『 共感の欠如 』

イタリアのサッカー選手バロテッリが試合中に観客席にボールを蹴り込み、試合が中断しました。

原因は相手チームのサポーターから出た、バロテッリに対する人種差別のチャントでした。

バロテッリは怒りで立ち去ろうとしますがチームメイトに説得され、再びピッチに戻り、ゴールを決めました。

バロテッリは問題をよく起こすことでも知られていますが、これはよくやったと思いました。

 

 

『JOKER』

圧倒的にDCよりマーベルが好きですが、『JOKER』にはやられました。久しぶりの名作でした。

映画の話です。

正しいと思うことは人によって違い、それが争いを起こすというのが世の常です。

 

1955年から約20年にもおよんだベトナム戦争は、北ベトナム側の推定戦死者数117万7千人、南ベトナム側は28万5千人、そして南北合わせた民間人の死者数は458万人以上にもなった壮絶な悲惨な戦争でした。

1960年代、ベトナム戦争にアメリカが本格的に軍事介入を始めてから、いつ徴兵されるかもしれないアメリカの若者を中心に反戦運動が活発になります。

さらに70年代にかけての雇用率の低下など先が見えない社会問題に対する不満、そんな1960〜70年代の反体制的な時代の影響をうけて作られた映画をアメリカン・ニューシネマと呼び、先程の映画『JOKER』はその現代版ともいわれています。

母親の介護をしながらコメディアンを目指していたジョーカーが、悪役のジョーカーになるまでが描かれているこの映画では、悪役が徐々に正義の味方に見えてきてしまう映画です。

監督のトッド・フィリップスが描きたかったものは「共感」と「共感の欠如」なんだそうです。

 

『 ジェネレーションX 』

ジェネレーションXとは、ケネディ政権の時代からベトナム戦争終結後までの時代にアメリカで生まれた世代のことで、13th Generation(第13世代)とも呼ばれているようです。

また日本では”新人類”なんて言われていた時代だそうです。従来とは異なる感性や価値観をもつ一風変わった若者を指す呼び方として、そういえば昔よく聞いた気がします。

その新人類と呼ばれた人達がシニアの世代になりつつあります。

シニアとは何歳からなのか?という明確な定義はないようですが、シニアは4つに分類できるのではないかと、株式会社日本SPセンターが運営するシニアマーケティングに関する専門サイト「シニアマーケティング研究室」にありました。

①ケアシニア(介護認定者)

②ギャップシニア(介護予備軍)

③ディフェンシブ・シニア(非就労健常者)

④アクティブシニア(就労健常者)

「ケアシニア」とは文字通り介護が必要なシニアのことで、

「ギャップシニア」とは要介護というわけではないけれど、日常生活の中で諦めや我慢が積み重なっている状態で「できること」と「やりたいこと」とのギャップがある人たちを意味しており、

「ディフェンシブシニア」とは年金以外の毎月の定額フローがなく、堅実な暮らしぶりの層のことで「守り」中心の消費者をイメージして、シニアマーケティング研究室が命名した、と書いてありました

「アクティブシニア」とは趣味やさまざまな活動、消費に意欲的な、元気なシニア層です。

 

マーケティングなんてよくわかりませんが、なるほど、そう言われたらそうなのかと思うのと同時に、少しの違和感も感じました。

3人に1人が65歳以上という時代にそこをさらに4つに分ける、そしてそこからさらに細かく分析していく、それはどれくらい正しくてどれくらい意味があるのかなぁ、と頭が悪い私には正直よくわかりません。

何かで分ける時に感じる違和感はなんなんでしょう?個人的にはあまり好きじゃないかもしれません。

人が人を分類するときに、どこかで得体が知れないものが怖いからなんじゃないかと思ったりします。

 

『知らない』

ちゃんとちゃんとの学校を始めてから、大きく変わった考え方のひとつが「認知症」に対する考え方かもしれません。

認知症になるということは、悲惨で恐ろしいことで、家族や社会に迷惑をかけてしまう、自分の親がなってしまったら大変だなぁ、そんな浅はかな認識しかありませんでした。

実際には認知症においてよく問題になるのは、認知症になれば誰にでも現れる「中核症状」(記憶障害や、いつやどこが分からなくなる見当識障害など)より、むしろ「BPSD(行動・心理症状)」(徘徊や暴言や暴力など)のほうです。

そして認知症でよく問題になるBPSDは、認知症になると必ず出るわけではなく、認知症の方と接する周りの人の接し方次第で、出なくすることができるようです。

ちゃんとちゃんとを始めてから、最前線で実践されている方々にお会いし、あらためて学ばせてもらった気がします。

認知症を分かっていたつもりが、現実は全く分かっていなかった自分を知りました。

認知症の予防は大切ですが、どう受け入れて、どう接していくのか、ということも同じくらい大切なことだといまは思っています。

また、知らないことは怖いことだなぁとも思いました。

 

現実には健康な人がやがて認知症になり、若い人がシニアになり、アクティブシニアがケアシニアになり、ディフェンシブシニアにもなることもあり、悪役が正義の味方にもなります。

 

シニアの自立支援を通じて感じたことは、やはりまだまだ私達はシニアを知らないということです。そして知ろうとしないことが目に見えない壁をかってに作っていることです。

シニア支援も、知ろうとする人が増えていくことがスタートであり大切だと思っています。

 

◼️⬜︎◼️ちゃんとちゃんとの学校◼️⬜︎◼️

シニア支援プロジェクト『ちゃんとちゃんとの学校』では

シニアに関わる方々やシニア支援に興味がある方と共にシニア支援を学び交流する授業、そしてシニアの方向けの授業を有志の方々を中心に2016年からスタートしています。

2019年は11月25日に大阪で『ちゃんとちゃんとの学校』を初開催、12月15日には東京大学にて『ちゃんとちゃんとの学校の学園祭』を開催いたします。

私達はゆるくまじめにをコンセプトにやっておりますので、どなたでも参加いただけます、ぜひ皆さまのご参加お待ちしております。

 

 

 

 

 

 

 

『 ちゃんとちゃんとのうた2 』

高齢者って嫌な言葉だ。

そう呼ばれて喜ぶ人なんていない。早くそうなりたいと思う人もいない。

 

嫌な事はやるべきじゃない、好きなことだけやればいいと言う人がいる。

でも歳をとるのは避けられない、時間は戻らない。

好きなことだけやるのは難しい。

 

生きていくことは、あきらめることの連続かもしれない。

宇宙飛行士をあきらめ、サッカー選手をあきらめ、なりたかった仕事をあきらめ、好きな人をあきらめ、自分の身の丈を知らされる。

あんなにとんがっていたはずが、転がる石みたいに気がつけば、みんなおんなじようになっていく。

いったい今までいくつ諦めてきたんだろう。

 

現実はそうはいかないことがそこいら中に、気がつけばあんなにあった夢の種はほとんど見当たらない。

 

 

そろそろ疑ってみるべきだ、今までの当たり前を、誰かが作った常識なんてだいたいニセモノだろう、本当は大した意味なんてないはずだ。

知らず知らずにそんなくだらないものに縛られ、知らず知らずにどうせそんなもんだろうと諦めて生きていくのが人生なら、歳をとることは辛いことなのかもしれない。

 

もっと生きていたかった人から見れば、長生きできなかった人から見れば、今日という1日は今の1分1秒という時間は何にも変えられない。

 

今まで母親として生きていた人がいる、今まで仕事に生きてきた人がいる、こうでなければならないという目に見えない柵、家族や仕事や立場、身体中に巻き付いた蜘蛛の糸から抜け出したとき、やっと自分になるのかもしれない。

長生きはもう一度生きることかもしれない。

 

新たな時代をつくるのは若い人だけなのか?

人類が経験したことの無い長生きな時代の最先端にいるのは、生まれ変わりもう一度生きていくことを決めた人たちに違いない。

 

高齢者支援プロジェクトという呼び方が好きじゃない。

だからちゃんとすることにしました。新たな時代の最前線にいる人たちの学校として

 

 

『 全盛期 』

人生の全盛期はいつなんだろう?

セミなら地上に出てきてからの1週間なんでしょうか?

それともあと1週間だと分かって出てくるわけだから本音は嫌なんでしょうか?

 

『 23 』

居酒屋で下駄箱に靴を入れるときも、コインロッカーに荷物を入れるときにも探す数字が23です。

それは子供のサッカーの背番号が23番だったからですが、23番はベッカムがレアルマドリードで付けていたり、ドルトムントでの香川真司も23番でした。

ただ23番といえば、やはりマイケル・ジョーダンだと思います。

バスケの神様と言われるジョーダンは、2003年に引退をしてから16年たったいまも神様のままです。

1984年にデビューしたマイケル・ジョーダンはルーキー・オブ・ザ・イヤーを受賞、14回のオールスター入り、2回のスリーピート(3連覇)を含む6回のチャンピオンシップ制覇、5回のシーズンMVP、6回のファイナルMVP….

という凄い記録だけでなく、ナイキとのエアージョーダンブランドの確立や、まるで空中を歩いているようなレーンアップ(フリースローラインからジャンプして決めるダンクシュート)を披露したり、目を閉じたままフリースローを入れたり、そして何より大舞台での集中力や並外れた勝負強さから、今も誰もが認める史上最高のバスケットボールプレイヤーです。

 

『 ジョーダンの全盛期 』

私もジョーダンは大好きですが、ちゃんとちゃんとの学校の発起人の1人である三谷さんはマイケル・ジョーダンマニアです。

車のナンバープレートも23で、会社にもジョーダンのポスターが貼ってあります。

そんな三谷さんに「マイケルジョーダンの全盛期っていつ?」とLINEしたら「個の能力としての全盛期は89〜93年くらいです。
総合的な全盛期は95〜98年です。」と返事が来ました。そしてあまりの返信の速さにひきました。

 

1993年、NBAを3連覇したジョーダンは選手としての全盛期に突然引退をしました。

大好きだった父親が強盗によって殺害されたことが、その理由ではないかとも言われています。

父親が実現できなかったプロ野球選手になるという夢をかなえるために、ジョーダンはバスケットボールから野球に転向します。世界中が驚いたその挑戦は、あまりにも無謀な挑戦でもありました。

メジャーリーグの下にマイナーリーグがあり、その中で1番上にあたるのがAAA(3A)、その次が   AA(2A)になり、ジョーダンが入ったのはAAのバーミンガム・バロンズでした。結果は127試合の出場で打率2割0分2厘と11のエラーでした。

それはメジャーリーグに昇格することは出来ない成績でした。

 

『 第2の全盛期 』

マイナーリーグで2年近く過ごしたジョーダンはメジャーリーグのストライキなどの影響などもあり、バスケの世界にカムバックします。2年のブランクを取り戻すようにトレーニングを続け、また3連覇をしてしまうわけですからやはり神です。

ただカムバックしたあとのジョーダンは集中力や勝負強さは健在でしたが、昔に比べスピードや瞬発力が衰え、昔よりは飛べなくなった気がしました。

もしかしたらプレイヤーとしてのピークはすでに過ぎていたのかも知れないですが、代わりに周りをいかすプレーが増え、優れたリーダーとして以前よりも強いチームをつくりあげたような気がします。

私はこの頃のジョーダンが好きです、昔よりは飛べなくなったジョーダンのほうがカッコよくて、全盛期じゃないかと思います。

 

『 容量 』

周囲を南アフリカ共和国に囲まれ、山の中に位置するため平地が一切なく、全土の標高が1400mを超える国がレソト王国です。

 

国民の約1/4がHIV感染者であるこの国の平均寿命は、WHOが2018年に発表した統計によると最も寿命が短く52.9歳。

逆に84.2歳と、最も寿命が長い国が日本です。レソト王国との31年の差も凄いですが、日本も100年前は平均寿命が45歳ほどだったみたいですから、今は昔と比べて人生の容量が40年近くも多いわけですから、色々と変わってくることが当たり前だと思います。

 

『 全盛期 』

全盛期という物差しも、今は変わってきているのではないかと思います。

それはスポーツも、仕事も、恋愛だって、若い頃は良かった、歳をとりたくない、と言っていたら長い人生で楽しい時間は少ししかありません。

よく若さが素晴らしい、アンチエイジングだ、美魔女だとか、騒いでいますが、そんなに”若さ”にしがみつくよりは、いまを楽しむほうが自然な気がします。

若い頃が良くて歳をとるのは悪いことみたいな考えは、もしかしたら長生きではなかった時代の古い考え方なのかもしれません。

若さにはもちろん魅力があることはわかります、でも歳をとることの魅力も、もっともっと見つけていく時代になっていくはずです。

全盛期はいつですか?と聞かれたら「これからだ」といくつになっても言おうと思います。

そんな時代になっているのではないでしょうか?

 

 

私達は様々なプロジェクトを、サポーターの方々の支援のもと活動しています。

2019年度から『ちゃんとちゃんとの学校』の記念すべき1期生のサポーター募集をスタートしております。

そして追加募集も始まりました!

シニアのジリツ支援に関心がある方ならどなたでもご参加いただけますので、是非皆様のご参加をお待ちしております。

詳細はこちらをご覧ください