『 くらす 』

ずいぶん前に死んじゃったじいちゃんの家は兵庫県の神崎郡という田舎にありました。

田んぼばっかりの神崎郡には「広納」というかなり珍しい苗字がたくさんあり、お墓参りで墓石を見ると広納ばかりでびっくりしたことを覚えています。

6人兄弟の家族が集まるお正月は賑やかで、食事のときには3つ並べたコタツに大勢が足を突っ込んで座るのもんですから、足を入れるだけで大変で、コタツの中は誰のかわからない足で満員電車のようでした。

そんな状態で餅だらけの、汁のほとんどないお雑煮を必死に食べていました。

慌ただしい平民達を尻目にして、誕生日席みたいな場所にだけ赤い座椅子があり、じいちゃんがゴッドファーザーみたいに座っていたのを覚えています。


お年玉は欲しいけど人見知りでたくさんの人がいる場所が苦手でしたが、なぜかじいちゃんは好きでした。

孫にも厳しいばあちゃんと違って甘々なじいちゃんは釣りを教えてくれたり、凧揚げの絡まった糸を気長に丁寧になおしてくれたり、まあ優しい人でした。

今の家と比べると、大きな土間があったりトイレが流れていなかったり違いがありますし、何より家族が多いということが大きな違いだと思います。

 

『 空き家問題 』

846万戸、これは全国の空き家数(平成30年度財務省住宅・土地統計調査より)で住宅総数の13.6%にあたります。そして「空き家数」と「空き家率」は共に過去最高になんだそうです。

あれだけ賑やかだったじいちゃんの家もここに含まれています。

空き家率を都道府県別で見ると、最も高いのは山梨の21.3%ですから5軒に1軒は空き家ということになります。
 
 
 
 
新築がどんどん建てられる反面、住む人がいなくなった住宅の解体・流通が進んでいないことが原因だと言われていますが、やはり少子高齢化と人口減少の問題が大きく関わっています。
 
 
 
 5年に1度行われる国勢調査によると毎年増えていた人口は、2015年から減り始めています。
1億2800万人だった2010年をピークに2015年には1億2700万人、2025年には1億2300万人に減ると予測され、ごく限られた都市部を除いてほとんどの市町村が減少するようです。
 
 
 
そして昨年末のクリスマスイブに厚生労働省から発表された人口動態統計によると、2019年に国内で生まれた日本人の子どもが86万4000人で過去最少だったようです。
一方で亡くなった方は137万6000人、生まれた数から死亡した数を引き算をするとマイナス51万2000人ですから、それは空き家も増えるはずです。
 
 
『 変わるくらし 』
 
上の子どもが好きだったのが「仮面ライダーダブル」です。その主人公の一人が今テレビで活躍しているあの菅田将暉で、他にも佐藤健も福士蒼汰も、元はといえば仮面ライダーです。
 
 
 
そんなわけで子ども向けの仮面ライダーにお母さん達も夢中です。
昔は変身ベルトだけ買っておけば1年はもったはずが、最近の仮面ライダーはまあ次から次へと新しい武器やアイテムが出てきて親は苦笑いしています。テレビ局もおもちゃ屋さんも大変です。
それもこれも子どもの数が減っているからです。
 
 
2002年から2017年に発生した廃校の数は全国で7583校(廃校施設等活用状況実態調査 文部科学省)になり、毎年300〜400近い数の学校が廃校しています。
また18歳以下の人口が減少期に入るという「2018年問題」も含め大学や予備校などにも大きな影響が出ていて、その影響は今後ますます増えていくわけですから大変です。
 
 
 
 
今はサザエさんや、うちのじいちゃんみたいな家庭は減りました、暮らしが変わり始めています。
 
シニア世代の暮らしも多様化してきています。
 
 
 
1963年に施行された「老人福祉法」によって特別養護老人ホームなどの整備が進められたようですが、当初それは住まいというよりは自立が困難な高齢者を受け入れる施設で、面倒をみることが難しくなった家族から隔離するような要素が強かったようです。
 
その後2000年に介護保険制度が導入され、また2011年には「サービス付き高齢者住宅」がはじまり、徐々に「施設」から「住まい」に変わり始めています。
 
 
 
要介護状態の方を対象にした施設にもいわゆる特養(特別養護老人ホーム)のような公的施設や介護付有料老人ホームのような民間施設、また自立した方向けの施設にも今話題のサ高住(サービス付き高齢者住宅)や高齢者向け賃貸住宅、公的な施設ではケアハウスなどがあげられます。
 
私もいくつかの介護施設に見学には行かせてもらったことがありますが、思っていたより清潔で思っていたより明るくて、想像していた高齢者施設のイメージとは全く違っていました。知っているようで知らないのが高齢者施設であり、高齢者の住まいなのかもしれません。
 
 
そして現在、今までのイメージを覆すような全く新しい高齢者の生活スタイルが色々と始まっているようなので、今年はそのあたりも『ちゃんとちゃんとの学校』シーズン3で学んでいけたらと考えています。
 
 
 
最近会ってない友達が「活き活きと生きる」から生活だと、そういえばよく言っていました。
 
 
 
生活は食べて、働いて、寝て、という日常生活はもちろんのこと、健康面や、趣味や勉強、自分がやりたいことが出来ることが“活き活き”と生きることにつながると思います。
 
 
 

そしてどこで誰とどのように過ごしていくのかも、大きなテーマだと思います。

昔の人に比べれば、2回分ほどの人生の時間はあるわけですから、もう歳だからなんていってないで、自分らしく「くらす」を探してみるのもいいかもしれません、もう一度生まれ変われると思って。

 

『 それしかないわけないでしょう 』

正月休みは仕事よりもはるかにピリピリする家庭で、ホラー映画よりも怖い「マリッジストーリー」を観て、やはりのんびりできる場所なんてないのだと改めて思い知らされました。

明けましておめでとうございます、2020年が始まりました。

 

 

『 brake 』

自転車にも車にも電車にも飛行機にも、動くものにはブレーキやそのようなものがあります。

 

メルセデス・ベンツの基盤を築いたカール・ベンツが1886年に作った世界初のガソリン自動車「パテント・モトール・ヴァーゲン」には革ベルトを駆動軸に巻きつけ、その摩擦によって減速するというブレーキがあったようです。

パテント・モトール・ヴァーゲンの最高速度は15km/hほどだったようですから、自転車みたいな感じだったようですがその頃からブレーキはあり、やがてドラム式ブレーキになり、ディスクブレーキ、ABS、自動ブレーキの時代になっているようです。動くことは止まることとセットになって進化してきているわけです。

 

今年のオリンピックではメイン会場となる新国立競技場ですが、そのこけら落としになるサッカーの天皇杯が元旦に行われ、ヴィッセル神戸が念願の初タイトルをとりました。

おそらくJリーグ史上最高の外国人選手であるイニエスタ率いるヴィッセル神戸が目指しているサッカーはなるべくボールを保持してパスを繋いで戦うスタイルで、あのFCバルセロナを目指していることでも知られています。

パスを繋いでいくときに大切なことはボールの受け方です、味方から来たボールを止める時の身体の向きやボールを止める位置、それが次の動作を素早く的確にするからです。

正しく止めることは次へのスタートにつながります。

 

 

『 それしかないわけないでしょう 』

絵本「りんごかもしれない」の ヨシタケシンスケ さんは大好きな作家さんの1人です。

亡くなったおじいちゃんが残したノートには死後の世界や、持っていくもの、色々なお墓をたててほしいとか、なんだかんだ楽しそうに書いてあります。

孫はおじいちゃんの気持ちを考えます、こんなに死ぬのが楽しみだったのかなぁ?もしかしたら死ぬのが怖くて書いたのかなぁ?、、そんな「このあとどうしちゃおう」はお薦めですし、前と後ろが見える宇宙人が後ろが見えない地球人を心配する「みえるとかみえないとか」も考えさせられます。

とにかく絵も可愛くみな好きですが、中でも特に好きなものが「それしかないわけないでしょう」です。

何かを始めるときや進めていこうとすると、どうせそんなことやってもうまくいかないとか、これからの世界は悪くなっていくとか、大人や社会はどんどん選択肢を狭めていく、知らず知らずに心のブレーキを踏んでしまうような空気になってしまっている。

そんなときに視点を変え、頭をリセットさせる、それは絵本を読む子どもにも、絵本を読んでいた昔の子どもにも何かを乗り越えていくヒントになる気がします。

 

 

『 break 』

“brake”と”break”は発音が似ています「ブレーキ」と「壊す」や「休む」と意味は違います。

ちゃんとちゃんとの学校ではまずしっかりとブレーキをかけて、次の場所に向けてスタートをきりたいと思っています。

 

なんとなくですが漠然と感じることが ”自分さえ良ければいい” という世界に向かっている気がします。余裕がなくなるとどんどん視野が狭くなります。

他人のことなんて気にしてる場合じゃない、それは当たり前かもしれません。

自分の家族や友人を大切にすることはもちろんのことですが、さらにもう少し先のところにあるのがちゃんとちゃんとの学校であり、シニア支援である気がします。

生きていくだけでも精一杯の時代にシニア支援は正直大変なことだとも思います。ただしそんな壁にぶつかったときには

「それしかないわけないでしょう」

と素敵なサポーターの皆さまと壁を壊せるように、そして今年は1つのカタチをつくれるよう頑張っていきたいと思っています。

2025年まであとわずかです、今年もまたちゃんとちゃんとの学校にゆるくまじめにお付き合いいただけたら幸いです。

今年もよろしくお願いいたします。

『 chant 』

「もう今年も終わりかぁ、あっという間だなぁ」

と言っている大人を見ながら、そんなことないだろう、何言ってるんだろう?と思っていたはずが、いつの頃からか「あっという間だなぁ」と思ってしまう今日この頃です。(くやしいから言わないようにしています)

 

なんだかんだでそろそろ今年も終わりそうですが、イチローが引退したり、元号が変わったり、闇営業、ラグビーワールドカップ、消費税が10%になったり、まあ色々あったわけですが、今年はちゃんとちゃんとの学校にとっても色々あった1年だった気がします。

 

『 シーズン2 』

昨年末の東京大学でのキックオフからスタートしたシーズン2では、シーズン1から取り組んできたシニア支援に携わる方々と共に学ぶスクール型の授業から、さらに前へ進めていくことが目的でもありました。

 

シニア支援につながる、より実践的なものにチャレンジをしていこう、そして1年を通してちゃんとちゃんとの学校として取り組めるものを探していく、これから育てる種を探してみる、そんな1年を過ごしてきました。

その成果が先日の学園祭でも紹介させていただいた、歩き方を学ぶ授業であり、シニアの自立支援につながるフード開発、そして100歳図書館です。

シーズン3では今年チャレンジしてきたものをより磨いていくことや、ちゃんとちゃんとの学校をまだ知らない人にも知っていただきたいとも考えています。

 

『 chant 』

チャント(chant)とは「歌う」という意味で、一定のリズムと節を持った祈りを捧げる様式を意味する、古フランス語に由来する言葉だとWikipediaに書いてありました

そしてチャントはサッカーでは応援歌のことを指します。

ゴール裏に陣取ったサポーターが柵から身を乗り出し、応援歌を歌いながらジャンプしてスタジアムを揺らします、そんなサポーターが歌う応援歌はチームに勇気を与えます。

 

誰が調べたのか知りませんが、人類が歌うということは旧石器時代からあったんだそうです。

誰かに事象を伝えることを目的とした「話す」に対して「歌う」ことは感情を表現することが目的です。

そして感情をあらわす歌は昔から誰かの願いでもあり、誰かの祈りでもあったようです。

 

『 サポーターの皆さま 』

2019年はちゃんとちゃんとの学校という存在があって良かったなぁとつくづく思った1年でした。

それはちゃんとちゃんとの学校が無ければ出会えなかった方々がいたことや、応援してくだるサポーターの方々が徐々に増えていったことが何よりもありがたいことでした。

サッカーのサポーターはグラウンドに入ると警備員に捕まりますが、ちゃんとちゃんとのサポーターは応援するだけではなくグラウンドに入って一緒にプレーするチームメイトでもあります。

仕事も年齢もバラバラな人達が集まり、楽しみながら悩みながらシニアのジリツを応援しています。なんだか分からないけどちゃんとちゃんとは居心地がいいんだよね〜と言っていただける人もいたり、忙しい時間をわざわざちゃんとちゃんとの為に割いていただいてる方々がいます。

そんな素晴らしい仲間のおかげで徐々にひろがりつつある、このちゃんとちゃんとの学校がやっぱり大好きです。

その魅力は言葉だけの理屈ではなくて、関わっていただいている人の想いみたいなものが集まっているからなんだと思います、話しているんじゃなく歌っているんだと思います。

 

ちゃんとちゃんとの学校は校舎も先生も無くサポーターの皆さまとつくる学校です、色々なサポーターで彩られたちゃんとちゃんとの学校は予測不能で魅力的で、必ずしもひとつの答えではない今の時代にとって可能性を感じています。

 

 

1年はあっという間に過ぎますから2025年までもあまり時間はありません、この活動が少しでもシニア支援に役立ち、”年齢を重ねていくことの価値”を表現できたら、サポーターの方にも「ちゃんとちゃんとの学校があって良かった」と思えるプロジェクトになるはずです。

今年も本当に素晴らしいチャントをありがとうございました。

 

 

ちゃんとちゃんとの学校ではこの1年たくさんの出会いがあり、また色々な別れもありました。

 

素晴らしい出会いには必ず別れがあります。私はどうしようもないときにはとにかく前に進もうと思っています、それが正しいかどうかは分かりませんが少しずつでも歩いていればどこかにたどり着くんじゃないかと思っています。

 

次の場所へちゃんとちゃんとの学校も進んでいきたいと思います。

1年間本当にありがとうございました、良いお年をお迎えください。