その人が分かります。

 

 

緊急事態宣言にもあまり緊急性を感じなくなった近頃ですが、やっぱり昨年からの続くコロナの影響で今まで通りではない今を過ごしています。そしてそんな時だからこそ良いも悪いも人の本質が見えてきている気がします。

一部の地域では医療崩壊がおこり、多くの人が色々な犠牲を払いながら自粛している中、政治家や医師会の偉いさんはパーティーピーポーになったり、他のイベントは規制しながら国民の半数以上がやりたがっていないオリンピックはやろうとしたり、メディアの偏りがさらに磨きがかかってきたり…

こんな異常な状態はコロナがきっかけだとはいえ、元々持っていた部分がより大きくなって剝き出しになって現れているだけのような気もします。

 

いざというときになると誰も余裕がなくなります。

普段できていることもできなくなります。それを誰かのせいにしたくなる気持ちはありますが、こんなときはそんなもんだと思うしかないのかもしれません。

ただやっぱりこういうときのための備えが必要なんだとは思います。

これからもいつも通りの生活が続いていくんだと、日常のことだけを考えていると目の前のことしか見えなくなりがちです。

コストだけを考えて病床を減らしたり、お金にならない研究をやめたり、目先のことだけ考えてしまった結果、当たり前の日常が失われることになります。

細かな修正だけではなく大きな根本的な考え方みたいなものを変えなきゃいけない、そんな限界を見た気がしました。

 

『 テクノロジー 』

僕のまわりにはなぜか毎日元気なシニアの方々がいます。

そして最近よく聞かれることはコロナのワクチンの予約の取り方がわからないという相談です。

「どうやって予約したらいいのか?」「パソコンの使い方がわからない」「コロナで子供に会えなくなったから、なにかあったらいつも相談していた子供にも頼れない」「え、ワクチン?」

こんな相談を毎日のようにきいています。

 

MMD研究所による「2020年シニアのスマートフォン・フューチャーフォンの利用に関する調査」(60~79歳の男女1万人を対象にした調査) によると、シニアの9割がモバイル端末を所有していて、そのうち約8割がスマートフォンを使用しているという結果になったようです。

この数字だけを見るとほとんどのシニア世代の方はスマホを持っていて、普通に使いこなしているように思われがちですが、現状はスマホは持っているけど使いこなせていない方が大半です。

あくまでも僕のまわりにいるシニアの方々の話ですが、通話だけしている方、写真は撮れるけど人に撮った写真を見せられないとか、写真を送れないとか、LINEを入れたけど使い方がわからなくてそのままにしているとか、かかってきた電話のとり方もわからないとか、中には家の金庫に入れたままにしているとか、、。

もちろん使いこなしている人もいますが、僕のまわりの多くのシニアの方々はスマホは持ってはいても使いこなせていない人がほとんどです。

今は情報弱者には優しくない社会だと思います。買い物だって、旅行だって、ネットを使う人のほうが安くて幅広い選択肢があります。知る努力をしないからダメだとか、使えるようにならないからダメだとか、そうかもしれませんが、それはあまりにも優しくない。今回の件はお買い物や旅行の話ではなくワクチンです。

いまのワクチンの予約は簡単ではありません。ものすごくギャップを感じます、もっと現実を見てほしいと思いました。

「人がテクノロジーに歩み寄るのではなく、テクノロジーが人に歩み寄るべきだ」

といったのは台湾のデジタル担当大臣オードリータンですが、本当にその通りだなぁと痛感しています。

かなりアナログな私ですが、今はできる限りで教えさせてもらっています。

 

日本、アメリカ、ドイツ、スウェーデンの高齢者を対象に実施した内閣府の国際比較調査(昨年12月から今年の1月まで行われた60歳以上の5千人が対象の調査) で日本の高齢者の約3割が親しい友人がいないと回答しました。 

調査をした4ヵ国の中で割合が最大だったという、つまり日本人の ”近所付き合いの希薄さ” が指摘されたニュースがありました。

 

最近よく思うことは、こんなにテクノロジーが進歩する前にもしコロナがあったとしたら、どうなっていたんだろうか?ということです。

インターネットもなく医療も科学技術も今よりは進んでいない時代です。

もちろん現代のほうがいいことのほうが多いのかもしれないですが、地域ごとに助け合うとか、困っている人に手を差し伸べるような、そんな当たり前のことがもっと自然に行われていたんじゃないのかなぁと思ったりしますし、今のように表面だけの形だけの細かくつくられたシステムがなくともそれを補うようなものが自然とできていたんじゃないのかなぁとも思ったりもします。

 

とにかくどんなに便利になろうとも使うのは人間です、そしてシニアの方々に必要なのは毎日の感染者数とかではなくて、いまその人にとって必要な情報であり、そして分かりやすい情報だと思います。

とにかくこんなときは、思い通りにならないことばっかりです、それを誰かのせいにしてしまいがちですが、こんなときこそけんかばっかしないでみんなで助け合わなきゃなりません。

と、センチメンタルなおじさんは思うのでありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『 INSIDE 』

「結局何がやりたいの?」

「目的は?ゴールは?」

何か始めると、よくこんなことを言われます。

そんなこと言われたって

なんて言えばいいのか

 

このてのことを聞かれるたびに、ダメだなぁ、ふらふら生きてる自分みたいだなぁ、と落ち込んでいました。

そりゃあ明確なのがいいんだろうとは思いますが、誰もがすぐに分かるゴールって逆につまらないなぁ、と思ったりしていて

そんなこと言って中二病かよと思われますが、はっきりいってその通りです。

いい歳して恥ずかしいですが、このぼんやりとしたものを、面白そうなものを続けていこうと、もしかしたら何かあるんじゃないのかなぁと、誰に対して言っているのか分からない言い訳みたいなことをよく考えていました。

そんなわけのわからない私に

「そりゃ、そうですよ、分からなくて当たり前ですよ、ないものをつくるんですから」

と言ってくれた人がいました。

嬉しかったなぁと、ふと思い出しました。

 

『 INSIDE 』

大好きなジョン・ラセターがセクハラでいなくなってから、大好きだったピクサーの映画も見なくなりました。

ディズニーの映画はすぐに歌いだすからあまり見ないですが、MARVELが入っているからという理由でディズニープラスは見るようになり、またそこに入っているピクサー作品もちょくちょく見るようになりました。

どこかの局みたいになんにも見ないでも毎月お金をとられるディズニープラスですが、その中にピクサーのアニメーション制作の舞台裏が見ることができるドキュメンタリー番組があります。

それが『 INSIDE 』です。

ピクサーの映画制作に関わる人は監督、アニメーター、作曲家、スクリプター、脚本家はもちろんのこと、国際版ディレクターや、なんとパティシエまでいるんだそうです。

それぞれの分野の、おそらく世界でも有数のスペシャリスト達がチームになって作品制作に取り組む姿は単純に見応えがあるし、その無数にあるチームが協力して気の遠くなるような工程を経て1つのアニメーション作品をつくるわけですから、まずそのスケール感に驚きます。

その道のスペシャリスト達の細部へのこだわりと、作品への情熱や苦悩を感じることが出来るこの番組にえらく最近はまっています。

ダン・スキャンロンは『モンスターズ・ユニバーシティ』を撮った監督ですが、その彼がピクサーからオリジナルの映画をつくるチャンスを与えられます。

モンスターズ・ユニバーシティで成功はしたものの、それは自分自身の物語でありません、今度は念願でもあった自分の物語で映画をつくれることになります。

ピクサーの開発部にはアイデアを形にする4人のプロがいて、アイデアの種を育てて映画製作のサポートをしてくれるんですが、そこでダン・スキャンロンはあることに気づきます。

自分の人生には映画にできるようなアイデアの種すらないことに。

表現者として、なんとかしないといけないと考えたダン・スキャンロンは自分自身をさらけ出して、見たくない自分と向かい合うことにします。

その中で一番他人に知られたくないことが映画の種になるんじゃないかと考えます、そしてそれを見つけることになります。

 

デトロイト近郊の町クローソンで育ったダン・スキャンロンは、母親と兄の3人家族で幸せに暮らしていました。

父親は彼が1歳の時に亡くなっています。

母親は息子が父親の存在を知らずに育ったことをずっと気にしていました。

そしてダン・スキャンロンは父親がいないことを、悲しいとも寂しいとも思ったことがないことを気にしていました。1歳だったから覚えていないわけです。  

父親のことは周りの人の思い出話や、写真でしか知ることができず、その時に「死んだ父親と話してみたい」と思ったことを映画の種にしようとします。

そして父親がいなくても寂しいと思ったことがないのは、兄が父親の役割をしてくれていたことに気が付きます。

母親が「パパはもう戻らない」と伝えたとき「僕が弟を守る」と言ったのは当時3歳の兄でした。

何もないと思っていた自分の人生にも物語があったんだと、それをテーマにつくられた作品が昨年公開された『 2分の1の魔法 』(Onward)です。

どんな人にもその人にしかないストーリーがあるっていいなぁと改めて思います。

 

その後ピクサー作品を立て続けに見ました。気になっていたソウルフルワールド 』も素晴らしくて、やっぱりピクサーが好きになりました。

本音は『 トイストーリー4 』だけはジョン・ラセターでもう一回撮り直してもらいたいですが、、、辛抱します。

 

『 ひそかな楽しみ 』

ここまで書いといてなんですが、シニア支援プロジェクトと全く関係のない内容だなぁと我ながら思います、でも書いているのが私だから仕方がないなぁとも思います。

そんなわけでシニア支援プロジェクト『ちゃんとちゃんとの学校』の話を少し書かせていただきます。

シーズン3開催中の本校では『つながる100歳図書館』の収録を終え、現在はその模様を記事や動画にしてより幅広い人にその素晴らしさを知っていただきたいと考えております。

動画に先行する形で記事は『100歳図書館 公式note』にて毎週のようにアップしていますので是非ご覧ください、めちゃくちゃいいです。

そしてその素敵な記事を作成してくれているのが事務局の柴田惠津子さんです。

柴田さんは大学卒業後、NHK Eテレなどの番組制作に携わり、その後PR会社を経て現在はラジオパーソナリティとして「笑顔の港」という番組を持ちながら広報PR、ライティング、インタビュー、司会、アナウンス、イベント企画運営、レクチャー、コミュニティの運営…などなど幅広く活躍されている多彩な方です。

そんな柴田さんと幸田さんと私で記事製作の打ち合わせを最近ちょくちょくとするようになりました。 

 

100歳図書館の炎心さんの写真選びをする『たきびとの会』と『100歳図書館』の動画をもう一度見返したり、柴田さんが文字起こしをしてくれたものを改めて文字として見たりしていると、新しい発見があったり、参加者の方々の質問の素晴らしさに驚いたり、清水さんや村岡さんのたきびとのレベルの高さとか、当日では拾いきれなかった、見つけきれなかった面白さがたくさんありました。

そんなことを3人で楽しく話しているとあっという間に時間が過ぎていて、この時間がなんだか面白く個人的にひそかな楽しみでもあります。

そしてお一人お一人の炎心さんの物語に寄り添うように情熱をもって書いていただいている柴田さんには、こんな方にお願いできてよかったなぁと感謝と尊敬の気持ちでいっぱいです。

 

『 外からなんて何も分からない 』

人のことをすべて知ることは、きっとできないんだと思います。

知っているのはその人のほんの一部でしかないんだと思います。

知らない誰かに見られてもいいようになのか、傷つかないようになのか、いつからか誰もが自分自身の外側にカバーをかけている気がします。

そんなカバーを外したりすると、急に人と仲良くなったり、共感したり、驚いたり、救われたり、落ち込んだり、感動したりするのかもしれません。本当はカバーなんて外したいんじゃないかと思います。

100歳図書館で色々な方々のお話を聞いたりする機会が増えてきて、よりそう思うようになりました。

そして人はやっぱりそれぞれが違います。

まったく自分とは違うなぁと思い始めると、距離ができて壁ができて、シャッターまで下ろしちゃったりすることもあります。ただ自分とは全く違うと思っていた方の中にすごく共感できる部分を偶然見つけると、いつも以上に距離がぐっと近づきます。

本来ならそれは普通に生活して、人と出会い、親しくなったりしてから経験することというか、かなりのプロセスを経てたどりつける体験なんじゃないかとも思いますし、もちろんそこまでたどり着かないことのほうが多い気もします。

知らない間にたくさん身にまとってきたカバーは、鎧のように体と心から自由を制限してしまいがちですが、100歳図書館の優しい気持ちになれるあの時間は、自然と偏見とか世代とか性格とか、色々な目に見えないカバーを優しく溶かしてくれていて、普段は見せない内側で語り合うような交流が行われている気がします。

 

『100歳図書館』をつくったシニア支援プロジェクト『ちゃんとちゃんとの学校』ですが、こんなことをいつからはじめたのか?

その正確な日を誰も答えられない、それくらいゆるいこの学校ですが次第にとても大切な存在になってきました。ぬるっと始めてから、かれこれ6年くらい経ちました。

6年前はいつかやろう、そのうちやろうと、口先ばかりで何もしていませんでした。それがなぜか始まり、なぜか続いています。

うまくいってるかどうかなんてわからないですが、やってみて良かったなぁと思いますし、何事も外から見てるだけじゃ分からないもんだなぁとよく思います。

あのときぼんやりとしか分からなかったものが、少しずつ分かってきた気がします。

たくさんの方々が応援してくれて、力を貸してくれて、方向を見失いながら、遠回りしながら、他力本願しながら、なんとか辞めずに続けてきてこれたからだと思います。

なんとかたどり着いた今のこのかたちは、みんなで色々とやってきたからたどり着いたカタチで、そこが面白いし意味があります。

関わってくれたみんなに、あのときのあの人にお礼を言わないと。