『 岡山でちゃんとちゃんと 』

 

「ちゃんとちゃんとはいいよね、雑多で」とある方に言っていただきました。私達にとって嬉しいお言葉でした。

よくわからない横文字なら、知ったかぶりをして後から必死に調べますが、”雑多”なら横文字が苦手な私でも分かります。

ちゃんとちゃんとは高齢者支援のプロジェクトですが、「高齢者」という言葉だけでは、ひとくくりにはできません。

高齢者といっても、60代と90代では30年も違いますから、親と子くらいの差があります。

親と子では好きな音楽も、ファッションも、遊びに行く場所も、食べ物の好みだって同じというわけにはいきませんから、「高齢者」という言葉もひとくくりには出来ない “雑多” なわけです。

 

『 とんがる場所 』

モノが売れないといわれている時代ですが、平均的な凡庸なものは駄目だと、売れるためには何かに特化した、他にはない、鋭くとんがったモノが必要だといわれています。

最近は、そういうものが注目されたり売れたりしているようです。それはなんとなく分かります、どうせならとことんこだわったものが欲しいし、使いたい、やはりそういうものには他にはない価値があると思います。

ただ、もっと大切なのは、とんがる場所じゃないかと思います。

 

『 岡山でちゃんとちゃんと 』

ちゃんとちゃんとの学校も、あっちに行ったりこっちに行ったりしながらも “高齢者のジリツを支援する” という目的のために活動しています。

7月13日は初めて東京を飛び出して、岡山県の歴史ある倉敷市の美観地区にある倉敷物語館にて『ちゃんとちゃんとの学校』を開催しました。

倉敷市人権啓発活動事業費補助対象事業として、特定非営利活動法人『つくぼ片山家プロジェクト』の主催で行われた今回の『ちゃんとちゃんとの学校』は3連休の初日、しかも雨の降る中でしたが、わざわざ名古屋から駆けつけていただいた方、お祭りの花火が中止になって来れた方など、40名近い、幅広い年齢と立場の方々に参加いただき、始まりました。

 

『 授業 』

司会をつくぼ片山家プロジェクトの理事(事務局担当)をされている松岡邦彦さんにつとめていただき、前半は私から授業をさせていただきました。

もし1000歳まで生きることができたら、という話から2025年問題、認知症、介護、医療費、高齢ドライバー、そういう問題に対して、できることはないだろうか?と『ちゃんとちゃんとの学校』がつくられたきっかけと、そして “3つのジリツ” をテーマに取り組んできたことを紹介させていただきました。 

 

 

また現在取り組んでいる、私と幸田さんともう1人の立ち上げメンバーの三谷さんがプロジェクトリーダーをつとめる、”高齢者の低栄養” の対策になる食品開発をするフードプロジェクトを説明させていただきました。

 

他にも正しい歩き方を学ぶウォーキングイベント、そして自分にとって人生で最高の1枚の写真を発表し伝えていく100歳図書館プロジェクト、それから全国から地域包括ケアシステムの画期的な試みと注目されている、地域の分断をゆるくつなぎ直す千葉県多古町のタコ足ケアシステム」との取り組みなどを、まあ”雑多”な、でも『3つのジリツ』に根ざした取り組みを紹介させていただきました。

 

後半は主催の『つくぼ片山家プロジェクト』の地域包括ケアシステムの新たな形になるような取り組みを、つくぼ片山家プロジェクト代表である滝口美保さんと、理事の綾部小百合さんに、対談しながらご紹介させていただきました。

つくぼ片山家プロジェクトでは、倉敷市帯高に残る能楽堂もある古民家「つくぼ片山家」の保存と、その地域の方々の集まる場所となっている片山家で文化芸術の継承に関する事業や、様々なイベントを行っています。

とっても素敵な滝口美保さんの小さな頃の写真を見せていただき、当時の貴重なお話をお聞きしました。

そして昨年岡山を襲った豪雨、悲惨な洪水被害がありましたが、片山家では江戸時代末期に起こった当時の洪水被害を記した詳細な絵図が残っているようです。

それは当時の片山家の当主が作らせたもので、天災の恐ろしさを後世に伝え、悲劇を繰り返してはならないという意味があったようです。

昔から地域の方々にとって特別な、親しみのある古民家を使っての地域の人同士の交流や、人と地域がつながるまちづくりのモデルは、地域包括ケアシステムの新しいカタチかもしれません。

 

『 長生きの価値 』

そして幸田さんから、『ちゃんとちゃんとの学校』の目指していくものと、そして歴史ある倉敷の街並みに触れながら、歴史を重ねていくことの価値についての話がありました。

倉敷の美しい街と同じように、「人も年齢を重ねることは悪いことではなくて価値がある」

資本主義の社会では、生まれた時から常に誰かと比べられ、常に競争の世界を生きていかなければなりません。誰もがそのルールの中で、知らず知らずのうちにその価値観に縛られて生きているわけです。その価値観で高齢者の方を見てしまうと、マイナスな要素がどうしても目立ってしまいます。

 

でもその考え方そのものを、これからの時代は考えなおす時期にきているのではないでしょうか?

生産性を求められる合理的な社会ではマイナスなことも、他の見方をすれば魅力に、大きなプラスになることもあります。

それは海外からも観光客が後を絶たない歴史ある倉敷の街が証明している気がします。

生産性だけを追い求めてきて「ちょっと待てよ、本当はこんなことを求めてなかったんだ」と考える人がいる今の時代において、高齢者が年齢とともに出来なくなってしまうことがありますが、それ以上に長く生きてきた経験やその深みが、生産性だけを考える薄っぺらい数字では語ることが出来ない、何にも変えられない価値があるということなんだと思います。

倉敷の美観地区で聞くからなのか、参加者の方々の熱量が高かったからなのか、迷いながらもなんとかここまでたどり着いたという感覚もあったからなのか、幸田さんの話になぜかいつも以上に感動してしまいました。

 

そして最後には参加者の方々で “年齢を重ねていくことの価値” について話し合っていただきました。様々な意見がでてきて、なんだかとても可能性と勇気が出るような時間でした。

素晴らしい参加者の方々にあたたかく見守られながら、初めての岡山での『ちゃんとちゃんとの学校』は無事終了しました。

 

懇親会では同じ倉敷市美観地区にある、障害者就労継続支援事業所の利用者の方々が商品を作っていらっしゃる『虹色商店』で作っていただいたとっても美味しいスイーツと、お酒は無いですが、お酒が欲しくなるこれまた格別なおつまみをいただきながら、とても楽しく交流を深めることができました。

 

 

『 歴史 』

イベント終了後に、岡山が地元でもある幸田さんに倉敷市の美観地区を案内してもらいました。こどもの頃に来た以来の倉敷の美観地区は思っていたより広く、思っていたより見応えがありました。

先程紹介した「虹色商店」にも見学に行かせていただきました。障害者の自立支援に取り組む協同組合「レインボー・カフェ・プロジェクト」の発案で作られた古民家を改修して作られた虹色商店は、先月開店したばかりのお洒落なお店です。魅力的な雑貨も並んでいて、ついつい衝動買いをしてしまいました。 

 

小雨の中、街を歩きながら歴史があることの価値や、時間をかけることの意味を考えさせられました。エスカレーターも歩く歩道も、自動ドアもあまりなく、人力車が走る街並みは決して便利でもありませんが、なんだかいいなぁ、やっぱり好きだなぁと思いました。

簡単に説明出来ないからこそ、価値があるのかもしれません。

 

“長生きの価値” というものは、簡単には見つからないからこそ価値がある、でも無いわけではなくまだ見つけることができていない。

それは、とてもとんがっていて他には無いものかもしれない、その価値を多用性のある “雑多” なみんなで探していくことが、あっちに行ったりこっちに行ったり、遠回りしながら探していくことが『ちゃんとちゃんとの学校』のある本当の意味かもしれません。

 

 

今回このような機会をいただいた倉敷市人権政策部人権推進室の皆様、主催いただき、細やかな準備を含めてたくさんのご協力をいただいた特定非営利活動法人『つくぼ片山家プロジェクト』の皆様、そしてなにより雨の中わざわざ参加いただいた参加者の皆様、本当にありがとうございました。

より魅力的な『ちゃんとちゃんとの学校』を皆様とつくっていければと思っておりますので、ぜひこれからも “ゆるくまじめに” お付き合いいただけたら幸いです。

 

 

私達は様々なプロジェクトを、サポーターの方々の支援のもと活動しています。

2019年度から『ちゃんとちゃんとの学校』の記念すべき1期生のサポーター募集をスタートしております。

シニアのジリツ支援に関心がある方ならどなたでもご参加いただけますので、是非皆様のご参加をお待ちしております。

詳細はこちらをご覧ください

 

 

『 こどもとちゃんとちゃんと 』

限られた人生の時間をどう使うのか? それは誰にとっても大きなテーマだと思います。

もし100歳まで生きたとすれば876,000時間をどう使うのか?

そしてそれは誰かのやりたいことではなく、自分がやりたいことであることが大切です。

とは言っても、日々のやるべきことはありますし、自分で出来ることや、出来ないこともあります。

身の回りのことや、なんやかんやで、しようと思えば出来ない言い訳をする材料も山のようにあります。

ボーっとしている間にどんどん時間は減りますから、どんなに遅いスピードであろうと、少しでもそこに向かっていたいとも思っています。

 

『 緊張感 』

仕事柄お年寄りの前で話すことには慣れていますが、若い人の前で話をすることは慣れていないので、やはり毎年緊張します。

今年で4年目になりますが、 東京大学名誉教授の眞鍋 昇先生から、いま学長補佐をされている(私の母校でもある)大阪国際大学の学生さん達の前で、話をさせていただく機会をいただき、講義をさせていただいています。

一応、専門分野は、”お年寄りとサプリメント” なのですが、日頃から眞鍋先生の栄養の講義を受けている学生さん達に、私の栄養の話なんて恐れ多くて出来るわけもなく、私の仕事の話や、これからの超高齢社会の話、サプリメントをよく食べるシニア世代の話、また、ちゃんとちゃんとの学校で始まったフードプロジェクトのアイデアや、ちゃんとちゃんとを始めたきっかけから、今までの話をさせていただきました。

 

人見知りで自分から行動しないタイプだった人間が、なんとかやってきた話ですから、役に立つかどうかはわかりませんが、とにかくやってみなきゃわかんない、とまあ、えらそーにお話させていただきました。

お付き合いいただいた学生さんと、機会をいただいた眞鍋先生には感謝の気持ちでいっぱいです。

 

『 こども 』

英国にあるロンドンビジネススクールのリンダ・グラットン教授によれば、2007年に日本で生まれた子どもについては、107歳まで生きる確率が50%もあるという話が、著書『LIFE SHIFTー100年時代の人生戦略』に書かれています。

昔に比べて日本人は長生きになりましたが、これからはさらに長生きをしていく時代になっていくのだと思うと、それはそれでワクワクします。

 

こどもが好きです、それは自分の子供はもちろんのこと、誰の子供であろうが見てると子供ってなんだか面白いなぁと、つくづく思います。

こども達に喜んでもらえるようなことをやりたいと常に考えています。それはみんなに笑われても、いつかはおもちゃ屋さんになりたいと、いまだに思っていますし、おもちゃ屋さんはやっぱり夢があります。

こどもの頃に、おもちゃ屋さんのおっちゃんを見て、面白い大人もいるもんだなぁと思ったからかもしれません。

自分自身も、できれば子供に面白そうな大人もいるもんだなぁ、と思われたいもんです。つまらない肩書きとか名誉よりもそんな大人になりたいもんです。

 

『 ちゃんとちゃんとの先には 』

お年寄りがジリツして、どんどん好きなことにチャレンジする、お年寄りのエネルギーが社会を明るくしたり、新たな文化をつくったり、そういう時代になることが大切だと『ちゃんとちゃんとの学校』ではずっと発信しています。

それは全てのお年寄りの方には当てはまらないことかもしれません。ただし、そういうジリツしたお年寄りが他の方々に与えるエネルギーだったり、同年代の方で影響される人もいるはずです。

そして子供たちが、歳をとることっていいことなんだと思わないと、これからの超高齢社会はうまくいかないと思います。あまりにも距離がある話かもしれないですが、真面目にそう思います。

尊敬する眞鍋先生が、9月に保育士の方々に栄養学の講演をされると聞きました、保育士ではないですが保育士のフリをして参加しようかと思っています。それは冗談ですが、子供に携わる人が栄養学を学ぶことは凄く大切だと思いますし、それは高齢化の問題も同じように思います。

今回の大学の講義や今週末にある岡山のちゃんとちゃんとの学校の内容を考えているときに、ふと思ったのが、高齢化の問題は子供たちの問題でもあるんだということです。

子供は親の背中を見て育つとよくいいますが、果たして子供がワクワク出来る時代がこれから本当に来るのかなぁ?と考えるとそうは言えない気がします。

まあ、私達が何かをやっても意味がないと言われるかも知りませんが、チリも積もらないと山にはならないですし、出来ることをやらないよりはやるほうがいいと思いを強くしています。

 

“子供がワクワクしながら憧れる、おじいちゃんとおばあちゃん”

そんなおじいちゃんやおばあちゃんが増えてくるような時代を私達は目指したいと思います。

 

いよいよ今週になりました、シニアのジリツ支援プロジェクト『ちゃんとちゃんとの学校』では7月13日、初めて東京を飛び出し岡山でちゃんとちゃんとの学校を開催します。是非気楽にご参加ください。

私達は様々なプロジェクトを、サポーターの方々の支援のもと活動しています。

2019年度から『ちゃんとちゃんとの学校』の記念すべき1期生のサポーター募集をスタートしております。

シニアのジリツ支援に関心がある方ならどなたでもご参加いただけますので、是非皆様のご参加をお待ちしております。

詳細はこちらをご覧ください

 

『 ジャム 』

1万枚の写真を、人はどれくらい記憶出来るのか?

そんな研究をしたのが、カナダのビショップス大学のリオネル・スタンディングという心理学者です。1万枚の写真を1枚につき5秒ずつ見せていき、どれくらい記憶できるか?

結果は、簡単に記憶できたようです。仮に100万枚で試したとしても、73万1400枚は思い出せるだろうということでした。

と、昨日読んだ『 世界最先端の研究が教える すごい心理学 』という本に書いてありました。

まさに”百聞は一見に如かず”ということがわかる実験で、言葉や文章を読むより、視覚のほうが断然記憶に残りやすいんだと思います。

 

『 写真 』

昔のアルバムを引っ張りだしてみると、刺繍のついた分厚い表紙に古びたビニールのカバーがしてあり、独特の匂いと、ページを開く度に写真を閉じるセロファンがバリバリと音をたてて、なかなかいい出来栄えの古さです。

生まれたときのミノムシみたいな写真があったり、はいはいをして家を荒らしている場面や、狭い風呂に父親と兄と入っている写真があったりします、あとアルバムを見ると、隣から母親がいちいち説明をするので、覚えているはずがない1歳くらいのことを覚えている気でいたりしますから、まあ面白いです。

写真があると会話が始まり、写真があると昔話が始まり、写真があるとその時の自分に戻ります。

実家を離れて月日が経ち、子供から大人になり、親になり、立場が変われば、昔と違う自分自身を演じなければならなくなります。

昔の自分とは変わった部分と、変わらない部分があります。でも、時にはそのルーツみたいな部分に触れてみるのも僕は好きです。

「そんなことはどうでもいいじゃないか」と昔の自分に元気づけられたり、「つまんない大人になったなぁ」と子供のころの自分に言われているような気にもなったりします。

 

『 人生最高の1枚 』

私たちが、ずっとやってみたいと思っていることの1つがシニアの写真展です。

ただ、普通の写真展ではなくその方の『人生最高の1枚』を引き伸ばして展示します、そしてたった1枚のその写真にまつわる、その人にしかない人生の物語の一端を語っていただくような、そんな写真展です。

昔の写真を見て蘇る記憶があります、昔の町や学校、幼なじみや、片想いだった人、思い出の場所、お世話になった人、もう無くなってしまったもの。

また今では考えられないような経験や、想像を絶する苦労をされていたりする方も多いですから、例えばその人と全く関係がない若い人がその話を聞いて勇気づけられたり、感動して涙を流す人がいたりするかもしれません。

何気ないお年寄りの昔の話に、実は価値があるんだとずっと前から考えていました。

そして話をする方も、有名人であれば話は別ですが、普通は自分自身の人生の一場面を誰かに話す機会は、あまりないと思いますから、それは話をする方にとってもいいことでもあると思いますし、もしかしたら映画になるような素敵な話や、絶対にすべらない話がたくさん出てくるかもしれません。

その写真展を、今年いよいよ開催出来ることになりましたので、またお知らせします。

 

『 非現実的な考え 』

冒頭の心理学の本に、面白い実験がもう1つありました。アメリカのニュージャージー州にあるラトガース大学のネイル・ウェスティンは私たちがどれだけ”非現実な考え”をしているかを、258名の大学生に対して実験しました。

 

実験では「将来、あなたが大人になった時、飲酒上の問題を抱える可能性はどれぐらいあると思いますか?」という質問と「将来、他の学生が飲酒上の問題を抱える可能性はどれぐらいあると思いますか?」という2つの質問をします。

アルコールのトラブルが自分に起きる可能性から、他人に起きる可能性を引き算してみるとマイナス58.3%だったようです。

つまり人は”自分だけは大丈夫”だと思っているようです。

他にも「自分が将来自殺未遂する可能性」と「他人が自殺未遂する可能性」を調べるとマイナス55.9%、「結婚後数年で離婚してしまう可能性」がマイナス48.7%、「40歳以下で心臓発作に見舞われる可能性」がマイナス38.4%、「性病にかかる可能性」がマイナス37.4%…と、やはり人間は自分の都合のいいように考えがちです。

それは自分自身の心が不愉快にならないように、あえて非現実的な考えをするようになっているようです。

「自分だけは病気にならない」とか、「自分だけは交通事故は起こさない」とか、多くの人が知らず知らずのうちにそう思っているということですから、思い込みは怖いものです。

もしかしたら自分も病気になるかもしれないとか、もしかしたら自分も事故をおこすかもしれないと考えることも時には大切です。

よく「自分を信じろ」とかいいますが、都合のいい自分をあまり信用しすぎないことも、大事かもしれません。

 

『 ジャム 』

ジャムといえばイエローモンキーな私ですが、ロックやジャズなどで演奏中に行う即興演奏もジャムといいます。

集まったり、一緒に練習したり、従来の曲に新しいアレンジを加えていくこと、今までの曲に新たな味付けをしていくことがジャムなんだそうです。

そのジャムの語源は、パンに塗るジャムにからきているようです。

 

よく思うことは、長生きの時代には、もっと楽しみがあっていい、もっと面白いほうがいい。

もし「早くああいうおじいちゃんになりたい」「早く素敵なおばあちゃんになりたい」、そう思ってくれる人が増えたら、もしアンチエイジングばかり追いかけるのではなくて、歳をとることがカッコいいと思えるようになれば、もしかしたら、解決していく問題は決して少なくはないはずです。

長生きの時代につけるジャムのように、新たな価値観をつくっていくのが、ちゃんとちゃんとの学校でありたいと思っています。

 

シニアのジリツ支援プロジェクト『ちゃんとちゃんとの学校』では7月13日、初めて東京を飛び出し岡山でちゃんとちゃんとの学校を開催します。

私達は様々なプロジェクトを、サポーターの方々の支援のもと活動しています。

2019年度から『ちゃんとちゃんとの学校』の記念すべき1期生のサポーター募集をスタートしております。

シニアのジリツ支援に関心がある方ならどなたでもご参加いただけますので、是非皆様のご参加をお待ちしております。

詳細はこちらをご覧ください。