『 スタジアムに行こう 』

アメリカで最も不便な地域と言われている場所に、デッドホースポイント州立公園はあります。

昔はカウボーイが野生の馬をこの場所に追い込み自分の欲しい馬だけを選び、そして残された馬がたくさん死んだところからこんな名前がついたようです。

そんなデッドホースポイントの断崖絶壁にロッククライミングしている男の名前はイーサン・ハント、秘密諜報組織「IMF(Impossible Mission Force、不可能作戦部隊)」に所属するスパイです。そんなオープニングの映画は「ミッション・インポッシブル」です。

あのトム・クルーズの代表作ですが、このミッション・インポッシブルのシリーズではトム・クルーズがほぼスタントなしで危険なアクションをしていることでも知られています。

飛び立つ輸送機のドアにしがみつき、高さ828メートルのビルであるドバイのブルジュ・ハリファのビルの壁をよじ登る、そんな「ミッション・インポッシブル」とは名前の通り「不可能な任務」という意味です。

 

『 2025年問題 』

あと6年後に迫った2025年問題とは大阪で万博が行われることではなく、3人に1人が65歳以上になり、5人に1人が75歳以上になり、要介護が増え、認知症が10人に1人になり、年金制度や医療費や社会保障の限界がくることです。

イーサン・ハントみたいに不可能を可能にすることができればいいわけですが、残念ながらこれはミッション・インポッシブルよりもインポッシブルな問題で、また映画ではなくドキュメンタリーです。

そして2025年問題とは6年先の世界の全てではなく、ひとつの側面だとも思います。

 

『スタジアムへ行こう』

CDが売れない時代です、音楽が配信される時代になったこともありますが、昔みたいにミリオンセラー(100万枚)なんて音楽以外の目的のCDを除いては滅多にない気がします。

ただしライブやコンサートに足を運ぶ人はどんどん増えているようです。なかでも様々なアーティストが集まる”フェス”は毎年市場規模が大きくなり300億円にも迫る勢いです。

そこにはCDでは得ることが出来ない何かがあるのでしょうか?

私も昨年末に初めて音楽フェスに行きましたが、何組ものアーティストと雑多なオーディエンスがつくり出す空間と時間に価値があるのかもしれません。化学反応がおこる会場は毎回違う、一度たりとも同じ空間はない、そんな価値なんでしょうか?

みんなで夜通し歌を歌いながら踊りながら年を越す、なんだか原始時代に戻っている気さえします。

 

それは音楽フェスだけに限らずサッカーのスタジアムにもある気がします。

スペインのサッカーチーム、FCバルセロナとレアル・マドリードの戦いはエル・クラシコと呼ばれスペインだけではなく世界中のサッカーファンが注目する世紀の一戦です。

1939年のスペイン内戦後のフランコ独裁政権では、内戦でフランコに敵対したFCバルセロナがあるカタルーニャを徹底的に弾圧しました。政治的な弾圧だけではなく、カタルーニャの伝統的な音楽やカタルーニャ語まで禁止しました。

そんな中でカタルーニャ語の使用が唯一許された場所がバルセロナのスタジアムでした。それ以来FCバルセロナはカタルーニャの象徴となり、そしてフランコ政権になると首都となったマドリードはフランコ政権や中央政府を象徴とするチームとなり、そうしてレアル・マドリードとバルセロナの戦いはライバル以上の様々な感情がぶつかり合う戦いになりました。

 

クラシコだけではなく、サッカーのスタジアムが何故だか大好きです。

スタジアムには人生をかけて戦う選手や、それを応援するサポーター、運営に携わる数えきれない人がいて、そこにはサッカーを観ること以上の何かがある気がします。

テレビのほうが見やすいのかもしれませんが、そこに行くことによって何かが起こるんじゃないかという希望があるんだと思います。

 

『 ちゃんとちゃんと 』

ちゃんとちゃんとの学校はまだまだちっちゃいですが、スタジアムに似ています。

そこには毎回色々な人たちが集まり、まじめに話し合ったり、大人気なくふざけあったり、でもそこに行くと仕事では味わえない何かがあります。

あちらこちらで化学反応みたいなことがおこり、思ってもみないアイデアが出たり何か可能性を感じずにはいられないそんな魅力があります。答えのない問題にはこういうことが必要な気がします。

そんなスタジアムのようなちゃんとちゃんとの学校にぜひ遊びに来てもらいたいと思っています。

私はよく「遊びに来てください」と言います。そうすると中には「学校は学びに行く場所なのに」とも思われるかも知れません。

でも学校の魅力はそれだけじゃないと思います、学校は学ぶ場所でもあり遊びが学びにつながる場所でもあるのではないでしょうか?

ミッション・インポッシブルな2025年問題に対して、ちゃんとちゃんとの学校の皆さまと共に出来ることをスタートしませんか?

そんなちゃんとちゃんとの一年の総決算になるイベントがいよ12月15日に開催されます。初めて参加される方も大歓迎ですのでぜひ遊びにきてください。

あともし良ければ皆さまの人生で最高の一枚の写真もお持ちください。

 

 

◼️⬜︎◼️ちゃんとちゃんとの学校◼️⬜︎◼️

シニア支援プロジェクト『ちゃんとちゃんとの学校』では

シニアに関わる方々やシニア支援に興味がある方と共にシニア支援を学び交流する授業、そしてシニアの方向けの授業を有志の方々を中心に2016年からスタートしています。

12月15日にはアーツ千代田にて『ちゃんとちゃんとの学校の学園祭』を開催いたします。

当日の内容ですが。2019年の活動を紹介するアワードがあり、いま大注目の「RUN伴」さんからの特別授業、昔の写真を使った対話の授業「スペシャルバージョン100歳図書」、東京大学名誉教授の眞鍋昇先生も駆けつけていただくちゃんとちゃんとの学校の一年の締めくくりになる「ちゃんとちゃんとの学校学園祭」になります。

【日時場所】
東京
3331アーツ千代田 1Fコミュニティスペース
https://www.3331.jp/access/

東京都千代田区の旧錬成中学校の廃校活用施設であり、指定管理制度に頼らない官民連携モデルとして全国的にも有名な施設です。雰囲気はまさに学校そのもの。
駅はJR上野か秋葉原からも徒歩圏内です。地下鉄末広町駅からは徒歩すぐです。東京大学までも実は一駅区間です。

12月15日(日)
受付: 午前9:30 ※参加費2000円
開演: 午前10:00
第1部 10:00〜10:45 社会人クラス
認知症啓発活動 RUN伴の授業
https://runtomo.org/
第2部 10:45〜12:15 シニアクラス
100歳図書館 学園祭スペシャルバージョン
第3部 12:15〜12:45
ちゃんとちゃんとの学校アワード
※活動報告会

第4部 近くのお店で昼食交流会: 食事代別途
※希望者のみ
13:00~14:30

─────────────

どなたでも参加いただけますので、ぜひ皆さまのご参加お待ちしております。

 

 

 

『 大阪でちゃんとちゃんと 』

『 大阪初開催! 』

11月25日、初めて大阪でちゃんとちゃんとの学校を開催しました!

10月1日から大阪梅田駅と名前が変わった阪急電鉄の梅田駅は大阪の中心地です。その目の前にあるアクセス抜群のUMEDAIさんの会議室が大阪の「ちゃんとちゃんとの学校」の記念すべきスタートの会場です。

シニア支援に関心がある熱心な方々に集まっていただき、ゆる〜くまじめに始まった大阪での初めての授業は「ちゃんとちゃんとの学校」って何? という方々ばかりですので、まずは”ちゃんとちゃんと”を知っていただく、そんなところから始まりました。

 

『 はじめまして 』

幸田リョウ、三谷浩幸、広納真介の居酒屋での雑談から始まった「ちゃんとちゃんとの学校」は、2016年にスタートしたシニアのジリツを学ぶスクール型のコミュニティです。

現在もしくは過去にシニアに関わる仕事に携わっていた3人には色々な思いがあり、それぞれの言いたいことを言い合っている間に共通する問題点を感じました。

 

本当に高齢者のためになるものってあまり無いんじゃないか?、答えは分からないけどいまのままじゃダメな気がする、ということで異なる仕事の3人で始まったものが、このちゃんとちゃんとでした。

それはあまりにもぼんやりとした、あまりにも大人らしくない、青いスタートでした。

 

やりますと立ち上げたものの、忙しい仕事を言い訳にしながら時間が経過し、それでもあっちにいったりこっちにいったりしながら、なんだか少しずつぼんやりしたものが見えてきたのは、スクール型のコミュニティを作り始めてからです。

 

それは一方的に先生が教える学校ではなく、シニア支援に関わる人達が共に学ぶスタイルです

そんなこんなで、シニア支援に関わる方や関心がある方が徐々に集まって参加してくれるようになりました。

もともと校舎もない学校が、いつのまにかまるで学校のような雰囲気になり、次第に増えてきた魅力的な人達が目をキラキラさせながら同じ目標のために頑張ってくれることは、大きな驚きと喜びでした。

 

『 スタート 』

そんなことから始まり、まさか大阪でもやることになるとは面白いもんだなぁと思いながら、1時間目は私のほうから、いよいよあと6年となった日本人の3人に1人が65歳以上になるという「2025年問題」について説明させていただきました。

大きな時代の変わり目にいる私たちにとって高齢化の問題は誰にでも関わることがある、決して遠くはない身近な問題だと思います。

そんな時代にサポーターの皆さまとつくってきた「ちゃんとちゃんとの学校」のこれまでの取り組みをお伝えさせていただきました。

 

そして休み時間をはさんで、2時間目はちゃんとちゃんとの学校で現在取り組んでいるフードプロジェクトについて三谷さんから説明してもらいました。

 

意外と知られてないことですが多くの高齢者の方は栄養が不足しています、シニアの低栄養の問題は介護予防に大きく関わる問題です。

これからますます長生きになる時代において”食”の大切さは今まで以上に重要だと、予防医学が進むアメリカでの要介護者が減っている事例や、自身が代表を務めるミタニホールディングスの普段の食事から無理なく栄養を補う「たべサプリ」の説明や、食べ物はやはり美味しくなければならないという話があり、とても面白く勉強になる内容でした。

三谷さんは親友でもありますが、こういうかたちで話を聞く機会が無かったので新鮮な気持ちで授業を聞かせてもらいました。

そして今年のフードプロジェクトの目玉は、シニアの低栄養対策になるフード開発をシニアに関わる人たちで作ろうという企画でした。

フードは手軽に使える「ふりかけ」に決まり、それからは原材料、栄養素やネーミング、レシピ、シニアの方により普及するためにはどうすればいいのか、などなどを日頃からシニアに接する機会が多いサポーターの皆さまに協力いただいて進めてきました。

ネーミングが「ふり活」に決まり、ラベルのデザインも出来上がってきた出来立てホヤホヤの発売前の商品を見ていただき、参加者の皆さまに食べていただきながら、斬新なたくさんのアイデアをいただきました。

味も大好評だったこのふりかけを、1日も早くシニアの方々に食べていただきたいという気持ちと、ちゃんとちゃんとの学校の皆さまの開発協力で作られた初の商品が出来たんだ、という感動もあった嬉しい初お披露目でした。

 

『 歳をとることの価値 』

私も兵庫県で生まれた関西人だからなのか、よくわからないですが大阪の人ってやっぱり落ち着くなぁと思いました。

また急遽来れなくなった幸田さんの穴を埋めるように、一生懸命にサポートしていただいた方々にも感謝の気持ちでいっぱいです。

 

ちゃんとちゃんとの学校で幸田さんがいないのは初めてのことで、いかに今までおんぶにだっこだったのかを痛感しました。これからちゃんとします。

とにもかくにも素晴らしい大阪のスタートをきれたことに感謝していますし、最後に3人で始めた頃のやりたかったことをお話させていただきました。

 

歳を取ることは、小さな文字が見えなくなることであり、物忘れが多くなることであり、シワが増え白髪が増え、走ったり飛び跳ねたり出来なくなることでもあります。そして介護や認知症が増えていく、

それは喜ばしいことではないかも知れません。

ただ同時にそれは歳をとることの一部分だけなのではないか?ということも強く感じていました。

年齢をとるからこその魅力や、たどり着くことができる場所があるのではないか?と、つまり歳をとることは悪いことばかりじゃないんじゃないかと。

 

若い頃がいいという考え方も分かりますが、それだとあまりにもいい時間が少ない、いまは人生100年時代です。

誰もが分かりやすい価値としてはお金だと思います、価値があるものにはそれ相応の値段がつきます。

歳をとることは素晴らしいこともあるんじゃないか、そこにいるだけでみんなが笑顔になる存在だったり、少し話をするだけで元気を与えてくれるお年寄りがいます。

そういう価値を誰もがわかる価値として表現できないだろか、そんなことをまだまだぼんやりながら、あの居酒屋の3人は考えていた気がします。

ひとりでは、ひとつの企業では出来ることは限られています、それを同じような気持ちをもった人たちと探していくことがこの学校の目的ではないかと思っています。

どうせなら「歳をとるのが楽しみ」と思えるような時代になれるように頑張ろうと、そんな気持ちになった大阪でのちゃんとちゃんとの学校でした。

お忙しい中、わざわざご参加いただいた皆さまには感謝の気持ちでいっぱいです。

またお会いできる日を楽しみにしています。

 

 

◼️⬜︎◼️ちゃんとちゃんとの学校◼️⬜︎◼️

シニア支援プロジェクト『ちゃんとちゃんとの学校』では

シニアに関わる方々やシニア支援に興味がある方と共にシニア支援を学び交流する授業、そしてシニアの方向けの授業を有志の方々を中心に2016年からスタートしています。

2019年は今回の大阪での初開催と、12月15日には急遽場所を変更してアーツ千代田にて『ちゃんとちゃんとの学校の学園祭』を開催いたします。

突然の場所と時間の変更になりまして、大変ご迷惑をおかけします。申し訳ありません。

 

当日の内容ですが。2019年の活動を紹介するアワードがあり、いま大注目の「RUN伴」さんからの特別授業、昔の写真を使った対話の授業「スペシャルバージョン100歳図書」、東京大学名誉教授の眞鍋昇先生も駆けつけていただくちゃんとちゃんとの学校の一年の締めくくりになる「ちゃんとちゃんとの学校学園祭」になります。

【日時場所】
東京
3331アーツ千代田 1Fコミュニティスペース
https://www.3331.jp/access/

東京都千代田区の旧錬成中学校の廃校活用施設であり、指定管理制度に頼らない官民連携モデルとして全国的にも有名な施設です。雰囲気はまさに学校そのもの。
駅はJR上野か秋葉原からも徒歩圏内です。地下鉄末広町駅からは徒歩すぐです。東京大学までも実は一駅区間です。

12月15日(日)
受付: 午前9:30 ※参加費2000円
開演: 午前10:00
第1部 10:00〜10:45 社会人クラス
認知症啓発活動 RUN伴の授業
https://runtomo.org/
第2部 10:45〜12:15 シニアクラス
100歳図書館 学園祭スペシャルバージョン
第3部 12:15〜12:45
ちゃんとちゃんとの学校アワード
※活動報告会

第4部 近くのお店で昼食交流会: 食事代別途
※希望者のみ
13:00~14:30

─────────────

どなたでも参加いただけますので、ぜひ皆さまのご参加お待ちしております。

 

 

 

 

 

 

 

 

『 That’s Life 』

『That’s Life』直訳すると「それが人生さ」ですが、「仕方ないよ」とか「そういうこともあるさ」という意味だそうです。

「仕方ないよ」と言うより「それが人生さ」のほうがいい気がします。

 

 

大分に出張の夜、懐メロが流れる居酒屋で、70歳くらいの見知らぬ男性からなぜか熱燗をご馳走になり、なぜか生きていくために大切なことを教わりました。

「客が上だと思っちゃあいけないよ、いくらお金を払ったとしてもお酒をのませてもらっているという気持ちを忘れちゃあいけないよ、みんなおんなじ人間なんだから上とか下とかない、ハタチこえたらみんないっしょ…」

いつもならこういうとき、なんだかめんどくさい人につかまっちゃったなぁ、と思うところが、なぜだか身に染みてきました。熱燗にやられたのか?疲れていたからなのか?

それはそんな言葉がしっくりくる人だったからなのかもしれません。ビンテージジーンズみたいな顔のシワから滲みでるいいパワーみたいなものを感じました、同じ言葉を他の人が言ってもダメなんだろうなぁと思い、魅力的な酔っ払いに偶然出会う、これも人生だと思いました。

 

『 人生最後の… 』

最後の晩餐は何?そんな話題になることがありますが、あれは困ります。1食とは言わずにせめて最後の晩餐は1週間分くらいのメニューは言わせてもらいたいもんです。

これが最後だと言われたら誰もが悩むはずです。

旅好きなら人生最後の旅はどこにするかを考えるはず、ミュージシャンなら最後のステージでは何を演奏したらいいか、最後の〇〇は、、考えるとキリがなさそうです。

 

2007年9月18日、ペンシルバニア州ピッツバーグにあるカーネギーメロン大学教授のランディ・パウシュ(Randy Pausch)は「最後の授業」を行いました。

もともとこの大学には「命を終える時に行う最後の授業」という仮定のもとに教授たちが講義をする「最後の授業」という名物講義があったようです。

膵臓がんで余命半年を宣告された47歳のランディ・パウシュが行った仮定ではない”最後の授業”は専門のコンピュータ・サイエンスではなく「子供のころの夢を実現させる方法」というテーマでした。

その授業で出てくる「レンガの壁」の話があります。

レンガの壁がそこにあるのには理由がある。
その壁は、あなたがどれだけ本気なのかを試している。壁は子供の頃の夢を本気でかなえたい人と、それほどでもない人とを隔てるためのものだ。という部分が僕は大好きです。

そしてこの授業の最後には

「じつはこの最後の授業はみなさんに向けたものではありません、本当は私の子供たちに宛てたものです。」

そうして終わった最後の授業は心に刺さる75分間でした。

 

当たり前に今日が終わり、明日が来ると勘違いしているときに、色々と考えさせられるこの最後の授業は、そんな勘違いしている私たちに色々と考えさせてくれる授業でもあります。

人生の最後はいつなのか、それは誰にもわかりません。

最後の時間は誰と過ごすのか?、残された人に何を伝えるのか?、限られた時間で本当にやるべきことは何なのか?そういうことを考える、これも人生だと思います。

 

『 練習のための練習 』

政府が年末に編成する2020年度の当初予算案で、介護の予防や自立支援に成果を上げた自治体に配分する交付金を、現在の2倍の400億円程度へ大幅に拡充させることになるようです。

認知症予防や要介護度の維持・改善に向けた取り組みを自治体間で競わせ、介護費の膨張を抑える狙いがあるというようなことでした。

 

介護費の抑制は大切ですが、ただしそれはゴールではないはずです。

スポーツでは練習を頑張っていてもそれが試合に結びつかないと意味がない、練習のために練習では意味がないとよくいいます。

それと同じで介護予防や要介護度の維持や改善、認知症予防はゴールではなく、その先には元気な高齢者の姿があり、さらにその先には元気な高齢者がエネルギーになる豊かな社会があるべきです。そういう社会がつくられたときに本当に介護費の抑制がある気がします。

うまくは言えません、そしてそんなゴールなんてどうだっていい、と言われるかもしれませんがお金をかけないようにするために、人に迷惑をかけないようにするために、そのために頑張りましょうというだけではうまくはいかないのではないでしょうか?

ちゃんとちゃんとの学校では、4年ほど前からシニアのジリツを応援するプロジェクトをスタートしてきました。そのゴールはシニアが活躍する豊かな社会であり、そのために必要な”3つのジリツ”ということを学校の柱にしています。

高齢者支援は、より幅広い人に参加してもらえるようにしなければならないと思っています。なるべく面白そうだなぁと思ってもらえるように、肩肘張らず加わっていただきたいのでゆる〜くやっています。

これからも楽しくゆるくシニアのジリツを皆さまと一緒に応援していきたいと思います。

 

『 お詫び 』

最後に12月15日に東京大学で開催予定だった『ちゃんとちゃんとの学園祭』は今年は急遽場所を変えての開催となりました。

東京大学での開催を楽しみにされていた皆さまには大変申し訳ない気持ちでいっぱいです。
本当に本当に申し訳ありません。

私達も一年の締めくくりにと楽しみにしていたのですが、どうしても開催が難しくなりまして急遽、場所を変更して開催することになりました。

また開催するからには、より良いものをつくっていこうと思いますのでご期待ください。

詳細は近々に発表させていただきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。

 

とにかく本当にごめんなさい。