『 ナマケモノ 』

英語でスロー( sloth )「遅い」、スペイン語でペレソソ( perezoso )「だらけている、ぐうたら者」と呼ばれるナマケモノは、名前の通りずっと木にぶら下がったままほとんど動きません。

食事や睡眠、交尾や出産も、木から逆さまにぶら下がったまま行い、長い場合は20時間も寝ているようです。

多くの哺乳類は体温を一定に保つ恒温動物で、体温を一定に保つためにエネルギーを必要とします、つまり食べなきゃなりません。一方でナマケモノは体温が25~35℃の間を変化する変温動物です。

他の動物が、体温を保つためにエサ探しを頑張っている間、ナマケモノだけはのんびりできるということです。

 

『 トイレ 』

少し憧れるナマケモノの暮らしにも意味があり、危険に対してゆっくり反応することで却って天敵の眼から目立たなくなるようです。

そしてほとんど木から降りないナマケモノが唯一、地上に降りて活動する時があります。それが週に一度のトイレなんだそうです。

なぜわざわざ危険な地上に降りるのか?

なぜトイレのときだけ地上に降りるのか?

その疑問に対する答えが英学術専門誌「英国王立協会紀要(Proceedings of the Royal Society B)」に紹介されています。

ナマケモノの体には、「ナマケモノガ」と呼ばれている小さな蛾が住んでいるようです。

ナマケモノが地面に降りて排便するとき、この蛾がナマケモノの糞に卵を産み付ける、やがて幼虫になり、成虫になって再びナマケモノの体に向かう。

ナマケモノの体に住むナマケモノガの排便が肥料の役目を果たし、そこに雨水があたりやがて藻が繁殖します、その藻をナマケモノが食べる。

つまりナマケモノにとって貴重な栄養源になるわけです。

これが危険をおかしてでも、わざわざトイレで地上に降りる理由であり、いつもダラダラと怠けられる理由なんだそうです。

 

『 心の風邪 』

何をしていても楽しくない、興味がわかない、虚しい、意欲の低下、悪いことばかり考えてしまう、イライラ感がつのる、これらを医学的に「抑うつ症状」といいます。

そしてこれが “心の風邪” といわれる「うつ病」の主な症状です。

20年前と比べて3倍近く増えている「うつ病」は2017年に127.6万人と過去最多を更新しています。

背景として「うつ病」という病気が知れ渡ったことにより病院に行く人が増えたことや、昔に比べて過度なストレスがかかるようになったことなどが原因だと言われています。

 

『 老人性うつ 』

高齢者の”うつ”のことですが、認知症や老化と間違えやすく、放置してしまって悪化することも多々あるようですから注意が必要です。

高齢者のうつの基礎知識」(厚生労働省)に詳しく書いてありますので参考までに。

年齢を重ねるということは心身の変化だけではなく、自分自身を取り巻く環境や関わる人も変わっていきます。

長年勤めていた職場を離れたり、大切な人との別れなど、今までの日常が崩れていきます。 

当たり前だったことが無くなる、それは孤独を感じたり、不安を感じたり、大きなストレスになるのではないでしょうか。

そしてそれは誰にでも起こりうることではないでしょうか?

 

『 まわり道 』

私だけかも知れないですが、人間は基本的にナマケモノだと思います(私だけかも知れないですが)。

面倒くさいことはやりたくないし、なるべくなら楽をしたいもんじゃないかと思います。

寝坊したり、サボったり、ズルしてみたり、時にはそんなことをしてしまうのも人間らしいと思います。

長生きな時代だからこそ、こうでなければならない、こうしなければならない、ならない、ならない、だとどうしても窮屈です。

誰もが完璧ではなく、誰もがスーパーマンでもないわけです。

 

夏休みで田舎に行くたびに感じるのは、のんびりした時間や人のおおらかさです。

本数が少ない電車や、お盆休みには閉まるお店やガソリンスタンド、時々だからいいのかもしれませんが、都会より便利ではないけどはるかに居心地がいい。誰かが無理していない感じがいいのかもしれません。

 

“人生は遠回りしたほうがいい” と昔、誰かが言ってました。

日に日に便利に効率的になる世の中で、ただひたすらに前に進む時代から、より人間らしく生きていくことの価値が再発見されている気がしますし、その方が結局は効率もいいような気さえします。

 

最後にアメリカのカンザス大学などが、貝類などの代謝率と絶滅の関係を調査したところ、代謝率が低い「怠け者の種」ほど、生き残る確率も高くなるということがわかったようです。

人は貝ではありませんが、時にはナマケモノを見習ってみるべきかも知れません。

 

 

 

私達は様々なプロジェクトを、サポーターの方々の支援のもと活動しています。

2019年度から『ちゃんとちゃんとの学校』の記念すべき1期生のサポーター募集をスタートしております。

そして追加募集も始まりました!

シニアのジリツ支援に関心がある方ならどなたでもご参加いただけますので、是非皆様のご参加をお待ちしております。

詳細はこちらをご覧ください

 

 

『 老人と海 』

わざわざ言うことじゃないですが、それにしても暑い。

2017年に熱中症が原因の死亡者数が635人、そのうち65歳以上が496人。

熱中症で死亡する78.1%が高齢者です。

(厚生労働省 熱中症による死亡数 人口動態統計より)

高齢者が熱中症になりやすいのは、身体の感覚が鈍くなり、暑さや喉の渇きを感じにくくなること、また身体の水分が不足しがちになっていること、などが原因と言われています。

当然ですが水分補給を忘れずに、この時期だけは無理せずダラダラ過ごして、しばらく続くこの暑さを乗り越えましょう。

 

『 老人と海 』

佐野誠一さんは84歳のサーファーです。

サーフィンを始めたのは4年前で80歳になるまで全くサーフィンなんて興味がなかったようです。

そんな記事が載っていた雑誌『TOKYO GRAFFITI』の中で佐野さんは

「三日坊主でいつ辞めちゃってもいいと思っているから、新しいことができる」

と書いてあり、なるほど三日坊主もそれほど悪いことじゃないなぁと、勝手に安心しました。

 

84日間も不漁が続き、漁師仲間からも馬鹿にされている老人サンチャゴが、今日こそは大きな獲物を捕まえようと早朝から海に出ます。

5メートルを超える大きなカジキとの死闘や、不漁続きで自信を失いかけた彼を気遣う少年などとの交流が描かれているアーネスト・ヘミングウェイの名作『 老人と海 』。

「きっときょうこそは。とにかく、毎日が新しい日なんだ」と漁に出るサンチャゴが言う場面があります。

“毎日が新しい日”

そりゃ、そうですが今日という日は二度となく、そして苦しい時にいかに自分を信じ続けることが出来るのか?、果たして自分だったなら??、と考えさせられる名作です。

 

『 魔女の宅急便 』

84歳になる角野栄子(かどの・えいこ)さんは、児童文学のノーベル賞と呼ばれる「 国際アンデルセン賞 」を受賞した童話作家です。

今から30年前、1989年に公開された映画『 魔女の宅急便 』は角野栄子さんの『 魔女の宅急便 』(全6巻あるうちの1.2巻が映画)が原作です。

角野栄子さんはそのカラフルなファッションや、思わず憧れてしまうようなライフスタイルなども近頃よくメディアで取り上げられています。

私も個人的に角野栄子さんのインスタが、とっても自由で自然体で素敵だなぁと思って拝見しています。

 

 

『 幸齢者 』

2018年の日本人の平均寿命が発表されました、女性が87.32歳、男性が81.25歳。

この数字は過去最高だと、厚生労働省が先月の30日に発表しました。

男女合わせてだいたい84歳まで生きているわけです。

昔の人からすれば信じられない84年もある長生きの時代には、ライフスタイルも選択肢が増え、またやりたいことも失敗しようが、何回だってやり直しもききます。

年齢に関わらず自分の気持ちに素直で、物事を悪く考えない、そういう方達はとにかく明るいと感じますし、若い人にも負けないくらい生命力があってカラフルです。

そして新たな時代の生き方を教えてくれている、そんな気がします。

 

「私は自分を大器晩成型だと勝手に決めていて、だから歳をとればとるほどいろんなことが良くなるような気がします。

まあ、毎日それなりにいい加減に一生懸命なんですね。だから自分は高齢な幸せ者。“幸齢者”とでも言いますかね。」

とは、冒頭の84歳のサーファー、佐野誠一さんの言葉です。

なるほど、”幸齢者” いいですね。

 

 

私達は様々なプロジェクトを、サポーターの方々の支援のもと活動しています。

2019年度から『ちゃんとちゃんとの学校』の記念すべき1期生のサポーター募集をスタートしております。

シニアのジリツ支援に関心がある方ならどなたでもご参加いただけますので、是非皆様のご参加をお待ちしております。

詳細はこちらをご覧ください

『 GAP 』

テキパキと仕事が出来てクール、でも本当は少しオタクで変わり者という人が好きですが、人は見た目やキャラクターと違う一面が垣間見れると、より魅力的に見えることがあります。

プロレスラーが編み物が趣味だったり、偉い先生が漫画好きだったり、そのほうが、奥行きを感じたり、人間っぽくて親近感がわいたりするのかもしれません。

 

『 GAP 』

世界的なアパレルブランド『GAP』の名前の由来は、創業者の夫婦が友人たちと“ジェネレーション・ギャップ”について討論していたときに思いついた名前なんだそうです。 

世代間のギャップをつなぎ合わせる存在として、世界的なブランドになっています。

 

ノーマル、ハイポジ、メタル、クローム、というと私の世代は “カセットテープ” だと分かりますが、若い人はカセットテープなんて知りません。今は当然のようにスマホに音楽が入っていますが、昔は音楽を聴くならレコードかカセットテープの2択でした。

フリスビーより大きなレコードを傷つけないように丁寧に取り出して、33か45に回転数を合わせて針をおろす、音飛びしないように暴れずに聴く、そういえばそんなことをしていました。ただレコードは持ち運びができないの車で聴けないのと録音が出来ないので、手軽に聴くには専らカセットテープでした。

空のカセットテープにテレビの歌番組の音楽を録音して聴くのですが、ただでさえ性能が悪いカセットデッキをテレビにくっつけて録音するので、音が悪いのは当たり前で、家族の雑談や食器洗いの音とかが入ってしまって、その出来上がりに落ち込んでいたのを覚えています。

その後、CDが出たときは衝撃的でした、神戸の三宮で最初に買ったCDラジカセでマイケルジャクソンのCDを聴いたときは感動しました。なんていい音なんだと、もちろん食器洗いの音なんて入ってないわけです。 

CDからダビングした好きな音楽をカセットに入れて、プレイリストを作ったり、ウォークマンに入れて好きな音楽を聴きながら街を歩いたり、CDチェンジャーを積んだ車でドライブしたり、、、こんなことは若い人にはほとんど分からない話だと思います、ジェネレーションギャップです。もちろんカセットテープだけの話ではありません。

 

『 世代間ギャップ 』

勉強しないでYouTubeばっかり見ている子供に、あんなのが何がそんなに面白いのかなぁ?と思っていましたが、そういえば自分自身も子供の頃に「テレビばっかり見てないで勉強しなさい」と言われてましたから、結局同じようなもんかもしれません。

「YouTubeはもういい加減にしなさい」と言いたい気持ちをおさえて子供に色々教えてもらうと、これがなかなか面白いので、なるほど、これは見たい気持ちも分からないではないと少し理解しました。

おそらく子供としてはYouTubeも知らない大人に一方的にダメと言われても、反発するだろうし、親も自分がよく分からないものを知ろうともせずに否定しても結果的にうまくいかないことがありますから、やっぱりお互い理解しようとすることが必要なのかもしれません。 

「昔はこうだったんだから、あなたもこうしなさい」というだけでは、ちょっと足りないのかもれません。

 

『 当たり前の怖さ 』

当たり前のようにビールで乾杯して、当たり前のように残業して、当たり前のように理不尽な上司がいて、訳の分からない会社の方針に従って生きていく、社会人はそれが当たり前だと教えられてきた世代、私もその世代です。

今の人とは全く違います。なぜ飲み会に出なきゃいけない?、なぜ無能な上司の言うことを聞かなきゃならない?、そんな話をよく聞きます。ただ、それは昔の世代の人も思っていたことじゃないかと思います。ただそういうことを表立って言えない空気感があっただけじゃないかと思います。

昔は当たり前だったことが、最近では非常識なことになっている、誰もが手軽に様々な情報を知ることが出来るようになり、また発信することができるようになったいま、偏った企業の考えは表面に出始め、それは笑いを売るはずの大企業が笑えない状態になっていることも然りです。

 

一方でコンプライアンスでどんどん潔癖症になっていく社会もどうかと思いますし、かといって公私混同でパワハラが横行する社会はもっと問題ですから、多種多様な時代だからこそ業種や企業ごとに時代にそったスタイルに変わっていく、ちょうどいいバランスを探している、そんなタイミングだと思います。

当たり前のように1日をこなし、それが続いていくと、ずっと変わらないと錯覚してしまいますが、同じく当たり前のように時代は流れていますから、ずっと今まで通りとはいかないわけです。

問題は変わろうとしない人達かもしれません。

まあ偉そうに威張っている人ほど、随分と時代錯誤になっている気もします。

 

『 Ageism 』

エイジズムとは年齢を理由にして人を差別する考えとして1969年にアメリカの老年医学者ロバート・バトラー(Robert N Butler)によって初めて使われた言葉です。

「年をとっているという理由で高齢者たちを組織的に一つの型にはめ差別すること」

昔から高齢者を尊重する習慣がある日本でも、問題になり始めています。

例えば、病院などで看護師が高齢の患者に対し子供相手のように話しかけたりすることは、エイジズムとは思われていないことが多いようですが、典型的なエイジズムなんだそうです。

 

『 誰が決めた? 』

2017年、活動家のアシュトン・アップルホワイト(Ashton Applewhite)があのTEDで話をしました。

テーマは「エイジズム(高齢者差別)に終止符を!」という興味深いテーマ。

人は誰もが平等に歳をとります。なぜ私たちは年を取ることを恐れ、悪いものだと見なしてしまうのか?

「もうこんな歳だから私は若くない」とか「歳だから仕事を引退しなきゃならない」「いい歳してみっともない」という思い込みこそが心身を老化させ、健康も損なうようになるということでした。  

そしていったい誰が “そういう思い込み” をつくりだしてしまったのか?

それは盛んにアンチエイジングを謳い、若いことを良しとする美容業界や、身体の老化を悪とするような医療業界などの資本主義社会やメディアなのではないかと?

面白い内容ですので、是非一度ご覧になってみてください。

 

『 年齢なんて 』

人生の時間が長くなるということは世代間のギャップもミルフィーユの層のようにより多くなり、そしてエイジズムもその数だけ増えていきます。

そしてその層ごとの違いは、魅力でもあり個性でもあります。そしてその価値は、違う年代にとってより魅力的であったりしますから、もし世代間のギャップを嫌がらず楽しむ事が出来れば美味しいミルフィーユになるはずです。

 

世代間ギャップやエイジズムの最大の問題点は『他者化』です、その人たちと自分は違うという思い込みです。

それは誰もが通ってきた道と、これから通る道を否定することです、過去の自分と未来の自分を差別しているなんて、全くバカげています。

一度しかない人生の時間を年齢を重ねる度にステレオタイプに振り回されて落ち込むよりは、歳をとることの素晴らしさを感じて過ごしていきたいもんです。

ジェネレーションギャップを少しくらいは理解できる余裕をもち、たいした意味もない年齢なんかに縛られなくなったとき、長生きするのが素晴らしいと思える時代になるような気がします。

 

最後に少しお知らせです、

ちゃんとちゃんとの学校のInstagram』では事務局の清水絵理さんが毎回素敵な本を紹介してくれています。

先日は『変装-私は三年間老人だった』という本を紹介してくれていました。

エイジズムについて考えさせられる本なんだそうです。これは読んでみようと思っています。

 

 

私達は様々なプロジェクトを、サポーターの方々の支援のもと活動しています。

2019年度から『ちゃんとちゃんとの学校』の記念すべき1期生のサポーター募集をスタートしております。

シニアのジリツ支援に関心がある方ならどなたでもご参加いただけますので、是非皆様のご参加をお待ちしております。

詳細はこちらをご覧ください