『 ファーザー 』

メッシがやっと優勝しました。

所属チームのバルセロナではありとあらゆるタイトルを勝ち取ったメッシが、初めてアルゼンチン代表としてのタイトル、コパアメリカを獲得しました。

おそらく地球史上最高の選手であるメッシが、どれだけ活躍してもマラドーナを超えられないと言われている理由に代表チームとしての実績があります。ワールドカップをとったことがあるマラドーナとそうではないメッシ。

アルコールやドラッグに溺れ、めちゃくちゃだったマラドーナですが一方では権力に立ち向かう反逆児であり、常に貧しい人達の英雄でした。マラドーナと対照的な真面目で寡黙なメッシですが、お互いに認め合う関係だったようです。

マラドーナが昨年亡くなったとき、メッシはいつものようにゴールを決めて珍しくユニフォームを脱ぎました、その下に着ていたユニフォームはメッシがバルセロナの下部組織に入る前のユース時代に所属していたニューウェルズ・オールドボーイズのものでした。

それはかつてマラドーナがたった1年だけ在籍していチームであり、メッシがいまだに将来プレーするのが夢だというチームです。そして脱いだバルセロナの10番のユニフォームもかつてはマラドーナが着ていました。

近いようで近くないこの2人の関係は誰にも分からないですが、ライバルというよりはメッシはマラドーナを偉大な父親のように思っていたのかもしれません。

昨年亡くなったマラドーナのためにも、アルゼンチン国民とチームが団結し、コロナでめちゃくちゃになりながらも、無冠のメッシがブラジルサッカーの聖地マラカナンで宿敵ブラジル代表を破っての優勝は鳥肌ものでした。

同時期に開催されたユーロで優勝したイタリアと、コパアメリカで優勝したアルゼンチンが対戦するかもしれないと話題になっています。

「コパ・ディエゴ・マラドーナ」と名付けられたこの試合はマラドーナの第2の故郷、ナポリのマラドーナスタジアムで開催予定です。

 

そしてどうでもいいですが、メッシはタトゥーをかなり入れています。

皮膚の中に針で色を刺し入れていくタトゥーですが、その色素は体内のマクロファージが食べてその色素がマクロファージの中にとどまるから色がつき、マクロファージの寿命が長いから一度入れたタトゥーはなかなか消えないんだそうです。

ただし最近ではそれは少し違うことが分かってきました。実際にはマクロファージは寿命が長いわけではなく、死んだら色素を次の新しいマクロファージに受け渡しているようです。

まるで親から子へ引き継いでいるように。

 

『 ファーザー 』

出張ばかりで家にいないときに、子どもが不登校になったようです。おそらく僕がいてもたいして変わらないのだろうと、”長い人生そんなときもあるさ”といったら奥さんに怒られそうですが、そう思っています。

そして今子供に手紙を書いています。目の前でいうより手紙だから言えることや手紙だから伝えられることもある気がします。

書きながら、あ、こんな自分もいつの間にやら父親なんだと思っています。

そして父親ならこんな時なんて言うだろうと思ったりします。

父親は遊びの天才でした。賞味期限切れの大量の生卵をもらって来て子供達と一緒に石垣にぶつけたり、わけのわからないものを拾ってきたり買ってきたりして分解したりして子供向けのおもちゃをつくったり、いつも怒っている母親と違って、めったなことでは怒らない父親は自由な人でした。

父親で覚えていることは、小学生の頃に社会見学でゴミの回収を見に行ったときのことです。

「くさくても、絶対くさいと言わないように」と先生からは言われていたのに「くさい」と言ってえらい怒られたことがありました、だってくさかったからです。

そんな中父親だけは「それは間違いじゃない、くさいもんはくさいんだから、嘘つく必要はない。これからは”くさいのにありがとう”って言えばいい」と、なるほど、そうだなぁと子ども心に思ったことを覚えています。

あ、こんな書き方をしましたが、まだ死んでません。

おそらく父親なら学校に行かないことにも「どうでもええわ、生きてれば」と笑って終わりだと思います。

 

そして出張中の合間に観てやろうと思っている映画があります。アンソニー・ホプキンス主演の「ファーザー」です。

この作品で史上最高齢の83歳でアカデミー主演男優賞を受賞したアンソニー・ホプキンスは、まさか自分が受賞するとは思わず、受賞が発表された時には故郷のウェールズに帰りベッドで寝ていたようです。そして午前4時にたたき起こされたと話題になったりしていましたが、年老いて認知症を患った主人公の視点で 記憶や時間が混乱していく様子を描いているようです。

観たい映画が多いこの夏ですが、認知症の主人公、そして83歳のアカデミー主演男優賞が話題の『ファーザー』はぜひ観てみたいなぁと思います。

 

『 認知症 』

認知症は脳の病気や障害など様々な原因により認知機能が低下し、日常生活に支障が出る状態のことを指します。

その認知症の中で最も多いものがアルツハイマー型認知症です。

米国食品医薬局(FDA)が6月8日、アルツハイマー病(AD)の病理に作用する初めての、そして唯一の治療薬を承認したというニュースがありました。

アメリカの医薬品大手バイオジェンと日本のエーザイが共同開発した「ADUHELM」(一般名:アデュカヌマブ)です。アデュカヌマブはアルツハイマー病の根本的な原因とされているアミロイドβプラークを18ヶ月で59~71%も減少させるようです。

アルツハイマーは突然なるというわけではく、10年から20年前から脳内にアミロイドβというタンパク質が蓄積され始め、徐々に進行していくという説があり、このアデュカヌマブはその原因物質であるアミロイドβを減らしてくれるようです。

そしてこれから日本でも使われる可能性はありますが、今のところ問題はその価格です。

4週に1回の点滴を1年半、1回の点滴の費用は47万円、うーん、名前も難しいし、使うのも難しい。

今のところ推定で認知症は602万人くらい、2025年には700万人くらいになり、65歳以上の5人に1人は認知症になるのではないかと言われています。

そして認知症の一歩手前の状態を軽度認知障害 MCI (Mild Cognitive Impairment) 呼んでいます。

軽度認知障害とは「認知障害」はあるものの、日常生活において周囲に影響を及ぼすほどの支障をきたしているか、そうでないかが認知症と違いになります。

具体的に言うと、少し前に聞いたことを忘れて何度も確認を繰り返すことや、最近の大きなニュースの内容の記憶があいまいだったりする、なんていうことがあるようです。

こういう軽度認知障害の状態を放置すると5年間で約50%の人が認知症を発症するといわれていますから、認知症の予防にはやはり軽度認知障害の時からの心掛けが必要なんだと思います。

 

『 平均年齢 』

国立社会保障・人口問題研究所の『2018年の都道府県別人口の平均年齢、中位数年齢及び年齢構造指数』によると日本人の平均年齢は47.2歳、そして中位年齢(0歳から順にならべてちょうど中心になる年齢)が47.9歳。

世界の平均年齢が30歳で、日本は平均年齢においても世界で1番になるようです。

100年前と比べて、人生の時間は倍になりました。

人生をもうひとつもらえると思えば、もう何歳だからこうしなきゃいけないとか、こんな歳してみっともないとか、そんなことを言っている時代は終わったのかもしれません。

年齢や偏見に縛られない時代を歓迎する反面、長く働くことを考えると、健康寿命を延ばすことの意味も今まで以上に大切になると感じています。

そして歳を重ねるごと、その人にしか出来ない仕事がたくさん生まれてくるはずですし、仕事という概念にとらわれないようなものも生まれてくるのではないかと思います。ちゃんとちゃんとの学校で取り組んでいる100歳図書館もそんな可能性を秘めていると思っています。

長生きなら、やっぱり楽しみながら生活する環境づくりも工夫も必要だと思います。

 

 

「 残念だけど嫌なことは大人になってもどこに行っても必ずあるよ。

つらいときにつらいって考えるのは誰でもできるから、そんなときは逆に楽しむしかないよ。

周りや誰かに期待したって変わらない時は変わらないけど自分だけは変えられるから、今が嫌ならいろいろ試してみりゃいいんじゃない?」

子どもにはそんな手紙を書きました。

お金を出しても買えない肩書きであり、いつまでもなくならない肩書きが”父親”なのかもしれません。

マクロファージのように頑張らないと。

 

『 阿弥陀籤 』

「なんて書けばいいかなぁ?」

大きなクッションに寝転がりながらスマホを片手に聞いてくる中1の子供。

なんでも人種差別に関する作文を書いていて、最後のまとめのところで困っているようでした。

「思ったこと書けばいいんじゃない?」と言うと「いやいや、そういうのはいいからさぁ、具体的なやつ」と言われて「とにかく自分のまわりから出来ることをやっていくしかない、とか書けばいいんじゃない?」と答えたら

「そんな小学生みたいな文章書けない」

と寝たままの後ろ姿で言われました。

あとで出来上がりをこっそりと見ると

「人種差別はなくならない、1人の努力には限界がある。でもそれぞれが人種差別を学んで考えれば減らすことはできると思う。」

うーん、中学生の匂いがする。

そしてこちらは小学生みたいな文章を懲りずにまた、ゆる〜く書かせていただきたいと思っています。

 

『 阿弥陀籤 』

室町時代からある阿弥陀籤(あみだくじ)は、今のようなあみだくじではなかったんだそうです。

もとは博打のひとつだったようですが、真ん中から外に向かってクモの巣のように放射線状に人数分の線を書いていく、その形が阿弥陀如来の後光に似ていたことから”あみだくじ”と呼ばれるようになったと言われています。

土に木の枝であみだくじを書いたことは誰にでもあるんじゃなかと思いますが、このあみだくじは日本にしかなく、実際には平等ではないんだそうです。

一見平等のようなカタチをしながら、そこに平等は無く、でも目指しているような気になる、そんな阿弥陀籤がなんだか嫌いになれません。

 

『 誤算 』

ダラダラと過ごしているうちにいつの間にやらもう7月です。サッカー好きとしてはあまりいい選手が出ないオリンピックより、ヨーロッパ選手権やコパアメリカのほうが断然興味がありますが、いよいよ夢と希望の?オリンピックとパラリンピックが開幕します。

バブル時代の遺産のようなオリンピックはなんだか時代に合わなくなってきている気がします。

スポーツは大好きなので違うカタチのもっと時代に合ったものが、今回をきっかけにできるのかもしれないなぁと期待しています。

オリンピックだけではなく昨年からたくさんの誤算があふれています。

コロナがより時代の変化みたいなものを加速させているんじゃないかと思います。うそがつけない時代、ものを大切にする時代、邪魔だと思って捨ててきたものを拾っている時代、誰かがⅬサイズのピザを独り占めしてしまうようなことは長くは続けられないんだと思います。

 

下級国民は貧乏暇なしということであっちこっちにいく日々ですが、先日静岡に行く機会があり、偶然にもこの仕事を始めた当初からお世話になっている、またちゃんとちゃんとの立ち上げにも協力いただいた案納さんにお会いしました。

そして、かなり久しぶりに居酒屋に行きました。

健康居酒屋という名前が付いさたこのお店は、砂糖不使用、グルテンフリー、無添加、自家農園でとれた有機野菜など身体に良いこだわりの料理と、心に優しく身体には優しくない美味しい日本酒が出てくる、飴と鞭のような知る人ぞ知る名店なんだそうです。

トライアスロンをやっている感じが良くて格好いい店長さんが出してくれる料理はどれもが美味しく、お酒は当然のごとく美味しく、久しぶりに積もる話もあり楽しい時間を過ごさせてもらいました。

この仕事を始めたばかりのぽっと出の私に、たくさんのチャンスを与えてくれた案納さんは恩人であり、また仕事に対する考え方も尊敬できる方です。

シニア層の顧客に正しい栄養学や食の大切さをしっかり伝えていく、そして健康寿命を伸ばしていく、そういう活動を静岡で続けてこられている方です。

食事のアドバイスを通じて身体の不調が改善されたり、健康意識が上がることによってより体にいいものを”本物”を顧客が自然に選ぶようになる。まず商品の販売ありきではないこのやり方は理想でもありますが、今までは「綺麗ごとでは食っていけない」なんて言われていました。

まず売らなきゃならない、顧客や社会貢献より自社の利益を追求する、それが当たり前だった時代がまだあるのが実情ですが、もうこれは通用しない時代になってきたんだなぁ、と痛感しています。

 

案納さんにコロナの影響はありましたか?と聞いたら「コロナだから売り物のサプリメントをあげちゃいました、もし売ったら買わない人もいるから」と言われていました。さすがです、加速してました。

 

『 祭のあと 』

オリンピックが祭りになるかどうかはさておき、祭りの後には何が残るんだろうと考えるとあまりポジティブにはなれません。

経済的な大きな損失だったり、もちろんコロナがまた再拡大する可能性もあるし、それ以上にみんながオリンピックを素直に楽しめるんだろうかという疑問もあります。

7月現在では65歳以上の方々のワクチン接種が進み、少しの安心感と、またその副反応が話題になっていますが、それ以上にコロナの自粛によって高齢者はあまり外出しなくなったり、人と会わなくなったり、その副反応のほうが心配だったりします。

年金制度改革関連法が5月末に成立しました。

年金の受取は原則65歳からで、今は60~70歳から選ぶことができますが、来年の4月からは60~75歳の好きな時期から受け取り始めることができるようになるようです。

受け取り開始を遅らせる「繰り下げ受給」をすると、年金額は1カ月遅らせるごとに月0.7%ずつ増えるんだそうで、受け取り始めるのが70歳スタートだと65歳スタートに比べて毎月の年金額は42%増え、75歳から受け取りスタートすると84%増えるんだそうです。

長生きすればいいのは分かりますが、それまでは働かなきゃなりませんし、長生きできるかどうかは誰もわかりません。

なんて嫌な計算をしなきゃならないんだろう。

 

今にして思えばこのシニア支援プロジェクトを始めたのはなんとなく感じる違和感と、このままでいいわけないという危機感だったのかもしれません。

今さえよければいい、自分さえよければいい、この”さえ”はもう通用しないし、なにより長続きしない。

シニア支援プロジェクトはそのうえで真逆のことにチャレンジしようとしています。

終わりそうで終わらないシーズン3はいよいよ終わりが見えてきましたが、本当に素晴らしい方々のご協力で僕たちの考える今の時代にあったひとつのシニア支援のカタチができたような気がしています。また近々お知らせさせていただきますね。

 

20年ぐらい前に一緒に働いていた仲間が退社するときに、新たなチャレンジをするというので、カッコつけていい言葉を送りたいと考えたんですが、やっぱり思いつかず、持っていたスポーツバッグに書いていた言葉を送りました。

最近柄にもなく漠然と悩んでいました。そして、たまたまこの言葉を見かけて、20年ぶりのブーメランが刺さりました。

あみだくじみたいに、決して平等ではないのが世の中なんだと思いますし、おそらく問題はいつの時代もなくならないんだと思います、でも減らすこともできるんだとも思います。

そのためには考えて、挑戦して、失敗して、それを続けていくしかないのかもしれません。

 

…やっぱり小学生みたいだ。

 

 

『 ホモ・ルーデンス 』

勘がいいのか頭が悪いのか、考えるより直感を信じたほうがうまくいきます。

その日は何故だかうまくいく予感がして、家を出るときに子供たちに「今日ゲットしてくるから」と言いました。

よくわからない直感は当たりました。

仕事終わりに寄ったヨドバシカメラで、昨年からずっと手に入らなかったプレイステーション5をついに手に入れました。

そして久しぶりに子供たちのヒーローになりました。

なんだ、たかがゲームの話かと思われるかもしれないですが、ゲームのような別に無くても困らないと思われている “遊び” が大切なんじゃないかと思うのです。

 

『 ホモ・ルーデンス 』

“Felis silvestris catus”と書いてあっても意味も読み方も分かりませんが、これは学名でネコのことなんだそうです。

そして人類を学名で呼ぶと、ホモ・サピエンス(Homo sapiens)です。

ラテン語で「ホモ」は人で「サピエンス」は英知、つまり「賢い人間」という意味なんだそうですが、そうすると僕はホモ・サピエンスじゃないのかもしれません。

一方オランダの歴史家ヨハン・ホイジンガは人間をホモ・ルーデンス(Homo ludens)と呼びました。同じく「ホモ」は人で「ルーデンス」は遊戯、つまり「遊ぶ人間」です。

ああ、自分はこっちだなぁ、間違いなく。

ヨハン・ホイジンガはあらゆる文化は遊びから始まっていて、人間の本質は遊びで、それが日々の生活に意味を与えるのではないかという考え方や人間観を ”ホモ・ルーデンス” という言葉で表現しました。

たしかに最初は遊びから始まることばかりだと、言われてみるとそう思います。

言われて無理にやらされている勉強と、言われなくても自ら進んでやる遊びとを比べたら、やっぱりホモ・サピエンスである前にホモ・ルーデンスなんだと思います。

ヨハン・ホイジンガの考え方に影響されたフランスの社会学者ロジェ・カイヨワは著書『遊びと人間』の中で遊びの定義を6つの活動として紹介しています。

①自由な活動

②隔離された活動

③未確定の活動

④非生産的活動

⑤規則のある活動

⑥虚構の活動

こう書いてあると難しそうですが、結局人は意味のないことが好きで、それがなくなったら、人間らしくはいられないんじゃないかとも思います。

 

『 Gamer Grandma 』

森浜子さんは『 最高齢のゲーム動画投稿YouTuber 』としてギネス世界記録に認定されています。

91歳になる森浜子さんは51歳の頃からTVゲームをはじめて、40年のゲーム歴をもつ超ベテランのゲーマーです。

Gamer GrandmaというYouTubeチャンネルを2014年には開設し、バイオハザードや荒野行動などを楽しんでいる動画をアップしています。

最初は ”おふざけ” で始めたというこのGamer Grandmaは日本だけではなく世界中からも注目されていて、現時点でなんと登録者数50.3万人にもなる大人気チャンネルです。

「一人でプレイしているだけではもったいない」「自身も動画をアップすることでゲームの楽しさをより多くの人と共有できるのではないか」「もっと面白くなるのではないか」という思いから始めたこのGamer Grandmaはコロナで外出を控えている高齢者の方に、こんな楽しみ方もあるんだよと教えてくれているような気がします。

またWikipediaによると2020年時点でゲーム機としてファミコン、ディスクシステム、スーパーファミコン、PCエンジン、PCエンジンDuo-RX、プレイステーション、NINTENDO64、PS4、パソコンを所持していて、ゲーム時間は1日に3〜4時間までと決めているんだそうです。

 

『 遊びから 』

そもそもスポーツも遊びから始まっているわけですが、次第にそれを忘れてしまいがちです。

好きで始めたことがいつのまにかやらなきゃならない義務になっていく、プロのスポーツなら仕方はないと言われたらそうなのかもしれないですが、遊びの要素が失われていくことは本来のスポーツの魅力も失われていくことになるのではないでしょうか

スポーツは本来遊びであって、そこに遊び以外の意味をどんどんつけ過ぎてしまうことは良くないことかもしれません。遊びのはずのスポーツを商業的にしすぎることはどこかにしわ寄せがくるんだと思います。オリンピックだって、大坂なおみ選手だって、、、

 

ちゃんとちゃんとの学校で100歳図書館のお手伝いをしてもらっている村岡さんは、自身がお勤めになっている株式会社シールズで顧客管理システムに関わるお仕事をされています。

シニア層の顧客が多い村岡さんの会社では、今までお知らせなどをDMにてお伝えしていたようですが、代わりにLINEでお知らせなどを送るように変え始めているようです。

業務の手間やハガキ代のコストを削減だけるだけでなく、これからの時代は少しでも紙を使用する機会を減らすことは環境に配慮するうえでも必要です。

ただ現実はそう簡単にはいかなかったようで、シニア層の方が慣れないスマホを使ってLINEを使えるようになるまでには、丁寧に何回も使い方を説明したりすることの繰り返しで、思っていた以上に大変なこともあったみたいです。

ただそんな作業を繰り返す中でシニアの方がどこでつまづいているのかが分ったり、また村岡さんは仕事の合間にメーカーや機種ごとによって異なるスマホの使い方を勉強したり、学校に通ったりしながらスマホを使えるシニア層の方を増やしています。

そんな村岡さんが心掛けていることも “遊び” なんだそうです。

LINEでお知らせを送るだけではなくクイズを出したり、様々な遊びの要素を取り入れているようです。

「まずはスマホやLINEの楽しさを知ってもらいたいんです、それに遊びだと思ってもらったほうがよりスマホを気楽に使っていただけますし、便利なことや得することもたくさんあります。」とよく話をしてくれます。

最近だとワクチンの予約の取り方が分からないというお声が多かったので、わかりやすく丁寧に書いた説明をLINEで送ったり、また小さな文字が見づらいというお声に対しては太く大きな文字で文章をつくったりして、よりスマホを身近に感じていただける努力をしているようです。

これはなかなか出来ない凄いことをやっている気がします。

そして現在LINEの会員数は1200名をこえているようですから、さすがです。

 

コロナでステイホームの時期には誰かに会って話をしたりするような、いつもの日常が奪われました。

そんなときわたしたちはメールやLINEをしたり、SNSで繋がったり、無意識に少しでもその空いた穴を塞ぐようにしていたと思います。

スマホやパソコンを使わないようなシニアの方の中には、誰とも合わずにずっと自宅にいた方も多くいたと思います。

一人暮らしの方はどんなに心細くて寂しかったのだろうと思ってしまいます。そんなときにスマホはポッカリと空いた穴を少しは埋めてくれるのかもしれません。

もし1日しか生きれないと言われたら、誰もが自分の好きなことをやるのではないでしょうか。

ただしそれを毎日続けるとしたら、好きなことをやり続けることは一見簡単そうで難しいことだと思います。

でもそれが遊びだと思えばできる気がしてくるから不思議です。

「遊んでばっかりいないで勉強しなさい!」と何万回も言われた記憶があります。

どうしても遊びはダメなことだと思われがちですが、遊びが無ければ文化が出来なかったとするならば、遊びがすべてとは言わないまでも遊びこそ生活に欠かせないものではないでしょうか。

やらされているより、楽しくて自然とやってしまうようなシニア支援が理想です。

そんな苦もなく続けられる、遊びのようなちゃんとちゃんとの学校でありたいもんです。