『年末の風物詩「餅つき」が危ない!』

先日、近所の町内会で行われた餅つきに参加してきました。毎年年の瀬に行われる餅つき、これに参加することで、いよいよ年末だなという思いと、大掃除急がなきゃという軽い焦りを感じます。

こうした年末の風物詩でもある餅つきですが、今年は餅つきを中止した自治体が結構あるとか。

中止した理由は「集団食中毒の可能性があるから」だそうですね。特に今年はノロウイルスの感染が猛威をふるっていることもあり、やむ得ず中止したところが多いようです。

確かに過去、餅つき大会を通じてノロウイルスに感染したという報告がいくつか見受けられます。

「食中毒」と聞くと、高温多湿の時期に多いというイメージがありますが、厚生労働省の統計によると、発生件数は1月がダントツで多いのです。

食中毒にはいくつかの原因がありますが、そのほとんどは「ウイルス性」か「細菌性」の二通りです。細菌は高温多湿を好むため夏の時期に、一方低温や乾燥した環境でも長く生きる事のできるウイルスは、冬を好むために冬に発生しやすいのです。中でもノロウイルスは感染力が強いため、感染が拡大しやすく発生件数が他の食中毒よりも多くなります。

餅つきで集団食中毒のリスクをあげるのは、多数の人たちが作業に関わることや、手で触れる機会が多いことが原因だとされています。

こうした理由を考えると、中止する自治体が出てきても仕方がないのかなと思う反面、昔ながらの伝統行事が減ってしまうという事に寂しさを感じずにもいられません。

食中毒のリスクへの認識と、衛生管理を徹底すること、また対策をしっかりとすることで、できるだけ餅つきが中止されないであってほしいなと思います。

餅つきで食中毒の事を心配する人も多いですが、餅にはもう一つ気を付けなければならないことがあります。

それが、餅による「窒息」です。

先日参加させていただいた、高知で行われた眞鍋昇先生(東京大学名誉教授)の講演会の中で、「我が国で殺傷力が一番強い食品は何でしょうか?」という質問が出されました。

その答えが「餅」なのです。

不慮の窒息による死亡者数は12月~2月に多く、その数は一カ月1000人を超えます。そして窒息による死亡者の8~9割は65歳以上の高齢者が占めています。

餅を食べる機会が増えるお正月、こうした窒息事故が多発しますので、餅を食べる際には十分気を付けていただきたいと思います!

 

さて、今年も残すところあと3日となりました。

今年誕生したばかりのCHANT CHANTプロジェクト。まだまだ活動範囲が狭く、至らない部分も多い中、たくさんの皆様のご協力と助けを頂きながら、この一年運営させていただくことができました。

来年、当プロジェクトでは、シニアの皆様が今よりさらに元気で快適な生活を送れるよう、様々な企画をご提案させていただく予定ですのでご期待下さい!

本年中の御愛顧に心より御礼申し上げますとともに、来年も変わらぬお引き立てのほど宜しくお願い申し上げます。

どうぞ皆様良いお年をお迎え下さい!

 

『素晴らしい講演会』

12月21日、高知県立県民文化ホールにてミタニホールディングスさんの創業15周年記念の特別講演会が東京大学名誉教授の眞鍋昇先生をお迎えして行われました。chantchantプロジェクトも協賛させていただいたイベントは健康に関心のある多くの方々にお集まりいただきました。

 

眞鍋昇先生のお話は、非常にわかりやすくなかなかテレビなどでは聞くことが出来ない内容もあり、あっという間の時間でした。

img_7597

 

 

 

 

 

 

なぜ人は食べるのか?

何気なく食べている食事の大切さを改めて感じる内容で1人でも多くの人に聞いていただきたいと強く思った素晴らしい講演会でした。

img_7595

 

 

 

 

 

 

講演終了後、高知空港の出発ロビーで伊丹行きの飛行機を待っている間のことです。

「私の周りには、健康の話を聞いたり学びたいという方々が多いのですが、”どこに行けば教えてくれるのでしょうか?”とよく言われることがあります」と私が話すと、先生から「学校では国語、算数、理科、社会、、と授業があるのに健康という授業がない。世界中の国が経験したことのない超高齢社会を進む日本ではそういうことも考えていく必要があるのではないでしょうか」というお話があり、まさにその通りだと思いました。

 

今回の眞鍋先生の講演会を企画されたミタニホールディングスさんは「毎日食べるものから健康に」をテーマに安心・安全な食材の提供、医療向け製品の取り扱いをされているだけでなく、健康づくりのお手伝いが出来るようなエステサロンや飲食店など幅広い事業を展開されている企業です。

創業15周年のイベントを講演会にしたのはミタニホールディングス代表の三谷社長の考えだったようで、地元の高知県の方々に大学に行かないと聞くことが出来ないような講演会を体験していただきたい、そして取引先の方々に会社の考え方を知ってもらいたいという気持ちがあったとお聞きしました。

img_7590

世界に先駆けて超高齢社会に直面している現在、少しでも長く健康でいれるように一人一人が取り組んでいくことはとても大切なことだと思います。そしてそういう方々を応援したいという、眞鍋先生やミタニホールディングスさんの想いが伝わってくるとても意義のある講演会だったと思います。

chantchantプロジェクトでは今回のような素晴らしい講演会のようなイベントを、もっと増やしていきたいと考えています。

 

 

『丈夫な歯が健康を作る』

先日お会いしたシニア女性、長谷部さんのお話です。長谷部さん、年齢は90歳になられます。90歳とは思えない程お元気で、なんと未だに現役で家政婦の仕事をこなしているそうです。

家政婦の仕事は結構な重労働でもあります。どうするとそんなに健康で若々しさを保てるのか、毎度のことながら長谷部さんにも恒例の質問をしてみることに。

「健康の秘訣は何ですか?」

すると、驚きの答えが返ってきました。

「歯が丈夫だからだと思うのよね」

なんと長谷部さん、90歳でいながらにして、治療箇所はあるものの全て歯は自前だそうなんです!昨年度は「いい歯の日(11月8日)」に表彰もされたそうです。

※いい歯の日表彰:80歳以上になっても自分の歯を20本以上保てている健康な人を表彰

「歯が丈夫だから、固いものでも何でも食べられるの。それが元気の秘訣だと思うのよ。」と長谷部さんはおっしゃっていました。

歯が丈夫だと健康が保てるという話を確かに聞いたことがあります。今回長谷部さんのお話を伺って、改めて歯は健康と大きく関係あるのだなと実感しました。

そこで今回は「歯」と「健康」についてを簡単にご紹介させていただきます。

6028956307_c38ac4bf16

Photo by  David Salafia

 

■歯と脳と足の関係

加齢とともに弱る足腰、そして脳の衰え。こうした足腰や脳の機能を保つためには、歯を丈夫にすることが大切です。歯を丈夫に保てないと、認知症のリスクは1.9倍、転倒リスクは2.5倍高くなるというデータが出ています。

物を噛むという行為は、同時に脳を刺激することがわかっています。噛んだ時の刺激は歯根にある歯根膜から脳に伝わり、その刺激は脳にある、運動・記憶・思考・感覚・意欲などを司っている部分の活性化に繋がるからです。歯がなくなると、噛めなくなるだけでなく、歯根膜もなくなってしまうので、脳への刺激が伝わらなくなるので、認知症リスクが高くなると言われています。

また、歯が残っていないと下顎がずれて前身のバランスが崩れることから、歩く速度が遅くなったり、歩くこと自体が少なくなり筋肉量がしだいに減少してしてしまうと言われています。

歯を健康に保つためには、咀嚼回数が重要です。何度も噛むことによって、唾液がしっかりと分泌され歯を守ってくれます。

子供の頃に「よく噛んで食べなさい」と言われた事はありませんか?これは、食べ過ぎ予防や消化に関する理由だけでなく、虫歯の予防や脳や運動能力の発達にも関係していたのです。

皆様も今ある歯を大切にするためにしっかり噛んで、認知症や足腰の衰えを防止できるよう心掛けてみてはいかがですか?

「日本を代表する食のプロによる講演会」

プロジェクトリーダーの広納です。

12/21、高知県立県民文化ホールにてミタニホールディングスさんの15周年企画『5年後も元気!健康になる最新、食の科学』が東京大学名誉教授の眞鍋昇先生をお迎えしてchantchantプロジェクト協賛で行われることになりました。

img_4355

講演をされる眞鍋昇先生はパスツール研究所、京都大学助教授、東京大学教授などを歴任。現在、大阪国際大学教授(学長補佐)、東京大学名誉教授、内閣府食品安全委員会専門委員でもある眞鍋先生の講演会はとにかく1人でも多くの方に是非聞いていただきたい素晴らしい講演です。

 

ミタニホールディングスさんは「毎日食べるものから健康に」をテーマに安心・安全な食材の提供、医療向け製品の取り扱いをされているだけでなく、健康作りのお手伝いが出来るようなエステサロンや飲食店など幅広い事業を展開されている企業です。そして代表の三谷社長はchantchantプロジェクトのアドバイザリーフェローとして応援していただいております。

 

眞鍋先生はとんでもなくすごい方ですが、とっても気さくでお会いすると気軽に楽しく話しけていただいたり、すごく優しい方だなぁと思います。そして正しいことを伝えていくことや、社会のためになるようなことにも取り組まれていて、話の内容も素晴らしいのですがそのお人柄に惹かれること間違いないです。是非講演会に来ていただいて眞鍋先生にお会いしていただきたい気持ちでいっぱいです。

 

そしてミタニホールディングスさんの三谷社長とは数少ない親友でもあります。三谷社長は高知から世界に目を向けて常に新しいことにチャレンジし続ける、会う度に刺激を受けるそういう存在です。

そして話をするといつも高知の自慢話がほとんどです。ただご縁があった人達に喜んでもらいたいというサービス精神の塊のような人なので、三谷社長の社員さんやお客様はみんな三谷社長のファンになるような人物です。

 

chantchantプロジェクトは今回この素晴らしい講演会のお手伝いをさせていただくことになりました。

是非一人でも多くの方にご参加いただいて、ご自身やご家族の健康について考えてみてはいかがでしょうか

 

 

 

 

 

『骨格を分析して自分に最適なシューズを選ぶ②』

前回の続きです。

広島市にあるフィールフィールド株式会社さんが行っている、骨格を測定しピッタリのシューズを選ぶ、「フィットファクター」を体験してきました。

近年、自分の足にフィットする靴をオーダーメードできる靴屋さんが増えていますよね。しかし、あくまでもオーダーメードの靴は、足の形状に合わせているだけで、その靴を履いて「歩き続けたらどうであるか」というところまでは細かくは測定しないことがほとんどだと思います。

フィールフィールドさんでは、「歩く(走る)」ことを考えて、靴を選ぶために、まずはその人の骨格を測定します。骨格を測定することにより、運動軸がわかり、そこからミッドソールやアウトソールの形状が算出されることにより、どのメーカーの靴を選ぶと良いかということを測定してくれます。

凄いです!

今回のイベントには、フィールフィールドの社長である鈴木学さんだけでなく、鈴木さんの活動に賛同されて様々な観点からご協力もされている、鈴木清和先生も来場されていました。

左:鈴木清和先生 右:鈴木学社長

左:鈴木清和先生 右:鈴木学社長

鈴木清和先生は、ランニングクリニック「スポーツマイスターズコア」を運営されており、多くのランナーたちのトレーナーとしても活躍され、各メディアにも出演されている有名な方でいらっしゃいます。

鈴木先生曰く、よく言う「体の歪み」というのは「骨格の崩れ」なのだそうです。崩れた骨格は、運動能力の低下だけでなく怪我の原因にもなってしまいます。また、一般的に言われている「正しいとされる走り方」は一つですが、鈴木先生がおっしゃるには、その人に合った正しい走り方というのは骨格によって違うのだと。自分の骨格に合った走り方をすることで、運動能力は上がり怪我も防げるとの事でした。

鈴木先生、お話がとても分かりやすく、ついつい話に引き込まれてしまいました。さらに、足、靴を見ただけで、骨格の崩れによる足の形状の変化などを瞬時に見極め、現在私の悩みである足底筋膜炎(痛いんです!)を解消するためには、どういった靴を履き、どういった歩き方をすればいいのかなど、的確なアドバイスをして下さいました。

仕事そっちのけで夢中です

仕事そっちのけで夢中です

こうした骨格に合った靴選びや体の動かし方を教えていただけることで、痛みが解消されるだけでなく、歩行困難だった方が歩ける様になったりという事例がたくさんあるのだそうです。

今回の鈴木学社長と鈴木先生との出会いは、チャントチャントプロジェクトとしては、とても有意義なものとなりました。快適なシニアライフを送るために、自分の足でしっかりと歩き続けるということはとても大切なことです。その大切な歩行を、こうした骨格診断を取り入れることでサポートできるのではないでしょうか。

フィードフィールド株式会社 鈴木学社長、スポーツマイスターズコア 鈴木清和先生、この度は貴重なお時間を頂きまして誠に有難うございました!

本日18:00まで、東京ビックサイト ファッションワールド東京で骨格診断の体験が受けられます!ご興味ある方は是非!

『骨格を分析して自分に最適なシューズを選ぶ』

近年、ウォーキングやランニングは、様々な健康効果があるとのことから、シニア世代だけでなく幅広い世代の人たちから人気を集めています。

ウォーキングやランニングは気軽に始められますが、実は正しいシューズ選び、そして正しいフォームで行わなければ、効果がないばかりか怪我の原因にもなるという事をご存知でしたか?

仕事でお会いするシニアの皆様にお話しを伺うと、意外と「痛み」を我慢しながらウォーキングをしていると言う声が多く聞かれます。しかし、自分にとってどんなシューズが適していて、どんなフォームで行うことが正しいのかがわかりませんよね。

実は、このようなシューズ選びやフォームの悩みを解決してくれる会社があるのです。

広島市中区にある「フィールフィールド株式会社」さんです。こちらの会社は、日本で唯一のパフォーマンス向上のための骨格診断サービスを行ってくれる会社です。

今ならこの骨格診断サービスが、東京ビックサイトで体験できます!(期間11月7日~9日)

ということで、早速プロジェクトリーダーの広納と二人でお邪魔してみることに!7日~9日までの三日間、東京ビックサイトではファッションワールド東京というイベントが開催中なのですが、その中のシューズEXPOにフィールフィールドさんが出展されています。

f1

ブースにお邪魔すると、代表取締役の鈴木学さん自らがお出迎えして下さいました。

f2

最初にランニングやウォーキング時の「痛み」は何故起こるかを伺いました。

●骨格に合ったシューズ選びが出来ていない
●骨格に合ったランニング・ウォーキングフォームが正しくない
●生活習慣の中でクセがついてしまった体の動かし方によって、筋肉の付き方が、骨格本来の動きを制限してしまっている

これらの事が原因になっているので、これを解決するためにまずは骨格構造を知る事が大切だとのこと。

自分の骨格を測定した経験ってありますか?私はそのような経験はなかったので、早速測定していただくことにしました。測定自体はほんの1分程度、しかも特に何かを装着するわけでもなく、ただ言われるがままに立っていれば測定完了です。(写真は広納が体験中のもの)

f5 f4

この測定をしてもらうことにより、自分がどういった骨格で、その形状に合わせた効果的な体の動かし方や、適切なシューズまでもがわかってしまいます!

このようにして、骨格に合わせた動きを続けることによって、本来の骨格の動きを取り戻すことで、体のバランスが整い痛みなどを根本から治していくことが可能だということでした。

今回お邪魔した時に、フィールフィールドの代表である鈴木さんだけでなく、「骨格ランニング」(講談社)の著者である鈴木清和さんもブースにいらっしゃって、こちらもまた大変興味深いお話を伺うことができました。この話は長くなりそうなので、明日に続きます!

是非、骨格測定に興味ある方は、明日9日(水)まで東京ビックサイトでイベントが開催中ですので、足を運んでみて下さい!

第7回 ファッション ワールド東京
会期:2016年11月7日(月)~9日(水)10:00~18:00
会場:東京ビックサイト(国際展示場)

フィールフィールド株式会社さんのブースは「シューズEXPO内です」

 

『迫りくる2025年介護ショックを乗り切るには?』

最近話題となっている「介護ショック」という言葉。今から9年後の2025年には1947年~49年生まれの団塊の世代が一斉に75歳を迎え、後期高齢者となります。75歳を過ぎると介護認定を受ける人の数は格段に増加することがわかっており、この問題のことを表したのが先に述べた「介護ショック」という言葉です。

介護士不足・医療・年金・福祉財源不足は、後期高齢者が全国民の約5人に1人となる2025年にどれほどの影響を及ぼすのか。こうした問題は私たち若い世代も他人事ではなく、しっかりと考えていかなければならない問題だと思います。

増え続ける高齢者の医療費をカバーするために増額される保険料と税金。これらは若い世代に重くのしかかり、一方では高齢者への年金支給年齢が70歳へと引き上げれ生活を圧迫。当然のように介護サービスの費用も増えてきます。いざという時に、国が守ってくれるとは限らないのが現状です。

gf01a201405281800

Photo by Vanessa Kay

■新たな試み「サービス付き高齢者向け住宅」

こうした中、元気なうちに自宅に代わる新たな介護の住まいとして近年注目されているのが、「サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)」です。サ高住は、高額な入居一時金がかかる介護付き有料老人ホームや特別養護老人ホームなどと違い、安さと自由を売りにしています。一時金なし、介護は外注で月額費用が10万円を切る物件もあります。

こうした取り組みを早くから行っているのがアメリカです。アメリカでは、日本のように一生同じ家に住み、子供が家を受け継ぐという習慣がなく、子供が成長して親元を離れると、夫婦で小さな家に住み替えていくという習慣があります。こうした習慣を活用して出来上がったのが、健康時から介護時まで同じ敷地でケアを受けられる「シニアコミュニティ」です。アメリカではシニアコミュニティが約2000カ所あると言われています。

日本ではまだまだサ高住は定着していませんが、今後やってくる介護ショックを乗り切るためにも、こうしたアメリカのシニアコミュニティは参考事例となるのではないでしょうか。

 

たった1人からの「敬老の日」

敬老の日はいつからあるのだろう?

image

Photo by Paolo Fefe

 

調べてみると1966年から国民の祝日になったようです。

「多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う」と祝日に関する法律に定められています。

 

そしてこの「敬老の日」が出来るきっかけになったと言われているのが1947年に兵庫県多可郡野間谷村でつくられた『としよりの日』です。

 

当時の青年村長であった門脇政夫さんがつくったとされている『としよりの日』は次第に拡がりをみせ、1950年には兵庫県の行事になり1951年には全国行事になって今の「敬老の日」になりました。

 

「敬老の日」がこの時期になった理由は諸説あるようですが、気候が良く農業が忙しくない時期にしようという考え方が青年村長の門脇さんにあったようです。

 

“老人を大切にし、年寄りの知恵を借りて村づくりをしよう”

 

この門脇村長の想いからはじまる敬老の日は、約70年近く続いています。

ただお年寄りを大切にする日だとばかり思っていた自分がいましたが、この日はお年寄りから学ぶ日だとあらためて考えさせられた気がします。

 

敬老の日だから何かをしよう、というのはおかしな事かもしれませんが、少し勇気をもってシニアの方と会話をしてみることや、気持ちを理解しようとすることだけでも、何か新しい学びがあるかもしれません。

 

私は仕事でシニアの方々とお話をすることが多いほうだと思いますが、今日はもっとお話を聞いて勉強してみようと思っています。

『自立して過ごせる期間「健康寿命」を伸ばす』

チャントチャントプロジェクトでは「自立」「行動」「革新」というテーマで、シニアのライフデザインをしていくプロジェクトです。

今回のテーマは「自立」です。

 

■健康寿命=自立

1.0寝顔4

Photo by marcuzzo

近年、よく耳にするようになった「健康寿命」という言葉、皆様はご存知ですか?厚生労働省の健康日本21では、「健康上の問題で日常生活が制限されることなく生活できる期間」と定義されています。もう少しわかりやすく言えば、「介護を受けたり病気などで寝たきりになったりせずに、自立して健康に生活できる期間」ということです。

厚生労働省発表の最新健康寿命は「男性70.42歳」「女性73.62歳」となっています。

健康寿命を伸ばす事は、チャントチャントプロジェクトが掲げるものの一つ「自立」にとって非常に大切な事でもありますし、また、近年問題となっている介護費や医療費の削減や軽減といった意味でも重要です。

健康寿命を妨げる要因は、主に3つあると言われています。

  • 痴呆症
  • メタボリックシンドローム
  • ロコモティブシンドローム

これらの要因は、要介護となる大きな病気を招く原因となることが多いので、日頃から予防に努める必要があります。

こうした要因の予防につながり健康寿命を伸ばす方法として、加齢医学を専門とする順天堂大学大学院教授の白澤卓二氏が、「健康寿命を伸ばす10の生活習慣」というものを発表されています。

【健康寿命を伸ばす10の生活習慣】

  1. 食事は1日3回、朝食を抜かない
  2. 魚を積極的に食べる
  3. 「ベジフル7」(野菜5皿と果物2皿)
  4. 抗酸化物質を取り入れる
  5. お酒を飲むなら赤ワイン
  6. 腹7分目でカロリー制限
  7. 定期的、継続的に体を動かす
  8. 情報をアウトプットする
  9. ストレスは毎日解消する
  10. 今日の自分を記憶する

これら項目は一見すると当たり前のことばかりのように感じますが、これを毎日守る事ができるか?と聞かれたら・・・私だったら、無理ですと答えさせてもらいます(笑)

しかし、この当たり前のことこそが病気の予防に繋がり、健康寿命を伸ばし、自立のできる快適なシニア生活を送るには、最も大切なことなのです。

この10項目を大きく3つにわけると「食生活」「運動習慣」「前向きな気持ち」となります。これらと、「痴呆症」「メタボ」「ロコモ」の関係などについては、今後詳しくブログ内でもご紹介させていただきたいと思っています。

 

チャントチャントプロジェクトでは、自立したシニア生活を送るためのお手伝いや、様々な企画などをご提案させていただきます。