ブログ

サイト管理人のブログです。

ブログ一覧

『 サッカー 』



世界最高のサッカー選手と言われるリオネル・メッシが所属するFCバルセロナが、チャンピオンズリーグで歴史に残る大逆転劇を起こしニュースになっています。

IMG_5715

 

 

 

 

 

一方日本でもJ2の横浜FCに所属する“カズ“こと三浦知良選手が50歳になった今シーズンもJリーグの最年長記録を更新し続けていると取り上げられていますが、スペインにはそれを上回るロベルト・カルモナという54歳の現役選手がいて現在の世界最高齢の現役サッカー選手です。ウルグアイ出身1962年生まれのカルモナ選手は昔のチームメイトの孫とプレーすることもあるということで話題を集めています。

 

サッカーはボールさえあればどこでも気軽にできるスポーツで、また世界で一番人気のあるスポーツだと言われています。(余談ですがチャントチャントプロジェクトの”チャント”はサッカーの応援チャントからきております。)

IMG_1939

 

 

 

 

 

 

 

年齢を重ねてプロでサッカーを続けるというのは大変なことですが、一般の方々が楽しみでサッカーを続けることは健康にもつながるということがわかってきています。

サッカーは一見激しいスポーツですが、ルールが単純で比較的自由度が高い競技ですから、無理をしない程度に気をつけてプレーをするのがポイントです。

デンマークのコペンハーゲン大学の研究によると、ふだんトレーニングをしていない高齢者がサッカーをすることで筋力や骨密度が向上するという研究があるようですし、サッカーは周りを見て動きますから交通事故の予防にも役立ち、ボールを蹴ったり走ったりすることで年齢とともに衰えやすい下半の筋肉が鍛えられ寝たきりの予防にもつながります。

 

また”棒サッカー”という競技も高齢者の方々に人気があります。

この競技はサッカーですが脚を使わないで棒を使います。そして座ったまま行いますので車椅子の方でも参加できます。1チーム11人で縦12メートル、横90センチのコートに向かい合い棒を使いゴールに入れるという競技です。かなり盛り上がるようです。

 

私もサッカーを時々(年に1.2回しか出来ていませんが)しますが、体力の衰えはやはり感じますが、それ以上に多くの人と汗を流して協力してゴールを目指すというのは素晴らしいと感じます。1人だと続かないスポーツもチームメイトがいると続けられるという方も多いようです。

日本でも全国各地で棒サッカーのようなものから、本格的なシニアサッカーまで盛んになってきています。

サッカーがシニアの方々の自立につながるようなことができたらいいなぁと日々考えております。

 

『フットボールは子供を青年にし、青年を大人にし、大人を紳士にする。尚且つ大人を子供に戻す力がある』

リヴァプールFCの名監督ビル・シャンクリーの言葉です。いくつになってもサッカーでもどんなことでも、何か夢中になれることを探すのもいいことかもしれません。

 

 

 

『たかがスポーツ?』

「卓球はシニアにぴったりなスポーツです」と静岡で卓球をシニアの方に教えている男性が嬉しそうにお話ししてくれました。

「卓球はまず下半身が鍛えられますし、早いボールを見る必要があるので動体視力や瞬発力が鍛えられ、なにより怪我が少ないのがいいことなんです」と教わりました。

IMG_0333

スポーツはただ趣味や娯楽だけではなく健康にもかなり関わりがあることがわかってきています。

スポーツによって医療費を抑制出来るのではないかという試みが始まっています。

《e-Wellnessシステムの活用》

株式会社つくばウェルネスリサーチが中心となりの住民に対して個別指導と継続使用可能とする運動、栄養プログラムを提供する管理システム

このシステムを活用した新潟県見附市の実証実験では運動継続した年間一人当たりの医療費は104234円の削減になった。

《三重県いなべ市 介護予防・健康増進活動「元気づくりシステム」》

三重県いなべ市が元気クラブいなべに事業委託を実施している介護予防、健康増進活動。

体験プログラムとしてストレッチ、ウォーキング、ボール運動などを実施。

2008年度レセプト上での参加者全体(588人)の国保の国民医療費削減額は約4600万円。

また「医療費分析による保健医療の効率評価に関する実証研究」東北大学大学院医学系研究科 辻一郎教授に基づく文部科学省試算によると

国民のスポーツ参加により抑制出来る過剰医療費が約2.9兆円とされている。

そして1日1時間以上歩く人はそうでない人に比べて平均寿命が1.5年長く、生涯医療費は70.9万円安いとされています。

健康にも欠かせないスポーツですが、文部科学省スポーツ関係データ集によると日本のスポーツ関係予算対GDP比を比較するとフランスが約3倍、カナダは約4倍、イギリスは約24倍もスポーツ関係予算を使っているようで、日本は予算が少ないようです。今後東京オリンピックに向けて増えるのでしょうか?

一方スポーツは遊びでもあるので、楽しみながら健康維持ができるというのが素晴らしいところでもあります。

ちなみにシニアのスポーツランキングによると

1位  ウォーキング

2位  登山、ハイキング

3位  ゴルフ

4位   器具を使ったトレーニング(スポーツクラブやフィットネスクラブなど)

5位   釣り

6位   サイクリング

7位    水泳

8位    ボウリング

9位    ジョギング・マラソン

10位   卓球

となっていて個人的には今後サッカーが入ってくるのを期待しております。

スポーツは誰でも何歳からでも、本格的でも軽くでもスタート出来ます。

”たかがスポーツ”かもしれませんが、その可能性はかなり大きい。

”されどスポーツ”だと思います。

 

『初めてのCCC』

2/13、シニアの自立を応援するチャントチャントプロジェクトのオープンな定例研究会、chant-chant-club(CCC)をスタートしました。

今回はプロジェクトのプロデューサー幸田涼さんの提案により、社内ですることを公開していく「公開社内大学」というスタイルで行いました。

IMG_9919

初めてのCCCはゲストにマーケティングリサーチのスペシャリストの野呂さんをお迎えして、参加していただいた様々な仕事についている方々と一緒にシニアの自立に対して、それぞれの立場で何が出来るのか、シニアの自立ってなんだろう?というテーマも含めて熱く意見交換をさせていただきました。

IMG_9920

わざわざ高知からご参加いただいたミタニホールディングスの三谷社長からは高齢者の訪問美容や、プロジェクトを通じて寝たきりにならないための料理教室などもすでに行っていただいていて、その取り組みについての話がありました。

IMG_9923

環境問題に取り組まれている渡辺朋和さんからは、世代間を超えてシニアの方々が若い世代に伝えていくことの大切さなど、特に農業を通じて自立をしていく取り組みなどの非常に興味深いお話がありました。

IMG_9921

そして健康をテーマに多くのシニアの方々と日々接している株式会社シールズの小林さんと石原さんからは「自立には健康が大切だけど、健康がゴールになっては意味がない、シニアの方々が本当にやりたいことをしていくことが大切で、そのためには健康でいることが必要になる」とお話されていて毎日シニアの方々を元気にしているエネルギッシュなお二人でした。

IMG_9922

プロデューサーの幸田涼さんからはシニアの自立についての世界中の取り組みなどが紹介され、「一個人や一企業では出来ないような取り組みもチームになれば出来ることもあるはず」という話があり、このプロジェクトの意義を再確認しました。

この『公開社内大学』スタイルのチャントチャントクラブ(CCC)は二ヶ月に一度開催予定です。『シニアの自立』というテーマにご興味のある方はぜひ気軽にお立ち寄りください。

CCC開催

CCCとはチャントチャントプロジェクトの考え方にご興味のある方にお集まりいただいてプロジェクトの具体的な内容や、今後予定している計画などを一緒に話し合うような、お仕事帰りに気軽に参加いただける集まりです。

IMG_5444

 

 

 

 

 

 

 

毎回ゲストをお招きして、テーマでもある「高齢者の自立支援」についてそれぞれの立場から御意見をいただけるようにしていく予定です。

 

記念すべき1回目のゲストはマーケティングリサーチのプロフェッショナル、リサーチデザイン株式会社代表取締役の野呂輝彦さんです。

今回、お忙しい中ご参加いただけることになった野呂輝彦さんは早稲田大学社会科学部卒業後、リクルート関連のリサーチ調査会社「リクルートリサーチ」、独立系市場調査会社「矢野経済研究所」を経て、1989年に消費者リサーチ会社「コミュニケーションリサーチワークショップ」に入社。2003年、同社取締役に就任。2011年5月、同社退社。
同社では年間80~100プロジェクト、22年の在籍期間中には延べ2000プロジェクトの調査実績を持つ。
2011年6月、リサーチデザイン株式会社を設立。
これまで23年間、一貫してマーケティングリサーチと関わっている。というマーケティングのスペシャリストです。

まだまだはじまったばかりのチャントチャントプロジェクトにこのような方にご協力いただけるのは大変ありがたいことだと感じています。

2ヶ月に1度行っていくCCC(チャントチャントクラブ)では毎回ゲストをお招きして、高齢者の自立支援に関連するプロジェクトに年代や職種に関わらず関心のある方にどなたでも気軽に参加していただき、より良いプロジェクトにしていけるようにしていく予定です。

是非ご参加お待ちしております。

プロジェクトリーダー 広納 真介

 

日時場所

2/13  19時より

株式会社ロイヤル内 (地図)

チャントチャントプロジェクト事務所にて

問い合わせ03-5435-1337

 

gf01a201407100600

 

 

 

 

 

 

 

 

Photo by USDAgov

 

 

『高齢化社会を担う「福祉理美容師」の仕事』

「福祉理美容師」という言葉を聞いたことがありますか?

福祉理美容師は、介護が必要な方の施設などに訪問して、美容を施すことができる者のことを指します。

数年前に起きた大震災時にも、多くの福祉理美容師の方々が活躍された事がメディアでも取り上げられ、その知名度は少しずつですがあがってきたように感じます。

実際に、美容師をしている私の友人にも、昨年福祉理美容師の認定資格を取得した人もいます。

2228884605_786fb93312_o

 

 

 

 

 

 

Photo by  conmi

 

■福祉理美容師とは?

福祉理美容師の資格は国家資格ではなく、NPO法人日本理美容福祉協会が証明する認定資格です。

認定資格と言っても、そのレベルは非常に高く、高齢者や身体の不自由な方々へ、不安なく理美容のサービスを提供するため、理美容師資格だけでなく介護福祉の基本知識を備え、寝たきりのカットやシャンプー技法などを学んだ、いわばスペシャリストを輩出するためのものです。

 

■今後注目の福祉理美容

前述した美容師の友人。彼女は東京都内で美容師として働きながら、この福祉理美容師の認定資格を取得しました。しかしこうした制度があること事態がまだ広まっていないこともあり、利用者は多くはないと言っていました。

昨年は半年間で数回程しか、出張美容師としてお客様のご自宅を訪問する機会がなかったようです。そんな数少ない利用者しかいないのが現状ですが、それでも彼女はこの出張理美容に拘るのは、美容サービスを提供することによって、元気になってくれる方々の顔を見るのが嬉しいからだそうです。

「久しぶりに気持ち良かったわ~、有難う!」

これは、足を悪くされて外出が難しくなってしまった、シニア女性のご自宅に訪問した時にかけて頂いた言葉だそうです。その言葉が本当に嬉しく、そしてその時に見せて下さる笑顔に、自分まで元気をもらえると彼女は言っていました。

こうした高齢者向けのサービスは、今後日本が迎える超高齢化社会を担う仕事として増加していくのではないでしょうか。

チャントチャントでは、このような高齢者向けのサービスなどを行う人たちをサポートしたり、もっと多くの方にサービスを知ってもらえるようにご紹介させて頂き、少しでも多くのシニアの方々が笑顔で快適に暮らせるよう応援させて頂きます!