『 それぞれ 』

朝起きて洗った顔を拭いたタオル、寝ぼけながら食べるパンの小麦粉、パンを焼いた安いトースター、カルディで買ったイタリアンローストのコーヒー豆、そのパンをのっけたイケアのプラスチックの皿、、、、そう考えるとパンに塗ろうとしたバター以外は日本でつくっていない。

そしていつもこのコラムを書いているiPhoneもmade in chinaですから、まあ世界は狭くなったということだと思います。

 

『 自粛と介護 』

ついこの前、大好きなヨシタケシンスケさんの「もしものせかい」を読みました。そして「もしもではないせかい」をいま世界中が経験しています。

連日イヤっちゅうほど聞く新型コロナの影響はとてつもなく、世界中で感染者が増え、ヨーロッパでは毎日多くの犠牲者の方がでています。

日本でも小学校が休みになり、クラスター(感染者集団)やオーバーシュート(爆発的患者急増)、ロックダウン(都市封鎖)なんて言葉が飛び交い、相撲は無観客になり、お笑い芸人はユーチューバーになり、新幹線や飛行機がガラガラという世界に慣れつつあります。

新型コロナウイルス感染症対策専門家会議によると、集団感染が確認された場には、3つの条件が同時に重なるという共通点があると指摘しています。

1.換気の悪い密閉空間であった。

2.多くの人が密集していた。

3.近距離(互いに手を伸ばしたら届く距離)での会話や発声が行われた。

よく取り上げられているこの3つの条件と合わせて、さらに高齢者や持病を持っている方は重症化しやすいようです。

そして感染拡大を抑えるための自粛も、一方で多くの被害を出し始めています。

知り合いの介護現場の人からは「もう大変なんてもんじゃない」と話を聞きました。介護の現場はいつも近距離での濃厚接触が当たり前で、高齢者だけではなく介護従事者にもかなりの感染リスクがつきまとう。

ただだからと言って休むわけにもいかない、介護がないと困る家族や、多くの介護施設は人もお金もギリギリの状態で運営していることを考えると、もう大変なんてもんじゃない状態だと思います。

 

『 ヤングケアラー 』

ヤングケアラーとは介護する10代のことで、通学や仕事をしながら家族を介護している15~19歳の子どもが、2017年時点で全国に推計3万7100人いるということがことがわかったようです。

毎日新聞が総務省の2017年の就業構造基本調査から独自に分析した結果は、15~19歳の介護者は3万7100人。その約8割(3万700人)が通学しながら介護をしていた。このうち4900人は「通学が主で仕事もしている」と回答したようです。

これは高齢者の介護だけでは無いわけですが、超高齢社会の日本ではますます増えていく可能性が高いと考えると、大きな問題だと思います。

 

『 自給自足 』

サッカー以外は国産が好きですが、食品から日用品、文化や芸術も日本にいながら世界をより身近に感じることができる、そんな時代になってきました。

昔はクイズ番組に優勝したらサッカー部が肩からぶら下げているような飛行機会社のバッグをもらって夢のハワイ旅行にいく、そんな憧れだった世界はいま身近になりました。

そんな便利な時代になったことは一方でコロナの感染拡大の大きな要因になっています。

 

大阪と兵庫だけでなく世界が行き来を止め始めています、先行きが見えないいま、いよいよ自給自足を考えていかないといけない気がします。

大好きなコーヒーも、素晴らしいアメリカのビタミンCも、新しいiPhoneも、もしかしたらそう簡単に入ってこなくなるかもしれません。

そしてなにより生きていくために必要な食料品も、カロリーベースで37%(2018年)と総合食料自給率がただでさえ低い日本にとっては、改めて考える機会になっていると思います。

 

『 それぞれ 』

よく間違えるのですが”完璧”という漢字は”壁”ではなく”璧”です、土じゃなく玉で、玉とは美しい石、つまり宝石のことです。

完璧という言葉は中国の昔の話から出来た言葉なんだそうです。あのキングダムの戦国七雄の時代に、趙国の王が持つ玉(装飾品)を秦王から無傷で取り戻すことに成功します。

中国語で「完璧帰趙」(元のままの玉が趙に帰る)「壊すことなく元の姿のまま持ち主に返すこと」という意味を表すようになったんだそうです。

ただ現実には、完璧とはいかないことがほとんどなわけです。

人は違います、それぞれの立場によって様々な意見があります。

それぞれに大切なものや人があり、それぞれに守るべき人やものがあります。そしていま誰もが完璧を目指せなくなっています。

共通して守るべきものは守りながら、決められたルールを守りながら生きていかなければならない。それは人によっては大きな決断をしなければならないこともあります。

当たり前の日常が無くなってしまった以上、それぞれが変わらなければならないと思います。自信が無かろうが、先が見えなかろうが、柔軟に変わらなければならないと痛感しています。

いつのまにかもう春です、どうか大切なものは失わず頑張っていけますように。

 

『 ネガティブトランジション 』

9年前には神戸にいました、15時頃にタクシーに乗り「新神戸まで」と言うと、昔ながらのマニュアルシフトの運転手さんから「新幹線は動いてへんよ、あっちはえらいことになってるよ」と言われて、初めてそんなことがあったのかと知りました。前日の夜まで仙台にいたので信じられない気持ちでした。

あれからもう9年かと思いますが、当時は余震が続くなか福島のこともあり、先の見えない不安とあの津波の映像で打ちのめされていました。

当たり前の日常がなくなってから9年が過ぎ、そしていまはコロナが日常を、今までの当たり前を変えようとしています。

 

『 ネガティブトランジション 』

いまは大好きなサッカーも世界中で中止が増えて残念な限りですが、サッカーにはネガティブトランジションという言葉があります。

ネガティブトランジションとはオフェンスからディフェンスへの切り替えのことです。

ボールを奪われた後にどうするか?ということで、すぐにボールを奪いかえすゲーゲンプレッシングという方法や、いったん自陣内に戻って守備陣形を整えるリトリート​などという方法があり、とにかくこれが上手いチームが強いチームだとされています。

ビシッとスーツを着てサイドラインに立つ監督が多い中、ユルゲン・クロップはいつもジャージで無精髭を生やし、ゴールが決まるとどのサポーターよりも全身で喜びを爆発させます。

今の時代では珍しく選手やサポーターからも愛されている監督で、現在おそらく世界で一番強いリバプールの監督です。

ヤジを飛ばすサポーターを叱りつけて応援させたり、絶対に選手を悪く言わないクロップのサッカーはいつも挑戦者で情熱的です。

全員で相手を追い回しボールを奪って全員で攻撃するこのスタイルは、はっきりいって弱者のサッカーかも知れません。おそらく選手層ではリバプールより強いチームはあると思いますが、全員が最後まで戦う姿勢と情熱がそれを上回るんではないでしょうか?

そんなリバプールは過去に歴史に残る大逆転を何度も起こし、ピンチになるときに強い、ネガティブトランジションが優れたチームです。

 

『 はやりかぜ 』

1.病人または病人らしい者、咳する者に近寄ってはならぬ

2.たくさん人の集まっているところに立ち入るな

3.人の集まっている場所、電車、汽車などの内では必ず呼吸保護器(*マスクの事)をかけ、それでなくば鼻、口を「ハンカチ」手ぬぐいなどで軽く覆いなさい

これは、だれ日で文筆家の古谷経衡さんが書いていたもので、当時の内務省衛生局が一般向けに出した「流行性感冒予防心得」の一部です。

いまから100年前、5億人が感染し4500万人が死亡したパンデミックがおこりました。いまはH1N1型と特定されている、つまりあの”スペイン風邪”のことです。

1918年にアメリカから始まったスペイン風邪は第一次世界大戦の中、世界中に拡がり多くの被害を出しました。

日本でもスペイン風邪によって、45万人が死亡したそうで、当時5600万人の人口の0.8%にもなるようですからとんでもない事態です。

当時はスペイン風邪の原因を特定する技術がまだ無かったようです。当時の研究者はこのパンデミックの原因を「細菌」だと考えていたが、実際にはウイルスであった。

当時はまだウイルスに対し全くの無力だったんだそうです。

まあ100年前のことですから現在とは全く違う状況ではありますが、今と昔では人が移動する距離が大きく変わったり、またSNSにより間違った情報も昔より早く大きく広がって混乱を起こしていたり、なんでも分かっていたつもりがそうじゃないことが分かってきて、そしてあまりにも多様化した時代はパニックになっています。

コロナも3.11も、それより昔にはスペイン風邪も同じような津波も歴史は繰り返しているわけですが、大きな何かが崩れてしまった時に日常に早く戻って欲しいという気持ちと、何かを知ってしまった以上は以前と全く同じようには戻らない気もしています。それがよりよい方向に向かうことを願うばかりです。

 

コロナ以降はシニアの方々と話す度に逆に元気をもらっています。どちらかというと若い人のほうが動揺していてお年寄りは自分の考えや価値観がしっかりしていてすごくどっしりとされている気がします。不安な方はお年寄りと話をされたらとても元気になりますよ。

先のことなんて誰もわかりませんし、過去のことをあーだこーだ言ったところで変わらないわけで、やっぱりいまのことしか変えられない私たちはピンチにどういうことが出来るか?ネガティブトランジションが大切だと思っています。

 

最初の頃このコラムを書いてくれていた高山さんがいるゆかわは自分の中では一番美味しいと思っている料理屋さんです。

そこでこれから幸田さんと作戦会議です。

 

 

『 わからない 』

中身が見えない箱に「1時間以内に50%の確率で崩壊する放射性原子」と「原子の崩壊を検出すると青酸ガスを出す装置」を入れる。そこにネコを入れて蓋をして1時間待つ、はたして猫は生きているのかどうか?

子供の頃、NHKでやっていたアインシュタインロマンという番組でこんな話がありました。

シュレディンガーの猫」という話で、えらいちっちゃい量子の世界では猫が生きているかどうかは見てみるまで分からないというのです。観察することによって結果が決まるという、まあ分かったような分からない話でした。

髭をはやしたアインシュタインの真似をした役者さんが「君は、君が見上げているときだけ月が存在していると本当に信じるのか?」と言っていました。人がいる前から物理学が成立していたのかどうか、なるほど…わからない。

 

『 センテナリアン 』

100歳以上の人口は7万人を超えていますが、100歳以上の方をセンテナリアン(centenarian)と呼び、105歳以上をセミセンテナリアン、110歳以上をスーパーセンテナリアンと呼ぶようです。

そしてそういう長寿な方々が、なぜ長生きなのか?

イタリアのセンテナリアンの調査では、ビタミンAやEを多く摂っているのが長寿の原因だとしていたり、慶應義塾大学医学部百寿総合研究センターが20年以上にわたって行っている「百寿者調査」ではセンテナリアンには糖尿病が少なく、肥満はいない、また誠実な性格であり、よく食べるなど、、などなどと特徴があるようです。

ただこれも分からないことがたくさんある気がします。

唐揚げばかりを食べているおばあちゃんが長生きしたり、ヘビースモーカーや酒飲みが長生きすることもあり、かと思えばオーガニック食品ばかり食べている人が長生きではないこともよくある話でもあります。

長生きに食べ物がどれくらい影響があるのか?精神的なストレスがどれくらい影響があるのか?ウイルスがどれくらい影響があるのか?

結局のところ大事なことはわからない。

わかったつもりでいると、実はわかってないことばかりだと思い知らされているこの頃です。

 

『 永遠 』

常に移ろい過ぎ去っていく時間に対し、不変のものをあらわす「永遠」。

確かに言葉は存在しますが、そんなものは今まで見たことがありません。

生きているとときには、ずっとこの時間が続いてくれたらいいのになぁと思う瞬間があります。

でもそんな時間も永遠というわけにはいかず、過ぎ去った時間を悔やんだり、思い出したり、でもそんな時間があったことは良かったのだと考えるようになったり、そんなことをしながらその思い出を漬物みたいに長く保存させていきます。

生きていく時間が長ければ長いほど喪失感は増えていくのだと思います。

でもそれはもっていたからこそ失うわけですから、失う悲しみと一緒に永遠に続いて欲しかった時間があったという事実も、喪失感には含まれているのだとも思います。

何歳になっても、大切な人ほど、こういうときになんて言葉をかけたらいいのか、わかりません。

 

『 わからない 』

出口の見えない新型コロナウイルスの影響で、テレビではそのニュースばかりで、誰もが感染症対策をして、マスクが無くなり、出張先ではあれだけいた外国人の姿もほとんど見かけることがなくなり、テレワークになる企業も出てきて、各種イベントも中止が後をたたない、そんな状態です。

誰しも気をつけなければいけませんが、特に高齢者の方々は気をつけていく必要がありますので、普段からご高齢の方々と接することが多いちゃんとちゃんとの学校の皆さまも頑張っていらっしゃると思います。

 

こういう大きな問題に直面すると、これからの生活のスタイルなども変わらざるをえない気がします。

在宅で仕事をする人が増えたり、通勤ラッシュが減ったり、感染症対策がより普及したり、やはり何かがないと変わらないということなんじゃないかと思います。

わからないことは不安ですし、だからこそ学んでいくしか対策を考えるしかないんだとも思います。

ちゃんとちゃんとの学校でシニア支援プロジェクトとして、微力ながら何か出来ることはないだろうかと無い頭を振り回して考えています。

あーわからない。