『 恋愛に年齢は関係ない 』

このエントリーをはてなブックマークに追加

土砂降りの中、赤信号で偶然止まった目の前の車には愛する人がいる、信号が変わるまでの僅かな時間、激しくワイパーが動く度に人生を考える、このまま退屈な、けれども安定した生活を続けるのか? それともドアを開け、全てを捨て愛する人のところに駆け出すのか? 運転する夫の助手席で今にも飛びだそうと、ドアレバーを握りながら涙を流す主人公…なんて映画がありました。

随分と前に観た『マディソン郡の橋』というクリント・イーストウッドとメリル・ストリープ共演の映画です。母親の葬儀に集まった子供達が、平凡な人生を送っていたはずの母親の激しい恋を知るという話です。不倫を袋叩きにする今の時代には合わないのかもしれないですが、悲しすぎる別れのシーンが印象的な映画でした。

 

 

『高齢者の4人に1人が恋愛中?』

50~69歳の独身男女1850人を対象に婚活支援サービスを行う株式会社パートナーエージェントが実施した「シニアの恋愛」に関するアンケート調査がありました。

「交際している相手がいる」(13.7%)、「好意を寄せている相手がいる」(4.5%)、「なんとなく気になっている相手がいる」(5.9%)となったようで、いったいどこからが恋愛なのかはよくわかりませんが、だいたい4人に1人が恋愛中という結果になったようです。

高齢者の4割が恋愛願望があるとも回答したようで、時代とともに恋愛事情も変わりつつあるようです。

 

 

『新しい出会いの場所』

国立社会保障・人口問題研究所によると、戦前には見合い結婚が約7割を占めていたが、1960年代末に恋愛結婚と比率が逆転し1990年代に全体の1割を切り、2010~2014年には5.5%になっているということで、昔に比べて見合い結婚は少なくなり恋愛結婚が増えています。

そして結婚する年齢も変化があります。平均初婚年齢は1908年の男性が26.8歳、女性が22.9歳だったものが、2016年には男性31.1歳、女性29.4歳まで上がっています。これは様々な要因があるようですが、人生の時間が昔より長くなってきたことも関係しているのではないでしょうか。

また50歳以上の出会いの場「森羅クラブ」を運営するイー・シェアーズは、対象年齢を男性は68歳以上に限った「もっと大人の出会いパーティー」を開催して話題になりました。第1回目は昨年4月に行われ、68~80歳の男性と、52~73歳の女性計26人が参加し、平均年齢は男性72.4歳、女性66.6歳と、業界最高齢の出会いパーティーだったそうです。

 

 

『最長寿夫婦』

今年の7月25日、ギネスワールドレコーズは松本政雄さんとミヤ子さん夫妻を、「存命中の最長寿夫婦(合計年齢)」に認定しました。松本政雄さん(1910年7月9日生まれ)、ミヤ子さん(1917年11月24日生まれ)記録取得時のふたりの合計年齢が208歳259日になるようで話題になりました。

また過去にはイングランドで103歳の男性と91歳の女性が結婚式を挙げ、世界最高齢の新婚夫婦としてギネスワールドレコーズに記録認定を申請したという話があります。新郎は103歳のジョージ・カービーさん、新婦は91歳のドリーン・ラッキーさんで27年前から付き合い始め103歳のバレンタインデーにプロポーズし、その後めでたくゴールインしたようです。やはりプロポーズをするタイミングは難しいもんだと思いました。

 

『晩恋』

昔好きだったあの人は、今どうしているんだろう?
誰もが少しは気になるテーマですが、そういう人にオススメの本が『晩恋』です。
一度は結婚をしようとしながら別れ、50年たってからの話です。この本では本来なら2度と交わらないはずの2人が毎日のようにメールをするようになり、過去を振り返りながら記憶をたどっていきます、その様子はとにかく丁寧で臆病で若々しくて思わず引き込まれます。
昔の人の恋愛観や、その当時に聴いていた音楽なども面白いです、また”君に会いたい”というメールを打っているときには年齢や時間は2人の間には無くなっているような気がします。
女性は昔の男のことはすぐ忘れるといいますが、この本を読んで昔好きだった人のことを思い出したりするのもいいかもしれません。

 

『人生100年時代』

“歴史は繰り返す” と言ったのは古代ローマのクルティウス・ルフスという歴史家なんだそうですが、人類が今まで経験したことがない人生100年時代になろうとしている今、当てはまらないこともこれからは増えるのではないでしょうか?、それは “何歳だからこうでなければいけない” とか、”いい歳してみっともない”、…そんな今までの価値観を変えるかもしれません、そう思うと少しワクワクする気もします。

日本が抱えている超高齢社会の問題も少し角度を変えればとても可能性があることにもなるのでは、そういう気持ちの方々にも是非お集まりいただきたいのが、私たちのプロジェクトが主催している”ちゃんとちゃんとの学校”です。シニアに関わる方々とともに新たなシニアの自立を学ぶ昨年からスタートした企画です。今回の”ちゃんとちゃんとの学校”は12月9日に東京大学で一日公開授業を行います、初めて参加される方も大歓迎ですので、是非皆様のご参加お待ちしております!

 

ちゃんとちゃんとの学校@東京大学『100歳長寿先進国を目指して』〜わたしたちができること〜
シニア支援パーソン大集合!
 
私たちは、今の時代に合ったシニアの新しい自立を支えるためのプロジェクトを展開しています。
シニア支援に関わるお仕事や活動をされている皆さん。
各業界の枠を超えて、シニア支援の未来を学んでみませんか?

 

<日時>
12/9(日)13:30~16:30 開催予定

<会場>
東京大学大学院農学生命科学研究科
フードサイエンス棟 中島薫一郎記念ホール
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です