『新しい事にチャレンジするのに年齢は関係ない』

ここ数年、シニア向けのパソコン教室というものを目にすることが多くなりました。シニア世代の方々からは、「パソコンは難しそう」「覚えるのが大変そう」と言う声も聞こえてくるのですが、逆に「パソコンを覚えたい」と言うシニアの方も非常に増えているそうです。

私の知人にもパソコン教室を開校している人がいるのですが、平日の昼間に来られる生徒さんの多くは、65歳以上のシニア層の方々だと言っていました。知人の教室では入会時に「パソコン教室に通いたいと思った理由は?」という質問をするそうです。もちろん理由は皆さんそれぞれあるようですが、多くの方が「趣味」として始めたいと言われるそうです。

今まで得に趣味らしいものがなかった方も、家で気軽に始めることができる趣味の一つとしてパソコンは人気のようです。

gf01a201309162000

Photo by Alan Toniolo de Carvalho

■シニアブロガー

最近ではシニア世代の方のブログもよく見かけるようになりました。そんなシニアブロガーの中でも、テレビなどのメディアで紹介され一躍有名になったのが徳島県にお住まいの「さっちゃん」こと堀江幸子さんです。

堀江幸子さんは、80歳の時にパソコンを購入し、84歳でブログをスタートさせています。それ以来6年間、自筆の水彩画と日々の雑感を毎日アップしていました。「していました」と書いたのは、今年2016年5月9日に94歳6ヶ月の長寿を全うして永眠されたからです。さっちゃんは、その時が来る直前までブログのアップをされていました。

70歳の頃から本格的に習い始めたという絵は、四季折々の優美なものばかりで、個展を開かれる程の腕前です。文章は日々の雑感だけでなく、物語や短編なども書かれていて、90歳の頃には短編集「藍の風」を出版されています。

現在では毎日ではないですが、さっちゃんの弟さんがブログを引き継いで、さっちゃんの過去の投稿や作品を紹介する形でアップされ続けています。

さっちゃんは「歳だから」という理由で何かを諦めるのではなく、様々な新しい事に挑戦をし続けました。覚えるのに時間がかかったり、物忘れが多くなったりしても、それを逆に楽しんでいたりした様子がブログから伺えます。

皆様も、新しい「趣味」見つけてみてはいかがですか?

 

「秘密の小箱」(堀江幸子/著 扶桑社/刊 『また、明日。』より)

短歌の友達が
贈ってくれた菓子折り

セットの中のひとつ
「藍大尽」の小箱

誰にも食べられる心配がない
ひとり暮らし

でも、これだけは
見つからない秘密のところに隠してある

忘れた頃
「あれ!こんなところに小箱が?何かしら・・・」

見つけたときの喜びをたくらんでいる

物忘れのひどくなった
歳よりの秘かな楽しみ

 

 

『物忘れと認知症の違い』

仕事で多くのシニア世代の方と話す機会が多いのですが、皆さんと話をしていると、とても多く出てくるキーワードがあります。

それが「あれ」という言葉。

「ほら、あれよあれ!」皆さんも使うことがありませんか?例えば場所の名前が思い出せない、物の名前が思い出せない、人の名前が思い出せない時などによく使ってしまいがちですよね。

人間の記憶力のピークというのは、30~40歳頃までなのだそうです。それを過ぎると記憶力というものは低下し始め、「物忘れ」という生理的現象が現われます。しかし、これが単なる生理的な「物忘れ」であればいいのですが、中には病的な物忘れというものもあります。これが「認知症」です。

厚生労働省では、全国で認知症を患う人の数が2025年には700万人を超えるとの推計値を発表しています。これは65歳以上の5人に1人が罹患する計算となっています。

認知症は放っておくとどんどん進行していきます。最初はちょっとした物忘れかな?という程度のこともあるため、その症状に気づきにくく、わかった時には随分とその症状が進行してしまっていることも多くあるそうです。

そこで、今回は生理的物忘れと病的物忘れの違いについてをご紹介したいと思います。

3868836315_67213c3752

photo by MrGuilt

■生理的物忘れと病的物忘れの特徴

◆生理的物忘れの特徴

  • 人の名前や物の名前が思い出せない、漢字が思い出せない
  • 言葉を言い間違える
  • 言葉がとっさに出てこない、言葉に詰まる
  • 置き忘れやど忘れ、立ち上がった途端に用事を忘れる
  • 勘違い

◆病的物忘れ(認知症)の特徴

  • 今日の日付が思い出せない
  • 使い慣れた道なのに迷う
  • 使い慣れている物の道具の使い方がわからない
  • 前に買ったことを忘れ、同じものを度々買ってしまう
  • 同じことを何度も聞いたり言ったりする
  • 趣味や楽しみに対する関心がなくなる

生理的物忘れは、その場では思い出せなくても後で思い出せたり、また、忘れたり言葉が出てこないことに対して、自分で明白な自覚があります。

一方病的な物忘れでは、以前に自分がした経験そのものが残らないという忘れ方をします。また、忘れたことに対して明白な自覚症状というものがなく表面的な自覚しかありません。これは、自分を省みるということが困難になっているためです。

認知症は早めに気づいて、適切な治療をすることにより、その後の症状の進行を遅らせることは可能です。これらのチェックは、認知症の症状が出てきてしまってからでは、自分でチェックすることが難しくなります。周りの人たちが、少しでもおかしいかな?と感じる事があれば、確認のため本人にこうしたチェックを促してあげることも大切です。

是非こうしたチェック項目を参考に、早期発見早期治療に努められるようにしてみて下さい。

 

『杉良太郎さんの慈善活動が男前すぎるという話』

昭和を代表する歌手・俳優の一人でもある「杉良太郎」(72歳)さん。特に中高年の女性から絶大な人気を誇る方ですね。私も「遠山の金さん」大好きでした!

杉良太郎さんは芸能活動の傍ら、長年ボランティア活動に従事されている事で有名です。しかしそのボランティア活動の規模が桁外れでビックリなので、今回は少しだけそのご紹介をしたいと思います。

1.0

Photo by jurvetson

 

■刑務所への慰問活動

杉良太郎さんが最も長く続けられている慈善活動が、刑務所への慰問活動。長年にわたり刑務官や受刑者に対し多くの意見交換や講演を行っています。この慰問活動は、まだ大スターになる以前の15歳の頃からずっと続けているそうです。長年のその功績が認められ、2008年には「特別矯正監」を法務大臣より任命されるほどです

■ベトナム支援

1989年ベトナム戦争で行方不明になった兵士の親族のため、オペラハウスでチャリティー公演を行ったのがベトナム支援の切っ掛けとなったそうです。その時、孤児院を訪れチョコレートを子供たちにあげたが、子供たちはチョコレートには全く手を付けず「(お菓子ではなく)お父さんやお母さんがほしい」と言った言葉に心を打たれ、「僕が君たちの父親になる」と杉良太郎さんは即座に4人の子を養子に迎え入れたのです。それ以来ベトナムを訪れる度に養子を迎え入れ、今では80人以上の養子がいるそうです。

■被災地への支援活動

阪神淡路大震災の時実家が被災し、以降被災地への支援活動を積極的に行っている。この阪神淡路大震災と04年の新潟中越地震時の支援活動を生かして、11年に起こった東日本大震災では、食料品の他水3トン、ガソリン3000リットル、タオル、歯ブラシなどトラック12台分を積み込んで被災地を訪れました。最近震災に見舞われた熊本にも、多くの物資を支援するだけでなく、避難所まで足を運んで地域住民を激励しました。

こうした支援活動をするたびに、マスコミやネットユーザーから「偽善とか売名行為」と言われることがあるようですが、それに対し杉良太郎さんは、「ああ、偽善で売名ですよ。皆さんもおやりになるといい」と答えられています。「国民全員が売名行為のつもりで乗り出してほしい」ともおっしゃっています。

痺れますね。

もちろん、こうしたボランティア活動や寄付・支援活動は、やりたくともやれない人も多くいると思います。そんな方々に、杉良太郎さんはこんな言葉を寄せています。

「福祉をやるには確かに時間とお金がかかる。特にお金がないと見栄えのいい福祉はできません。でもお金がない人は時間を寄付すればいい。お金も時間もない人は、福祉に対する理解を示し、実際に活動している人に拍手を送るだけで十分。それでもう立派な福祉家なんです。福祉ってそうゆうもんです。」

まだまだ72歳、杉良太郎さんのこれからのご活躍にも注目ですね。