『 スイッチ 』

このエントリーをはてなブックマークに追加

子供の頃は大人ってすごいなぁと思っていたのに、なってみるとたいしたことないと思うことが良くあります。身体が大きくなり周りの環境が変わるとまるで別人になると思っていたら中身はあまり変わらないのかもしれません。いい歳して漫画を読んだりゲームをしたり歯医者が苦手だったり、30年たってもやってることが変わらないと落ち込んだりすることもあります。

IMG_4867

 

先月大阪で会った90歳の女性は「こんな歳して言うのもあれやけど、死ぬの怖いねん、死にたくないねん」と言われていて思わずグッときました、なぜだかわかりませんがすごくその方のことがより身近に感じました。

周りにはそういうことを言うシニアの方がいなかったからかもしれません。「早く死にたい」「長生きするのが疲れた」「もう思い残すことはない」という人が多くてそう感じたのかもしれません。すごく反省しました。何歳になろうが内面は変わらないことが多いと改めて思った出来事で、言葉が直球で心に刺さりました。何回も思い出しているとそれは皆さんが口にしないだけでみんな同じように思っているんではないのかなぁと思いました。また「死にたくない」と言うことは「長く生きていたい」というとても良い言葉なんだと思いました。

IMG_4946

 

言葉に関してはつくづく大切だと感じます。

例えば誰かに話しかけるとします、聞いているのはもちろん聞いている相手ですが、他にもう1人聞いている人がいます。それは自分自身です。

大脳は1人称と2人称の区別が出来ないようです。つまり『私』と『あなた』です。

例えば誰かの悪口を言った場合それは相手に言ったつもりでも、自分の脳も同じことを言われたように感じてしまうということのようです。

日頃明るく前向きなプラスの言葉をよく使うタイプの人と、否定的で他人の悪口ばっかりというタイプの人とでは大きな違いです。

言葉や心の持ち方が健康にも大きな影響があるということは経験的に知っている方が多いのではないかと思います。ヘビースモーカーでも元気で長生きの方、大酒飲みなのに病気ひとつしない、そういう方って周りにいませんでしょうか?

IMG_4945

そして日々使う『言葉』が心に影響し長生きの遺伝子のスイッチにも関わってくるのでないかと言われています。

日本の国民病である高血圧に関係する酵素「レニン」の遺伝子解読に初めて成功された筑波大学名誉教授の村上和雄さんの書かれた『生命の暗号』にトマトの話がありました。それは私も小学生の頃に兄と2人で行ったことのある『つくばの科学万博』で出品されたトマトの話でした。

1本の苗から1万数千個の実をつけたというすごいトマトの話です。見に行ったはずの私も正直あまり記憶にありませんが、その辺に蒔けばせいぜい20〜30個くらいしかならない普通のトマトの種を使い、バイオ技術はいっさい使わず、土を使わず水耕栽培で育てるという農法で育てたトマトで、考案者の野沢重雄さんは「植物は土に根を生やしているために潜在的な生長力が一定に抑えられている」という発想からトマトの生命力を引き出し1000倍もの実をつけるトマトを作ったようです。

 

人間はトマトではありませんが、人間の遺伝子は30億もの膨大な情報がありながら働いているのはせいぜい5〜10%で後はまったく眠ったままの状態にあるようです。

そして遺伝子のスイッチが”ONになるかOFFのままなのか”はそれらをとりまく環境や外からの刺激によっても変わってくる、そしてそれは精神的なレベルでも影響しているんではないかと考えらているようです。

 

そう考えると改めて日々使う言葉って大切なんだと思います。

 

シニアの方々にとってもシニアに関わる人にとっても「言葉」は大切だと思います。シニアの方々に使ってはいけない言葉の話もしていければと思っています。

6月29日の木曜日夜7時より「ちゃんとちゃんとの学校」スタートします。ぜひご興味のある方は気軽にご参加ください。

http://chant0629.peatix.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です