『 アナザーラウンド 』

海は遠くから見ると美しい、だけど近くに行ってみるとゴミが浮かんでいて汚れている。けれども勇気をもって海に飛び込むと海の底で真珠を見つけることができる…

そんな言葉を結婚式でいただきました。

もうすぐ20年になりますがまだ真珠が見つからない。

ある人にその話をしたところ「海を間違えたんじゃない?」と言われ大笑いしました。

そしてもともと真珠なんていらないやと思っています。

 

子供の頃に虹の付け根の場所に行ったことがあります。

小さな山を登ると廃車になった錆びついたバスがあり、柵もない場所に牛がいて、虹が消える前にと急いでいると雨でぬかるんだ土に滑って靴が脱げて、まあ手やら足やらドロドロになりながら、なんとか虹の付け根の辺りにたどり着きました。

そこにはもちろん虹なんて何もなく、憶えているのは腐った木の匂いと、食べると危険だとアピールしているキノコと、ボールペンサイズのミミズでした。

アニメの一休さんみたいに虹を歩いてやろうと思っていたので相当に落ち込んでいたことを覚えています。

近くで見た芸能人の肌がボロボロだったり、憧れのサッカー選手の性格が悪かったり、近づけば近づくほど思っていることと現実は違っていることを思い知らされます。

そんなギャップを埋めていくうちに、夢を見なくなるのかもしれないと思います。

 

『 アナザーラウンド  』

今しかないと、居酒屋に行きました。

久しぶりの再会と久しぶりに飲む生ビールは格別でした。意味のない会話をし、グダグダと過ごしました、やっぱりこういう空間は少なくとも今の自分には必要だなぁとしみじみ思いました。

【人間の血中アルコール濃度は常に0.05%を保つのが理想】というノルウェー人哲学者の理論を証明するために、酒を飲みながら授業をする4人の高校教師。

そんなあり得ないような物語『アナザーラウンド』がアカデミー賞をはじめ世界中の映画賞を総なめにしています。ちなみに ”アナザーラウンド” とは「もう1杯」という意味なんだとか。

デンマーク出身のトマス・ヴィンターベアが監督を務めた映画「アナザーラウンド」は高校ではやる気のない授業に生徒や親からクレームがきたり、家庭では奥さんと会話もなく息子からもバカにされるという50代の歴史の教師が主人公です。

そんなさえない教師と同じように人生に嫌気がさした教師の友達3人が飲みながら、1人が見つけたある新聞記事の話題になります

【人間の血中アルコール濃度は常に0.05%を保つのが理想】

そしてこのあやしい記事を4人の教師が実践してしまうという、めちゃくちゃな内容ですが、ウォッカを飲んでから授業をすると嘘のように授業がうまくいき始めたり、家族との関係もうまくいき始めるという話なんだそうです。

なぜか上映館が少なすぎてまだ見れていません。ああ、見たいなぁ

 

『 としよりの日 』

「としよりの日」なんて聞くと今の時代では問題が出そうですが70年前は問題にならなかったようです。1947年に兵庫県多可郡野間谷村から始まったこの敬老行事は、その後全国に拡がりながら「老人の日」になり(これも問題なネーミング)、そして1966年に現在の国民の祝日「敬老の日」(これはぎりぎりセーフ)となり、毎年9月の第3月曜日がその日になります。

7月末に厚生労働省から発表された昨年の日本人の平均寿命は女性が87.74歳、男性が81.64歳で、いずれも過去最高を更新しました。男性は世界で2番目に長生きで、女性は世界で1番長生きになるようです。

2025年になると3人に1人が65歳以上になり、団塊の世代が75歳以上になるタイミングで医療や介護、また年金制度も限界を迎えるのではないかと危惧されている「2025年問題」まであと4年になりました。

そしてもうひとつの問題として2025年には「崖」があるといわれています。複雑化・老朽化・ブラックボックス化した既存システムをそのままにしていくと国際競争に負け、経済がさらに悪化し最大12兆円の経済損失が生じるかもしれない、そのシステムの問題を経産省のリポートでは「2025年の崖」と警告しています。

この2つの問題は関係ないようで密接に絡み合っている問題でもあるようです。

少子高齢化によるIT人材不足や、既存のシステムの全容を知る人材が定年退職や介護などの理由によりいなくなっていくのではないかと予測されています。

2025年問題はあらためて高齢者の問題ではなく、誰もが関わる問題だと思います。

 

『 問題意識 』

6年くらい前、友人3人の漠然とした問題意識からシニア支援の活動として始まったこの「ちゃんとちゃんとの学校」ですが、2025年問題に対してこんな自分達でもできることはないだろうかと、日頃シニアに関わることの多い有志の方々を中心に職種や年代も超えてお集まりいただき、もちろん本業に差し支えのない範囲でゆるくご協力いただきながら活動しています。

まず考えたのはシニアに関わる人たちが職種を超えて学び、意識をアップデートしていかないといけないということで定期的な勉強会をスクール形式でスタートしました。

また個人や1つの企業ではできないことも、同じような志を持った人たちで集まればできることもあるんじゃないかということで、グループというかコミュニティのようなものをつくり、そこからシニア層の方々の健康寿命を延ばすためにできるアイデアを集め、出来ることから始めました。

ちゃんとちゃんとの学校の立ち上げからいつも優しく見守っていただいている東京大学名誉教授の眞鍋昇先生にご協力いただいて健康寿命を延ばす「シニアの栄養学」の授業を東京大学で開催したり、山梨では鈴木学さんや加藤寛啓さんにご協力いただいて正しい歩き方を学ぶウォーキングイベントを開催したり、立ち上げ人の1人である三谷さんに協力いただきながら健康寿命を延ばすフードを開発し発売したり、同じような問題意識を持った方々と様々な活動をしてきました。

そんな活動を続けながら見えてきたことや感じたことは、始める前に想像していたものとは違ったものでした。

認知症に対する考え方や、介護に携わる方の意識の高さや情熱、またそれぞれの分野の方が行っているシニア支援の活動など、とにかくとても刺激にもなり勉強になりました。

そして一番強く感じたことは、暗いイメージが先行していた高齢化の問題ではなく「長生きにはもっと価値があるんじゃないか」ということでした。

歳をとるということはマイナスなことばかりではなくプラスのことも沢山あります。ただ生産性ばかりが重視される社会においてはどうしてもマイナスなことが注目されがちです。

儲かるか儲からないか、それは確かに大切です。綺麗事だけでは生きてはいけないこともわかります。ただ知らぬ間に人にも値札がくっついているような世の中は、そういう価値観ばかりで物を見る世の中はつまらないし、その価値が突然消えたらどうするんだろう、その人は価値がなくなるの?そう思うと恐ろしい考え方だとも思います。

大好きな女優の石田ゆり子さんが「お金って紙だから、経験に変えていきたい」と言われてました。その通りだなぁと思いますし、限られた時間の中では経験こそが大切なんだと思います。

何もなくなった時にこそその人の本当の価値があるはずです。

ちゃんとちゃんとの学校として色々と取り組んできましたが、その中でたどり着いた感のある「100歳図書館」は”長生きの価値”を世代を超えて多くの方々に伝えていくことができるプログラムだと思います。

 

『 終わりの始まり』

まだまだ小さいけれどこれからも大切にしたいちゃんとちゃんとの学校ですが、個人的なことを言うとちゃんとちゃんとの学校をやればやるほど落ち込んでいました。数えきれない失敗と、実際にやってみるほど思い知らされる現実とのギャップ、自分は何もできないなぁと…

でも今考えると、始めるときに思っていた場所とは違いますが、なんだかんだでたどり着いたこの場所が来たかった場所なんだと思います。

よく使われる言葉 ”終わりの始まり” じゃあないですが、宇宙にも終わりがあるみたいですから物事には必ず終わりがあります。始まった時点でどこかで終わることは決まっていて、このちゃんとちゃんとの学校もいつか終わりの日が来ます

つい先日、ちゃんとちゃんとの学校は過去最長のシーズン3を終えました。

これからの先のことはいつものように未定です。次やるとしたらシーズン4なのかもしれませんが、4はだいたい良くない気がします。

インディ・ジョーンズもあのトイストーリーだって4はつまらない。やっぱりシリーズものは3までが限界なんじゃないかと思ったりします。

次やるときは「シン・チャントチャントノガッコウ」になるのかな?まあそれはさておき、名前だけじゃなく今までとは違うカタチでできたらいいなぁと思っています。

やっぱりまだまだ足りない、アナザーラウンド。

 

『 濃厚な夏 』

家族がコロナに感染しました。とうとうきたかという気持ちと、自分は濃厚接触者になるんだということが頭を過りましたが、それよりはまずは本人の体調です。

最初は37度後半の熱が出て夕方には平熱になったので、少し安心したのですが翌日念のために病院に行くと「いま平熱でも熱が出たならPCR検査をしている病院に連れて行ってください」と違う病院を紹介され、スマホで調べて行ってみたらすぐに見つけることができました、すでに50人以上もの人が列をつくっていたからです。

なんとか検査を受けた翌々日の朝「匂いも味もしない、コロナかも」と本人が言いだしてその後、病院から「陽性でした、保健所からの連絡をお待ちください、そして家族もすぐにPCR検査を受けてください」と連絡がありました。

今度はあの行列ができていた病院に1時間前から家族で並びましたが、すでに5人先客がいました。

毎日のようにニュースで知っていたつもりが、いざ家族がそうなるとまた違うんだなぁと、やっぱりなってみないと分からないなぁと今更ながら思いました。

幸いにも本人は少しずつ良くなってきて良かったなぁと安心はしましたが、やっぱり怖いなぁと思いました。

人生初のPCR検査を体験して、そして結果がどうであれしばらくの間は外出禁止なので、まあ困っちゃったなぁと、仕事にも迷惑をかけるし、食事や洗濯もしなけりゃならない。

こりゃあ大変だなぁと思いながら、仕事関係の人に連絡して、冷蔵庫の中身を確認して、そんな経験したことがない夏休みが始まりました。

とりあえず感染しないよう隔離して生活をすることに慣れることから、始めました。

トイレを分けてタオルも分けて、こまめな換気とよく触る場所に消毒を繰り返す。そんなことはすぐに慣れましたが、やっぱり外に出られないのはキツイなぁと思いました。

そして3回の食事を考える大変さと、Uber eatsの素晴らしさと、ゴミの日の大切さを知りました。

そしていつもいる人がいないのはやっぱりさみしいなぁと痛感した濃厚な夏でした。

 

『 シーズン3 』

ちゃんとちゃんとの学校では昨年から始まったシーズン3が8月いっぱいで終了することになりました。

いまになって思えば、大好きな星島さんからいただいた一通の手紙からシーズン3は始まりました。

僕たちがやっていることにどれだけの意味があるのかはわかりませんが、星島さんのような想いをもっていただいている方がいることを知ってコロナの時代でも出来るカタチを模索しながらの、新たなちゃんとちゃんとの学校でした。

シーズン3ではシニアの住まいプロデューサーの佐藤順一郎さんが部長に就任していただいて、シニアがちゃんと暮らせる住まいづくり【ちゃんとちゃんとハウス】を参加者の皆さまと一緒につくっていこうという、ちゃんとちゃんとの学校で初めての部活『すまい部』が始まりました。

部長の佐藤さんとちゃんとちゃんとの学校の立ち上げメンバーの1人でもある三谷さんが中心になりながら、熱心な参加者の皆さまとのシニアにとっての住まいについて語り合う時間は、個人的にもあらためて考えさせられることがたくさんあり、とても深く濃厚な時間でした。

素晴らしい時間をつくっていただいた佐藤さん、三谷さんありがとうございました。

 

そしてシーズン3のもう1つの柱がオンラインで開催する100歳図書館『つながる100歳図書館』でした。

これまでちゃんとちゃんとの学校で取り組んできた100歳図書館ですが、それをオンラインで再現出来るんだろうか?

そんな心配は杞憂にすぎませんでした。8人の個性豊かな炎心さん(語り部)による100歳図書館はまるでショートムービーのような深いどこにもない味わいがありました。

そして100歳図書館は素晴らしい人達が一緒になってつくってくれました。

まずは炎心さんのサポートをしていただいた”たきびと”の綾部さゆりさんや、清水絵理さん、村岡唯さんのお力が無ければ実現しませんでした。

炎心さんのサポートだけではなく100歳図書館ならではの優しい空間をつくっていただけたのは間違いなくたきびとの皆さまのおかげです。

素晴らしい”たきびと”ありがとうございました。

 

また100歳図書館の内容を記事にしていただくという、かなり難しいことをお願いしたにも関わらず期待以上の読み応えのある記事にしていただいた柴田惠津子さんにも驚きと感謝の気持ちでいっぱいです。

記事を読むだけでも炎心さんのお人柄や息づかいみたいなものまで感じることが出来て、まだまだ知られていない100歳図書館をより多くの人に知っていただける内容にしていただいたと思います。

素晴らしい8つの記事をありがとうございました。

 

そして100歳図書館の醍醐味はやはり、その瞬間しか感じることが出来ないその場の空気感だと思います。

その場にいないと感じることが出来ない空気を大切にしながら、初めての人も見やすいようにと動画の編集をしていただいたのが堀田有希さんです。

堀田さんはお一人お一人の炎心さんに寄り添った丁寧な編集をしていただいたのが印象的です。そして冒頭のロウソクの場面が秀逸です。

センスあふれる堀田さん、素晴らしい8つの動画をありがとうございました。

【柴田さんの記事と堀田さんの動画はこちらから

 

そして何より忙しい中にもかかわらず、写真選びや100歳図書館に参加いただいた参加者の皆さまによって成立するのが100歳図書館です。

100歳図書館は対話を大切にしていますが、とにかく参加いただいた皆さまが優しくて、炎心さんが話しやすい空気をつくっていただけました。そして質問の内容のレベルがすごいなぁと事務局仲間で話題にになっていました(あの方のあの質問が凄かったなぁと)。

そんな参加者の皆さまと一緒になって出来たのがこの100歳図書館だから価値があるんだと思います。本当に参加いただいた皆さまありがとうございました。

この8人のストーリーをもしかしたら、何百年後に誰かが見るかもしれない、遥か遠くの国の人が見たり、宇宙ステーションから見る人だって出てくるかもしれない。

世界に1つしかない人生の経験はどこかの誰かを元気にすることだってあるはずです。

そんな100歳図書館がとうとうできました。

 

 

『 メジャーとインディーズ 』

心が動くのはどっちなんだろう?

有名だから感動するわけじゃないし、無名だからって駄目なわけじゃない

誰もが自分の中に価値を見出す秤を持っています。

でもいつの間にか誰かの秤を自分の秤のように持っているのかもしれません。

でもやっぱり自分がいいと思うものが、いいんだと思います。

100歳図書館を始めた頃に「知らない人の話なんて何がいいの?」と言われたことがありました。その時はうまく答えられなかったような気がします。その人が言うことも分からないわけじゃないからです。

今ならこう言います「知ってる人の話だからいいとは限らないでしょ、あと知らない人の話ってまず聞かないでしょ?聞いてみたらいいよ、面白いよ」

意外と近くに素晴らしいものがあることに気がついたシーズン3でした、そしてそれがいいと思ってくれる人も僕たち以外にもいることがわかったシーズン3でもありました。

 

100歳図書館をもっといろんなところでできないだろうか、そんなことばっかり考えながら濃厚な夏が終わりました。

とにかく最高なシーズン3をありがとうございました。

そして幸田さんお疲れさまでした。

 

 

 

 

『 ファーザー 』

メッシがやっと優勝しました。

所属チームのバルセロナではありとあらゆるタイトルを勝ち取ったメッシが、初めてアルゼンチン代表としてのタイトル、コパアメリカを獲得しました。

おそらく地球史上最高の選手であるメッシが、どれだけ活躍してもマラドーナを超えられないと言われている理由に代表チームとしての実績があります。ワールドカップをとったことがあるマラドーナとそうではないメッシ。

アルコールやドラッグに溺れ、めちゃくちゃだったマラドーナですが一方では権力に立ち向かう反逆児であり、常に貧しい人達の英雄でした。マラドーナと対照的な真面目で寡黙なメッシですが、お互いに認め合う関係だったようです。

マラドーナが昨年亡くなったとき、メッシはいつものようにゴールを決めて珍しくユニフォームを脱ぎました、その下に着ていたユニフォームはメッシがバルセロナの下部組織に入る前のユース時代に所属していたニューウェルズ・オールドボーイズのものでした。

それはかつてマラドーナがたった1年だけ在籍していチームであり、メッシがいまだに将来プレーするのが夢だというチームです。そして脱いだバルセロナの10番のユニフォームもかつてはマラドーナが着ていました。

近いようで近くないこの2人の関係は誰にも分からないですが、ライバルというよりはメッシはマラドーナを偉大な父親のように思っていたのかもしれません。

昨年亡くなったマラドーナのためにも、アルゼンチン国民とチームが団結し、コロナでめちゃくちゃになりながらも、無冠のメッシがブラジルサッカーの聖地マラカナンで宿敵ブラジル代表を破っての優勝は鳥肌ものでした。

同時期に開催されたユーロで優勝したイタリアと、コパアメリカで優勝したアルゼンチンが対戦するかもしれないと話題になっています。

「コパ・ディエゴ・マラドーナ」と名付けられたこの試合はマラドーナの第2の故郷、ナポリのマラドーナスタジアムで開催予定です。

 

そしてどうでもいいですが、メッシはタトゥーをかなり入れています。

皮膚の中に針で色を刺し入れていくタトゥーですが、その色素は体内のマクロファージが食べてその色素がマクロファージの中にとどまるから色がつき、マクロファージの寿命が長いから一度入れたタトゥーはなかなか消えないんだそうです。

ただし最近ではそれは少し違うことが分かってきました。実際にはマクロファージは寿命が長いわけではなく、死んだら色素を次の新しいマクロファージに受け渡しているようです。

まるで親から子へ引き継いでいるように。

 

『 ファーザー 』

出張ばかりで家にいないときに、子どもが不登校になったようです。おそらく僕がいてもたいして変わらないのだろうと、”長い人生そんなときもあるさ”といったら奥さんに怒られそうですが、そう思っています。

そして今子供に手紙を書いています。目の前でいうより手紙だから言えることや手紙だから伝えられることもある気がします。

書きながら、あ、こんな自分もいつの間にやら父親なんだと思っています。

そして父親ならこんな時なんて言うだろうと思ったりします。

父親は遊びの天才でした。賞味期限切れの大量の生卵をもらって来て子供達と一緒に石垣にぶつけたり、わけのわからないものを拾ってきたり買ってきたりして分解したりして子供向けのおもちゃをつくったり、いつも怒っている母親と違って、めったなことでは怒らない父親は自由な人でした。

父親で覚えていることは、小学生の頃に社会見学でゴミの回収を見に行ったときのことです。

「くさくても、絶対くさいと言わないように」と先生からは言われていたのに「くさい」と言ってえらい怒られたことがありました、だってくさかったからです。

そんな中父親だけは「それは間違いじゃない、くさいもんはくさいんだから、嘘つく必要はない。これからは”くさいのにありがとう”って言えばいい」と、なるほど、そうだなぁと子ども心に思ったことを覚えています。

あ、こんな書き方をしましたが、まだ死んでません。

おそらく父親なら学校に行かないことにも「どうでもええわ、生きてれば」と笑って終わりだと思います。

 

そして出張中の合間に観てやろうと思っている映画があります。アンソニー・ホプキンス主演の「ファーザー」です。

この作品で史上最高齢の83歳でアカデミー主演男優賞を受賞したアンソニー・ホプキンスは、まさか自分が受賞するとは思わず、受賞が発表された時には故郷のウェールズに帰りベッドで寝ていたようです。そして午前4時にたたき起こされたと話題になったりしていましたが、年老いて認知症を患った主人公の視点で 記憶や時間が混乱していく様子を描いているようです。

観たい映画が多いこの夏ですが、認知症の主人公、そして83歳のアカデミー主演男優賞が話題の『ファーザー』はぜひ観てみたいなぁと思います。

 

『 認知症 』

認知症は脳の病気や障害など様々な原因により認知機能が低下し、日常生活に支障が出る状態のことを指します。

その認知症の中で最も多いものがアルツハイマー型認知症です。

米国食品医薬局(FDA)が6月8日、アルツハイマー病(AD)の病理に作用する初めての、そして唯一の治療薬を承認したというニュースがありました。

アメリカの医薬品大手バイオジェンと日本のエーザイが共同開発した「ADUHELM」(一般名:アデュカヌマブ)です。アデュカヌマブはアルツハイマー病の根本的な原因とされているアミロイドβプラークを18ヶ月で59~71%も減少させるようです。

アルツハイマーは突然なるというわけではく、10年から20年前から脳内にアミロイドβというタンパク質が蓄積され始め、徐々に進行していくという説があり、このアデュカヌマブはその原因物質であるアミロイドβを減らしてくれるようです。

そしてこれから日本でも使われる可能性はありますが、今のところ問題はその価格です。

4週に1回の点滴を1年半、1回の点滴の費用は47万円、うーん、名前も難しいし、使うのも難しい。

今のところ推定で認知症は602万人くらい、2025年には700万人くらいになり、65歳以上の5人に1人は認知症になるのではないかと言われています。

そして認知症の一歩手前の状態を軽度認知障害 MCI (Mild Cognitive Impairment) 呼んでいます。

軽度認知障害とは「認知障害」はあるものの、日常生活において周囲に影響を及ぼすほどの支障をきたしているか、そうでないかが認知症と違いになります。

具体的に言うと、少し前に聞いたことを忘れて何度も確認を繰り返すことや、最近の大きなニュースの内容の記憶があいまいだったりする、なんていうことがあるようです。

こういう軽度認知障害の状態を放置すると5年間で約50%の人が認知症を発症するといわれていますから、認知症の予防にはやはり軽度認知障害の時からの心掛けが必要なんだと思います。

 

『 平均年齢 』

国立社会保障・人口問題研究所の『2018年の都道府県別人口の平均年齢、中位数年齢及び年齢構造指数』によると日本人の平均年齢は47.2歳、そして中位年齢(0歳から順にならべてちょうど中心になる年齢)が47.9歳。

世界の平均年齢が30歳で、日本は平均年齢においても世界で1番になるようです。

100年前と比べて、人生の時間は倍になりました。

人生をもうひとつもらえると思えば、もう何歳だからこうしなきゃいけないとか、こんな歳してみっともないとか、そんなことを言っている時代は終わったのかもしれません。

年齢や偏見に縛られない時代を歓迎する反面、長く働くことを考えると、健康寿命を延ばすことの意味も今まで以上に大切になると感じています。

そして歳を重ねるごと、その人にしか出来ない仕事がたくさん生まれてくるはずですし、仕事という概念にとらわれないようなものも生まれてくるのではないかと思います。ちゃんとちゃんとの学校で取り組んでいる100歳図書館もそんな可能性を秘めていると思っています。

長生きなら、やっぱり楽しみながら生活する環境づくりも工夫も必要だと思います。

 

 

「 残念だけど嫌なことは大人になってもどこに行っても必ずあるよ。

つらいときにつらいって考えるのは誰でもできるから、そんなときは逆に楽しむしかないよ。

周りや誰かに期待したって変わらない時は変わらないけど自分だけは変えられるから、今が嫌ならいろいろ試してみりゃいいんじゃない?」

子どもにはそんな手紙を書きました。

お金を出しても買えない肩書きであり、いつまでもなくならない肩書きが”父親”なのかもしれません。

マクロファージのように頑張らないと。