ブログ

サイト管理人のブログです。

ブログ一覧

『 夏休み 』

夏休みはいつから始まったのか?

子供の夏休みは長くて羨ましいと思って調べてみると、どうやら明治時代の頃から始まったようです。

 

明治維新で欧米の文化を積極的に取り入れていた時代、今のように4月から新学期が始まり3月までで1年というかたちではなく、欧米の国々に倣って9月頃から新学期が始まり7月で終わるというような体系になったようです。そのために次の新学期までの間の休みが夏休みの始まりではないかといわれています。

その後富国強兵政策などの影響や、政府の会計年度の変更、軍隊の入隊届けの開始時期が4月になった 、などの影響もあり大正時代には高校や大学も4月入学が定着し、今に至るようです。

 

 

世界の国々で新学期のスタート時期は異なっていて、南半球のオーストラリアやブラジルでは1月〜2月、アメリカや中国、ヨーロッパの国々の多くは9月が新たなスタートの季節になるようです。

大人の短い夏休みを終えると、すぐにまた慌ただしい日常に戻るわけですが、9月からスタートと考えるとまた新たな気持ちに切り替えられる気がしました。

 

 

 

 

 

『センテナリアン』(centenarian)という言葉があります。100歳以上の人物のことで、日本語で「百寿者」とも言われています。

日本はアメリカに次いで2番目にセンテナリアンの数が多いようです。

 

長岡三重子さんは103歳の現役スイマーです。山口県周南市出身、1914年生まれの長岡さんはなんと80歳で水泳を習い始め、85歳でマスターズ水泳大会で日本新記録を出します、そして世界大会にも出場しますが銀メダルしか取れないという理由で91歳からコーチをつけてより練習を重ね、年齢を重ねながら逆にタイムを縮め、その後マスターズの世界大会で20個以上の世界記録を樹立したとんでもないセンテナリアンです。

 

 

背泳ぎ専門の長岡さんは現在も1日1500メートルも泳ぎ、水泳での筋肉強化のおかげで膝の痛みが良くなり正座ができるようにまで回復するなど、年齢を感じさせない長岡さんですが、その長寿の秘訣はまず日常の身の回りのこと(畑仕事、掃除、料理、家事など)は全て自分で行うようです。また食事は好きなものしか食べないようです(中でもカルビが大好きだそうです)。

 

「幸福感があるから長生きできる。能でも絵でも何の舞台でもいいから達成する場面を持つといい」

「苦は楽のため。つらいのはいい薬。楽ばかりしているとろくなことはない。」

 

と長生きの秘訣を語る長岡三重子さんの目標は105歳でも現役を続けることなんだそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

日本では昨年100歳を超える方が6万5692人になり過去最多になりました(うち女性が87.6%)。そしてこれは46年連続の増加になります。

 

100歳以上の人口の割合が全国平均より高い京都府北部の丹後地域と、平均寿命が短いと言われる青森県の住民の健康状態を比較して、長寿の秘訣を探る研究が始まることになりました。

弘前大と京都府立医大などの研究チームによる試みで、65歳以上の1000人を15年間にわたり健康診断をして栄養状態やホルモンのバランス、日常生活や食事内容など計2000項目を調査していく予定のようです。

非常に興味深い研究だと思います。世の中には様々な方がいますから、長寿の秘訣はたくさんあるような気がしますがひとつの目安にはなると思います。

 

 

私も仕事柄ほぼ毎日のように高齢者の方々と会いますが100歳を超える方とお会いすることは正直そこまで多くありません、ただ時々お会いする100歳を超える方々はとにかくお優しい方が多いなぁと思います。お話をさせていただくと本当に面白くて勉強になりますし、やっぱり魅力的な方ばかりだと感じます。

 

水泳の長岡三重子さんまでは難しくても、1人でも多くの方が元気で100歳を超えることが出来たら素晴らしいし、多くの問題も解決出来ることにつながるのではないかと、そういうことにこのプロジェクトが少しでも役にたつようなものにしたいと、9月の新たなスタートにたつ前に感じています。

 

シニアの自立に興味や関心がある方々と一緒に学ぶ『ちゃんとちゃんとの学校vol.2』が8/24 19時より開催します。是非お気軽にご参加ください。

 

 

▼▽▼参加受付中▼▽▼

ちゃんとちゃんとの学校 vol.2
~シニア支援パーソンが集う勉強会~
詳細・ご予約

http://chant0824.peatix.com/

日時 : 2017年8月24日(木)19:00~20:30
会場 :パークスターズ東京青山会議室(青山一丁目駅)
ゲスト: 一般社団法人66Love協会の代表理事 根本 正さま
主催 :  chant-chant プロジェクト

 

 

『 1010 』

ジブリの宮崎駿監督が「トトロが大好きで子供とDVDを何十回も観ています」というファンの方に「そんなことしないで欲しい、それより子供と一緒に外に出て自然と触れ合って欲しい」と思っているという話を聞いたことがあります。

子供の頃を思い出すと夏休みに虫を採りに山に行くと、草で手を切ったり、木の樹液で手が汚れたり、蚊に刺されたり、見たことのない虫を見つけたり、色々なことが起こります。またそのときの土の匂いとか、転んで怪我したり、ズボンが泥まみれになったり、そういうものはなかなか忘れないもんだと思います。まあアニメで見るのと実際に山に行くのでは全く違います。

IMG_6985

近頃は何かを言うとすぐ文句を言われる、そんな気がしています。人はそれぞれに考えも立場も信じているものも違うので仕方がないとは思いますけど、ネットの記事なんかを見ているとちょっと言い過ぎではないのかなと感じることが多々あります。 言った側はすっきりするのかも知れないですが言われた側のことを考えるとそれはあまり気持ちがいいことではないと思います。

”日本人は思ったことを口に出さない”とよく言われていましたが、SNSが盛んになり始めると逆に他人を誹謗中傷するような意見を言うのは日本人が多いとも言われています。

意見を言うことや、話し合うことは大切だと思いますが、人格を否定したりすることはまた違うような気がします。

言葉が活字になるということは怖いことです、それはその活字だけでは伝わらないことが多過ぎるからです。

IMG_6987

通信手段が発達したり、自動化が進んだりでどんどん人と人が会う時間が少なくなってきている中で、より便利になる反面、やっぱり面と向かって会うことの大切さが見直されていると思います。やはり圧倒的な情報量の違いがそこにはあります。

今日は熊本の水前寺で仕事を終えたあと飛行機に乗り18時に羽田に、それから台東区元浅草にある創業は明治の初期という歴史ある銭湯『日の出湯』さんに向かいました。プロジェクトのプロデュースをしてもらっている幸田さんが取材に行くというので同行させてもらうことになりました。

台風の影響で到着が遅れ、予定から遅くなってしまい19時半に『日の出湯』さんに着くと、幸田さんが先に銭湯に入っていました。熊本から駆けつけて汗だくの私と風呂上がりのさっぱりした幸田さんと取材を始めました。

IMG_7241

銭湯は昔に比べて少なくなっています。”東京くらしWEB”によると都内にある公衆浴場数は昨年末で602軒、10年前は923軒だったようですから激減しています。また利用者数も10年前が4万人前後だったのが2万5千人前後までになり銭湯はいま大変な時代を迎えています。

そんな時代に、たった1年で銭湯を立て直し、活躍されているのが『日の出湯』の4代目の田村祐一さんです。

田村さんは若くして日の出湯の4代目になり、2012.11月に銭湯の新しい価値を探るため、銭湯の未来を創るWEBマガジン〔SAVE THE 銭湯〕をスタートさせています。http://savethe1010.com/

 

銭湯はただ入浴するだけではなく、そこで子供はマナーや社会を学んだり、大人はコミュニケーションの場所であったようです。銭湯離れが進むいま、その価値を再び知ってもらい、そして新しい価値を創っていこうと活動されていらっしゃるのが田村さんです。

IMG_7236

田村さんが番台でお仕事をしながら、お客様の邪魔にならないように色々とお話を聞かせていただきました(とても綺麗であまりに居心地が良く長居してしまい、すいません)。

とにかく田村さんは自然体で、シニア層のお客様との短い会話も無駄がなくすごくいい距離感を感じました。田村さんは「お風呂に入るのは生活の一部なんです」と言われていて、私にはそれがすごくしっくりきた言葉でした。

銭湯に限らず人と人が会う時には会話がつきものですが、その時々で心地よい会話をされる方はいらっしゃいますが、実際はそういう方は少なくて、会話は奥が深いですね。マニュアルでがんじがらめの接客の会話もあれば、必要以上な会話も相手からすればお腹いっぱいということもあります。

田村さんはご自身の経験をもとに著書『常連さんが増える会話のコツ』(プレジデント社)の中でも様々な会話のコツを紹介されています。今回おじゃまさせていただいた理由の1つは、銭湯にはシニア層のお客様も多くいらっしゃいます、そのシニアの方との会話のコツなどを学びたいということが理由の1つでした。会話は年代が離れるほどにそのギャップが大きくなる気がします、またシニアとのコミュニケーションの取り方に不安を感じたり悩んだりされている方も少なくないからです。

IMG_7268

昔ながらの銭湯の意味や素晴らしさを多くの人が知ること、それは同時に今の時代だからこそ圧倒的に足りないものじゃないかと思います、また必要とされ始めている気がします。まさに”温故知新”だと思いました。

今回はお仕事の合間のお忙しい中にも関わらずご協力いただいた日の出湯の田村さん本当にありがとうございました、そして番台の前にある椅子に2時間近く座り続けてしまいすいませんでした。とても清潔で近代的ですが、どこか懐かしく人間的で暖かみがある日の出湯さんでした。

8/24、19時より【ちゃんとちゃんとの学校vol.2】を開催します。今回の取材の詳細をお伝えする予定です、またシニアに関わる人やご興味のある方は是非気軽にご参加ください。

▼▽▼参加受付中▼▽▼

ちゃんとちゃんとの学校 vol.2
~シニア支援パーソンが集う勉強会~
詳細・ご予約はこちら

日時 : 2017年8月24日(木)19:00~20:30
会場 :パークスターズ東京青山会議室(青山一丁目駅)
ゲスト: 一般社団法人66Love協会の代表理事 根本 正さま
主催 :  chant-chant プロジェクト

『 ジャイアントキリング 』

”ジャイアントキリング”「Giant Killing」とは弱者が強者を倒すという意味で、よくサッカーなどで弱小チームが絶対に勝てる見込みがないような格上の強豪チームを倒したときなどに使われる、大番狂わせを意味する言葉です。

プロのJリーグのチームが大学生のチームに負けることもありますし、必ずしも資金面や選手の能力だけで勝敗が決まる訳ではないということが時におこります。

まさか勝てると思っていないチームが勝利すると選手や監督やスタッフがやればできると自信をもち、それを応援していたサポーターや、自分を弱いチームに照らし合わせて見ていたような一般の普段あまりサッカーを見ないような人たちにも勇気を与えることがあります。

少しオーバーかもしれないですが”ジャイアントキリング”は世界を変えるということだと思います。

IMG_6719

これはサッカーだけではなく社会的弱者といわれているような人たちにも当てはまることではないかと思います。

 

アメリカのペンシルバニア州アレンタウンで育ったエイミー・マリンズは1歳になる頃から医学的な理由で両足の膝から下を切断しています。義足を付けた彼女はこれを障害ではなく、普通の人が逆立ちしたってかなわないスーパーパワーを手に入れられると考え、陸上の短距離選手として活躍し1996年のパラリンピックでは3つの世界新記録を打ち立て、その後はファッションモデルや女優としても活躍し、2009年にTED(Technology Entertainment Design)【アメリカのニューヨークに本部がある毎年大規模な世界的講演会を主催している非営利団体】のステージに上がりました。身長172cmのマリンズは185cmになって登場します。マリンズはいつもイベントに合わせて義足を選ぶ、街を歩くとき、パーティに出るときといった具合にと説明します。

IMG_6720

 

そのTEDのステージを見た人が、伝統的な義肢業界とは無縁のイノベーター、デザイナー、アーティストたちが独創的な義足をつくれると気づき夢中になり、社会が障害を持つ人々への見方を変えた、義足は欠点を補う道具ではなく、どんな新しい可能性があるかを見つけ出すものになった。(『TED驚異のプレゼン』より)。1歳で両足を失ったエイミー・マリンズは自らの強い意志によって世界を変えました。

 

 

世界遺産の姫路城で有名な姫路市の東側に人口約4万5千人の加西市があります。今年市制50周年を迎える加西市は豊かな自然に囲まれた美しい街で、病気や害虫に強く煮崩れしにくいジャガイモ”はりまる”に代表される豊富な農作物や、昨年の全国高校生ビジネスプラングランプリで全国トップ10入りした県立播磨農業高校、歴史ある北条鉄道などとても魅力的な街です。

 

IMG_6717

 

 

その加西市で世界を変えるために頑張っている”Do-it”というボランタリーグループがあります。”Do-it”では障害者の方が無料で参加出来るヒップホップのダンス教室を月に2回、5ヶ所で開催しています。

 

IMG_6712

 

”Do-it”を始めた人物が阿部さんです。阿部さんは市役所に勤めながら休みの時間などを使って障害者の方々に向けヒップホップを教えています。予定を組み、会場を借り、車に荷物を積んで会場を回り、ダンスを教えて、その全てをたった1人で阿部さんがやっています。

阿部さんはとてもエネルギッシュな人で周りにいる人まで阿部さんのように何かやらないといけないと思わせるような魅力をもった人だと思います。

障害をもったの方のダンスは普通では思いつかないようなダンスが出てくるようで、一流のダンサーの方ほどすごく刺激を受けるようです。

「例えば障害をもった方がダンスで有名になり、プロになってたくさん稼げるようにでもなれば、障害をもっているかどうかを飛び越えて、それをみんなが目指すようなことがおこるかもしれません、そういう社会になるようにしたい、そうすれば世界が変わります」と阿部さんが話をしてくれました。

 

 

その阿部さんが今年からシニア向けのヒップホップの教室をスタートさせたので見学に行かせていただきました。初めて参加される方や、今回が2回目の方もいる中、「初めて参加だけど、大丈夫かしら?」と不安を口にする方もいる中スタートしました。参加者の方々の緊張をほぐすような阿部さんのおしゃべりと高齢の方も無理なく出来るストレッチから始まったダンスレッスンは徐々にレベルアップし、30分足らずで驚くほど素晴らしいダンスが完成されて、信じられないぐらい驚きました、とにかく感動しました。

初めての参加者の方も、終わる頃には打ち解けて、スタジオには笑い声が増え、笑顔になり互いに教え合う姿は、年代や様々なものを超えて通じ合えるダンスの素晴らしさを見た気がしました。

 

 

 

1970年代のニューヨークは財政悪化から最悪の時代を迎え、その中でもサウスブロンクス地区は酷く、毎日のように起こる放火、ドラッグ、犯罪が横行し警察からの対応はなく、行政からも見捨てられた無法地帯になっていたようです。住む家や食べ物にも困るような人々が日々の辛さや、ぶつけようのない怒りや、つらい現実を忘れるようにストリートにラジカセを置いて音楽を大音量に流して誰からともなく踊る遊びがヒップホップの始まりともいわれているようです。音楽のジャンルや人種や年齢もバラバラな人達が集まり踊る、その時間だけは同じ気持ちになれるヒップホップは最悪の時代の最悪の場所から始まった、社会的に1番弱い立場の人間から始まったストリートカルチャーだったようです。

 

 

そんなヒップホップで超高齢社会の日本で介護の予防になるような仕組みをつくりたい、プロジェクトも協力させてもらって広めていきたいと阿部さんと話をしました。

そして阿部さんにも10月頃に東京に来ていただいて”ちゃんとちゃんとの学校”でゲストにお招きしようと思っています。

 

 

超高齢社会に向けて何かできることはないかを考える”ちゃんとちゃんとの学校のvol.2” が8/24に東京の青山で19時より開催決定しました。

是非ご参加お待ちしております。

 

https://www.facebook.com/events/247933715723209??ti=ia

 

 

 

 

 

『 シニア ✖︎ ヒップホップ 』


30度を超える暑い日が続いていますが、暑い日本とは真逆なのが南半球のニュージーランドです。今が冬のニュージーランドは平均気温が12〜16度、世界でも有数のスキーやスノボーの名所でもあり、そして冬はラグビーのシーズンで、あのオールブラックスの試合が見れたりするようです。

そのニュージーランド最大の都市オークランドからフェリーで約40分のところに人口8000人ほどの小さな島、ワイヘキ島があります。

ワイヘキ島はブドウ畑が多く小さな島に20〜30軒ほどのワイナリーが点在し、また芸術家も多く住んでいてギャラリーなどもあり、ワインとアートの島として知られています。

IMG_5985

この島から、後にギネスに世界最高齢のダンスグループとして登録された『ヒップ・オペレーション』(THE HIP OP-ERATION CREW)が誕生します。ヒップ・オペレーションとは”腰骨の手術”という意味でメンバーの多くが腰骨の手術を受けているからということからつけられたグループ名です。

この平均年齢83歳のヒップホップグループ、『ヒップ・オペレーション』を始めようとしたのはビリー・ジョーダンという若い女性です、実は彼女自身ダンスや振り付けの経験もなく、ただお年寄りが好きで「お年寄りに冒険をしてほしい、”いつも通りの日々”から一歩踏み出してほしかった」という理由から、地元のモーラ公民館で一緒にヒップホップの練習を始めます。そしてビリーはヒップ・オペレーションの振り付け師兼マネージャーとして奮闘して、ついにラスベガスで行なわれるヒップホップの世界大会に出演してしまうというびっくりするような本当の話があり、ドキュメンタリーで映画化もされています。

この映画「はじまりはヒップホップ」(原題)【Hip Hop-eration】ではドキュメンタリーですから役者は出てきませんが、とにかく島に住む一人一人のお年寄りが魅力的です。あるお年寄りは立つことが出来ないので車椅子のまま手だけを動かしてダンスをしたり、とにかくみんな優しくて可愛いらしくてユーモアのあるお年寄りがたくさん登場します。

そしてオークランドの学生達のダンスグループ”デザイア・ダンス・アカデミー”と出会い、自分達の孫のような学生達から教えてもらい、学生達もお年寄りからダンス以外のものを学びます。

またラスベガスまで行くには様々な困難が出てきます、持病や、認知症の家族、ラスベガスまでの旅費やパスポートなど、それをビリーやお年寄りが力を合わせて乗り越えていきます。

IMG_5988

そしてついにラスベガスのステージに立ち、名曲『Life Is For Living』が流れパフォーマンスがスタートします、お年寄りが力を合わせてダンスをする姿は本当にキラキラ輝いています、それを見た観衆が総立ちになり盛り上がるシーンは何回見ても感動的です。

〜『Life Is For Living』〜

【シニア世代よ立ち上がれ

みんなはトレンド

夢を追うレジェンド

年を重ね知恵がついても自分の本質は変わらない

16歳や25歳、32歳の頃と同じなの

まだ終わりじゃない

この先も輝く人生が待ってる

それが生きるってこと

仲間と支え合えば

全てを変えることだってできる

もう一度闘うのよ】

映画はDVD化されていますので、是非お勧めです。

IMG_5990

 

 

そして、日本でも兵庫県の加西市でシニアにヒップホップを教える試みがスタートしました。兵庫県の加西市で『Do-it』というボランティアグループがあります。

子育て、高齢者、障がい者サポートなど色々な地域課題に対してダンスを通じてまちづくりを実践し地域づくりに貢献していくという考え方のもと活動されています。

http://www.dancemaestro.jp/whatsdoit.htm

その『Do-it』がシニア向けのヒップホップのダンス教室を今年からスタートしています。7/23にも開催されるようなので行ってみようと思いますので、また報告させていただきます。

 

 

ヒップホップは諸説あるようですが1970年代のアメリカのブロンクスで生まれた文化でヒップは「意識を持った」、ホップは「ダンス」という意味があるようです。

超高齢社会のいま、そして2011年から小学校、2012年から中学校もダンスの授業が始まるなどより身近な存在になってきているダンス、シニアの自立に向けての意識をもった新しい形がヒップホップにあるのかもしれません。

 

『 おせっかい 』


Googleのレイ・カーツワイル氏によると2029年に人間の知能をコンピュータが超え、2045年までにはAI(人口知能)の発達もあり社会が飛躍的に変化するシンギュラリティ(技術的特異点)がおこると予測しています。医療やエネルギー、環境などの問題が解決していき、人間の寿命がさらに伸びるなどと言われ、なんだか驚くような信じられないような話が起こる可能性があるようです。

レイ・カーツワイル氏は50代で心臓発作で亡くなった父親とAI の技術を使って再び会話をしたいと考えているようです。

 

IMG_5684

 

2045年はまだ先の話ですが、すでにAI の登場によって掃除機から自動運転まで様々な変化が身の回りでもおきています。

また人口知能の苦手分野だとされていたクリエイティブな仕事までAI が活躍して、オペラを作曲したり、絵を描いたり、より機械化が進んでいます。

世界的に高齢社会を迎えるなか、医療や福祉の分野でも注目されています。茨城県つくば市にある企業サイバーダインでは病気などで身体機能が衰えた方向けのロボットスーツ「HAL」を開発しています。

 

IMG_5794

 

身体が発する電気信号を感じ取り、その電気信号をもとにコンピュータがロボットスーツを動かす仕組みで、動かない身体を動かすとことが出来るという夢のようなロボットスーツそれが「HAL」です。

 

 

 

 

そして介護などでの素晴らしい機械化が進む一方では、AI に仕事が奪われるのではないかという問題も出てきています。

2013年9月にイギリスのオックスフォード大学のマイケル・オズボーン博士らが発表した論文「雇用の未来:私たちの仕事はどこまでコンピュータに奪われるか?」によると、今ある職業の47%がAI に奪われると予測されています。

駅に行けば昔は切符を切る駅員さんがいましたが近頃ほとんど見かけなくなりました、映画館でも窓口ではなく機械でチケットを買ったり、より効率的で合理的な世の中になってきていて、それはもうかなり前から変化が始まっているんだと思います。

 

IMG_5685

 

 

無駄がない効率的な社会は悪くないかもしれません、ただしそれはそこにいたはずの人がいなくなることにもなり、人と人が触れ合う機会が減るのではないかとも思います。そんなことないSNSがあるじゃないかと思う人もいるとは思いますが、実際に人と人が面と向かって会うのとでは違う気がします。

 

 

昔がいいと言っている訳ではないのですが、例えば私が子供の頃は、月に数回は酒屋さんが家に来てキリンビール1ケースと時々親の機嫌がいいときにはバヤリースを届けてくれていました。玄関先で母親と酒屋さんがしばらくあーでもないこーでもないと雑談をしたりしていたのを覚えています。

今だとネットで頼めばすぐに届きますし、もっと安いと思います。昔は色々な理由があってのことだとは思いますがそういう人と人が触れ合う機会が多かった気がします。

 

IMG_5680

 

 

そういう人付き合いが、私は正直苦手なほうでした。子供の頃に特に嫌だったのは、髪を切ったら近所の人に「髪切ったなぁ、男前なったなぁ、」と言われたりするのは恥ずかしくて嫌だなぁとよく思っていました、まあ、家を出ると挨拶をする人がたくさんいて息苦しいとも思っていた気がします。

 

 

ただ最近はそういう人付き合いが実は大切で意味があるんだと感じています。地域活性のイベントのお手伝いをさせてもらったり、シニアの自立支援のプロジェクトをしているときにも共通している気がしています。

昔は良いも悪くも”おせっかい”な人がいて人のことに口を出してくるんですよね、知らないおじさんに怒鳴られたり、頼んでもないのに世話好きなおばちゃんなんかが色々教えてきたり、、そういう人が昔に比べて少なくなってきた気がします。どこか自分さえ良ければいいという、人間関係が希薄になっているように感じます。

”おせっかい”な方は、言いたくて仕方がないというのもあるとは思いますが、それ以上にその人のためになればと思って言ってくれているんだとも思います。

 

IMG_5678

 

 

今は見て見ぬふりをしたほうがいい、面倒なことには関わらないほうがいいという風潮がある気がします。

 

これからの時代はより合理的に効率的に進んでいくと思いますが、この高齢社会を乗り越えるには自分さえ良ければいいとか、与えられた役割さえすればいいという考え方だけではなく、ちょっと”おせっかい”ぐらいの人付き合いが出来るような関係性が大切になるのかもしれません。