『 100歳図書館@倉敷 』

人生は重い。小説や映画だと太刀打ちできないかもしれない、その空間にいないと分からない、肌感覚で伝わってくる凄みがありました。

9月14日、岡山県の倉敷市で行われた初めての『100歳図書館』は、私達が想像したものを遥かに超えていきました。

 

『 100歳図書館 』

ちゃんとちゃんとの学校を始める前から、幸田さんとやりたかった企画が『100歳図書館』です。

人は誰もが、その人にしかない人生の物語があります。ただ自分の人生を語る場所や機会は限られた人にしか与えられないのではないでしょうか?

気心の知れた友人や、家族であってもあらためて自分の人生を語るなんていうと、かえって難しいと思います。

 

そこでそういう場所や時間がつくれたら素晴らしいんじゃないかと、それは今までは価値がないと思われていたかもしれない人生のストーリーを、誰もがわかるような価値として表現出来るかも知れない、また普通に生活していると交わることがない見ず知らずの人の人生が、世代を超えて誰かの生きるエネルギーになるかも知れない、と思っていたからです。

ただ何もないと話をするのは難しいですから、そこで自分の人生最高の1枚の写真を使いながら、自分の人生を一冊の本を読むように語るという、デンマークで始まったヒューマンライブラリーの要素を取り入れながら作っていく、シニア世代の人生の図書館が『百歳図書館』という企画です。

 

『 わたしものがたり 』

今回は「100歳図書館 @ 倉敷 /
わたしものがたり 〜写真で語ろう!地域と私の物語〜」というタイトルのもと、古民家再生を軸にしながら地域包括ケアシステムの新たな形として地域福祉やコミュニティづくりに取り組んでいらっしゃる「NPO法人 つくぼ片山家プロジェクト 」様の主催で開催されました。

地域にお住まいの有志8名の方に人生を語っていただく”ストーリーテラー”として「人生の大切な1枚の写真」をもとに、人生の豊かさを語り合う「対話の授業」として行うことになりました。

今回初めて開催されるにあたり、どのような写真を選び、どんなことを伝えていただくのか、開催当日までにつくぼ片山家の方々にご協力いただき、ストーリーテラーの方々と一緒に写真の選定までしっかりと準備をしていただきました。

またどうしても話が止まらなくなってしまうことがあったり、若い世代の方には分からない言葉や表現があったりするとうまく伝わらないこともありますから、今回はお話するストーリーテラーの方々にはそれぞれに優秀な担当者の方についていただき、よりスムーズに進行出来るようにサポートしていただきました。

そして、2歳から80代の方まで参加された100歳図書館が始まりました。

 

『 新しい価値 』

3つのグループに分かれて、参加者の方々がストーリーテラーの方を囲むように座り、それぞれの担当者の方に導かれながら、ストーリーテラーの人生の物語がいよいよスタートしました。

ストーリーテラーの方が写真を見せながら話を始めます、自己紹介をしたときとは明らかに顔の表情が変わり始めます。

時代がタイムスリップしてその時代にいくような気分になるからなのか、いつもの忙しない時間とは真逆の、静かでまるで時間が止まったような不思議な時間が始まりました。

そしてひと段落すると、参加者の方が質問をしていきます。ついさっきまでは顔も名前も知らないもの同士が、もしかしたら家族や恋人にも話さない内容を話していたりしますから、これは不思議でした。そして何か深い場所で通じているようでもありました。

ある方はご両親のことを語り、ある方は学生時代は本が好きで図書館の本を読み尽くした話、ご主人との出会いなど、まあたくさんの色々な話が出てきます。

これは文章にすると伝わらない、その場所にいなければ分からない感覚がそこにはありました。

 

なぜ、知らない人の人生の話がこんなに重く心に響くのか?

 

 

『 モノローグとダイアローグ 』

ストーリーテラーの方々には、最後に参加者の方がメッセージカードを贈りました。

まだまだ話し足りない、まだまだ聞きたいというなか、無事終了しました。

 

最後につくぼ片山家の理事で茶屋町在宅診療所の亀山先生から今回の試みの可能性についてお話がありました。 

いま医療の分野でも注目されていることが、ダイアローグなんだそうです。

『ダイアローグ』dialogとは英語で(対話)という意味で使われるようで、その反対の言葉が『モノローグ』monolougeとは語源がラテン語のmono(ひとつ)とlouge(話)を組み合わせた言葉で「独り言」という意味があるようです。

『ダイアローグ』「対話」が精神疾患の薬を減らしたり、病状が良い方向に向かったり、また子どもの様々な問題や、子どもをもつ親御さんの問題など、世代を超えて多くの問題を解決してくれる効果があるのではないかと期待されているようです。

そして今回の試みが生み出す「対話」が世代間のギャップを超え、地域を元気にする可能性があるのではないかとお話していただきました。

 

今回の100歳図書館は、人生を語るストーリーテラーの方だけではなく、参加者の方もその人生の一場面に触れたとたんに昔を思い出したり、何故だか涙ぐんだり、やる気がみなぎったり、生きる喜びみたいなものを感じたりします。

 

正直、そんな素晴らしいものがこんな身近にあったんだという驚きがそこにありました。

始まる前に幸田さんが海外旅行に行くより価値があると言っていたものが、終わってみればすぐそこにありました。 

 

ちゃんとちゃんとの学校では、こんなに素晴らしい『100歳図書館』を、もっと魅力的に磨いていく予定です。

そして日本全国で『100歳図書館』をヴィンテージな移動図書館として開催できたらと考えています。

そして12月15日の東京大学でも皆さまに進化した形を披露する予定です、是非楽しみにお待ちください。

 

今日は、今年の敬老の日は偶然にも母親の誕生日でした。少し怖い気もしますが母親の100歳図書館も、隠れて聞いてみたいと思いはじめました。

 

『 ありがとうございます 』

最後に、当日の運営、事前の打ち合わせや、準備から何から何まで多大なるご協力をいただいた「NPO法人 つくぼ片山家プロジェクト 」の皆さま。

ストーリーテラーの方が話しやすい環境をつくっていただいた進行役の皆さま、わざわざ愛媛から来てくれたちゃんとちゃんとのお2人、そして何より、8人の素晴らしいストーリーテラーの皆様のおかげで、素晴らしい第一回目の100歳図書館となりました。

本当に本当に、ありがとうございました。

 

『 蹉跌 』

「やはり醜の裏打ちのない美は美ではなく単に綺麗なだけなのか」

天才的なサックス奏者、スタン・ゲッツの伝記『スタン・ゲッツ―音楽を生きる―』(ドナルド・L・マギン)の書評からの抜粋で、書いたのはあのタモリさんです。

1927年にアメリカのフィラデルフィアで生まれた、ジャズテナーサックス奏者スタン・ゲッツは10代からプロとして活躍するような天才だったようです。

音楽家としての成功の反面、私生活はボロボロだったようです。

麻薬中毒、結婚相手も麻薬中毒、アル中、暴力、自殺未遂、強盗未遂、ヘロイン中毒で実刑、離婚裁判、収入のほとんどが麻薬代に消えていたようですから、まあめちゃくちゃです。

正直ジャズなんてよく分からないですが、なぜそんな人が美しい演奏ができるのか?

平凡な人生を送っていると、たどり着けない表現があるんでしょうか、良いか悪いかは別として、なんだかんだと色々あった人の方がなぜだか心に響く気がします。

 

『 ヴァーディ 』

「拒絶されることは終わりではなく旅の始まりだ」

と言ったのはイングランドのサッカー選手であるジェイミー・ヴァーディです。

15歳でプロの道を断たれた後も、町工場で汗まみれになりながらアマチュアとしてプレーし続けます。

8部リーグから頂点のプレミアリーグに上り詰め29歳にしてデビュー、そしてレスターという絶対優勝しないようなチームを優勝に導き自身は得点王になりました。

若くから注目されてスーパースターになっていく選手もいる中で、29歳というサッカー選手としては遅咲きでありながら、夢を諦めなかったヴァーディのゴールの数々は、美しいスーパーゴールが多いのも特徴です。

たくさんの経験と数多くの挫折が、より人を輝かせるのかもしれません。

 

『 生きられない 』

ビリー・ブラウンは5年の刑期を終えて出所する。お金もない、女性と付き合った経験もない、性格は神経質でわがままで見栄っ張りなダメ男です。親に結婚したと嘘をついて見ず知らずの女性を誘拐して妻のふりをさせます、ほんとにめちゃくちゃです。

そんなビリーにも一つの目的があります。それは自分に多額の借金を背負わせた相手を殺して、その後に自分も自殺することです。

映画『バッファロー66』は1998年に公開されたインディーズ作品です。主人公ビリー・ブラウンを演じるのがこの映画で監督や脚本も書いているヴィンセント・ギャロです。そして一部でこの映画は彼の自伝的作品ではないかともいわれています。

 

そんな映画『バッファロー66』での追い詰められたビリーの言葉が「生きられない…」です。

世の中に絶望したり、死のうとしたときに初めて気付くこと、こんなくだらない世の中で死ぬほうが馬鹿らしい。

そんな気持ちにさせてくれる映画で、好き嫌いはあると思いますが個人的には大好きです。

 

『 9月1日 』

中高生の自殺率が最も高い時期が、夏休み明け9月1日前後だといわれています。(自殺総合対策推進センター2018年8月発表)

そして自殺率は10代の自殺率だけが近年増加しているという結果が出ているのは、大きな問題だと思います。 

よく思います、人生はそんなに素晴らしいものなのか?

メディアに取り上げられるような成功者、いわゆる社会的な勝者は氷山の一角で、成功者の下には数え切れない敗者がいるわけです。そして運良く成功者になったとしても、成功するまでにはそれ以上の失敗を経験しているはずです。

良いことよりはるかに悪いことの方が多いのが、みんなが躓いているのが人生なのかもしれません。

 

 

『 蹉跌 』

目まぐるしいスピードでアップデートされる時代に置いていかれないように必死に頑張ってついていき、周りの目や価値観ばかりを気にして生きていくのは疲れてしまいますし、不幸せです。

よく自慢話ばっかりする人がいますが聞いてる側からすれば、そんなの大して面白くないわけです。それより失敗した話の方が、恥ずかしかった話の方がはるかに面白いし、みんなを笑顔にしてくれる気がします。

まあ、笑い話にまでするには少しばかりは時間がいりますが、、

 

そんな時代だからこそ、お年寄りの出番だと思っています。

シニア世代の方の話がなぜか大好きです。正しいかどうかなんてどうでも良くなるような、その人にしか出せない味があります。

それは長い人生でたくさんの失敗を経験してきたからかもしれません。普段はニコニコしているお年寄りも実は今では考えられないような大変な過去があったりすることがたくさんあり、ほんとに面白いです。

絵の具を何度も何度も塗り重ねてきたような、色んな色が混ざり合ってつくられた人生の経験値はいまの時代には必要で、あらためて価値を見い出すべきだと思います。

嵐の中を飛んできた翼には、これから巣立つ鳥には飛び立つヒントなんかがあるはずです。疲れてしまった心に元気を与えたり、ほっこりさせてくれる、生きづらい時代のビタミンになるはずです。

 

『 敬老の日 』

ちゃんとちゃんとの学校では敬老の日には何かしたいなぁと、ずいぶん前から考えていました。そして幸田さんとちゃんとちゃんとの学校を始める前からやりたかった「100歳図書館」という企画をついに開催することになりました。

シニア世代の方々の人生の一場面から、元気をもらえるような写真展を9月14日に開催します。

ちゃんとちゃんとの学校の授業「100歳図書館」企画にご賛同いただいた NPO法人つくぼ片山家さん(岡山県倉敷市)とコラボ開催させていただきます。

地域のシニアの方有志8名のストーリーテラーが、若き幼き頃の「最高の1枚の写真」を見せながら、地元倉敷市の小学生達に世代を超えて楽しく語り合う授業です。

場所は 岡山県倉敷市の 由緒ある古民家であり、地域包括ケアの拠点「つくぼ片山家」にある能楽堂を使っての授業になります。

【詳しくはこちら】

わたしものがたり」 ~写真で語ろう!地域とわたしの歴史~(ちゃんとちゃんとの学校 100歳図書館@くらしき)

 

そうこうしているうちに今年も、もうすぐ敬老の日を迎えます。

 

私達は様々なプロジェクトを、サポーターの方々の支援のもと活動しています。

2019年度から『ちゃんとちゃんとの学校』の記念すべき1期生のサポーター募集をスタートしております。

そして追加募集も始まりました!

シニアのジリツ支援に関心がある方ならどなたでもご参加いただけますので、是非皆様のご参加をお待ちしております。

詳細はこちらをご覧ください

 

 

 

 

 

 

 

 

『 処暑 』

 「処暑」(しょしょ)とは1年を季節ごとに24等分した二十四節気のひとつで、今年は8月23日〜9月7日が処暑にあたるようです。

つまり夏の終わりです。

“夏の終わり” なぜか言葉にすると切ない気持ちになったりします。他の季節ではそうはならないのに、やっぱり子供の頃に夏休みが終わるのが、よっぽど嫌だったからなんでしょうか?

 

『 Instagram 』

シニア支援プロジェクト『ちゃんとちゃんとの学校』では、様々な立場の方にシニア支援に関心をもっていただいたり、お仕事の合間なんかにでも、ゆるくでも関わっていただきたいと常々思っております。

そのひとつとして、インスタグラムを昨年末よりスタートしています。

ちゃんとちゃんとの学校インスタグラムでは、活動の一端やシニア支援に興味をもっていただけるような投稿を、介護現場の最前線でも活躍されている事務局の清水絵理さんにお願いしています。

 

『 本の紹介コーナー 』

そのインスタグラムで人気のコーナーでもあるのが、ちゃんとちゃんとの学校の清水絵理さんオススメの「本の紹介コーナー」です。

様々な角度から、シニア支援をより身近に感じていただけるような書籍を紹介していただくコーナーです。

超高齢社会を迎えているいま、知っておくべき情報や、老いや認知症やエイジズムにいたるまで幅広く、そして決して暗い話題ばかりではなく、時にはユーモラスに伝えてくれる、そんな素敵な本の数々を紹介してくれています。

そしてそのコーナーを、これからはオンラインクラスにて、より詳しく清水さんから動画にて紹介していただくことになりました。

 

先日は1回目の収録をしましたので、是非楽しみにお待ちください。

 

 

そしていつまでたっても苦手な動画撮影で、思っていたように伝えられなかったことをここに書かせていただきました。

 

スマホの前で話せと言われても、、ねえ、、以上言い訳でした。

 

 

『 あと4ヵ月 』

8月も終わりに近くなって、実質あと4ヵ月ほどで今年も終わりです。

そして『ちゃんとちゃんとの学校シーズン2』も年末に向けて様々な活動が進行中です。

まずはフードクラスでは、高齢者の低栄養の対策になる商品開発をスタートしています。

プロジェクトリーダーの三谷さんのミタニホールディングスさんの全面協力によるこのプロジェクトでは、サポーターの方々と商品開発をしてしまおうというプロジェクトです。

シニアに関わる人で作り上げる商品を、試作品の試食会や、レシピ作り、商品のネーミングのアイデアなども考えていくという、なかなか経験できないことが手軽に体験出来る魅力的なプロジェクトです。

このプロジェクトの記念すべき第一弾の商品は『ふりかけ』です。

そしてその最初の試作品が出来ました!

フードクラスのサブリーダーでもある河野ひなさんから試作品の紹介がありました。

 

その模様もまたオンラインクラスにて紹介していますので、サポーターの方々も気軽に商品開発に関わってみてください。

他にも9月14日に開催するシニアの写真展や、多古町とのマップづくり、大阪での『ちゃんとちゃんとの学校』の開催、などなど12月の東京大学での『ちゃんとちゃんとの学校』に向けて、様々なプロジェクトが進行中です。

詳しくは、慣れないYouTubeでグダグダになりながらもご紹介しておりますので、お暇な時に、温かい目でご覧になっていただき、是非一緒に、ゆるく関わってみてください。

 

『 夏の終わり 』

夏が終わると秋ですが、海外では9月から新学期という国が多いようですし、秋はスタートの季節でもあります。

今から40年前の1979年、当時の大平総理は財政再建のため「一般消費税」の導入を提唱しますが失敗します。

その10年後、今から30年前の1989年に竹下総理が3%の消費税を初めて導入、22年前の1997年に5%に、5年前の2014年に8%、そして2019年、いよいよ今年の10月から消費税が10%になります。

自販機でジュースが100円で買えなくなってから、もう30年も経つわけです。

平成元年からスタートした「消費税」ですが、その理由は、贅沢品にかかる物品税が、生活水準の上昇により時代に合わなくなってきたことや、所得によって納める金額が変わる所得税と、誰もが平等に納める消費税を取り入れることにより税制全体のバランスがとれること、そしてなにより、これからの高齢化社会の財源を確保するために「消費税」が始まったようです。

高齢化社会の問題、それは40年前からすでに問題になっていたわけです。

 

そして今回の消費税率の引き上げによる増収分は全て社会保障に使われます。

具体的には、現在の高齢者3経費(基礎年金・老人医療・介護)といわれている高齢者を中心にしたもの、そして社会保障4経費(年金、医療、介護、子育て)という、次世代のサポートのために使われるとのことです。

この景気の中での増税、果たしてどれだけ税収が増えるのか?そして10%に上がった後もなお、財政面は不十分でそれで全て解決するわけではないようですから、それは中二病な私でもこりゃまずいなぁと思うわけです。

 

『 SF 』

お盆休みに久しぶりにSF小説を読みました。中国のSF作家の劉慈欣(りゅう・じきん)の『三体』という小説で、世界的なSF文学賞ヒューゴー賞を受賞して話題になっていた本でした。面白くてあっという間に読み終えました。

SFはただのフィクションと比べ、もしかしたら将来は似たような事があるかもしれないと思わせる、そんな面白さと怖さがあり、それが魅力でもあります。

幸田さんの誕生日に自分が読みたかった『DEATH「死」とは何か?』という辞書みたく分厚い本を、誕生日に渡す題名じゃあないなぁと思いながら、なんとなくプレゼントしましたが、そのついでに買った本がなかなか面白かったです。

題名は『アシモフの雑学コレクション』もちろん書いたのはあの有名なSF作家アイザック・アシモフです。

題名のままですが、様々な雑学が分野ごとに書かれていて、その中にこんなテーマがありました。

“奇妙な規則、法律、および習慣”

【アメリカの国税局は、家のなかにエレベーターをつけると、何千ドルであろうが必要経費としてみとめ、課税額から控除できる。しかし、地下室の運動のための設備としての、暖房や照明の危惧は、決してみとめない。

処方箋によって買った薬が、常用癖のつきやすいものであっても、必要経費。しかし、食事では不足がちのビタミン剤となると、だめ。

美容整形。しわとり、バスト、まぶた、鼻など、なんであろうと必要経費。しかし減量や筋肉のためのヘルス・クラブは、会費はもちろん、往復の費用もだめ。

タバコの関連企業の宣伝費は、必要経費あつかいだが、個人が禁煙の講習を受ける費用のほうは、だめ。】

 

もうすぐ夏が終わります、意味のある増税に、そして、少しでもそれぞれが自立していくことしか、道はないのかもしれません。

 

 

私達は様々なプロジェクトを、サポーターの方々の支援のもと活動しています。

2019年度から『ちゃんとちゃんとの学校』の記念すべき1期生のサポーター募集をスタートしております。

そして追加募集も始まりました!

シニアのジリツ支援に関心がある方ならどなたでもご参加いただけますので、是非皆様のご参加をお待ちしております。

詳細はこちらをご覧ください