『 未来はみないで 』

デフォルト・モード・ネットワーク(DMN)とはボーっとしているときに動いている脳のネットワークのことです。

無意識にぼんやりと過去のことを思いだしたり、未来のことを想像したりする活動のことで、ボーっとしていることは過去の記憶の整理や未来予測などに役立っているようです。

「ボーっと生きてんじゃねーよ!」と5歳児に怒られる必要はないわけです。

ただこれが過剰になると不安感が強くなったり、起こるかどうか分からないことまで心配したりして、精神疾患の原因にもなるようですからそのあたりが難しいところです。

ちょうどいいのがちょうどいいということでしょうか。

そんなデフォルト・モード・ネットワークの中、シーズン3のことを考えています。

 

『 劫 』

劫(こう)とは仏教などインド哲学の用語で、極めて長い宇宙論的な時間の単位のことなんだそうで、よく使う「年の功」とは元々は「年の劫」と書いていたと言われています。

長い人生では誰もが様々なことを経験して生きていますが、その経験の中にはたくさんの記憶があります。

美味しいものを食べたという記憶であれば、それはその味だけではなく食べた場所や香りや盛り付けられた器、一緒に食べた人やその人と交わした会話なんかも一緒に覚えていると思います。

記憶は見たものや聞いたもの、匂いや肌触り、そのときの天候だったり、そのときの感情などの”情報のかたまり”で全く同じ体験をしたとしても、どの記憶が長くとどまるかは人によって違います。

長く生きれば生きるほどたくさんの経験をするわけですから、全てを記憶に留めておくことは出来ません。

やはりその人が大切にするものが長く記憶として残るんじゃないでしょうか。

あらゆる動物が記憶をもとにして危険から身を守るように、人間の場合は記憶が身を守ることだけではなく、長い時間をかけて”その人らしさ”をつくっていくんだと思います。

 

 

久しぶりに実家に帰ったときのことです。

母親が某うどんチェーン店の対応に怒っていました。それは持ち帰りの天ぷらに異物が入っていてそれを持っていったら、散々待たされた後に商品券を渡されたというのです。

母親は「私は商品券が欲しくて来たんじゃない、きちんと謝ってくれたらよかったのに」と商品券を受け取らず帰ってきたと言っていました。そしてもう二度とあんな店にはいかないと怒っていた母親を見て、私はなぜか嬉しく思いました。

それが母親らしいと思ったからかもしれません。

 

『 最も個人的なこと 』

ついこの前に行われた第92回アカデミー賞で『パラサイト 半地下の家族』が脚本賞、国際長編映画賞、監督賞、作品賞と4つのオスカーを獲得しました。

「本当にありがとうございます。私が映画の勉強をしていた時に、本で読んだ言葉で、今も大切にしている言葉があります。『最も個人的なことは、最もクリエイティブなことだ』という言葉です。これは、マーティン・スコセッシの言葉でした。私は、彼の映画を見て勉強したんです。一緒に監督賞にノミネートされただけで嬉しい」

というポン・ジュノ監督のスピーチに感動しました。

そして『最も個人的なことは、最もクリエイティブなことだ』という部分は、確かに確かにと強く共感しました。

 

『 未来はみないで 』

ちゃんとちゃんとの学校で昨年開催した『100歳図書館』という企画があります。

人生最高の1枚の写真を選び、自分だけのストーリーを語り、そして対話する『100歳図書館』はちゃんとちゃんとの学校らしさが全て詰まった内容でした。

そしてマーティン・スコセッシがいうところの『最も個人的なことは、最もクリエイティブなことだ』ということを感じた企画でもありました。

ありがたいことに長く生きていける時代になりました。

そしてその分たくさんの記憶があり、その中には誰かを勇気づけるような、生きていくエネルギーを与えてくれるような、とても個人的な、とてもクリエイティブな、どこにも売っていないストーリーがあるはずです。

ちゃんとちゃんとの学校では今年、シニアのジリツを支援する『100歳図書館』のような企画や、クリエイティブなシニアが”歳を重ねることの新たな価値”をつくるような、そんな素晴らしい授業をもっと多くの場所で開催していけたらと思っています。

そして運営側に入って一緒に活動してくれる仲間を募集しようと思っています。

これからは「ウルトラス」という名前にして、それぞれがちゃんとちゃんとの学校のリーダーとして、新しいちゃんとちゃんとの学校をつくっていけたらとシーズン3は思っています。

 

考えてもどうにもならないことや、あまりにも大きな問題を前にすると、何をしてもどうせ変わらないからと思考が停止することがあります。

何も考えないほうが幸せだという考え方も間違えではないのかも知れません。

でも考えることから逃げてばかりではいけないわけで、やっぱりできることからひとつひとつ取り組んでいくしかないと思います。

ここんところ宙ぶらりんで全然出来ていない自分にがっかりしながら、未来を見るためにはしっかり今を見ることが大切なんだと痛感しています。

とにかく新たなスタートです、ぜひ気軽にちゃんとちゃんとの学校の職員室までお越し下さい。

『 ウルトラス 』

「恵みの雨さえも誰かの傷を打つ」

と桑田佳祐の歌にそんな歌詞がありました、誰かにとって嬉しいことも他の誰かにとってはそうでない場合があります。

新型コロナウイルスの話題で持ちきりですが、これはどう考えても感染を防ぐことがまず第一なわけですが、それによって経済が停滞することや、また隔離することによる人権的な問題など、なんだかんだと色々な意見があるようです。

まあそれぞれに言い分があり、それぞれに正義がありそうですが死んだらおしまいです。

 

『 2月 』

節分といえば「2月3日」と思いがちですが実は年によって違うようです。そして来年の節分は2月2日になるんだそうです。

そもそも節分とは何なのか?「春夏秋冬」をより細かく分けた「二十四節期」というものがあります。

その中にある冬の終わりである「大寒」の最終日、そして春の始まりである「立春」の前日、つまり冬の終わりであり明日から春という日が節分です。

「立春」の日は決まった太陽の位置があり、太陽がその位置に来た日が「立春」になるんだそうです。ということでその前日になる節分は必ずしも2月3日というわけではないようです。

そんな春のスタート直前の「節分」のタイミングでちゃんとちゃんとの学校の2020年がいつもどおりに、のそっとゆるくスタートしました。

 

『 職員室 』

年末にアーツ千代田で開催した「ちゃんとちゃんとの学校の学園祭」が終わってから、今年の活動について幸田さんと何回か話をしました。

昨年からスタートしたシニア支援の社会人クラス(講演会・多古町おっちゃんMAP)や、シニアクラス(100歳図書館・ウォーキング)、フードクラス(シニアの低栄養対策のフード開発)などの魅力的な企画をどうやって進めて行くのか?

また今までのような立ち上げメンバー3人が中心に進めていく体制では昨年以上のことは出来ないのではないか?

と、まあいつものようにとりとめもない話をしまして、なんとなくですがぼんやりと今年の方向性みたいなものが見えてきました。

そして今年はより幅広い方々に、企画段階からより深く運営に関わってもらえるようにしようということで、普段は事務局だけでしているちゃんとちゃんとの学校の「職員室」を開くことになりました。

 

『 ウルトラス 』

2月3日に学園祭で使用したアーツ千代田にて、ずいぶん遅くなった新年会も兼ねたちゃんとちゃんとの学校『開け、職員室』を開催しました。

ちゃんとちゃんとの学校のサポーターの皆さまがそれぞれ美味しそうな差し入れを持って来ていただき、和気藹々と始まりました。

それぞれの近況報告などをすましたあと、幸田さんから昨年までの活動、そして報告がありました。

まずは従来のプロジェクトリーダーのような形を一旦廃止して、よりフラットな体制にしようかという話がありました。

そしてプロジェクトの主旨を理解いただいた方々の中から、できる方には運営側に入ってちゃんとちゃんとの学校をより中心になって動かしていってもらいたい、ということを私達からお伝えしました。

サッカーではより熱狂的なサポーターをウルトラス(ULTRAS)と呼びます。

ちゃんとちゃんとの学校ではシニアを支援する従来のサポーターと合わせて、今年からちゃんとちゃんとの学校の運営をサポートしていただける「ウルトラス」を集めて、一緒にちゃんとちゃんとの学校をつくっていけたらと思っています。

そして昨年から「一緒に何かをやってみたい」と何人かの方からありがたい言葉をいただいています。

そういう方々とともに幸田さんも三谷さんも私も今年からウルトラスになります。

 

今まで通りでは昨年までと同じ場所にしかたどり着かないので、次の場所に行くためにちゃんとちゃんとの学校は体制を変えていくことにしました。

そして誰もが気軽に関わってもらえるようにいつでも職員室は開いています。

詳しくはまたお知らせしますが、私たちは「シニアの3つのジリツ」を中心に”年齢を重ねることの価値”を表現できるような授業を今年もチャレンジしていきたいと考えています。

そしてあくまでシニアが主役になるようなちゃんとちゃんとの学校でありたいと思います。

 

『 くらす 』

ずいぶん前に死んじゃったじいちゃんの家は兵庫県の神崎郡という田舎にありました。

田んぼばっかりの神崎郡には「広納」というかなり珍しい苗字がたくさんあり、お墓参りで墓石を見ると広納ばかりでびっくりしたことを覚えています。

6人兄弟の家族が集まるお正月は賑やかで、食事のときには3つ並べたコタツに大勢が足を突っ込んで座るのもんですから、足を入れるだけで大変で、コタツの中は誰のかわからない足でヤマタノオロチのようでした。

そんな状態で餅だらけの、汁のほとんどないお雑煮を必死に食べていました。

慌ただしい平民達を尻目にして、誕生日席みたいな場所にだけ赤い座椅子があり、じいちゃんがゴッドファーザーみたいに座っていたのを覚えています。


お年玉は欲しいけど人見知りでたくさんの人がいる場所が苦手でしたが、なぜかじいちゃんは好きでした。

孫にも厳しいばあちゃんと違って甘々なじいちゃんは釣りを教えてくれたり、凧揚げの絡まった糸を気長に丁寧になおしてくれたり、まあ優しい人でした。

今の家と比べると、大きな土間があったりトイレが流れていなかったり違いがありますし、何より家族が多いということが大きな違いだと思います。

 

『 空き家問題 』

846万戸、これは全国の空き家数(平成30年度財務省住宅・土地統計調査より)で住宅総数の13.6%にあたります。そして「空き家数」と「空き家率」は共に過去最高になんだそうです。

あれだけ賑やかだったじいちゃんの家もここに含まれています。

空き家率を都道府県別で見ると、最も高いのは山梨の21.3%ですから5軒に1軒は空き家ということになります。
 
 
 
 
新築がどんどん建てられる反面、住む人がいなくなった住宅の解体・流通が進んでいないことが原因だと言われていますが、やはり少子高齢化と人口減少の問題が大きく関わっています。
 
 
 
 5年に1度行われる国勢調査によると毎年増えていた人口は、2015年から減り始めています。
1億2800万人だった2010年をピークに2015年には1億2700万人、2025年には1億2300万人に減ると予測され、ごく限られた都市部を除いてほとんどの市町村が減少するようです。
 
 
 
そして昨年末のクリスマスイブに厚生労働省から発表された人口動態統計によると、2019年に国内で生まれた日本人の子どもが86万4000人で過去最少だったようです。
一方で亡くなった方は137万6000人、生まれた数から死亡した数を引き算をするとマイナス51万2000人ですから、それは空き家も増えるはずです。
 
 
『 変わるくらし 』
 
上の子どもが好きだったのが「仮面ライダーダブル」です。その主人公の一人が今テレビで活躍しているあの菅田将暉で、他にも佐藤健も福士蒼汰も、元はといえば仮面ライダーです。
 
 
 
そんなわけで子ども向けの仮面ライダーにお母さん達も夢中です。
昔は変身ベルトだけ買っておけば1年はもったはずが、最近の仮面ライダーはまあ次から次へと新しい武器やアイテムが出てきて親は苦笑いしています。テレビ局もおもちゃ屋さんも大変です。
それもこれも子どもの数が減っているからです。
 
 
2002年から2017年に発生した廃校の数は全国で7583校(廃校施設等活用状況実態調査 文部科学省)になり、毎年300〜400近い数の学校が廃校しています。
また18歳以下の人口が減少期に入るという「2018年問題」も含め大学や予備校などにも大きな影響が出ていて、その影響は今後ますます増えていくわけですから大変です。
 
 
 
 
今はサザエさんや、うちのじいちゃんみたいな家庭は減りました、暮らしが変わり始めています。
 
シニア世代の暮らしも多様化してきています。
 
 
 
1963年に施行された「老人福祉法」によって特別養護老人ホームなどの整備が進められたようですが、当初それは住まいというよりは自立が困難な高齢者を受け入れる施設で、面倒をみることが難しくなった家族から隔離するような要素が強かったようです。
 
その後2000年に介護保険制度が導入され、また2011年には「サービス付き高齢者住宅」がはじまり、徐々に「施設」から「住まい」に変わり始めています。
 
 
 
要介護状態の方を対象にした施設にもいわゆる特養(特別養護老人ホーム)のような公的施設や介護付有料老人ホームのような民間施設、また自立した方向けの施設にも今話題のサ高住(サービス付き高齢者住宅)や高齢者向け賃貸住宅、公的な施設ではケアハウスなどがあげられます。
 
私もいくつかの介護施設に見学には行かせてもらったことがありますが、思っていたより清潔で思っていたより明るくて、想像していた高齢者施設のイメージとは全く違っていました。知っているようで知らないのが高齢者施設であり、高齢者の住まいなのかもしれません。
 
 
そして現在、今までのイメージを覆すような全く新しい高齢者の生活スタイルが色々と始まっているようなので、今年はそのあたりも『ちゃんとちゃんとの学校』シーズン3で学んでいけたらと考えています。
 
 
 
最近会ってない友達が「活き活きと生きる」から生活だと、そういえばよく言っていました。
 
 
 
生活は食べて、働いて、寝て、という日常生活はもちろんのこと、健康面や、趣味や勉強、自分がやりたいことが出来ることが“活き活き”と生きることにつながると思います。
 
 
 

そしてどこで誰とどのように過ごしていくのかも、大きなテーマだと思います。

昔の人に比べれば、2回分ほどの人生の時間はあるわけですから、もう歳だからなんていってないで、自分らしく「くらす」を探してみるのもいいかもしれません、もう一度生まれ変われると思って。