『 相撲で寝たきり予防② 』

先日ブログで紹介させていただいた”相撲で寝たきり予防”の続報です。

チャントチャントプロジェクトのメンバーで元力士の『豊錦』(とよにしき)という四股名で活躍されていた圓山さんという方がいます。圓山さんは相撲の稽古の中には高齢者の寝たきり予防につながるものがたくさんあると言われていて、4月14日両国にある陸奥部屋(みちのくべや)にて相撲の稽古の基本的な動作を教えていただきました。

IMG_2676

 

 

 

 

 

 

今回初めて相撲部屋に入らせていただいたのですが、独特な張り詰めた緊張感と神聖な空気、そしてなんとも言えない迫力がありました。

陸奥部屋の方々は超高齢社会のいま、相撲が少しでも高齢者の健康に役立てばとご協力いただきました。

 

IMG_2694

 

 

 

 

 

 

そして圓山さんと共に教えていただいたのは現役の力士『霧津羽左』(きりつばさ)さんです。

平成10年3月31日生まれの19歳、鹿児島県鹿屋市出身の霧津羽左さんは実は行司になるために陸奥部屋に入られたようです。ブレイクダンスをされていたという筋肉質の霧津羽左さんは突然のお願いにもかかわらず快く教えていただきました。

IMG_2722

 

 

 

 

 

まず鉄砲柱と呼ばれる柱に向かって左右の突っ張りを繰り返す『鉄砲』が始まりました。鉄砲とは手と足が同時に動かないといけないので、腕と腰と足の筋力を鍛え、上半身と下半身の連動性やバランスを整えるトレーニングだということです。

 

 

そして『四股』を見せていただきました。

片足を高くあげ、強く地を踏む『四股』は古くから地を踏み鎮めるという宗教的意味をもち、力士の四股によって大地の邪悪な霊を踏み鎮め、あるいは踏むことで春先の大地を目ざめさせて豊作を約束させるなどといわれています。

もちろん相撲の重要な稽古の一つである『四股』は相撲で重要な下半身を鍛え、股関節を柔らかくする下半身強化にはもってこいのトレーニングです。

間近で見せていただいて四股は、高く足があがっても全くぶれない姿はとても綺麗で思わず見とれてしまうほどでした。

IMG_2725

 

 

 

 

 

 

相撲は直径4m55cmの土俵の中で、体重制限がない戦いをするわけですからより合理的な身体の使い方が求められると言われています。

長い歴史の中で培われた相撲の稽古は、より合理的な身体の使い方が多くあり、改めて学ぶことが多くありました。

 

 

チャントチャントプロジェクトでは相撲の基本的な動作の中で、高齢者にも簡単に出来て『寝たきり予防』につながるようなエクササイズを圓山さんと共に考えています。

完成したらまたご報告します。その時には高齢者の方々にチャレンジしていただきたいと思っています。

 

 

『相撲』の語源は「争う」「負けまいと張り合う」を意味する動詞「すまふ(争ふ)」が名詞化して「すもう」になったのではないかといわれています。

人間は歳をとりますが、それぞれが「いつまでも元気でいるんだ」「病気や老化に負けまい」と張り合うことこそが、今の超高齢社会には必要なのかもしれません。

 

 

 

『 連鎖 』

去年の今日は宮崎にいました。取引先と食事中に激しい揺れがありそれが熊本の地震でした。宮崎でもかなり揺れていて急に酔いがさめたのを覚えています。大きな揺れが何回かありそれからも小さな余震がずっと続いていました。翌日に別府まで行きそこでもまた地震が続いていて数分毎に揺れがありかなり気分が悪くなりました。

 

私は兵庫県の宝塚市出身で阪神淡路大震災の被災者です、朝5時でもちろん寝ていたのですが地面の奥のほうから鬼が太鼓を叩いているみたいなドンドンという音がして、すぐにまるで洗濯機みたいに揺れました、ベッドにしがみついていないと振り落とされるような揺れと木造の家が軋む音がしてこの揺れが止まると、シーンとしました。その瞬間は死ぬと思いました。家がドリフみたいにバタンと倒れてしまうと思いました、私は2階にいて残りの家族は1階にいたので家族のことも心配になり、『頼む倒れないでくれ!』と歯をくいしばり縮こまっていました。しばらくして倒れないことがわかったくらいに父親の「大丈夫か!」という声がしたと覚えています。

屋根は崩れて家の中はメチャクチャになり、小学校の体育館に避難しました。体育館にビニールシートを敷いて家族でギュウギュウ詰になりながら座りました。テレビが置いてあり神戸の燃え盛る街が映っていました。すぐに電気は復旧しましたが水道とガスがなかなか復旧しない状況で、特に水道が流れない小学校のトイレは悲惨でした。

徐々に復旧して1週間ぶりぐらいにシャワーを浴びたときはドンドン黒い汚れたお湯が流れていったり、少しずつ元の生活に戻るようになっていきました。ただまわりには家族や家がなくなってしまった人もいてどうしようもないこともあるんだなと思っていました。

当時大学1年生だった私は年の離れた弟と一緒にいました。避難先の体育館で弟が「腹減ったよ」と言うのですが渡す食べものもないので「我慢しろ!」と言っていると見ず知らずの女性がラップに包んだ海苔がないおにぎりを差し出してくれたことが忘れられない思い出です。その方も食べてないのに、、震災のなかとても感動しました。自分もそういう人でありたいと強く思いました。

ドイツの香川真司選手の所属するサッカーチーム、ボルシア・ドルトムントの選手達を乗せたバスがイスラム過激派とみられる2人によるテロに合いました。そして今朝のニュースでアメリカがアフガニスタンのイスラム過激派組織「イスラム国(IS)」に非核兵器では史上最大の爆弾を投下したと報道されていました。

悪いことの連鎖はなかなか断ち切ることが難しいことなのかもしれません。

ただ良いことも連鎖するものだと思います。そういうことが出来るようなプロジェクトにしていきたいと思います。

一年はあっという間ですが、地震の影響はなかなか消えません、少しでも早く元気になれますように。

IMG_2416

 

 

『 相撲で寝たきり予防 』

 

あの若乃花以来、19年ぶりに日本出身の横綱となった稀勢の里の活躍でまた大相撲人気が盛り上がりを見せています、相撲は日本の国技でありまた伝統文化でもあり、その歴史は古く日本相撲協会のHPによると相撲の起源は古事記や日本書紀にも神話として残っているほどです。 続きを読む

『 16時間 』


2015年NHKの国民生活時間調査報告書によると、1日のうち家で過ごす時間の平均が『約16時間』だそうです。私は出張族でほとんど家にいませんが平均するとそうなるようです。

IMG_1320

 

 

 

 

 

 

 

 

団塊の世代と言われる方々が後期高齢者になる、5人に1人は75歳以上になるという、いわゆる「2025年問題」には医療や介護の問題が取り上げられることが多いですが、その中の1つが人生の大半を過ごす場所、『 住居 』の問題です。

 

2025年、世帯主が65歳を超えると言う世帯が2015万世帯、75歳を超える世帯が1187万世帯と予測されていています。その中には高齢者が二人だけで生活されている、あるいは一人暮らしの高齢者も多く老々介護や、孤独死などの問題などもあり、今後は今以上に大きな問題になりつつあります。
また公的な介護施設への入居待ち問題などもその問題をより深刻にしています。

 

そこで2011年10月にスタートしたのが、”サ高住”(サービス付き高齢者向け住宅)です。
”サ高住”とはバリアフリー対応の賃貸住宅で、基本的にまだ介護の必要がない比較的元気な高齢者のための住宅です。
”介護施設”のイメージが強い有料老人ホームに比べて、サ高住は安否確認サービスと生活相談サービスの2つが義務付けされているだけで自由度の高い生活がおくれるとされています。

 

 

シニア世代の方々の自立をテーマに始まったこのチャントチャントプロジェクトですが、ありがたいことに様々な立場の方々がその考え方を理解してご協力いただいています。

 

そして今回紹介させていただきたいのが、そのお一人であり、チャントチャントプロジェクトのメンバーでもある竹中永健さんです。

竹中永健さんは成年後見人として認知症高齢者の方々のお世話をされている中で高齢者の住まいに関する問題に直面され、先ほどご紹介した”サ高住”も本当の意味で実際に住むことになる高齢者に喜んでもらえるようなものは現実には少ないのではないか、居住者一人一人にとって本当に生き生きと暮らせる場所に出来ないだろうかということで、従来の”サ高住”から”コンセプト型サ高住”という考え方で『ばんぜんの会』の代表として活動されています。例えばペット共生型、ガーデニング家庭菜園付き、趣味➕カフェ付きなど、、聞くだけで住みたくなるような住宅だと思いました。

 

IMG_1219

 

 

 

 

 

 

 

先日大阪にて竹中永健さんが主催する『ばんぜんの会』の定例勉強会に初めて参加させていただきました。

前半はこうのとり倶楽部の助産師である林祐子さんから「働く女性の健康を考えるおはなし会」というテーマで少子高齢化問題、不妊治療の現状や女性にしかわかりにくい内容も男性にもわかりやすくお話していただきました。後半は様々なお仕事をされている方々から高齢者や障がい者の方々にとって住みやすい住居などに関連する話などがあり、竹中さんを中心に志の高い方々とそれぞれの立場で出来ることを話し合う時間を過ごさせていただきました。

 

本当に必要なサービスは高齢者や障がい者の方々にしかわからないと思いますし、いまある制度や仕組みだけではうまくいかないとき職種や立場にとらわれずに協力して問題を解決することが大切だと強く感じた勉強会でした。

『 サッカー 』



世界最高のサッカー選手と言われるリオネル・メッシが所属するFCバルセロナが、チャンピオンズリーグで歴史に残る大逆転劇を起こしニュースになっています。

IMG_5715

 

 

 

 

 

一方日本でもJ2の横浜FCに所属する“カズ“こと三浦知良選手が50歳になった今シーズンもJリーグの最年長記録を更新し続けていると取り上げられていますが、スペインにはそれを上回るロベルト・カルモナという54歳の現役選手がいて現在の世界最高齢の現役サッカー選手です。ウルグアイ出身1962年生まれのカルモナ選手は昔のチームメイトの孫とプレーすることもあるということで話題を集めています。

 

サッカーはボールさえあればどこでも気軽にできるスポーツで、また世界で一番人気のあるスポーツだと言われています。(余談ですがチャントチャントプロジェクトの”チャント”はサッカーの応援チャントからきております。)

IMG_1939

 

 

 

 

 

 

 

年齢を重ねてプロでサッカーを続けるというのは大変なことですが、一般の方々が楽しみでサッカーを続けることは健康にもつながるということがわかってきています。

サッカーは一見激しいスポーツですが、ルールが単純で比較的自由度が高い競技ですから、無理をしない程度に気をつけてプレーをするのがポイントです。

デンマークのコペンハーゲン大学の研究によると、ふだんトレーニングをしていない高齢者がサッカーをすることで筋力や骨密度が向上するという研究があるようですし、サッカーは周りを見て動きますから交通事故の予防にも役立ち、ボールを蹴ったり走ったりすることで年齢とともに衰えやすい下半の筋肉が鍛えられ寝たきりの予防にもつながります。

 

また”棒サッカー”という競技も高齢者の方々に人気があります。

この競技はサッカーですが脚を使わないで棒を使います。そして座ったまま行いますので車椅子の方でも参加できます。1チーム11人で縦12メートル、横90センチのコートに向かい合い棒を使いゴールに入れるという競技です。かなり盛り上がるようです。

 

私もサッカーを時々(年に1.2回しか出来ていませんが)しますが、体力の衰えはやはり感じますが、それ以上に多くの人と汗を流して協力してゴールを目指すというのは素晴らしいと感じます。1人だと続かないスポーツもチームメイトがいると続けられるという方も多いようです。

日本でも全国各地で棒サッカーのようなものから、本格的なシニアサッカーまで盛んになってきています。

サッカーがシニアの方々の自立につながるようなことができたらいいなぁと日々考えております。

 

『フットボールは子供を青年にし、青年を大人にし、大人を紳士にする。尚且つ大人を子供に戻す力がある』

リヴァプールFCの名監督ビル・シャンクリーの言葉です。いくつになってもサッカーでもどんなことでも、何か夢中になれることを探すのもいいことかもしれません。

 

 

 

『たかがスポーツ?』

「卓球はシニアにぴったりなスポーツです」と静岡で卓球をシニアの方に教えている男性が嬉しそうにお話ししてくれました。

「卓球はまず下半身が鍛えられますし、早いボールを見る必要があるので動体視力や瞬発力が鍛えられ、なにより怪我が少ないのがいいことなんです」と教わりました。

IMG_0333

スポーツはただ趣味や娯楽だけではなく健康にもかなり関わりがあることがわかってきています。

スポーツによって医療費を抑制出来るのではないかという試みが始まっています。

《e-Wellnessシステムの活用》

株式会社つくばウェルネスリサーチが中心となりの住民に対して個別指導と継続使用可能とする運動、栄養プログラムを提供する管理システム

このシステムを活用した新潟県見附市の実証実験では運動継続した年間一人当たりの医療費は104234円の削減になった。

《三重県いなべ市 介護予防・健康増進活動「元気づくりシステム」》

三重県いなべ市が元気クラブいなべに事業委託を実施している介護予防、健康増進活動。

体験プログラムとしてストレッチ、ウォーキング、ボール運動などを実施。

2008年度レセプト上での参加者全体(588人)の国保の国民医療費削減額は約4600万円。

また「医療費分析による保健医療の効率評価に関する実証研究」東北大学大学院医学系研究科 辻一郎教授に基づく文部科学省試算によると

国民のスポーツ参加により抑制出来る過剰医療費が約2.9兆円とされている。

そして1日1時間以上歩く人はそうでない人に比べて平均寿命が1.5年長く、生涯医療費は70.9万円安いとされています。

健康にも欠かせないスポーツですが、文部科学省スポーツ関係データ集によると日本のスポーツ関係予算対GDP比を比較するとフランスが約3倍、カナダは約4倍、イギリスは約24倍もスポーツ関係予算を使っているようで、日本は予算が少ないようです。今後東京オリンピックに向けて増えるのでしょうか?

一方スポーツは遊びでもあるので、楽しみながら健康維持ができるというのが素晴らしいところでもあります。

ちなみにシニアのスポーツランキングによると

1位  ウォーキング

2位  登山、ハイキング

3位  ゴルフ

4位   器具を使ったトレーニング(スポーツクラブやフィットネスクラブなど)

5位   釣り

6位   サイクリング

7位    水泳

8位    ボウリング

9位    ジョギング・マラソン

10位   卓球

となっていて個人的には今後サッカーが入ってくるのを期待しております。

スポーツは誰でも何歳からでも、本格的でも軽くでもスタート出来ます。

”たかがスポーツ”かもしれませんが、その可能性はかなり大きい。

”されどスポーツ”だと思います。

 

『初めてのCCC』

2/13、シニアの自立を応援するチャントチャントプロジェクトのオープンな定例研究会、chant-chant-club(CCC)をスタートしました。

今回はプロジェクトのプロデューサー幸田涼さんの提案により、社内ですることを公開していく「公開社内大学」というスタイルで行いました。

IMG_9919

初めてのCCCはゲストにマーケティングリサーチのスペシャリストの野呂さんをお迎えして、参加していただいた様々な仕事についている方々と一緒にシニアの自立に対して、それぞれの立場で何が出来るのか、シニアの自立ってなんだろう?というテーマも含めて熱く意見交換をさせていただきました。

IMG_9920

わざわざ高知からご参加いただいたミタニホールディングスの三谷社長からは高齢者の訪問美容や、プロジェクトを通じて寝たきりにならないための料理教室などもすでに行っていただいていて、その取り組みについての話がありました。

IMG_9923

環境問題に取り組まれている渡辺朋和さんからは、世代間を超えてシニアの方々が若い世代に伝えていくことの大切さなど、特に農業を通じて自立をしていく取り組みなどの非常に興味深いお話がありました。

IMG_9921

そして健康をテーマに多くのシニアの方々と日々接している株式会社シールズの小林さんと石原さんからは「自立には健康が大切だけど、健康がゴールになっては意味がない、シニアの方々が本当にやりたいことをしていくことが大切で、そのためには健康でいることが必要になる」とお話されていて毎日シニアの方々を元気にしているエネルギッシュなお二人でした。

IMG_9922

プロデューサーの幸田涼さんからはシニアの自立についての世界中の取り組みなどが紹介され、「一個人や一企業では出来ないような取り組みもチームになれば出来ることもあるはず」という話があり、このプロジェクトの意義を再確認しました。

この『公開社内大学』スタイルのチャントチャントクラブ(CCC)は二ヶ月に一度開催予定です。『シニアの自立』というテーマにご興味のある方はぜひ気軽にお立ち寄りください。

CCC開催

CCCとはチャントチャントプロジェクトの考え方にご興味のある方にお集まりいただいてプロジェクトの具体的な内容や、今後予定している計画などを一緒に話し合うような、お仕事帰りに気軽に参加いただける集まりです。

IMG_5444

 

 

 

 

 

 

 

毎回ゲストをお招きして、テーマでもある「高齢者の自立支援」についてそれぞれの立場から御意見をいただけるようにしていく予定です。

 

記念すべき1回目のゲストはマーケティングリサーチのプロフェッショナル、リサーチデザイン株式会社代表取締役の野呂輝彦さんです。

今回、お忙しい中ご参加いただけることになった野呂輝彦さんは早稲田大学社会科学部卒業後、リクルート関連のリサーチ調査会社「リクルートリサーチ」、独立系市場調査会社「矢野経済研究所」を経て、1989年に消費者リサーチ会社「コミュニケーションリサーチワークショップ」に入社。2003年、同社取締役に就任。2011年5月、同社退社。
同社では年間80~100プロジェクト、22年の在籍期間中には延べ2000プロジェクトの調査実績を持つ。
2011年6月、リサーチデザイン株式会社を設立。
これまで23年間、一貫してマーケティングリサーチと関わっている。というマーケティングのスペシャリストです。

まだまだはじまったばかりのチャントチャントプロジェクトにこのような方にご協力いただけるのは大変ありがたいことだと感じています。

2ヶ月に1度行っていくCCC(チャントチャントクラブ)では毎回ゲストをお招きして、高齢者の自立支援に関連するプロジェクトに年代や職種に関わらず関心のある方にどなたでも気軽に参加していただき、より良いプロジェクトにしていけるようにしていく予定です。

是非ご参加お待ちしております。

プロジェクトリーダー 広納 真介

 

日時場所

2/13  19時より

株式会社ロイヤル内 (地図)

チャントチャントプロジェクト事務所にて

問い合わせ03-5435-1337

 

gf01a201407100600

 

 

 

 

 

 

 

 

Photo by USDAgov

 

 

『高齢化社会を担う「福祉理美容師」の仕事』

「福祉理美容師」という言葉を聞いたことがありますか?

福祉理美容師は、介護が必要な方の施設などに訪問して、美容を施すことができる者のことを指します。

数年前に起きた大震災時にも、多くの福祉理美容師の方々が活躍された事がメディアでも取り上げられ、その知名度は少しずつですがあがってきたように感じます。

実際に、美容師をしている私の友人にも、昨年福祉理美容師の認定資格を取得した人もいます。

2228884605_786fb93312_o

 

 

 

 

 

 

Photo by  conmi

 

■福祉理美容師とは?

福祉理美容師の資格は国家資格ではなく、NPO法人日本理美容福祉協会が証明する認定資格です。

認定資格と言っても、そのレベルは非常に高く、高齢者や身体の不自由な方々へ、不安なく理美容のサービスを提供するため、理美容師資格だけでなく介護福祉の基本知識を備え、寝たきりのカットやシャンプー技法などを学んだ、いわばスペシャリストを輩出するためのものです。

 

■今後注目の福祉理美容

前述した美容師の友人。彼女は東京都内で美容師として働きながら、この福祉理美容師の認定資格を取得しました。しかしこうした制度があること事態がまだ広まっていないこともあり、利用者は多くはないと言っていました。

昨年は半年間で数回程しか、出張美容師としてお客様のご自宅を訪問する機会がなかったようです。そんな数少ない利用者しかいないのが現状ですが、それでも彼女はこの出張理美容に拘るのは、美容サービスを提供することによって、元気になってくれる方々の顔を見るのが嬉しいからだそうです。

「久しぶりに気持ち良かったわ~、有難う!」

これは、足を悪くされて外出が難しくなってしまった、シニア女性のご自宅に訪問した時にかけて頂いた言葉だそうです。その言葉が本当に嬉しく、そしてその時に見せて下さる笑顔に、自分まで元気をもらえると彼女は言っていました。

こうした高齢者向けのサービスは、今後日本が迎える超高齢化社会を担う仕事として増加していくのではないでしょうか。

チャントチャントでは、このような高齢者向けのサービスなどを行う人たちをサポートしたり、もっと多くの方にサービスを知ってもらえるようにご紹介させて頂き、少しでも多くのシニアの方々が笑顔で快適に暮らせるよう応援させて頂きます!

『2年目のchant』

 

 遅ればせながら新年あけましておめでとうございます、プロジェクトリーダーの広納です。

昨年スタートしたこのチャントチャントプロジェクトですが、昨年度はこのプロジェクトの考え方などを知っていただくということを中心にやってきました。

今年からはより具体的にシニアの方々に何ができるかを実行していく、そういう年にしていきたいと考えています。

gf01a201305200100

 

 

 

 

 

 

 

Photo by Leaf Image

 

振り返ると昨年度はプロジェクトに共感し、ご協力いただける方々との貴重な出会いがありました。一方ニュースでは高齢者の交通事故の問題や、介護施設等での悲惨な事件、目まぐるしく変わる社会保障制度の変更、年金制度の問題を含め、超高齢社会の様々な問題点がより浮き彫りになってきたような気がします。

 

先日お会いした地方公務員の方は「介護事業者の方は増えてきていますが、本来介護の前にそうならないように高齢者の方が努力していただくことがなにより大切です。その役割をチャントチャントプロジェクトが協力してくれるなら、それは役所としてはとてもとてもありがたい」と言ってくれました。

日本が抱える問題は世界に先駆けて超高齢社会に突入する世界中に共通する課題で、そこでなにをするか?

国や自治体、介護事業者だけが行動するのか?

それとも立場や職業にとらわれずみんなで協力するのか?

 

AI(人工知能)などの研究を行うイギリスのオックスフォード大学のマイケル・A・オズボーン准教授の論文『雇用の未来_コンピューター化によって仕事は失なわれるのか』よると、今後人間がしていた仕事の約半分が機械によって奪われるとの衝撃的な内容が話題になっています。

仕事がなくなっていき、世界で初めて超高齢社会になり、今まで誰も経験したことのない困難や問題点が出てくる時代がもう目の前にあります。

大変な時代だと思いますが、大きな困難があるほど大きく変わらざるをえないという意味では新しい仕事が生まれる可能性もあるのではないかと思います。

 

今年は年間のスケジュールをたててより多くの方々とプロジェクトを進めていきたいと思っています。

『いつまでもチャントしていたい』

そういう方々を応援していくプロジェクト、今年もスタートします!