『小さなことでも満足感、満足することが大事』

先日マイアミ・マリーンズのイチロー外野手が、メジャー通算3000本安打に到達しましたね。その試合後のインタビューでは、さすがイチロー選手!と思わされる言葉が多かったですが、中でも「これは素晴らしいな」と感じた一節がありました。

   達成感をどういうふうに消化して、これから前に進むのか

この問いに対してイチロー選手はこう答えています。

イチロー『達成感って、感じてしまうと前に進めないんですか?そこがそもそも僕には疑問ですけど。達成感や満足感は僕は味わえば味わうほど前に進めると思っているので、小さなことでも満足感、満足する事はすごく大事な事だと思うんですよね。だから僕は今日この瞬間、とても満足ですし、それを味わうとまた次へのヤル気、モチベーションが生まれてくると、これまでの経験上信じているので、これからもそうでありたいと思っています。』

よく、何か偉業を達成した後に虚無感症候群に陥り、その先へ進む力を失ってしまう人がいると聞きます。恐らく、この質問をした記者の方も、そんな思いからイチロー選手へこうした問いを投げかけてみたのではないかと想像します。

しかしイチロー選手は「達成感は味わえば味わうほど前に進める」と答えました。ものすごくエネルギーのある方でなければ、なかなかこうした答えには辿り着かないのではないかと感じました。

4264225457_a77e4efc2d

Photo by needoptic

「小さなことでも満足感、満足する事はすごく大事」この言葉は、私たち働き盛りの世代に限らず、どの世代の人たちにとっても大切であり必要な事だと思います。

また、シニア世代においては、小さな満足感を積み重ねていくことは、元気でハリのある人生を送る上で欠かせない事だと思います。シニアライフを楽しんでいる人たちは、多くの人が何か目標を持って毎日過ごされているという統計を見たことがあります。

目標は小さくてもいいのだと思います。大切なのは具体的な目標を持つこと、そうすればそれを達成するためにヤル気が湧いてきます。そのヤル気こそが、シニアライフを楽しく過ごす力にきっとなってくれるのではないでしょうか。

今回のイチロー選手のインタビューは、目標を持つこと、そしてそれを達成するために努力をすること、さらに達成後にはまた新たな目標に向かう事で、人生を豊にすることができるのだと教えられたように感じます。

 

 

『握力の低下は要注意?』

最近、握力を計ったことはありますか?

先日近所で行われていた地域イベントに行ってみると、「体力測定コーナー」というものがあったので、試しに立ち寄ってみることにしました。測定したのは「脚筋力」と「握力」の二項目です。

脚筋力の測定は、パイプ椅子に浅く腰掛けて、両手を交差して胸に当てた状態でスタンバイ。スタートの合図で完全に膝が伸びきるまで立ち上がり、素早くまた椅子に座る、そしてまた立ち上がる、座る、を繰り返し、30秒間で何回出来たかを数え、その回数によって脚筋力が優れているかどうかを判定します。

握力は、皆様も一度は経験したことがあろうと思う、握力計(スメドレー式)を使用して計ります。握力を計るのは、恐らく学生時代ぶりでしたが、結果は両手とも平均的な握力であることが判明しました。

実はこの握力測定、単に体力や筋力を計るためだけではなく、病気のリスクを判定できる可能性があると言われているのをご存じでしたか?

 

■握力測定は心筋梗塞や脳卒中の簡単な検査法

握力測定は、心筋梗塞や脳卒中の発症リスクを知るための簡単な検査方法の一つになると言われているのです。カナダのマクマスター大学が主導した国際研究チームの発表によると、握力が5kg低下するごとに、何らかの原因による死亡リスクが16%増加するとの事。さらに、心臓発作リスクや脳卒中リスクにも関連があるということを発表しています。

日本では厚生労働省研究班による調査では、握力が最も弱いチームよりも最も強いチームの死亡リスクは約4割低かったという結果が出ているそうです。死亡リスクだけでなく、心臓病や脳卒中などの循環器系の発症リスクも下がっていたことから、健康状態を表す指標として握力測定が有効ではないかとの見方をしているようです。

もちろん握力は、その人の生活習慣や運動習慣によって、大きく異なる場合がありますので、一概に握力低下が病気へと直結しているわけではありません。

しかし、明らかに握力が低下したなと感じる場合には、どこかしらに何か病気が隠れていることも考えられますので注意が必要かもしれません。また、こうした変化を切っ掛けに病院を受診することで、病気の早期発見に繋がるかもしれませんね。

最近ペットボトルの蓋が開けにくいなと感じることはありませんか?もしかするとそれは握力低下のサインかもしれません。

 

3851266954_7b927eacc0

Photo by CharlotteSpeaks

 

「読み聞かせ」

image
「読み聞かせ」というと子供に絵本を読んであげるようなイメージがありますが、今はシニア向けの読み聞かせが行われるようになり話題になっています。

(いつもブログはチャントチャントプロジェクトのPRマネージャーの高山が担当していますが、今回はプロジェクトリーダーの広納真介が書かせていただいております。)

私の母は兵庫県宝塚市にてボランティアでシニア向けの読み聞かせを定期的にしています。
もちろん子供向けの読み聞かせもしているようですが、シニア向けの読み聞かせは本を読む側も、聞く側も認知症の予防にいいと言われているようです。
「聞いていると認知症の予防に良いですよ〜」と母が言うと「じゃあ聞くわ~」と言って話を聞いてくれる方々がいるみたいです。
母はおしゃべりで、元バスガイドなので慣れているとは思います。

子供向けの読み聞かせで有名な例として「クシュラの奇跡」という本があります。
これは生まれつき染色体異常で複雑な障害をもったニュージーランドのクシュラという女の子の話で、2時間以上眠ることが出来ず、物も握ることが出来ないという状況から、両親が生後4ヶ月から1日14冊もの本を彼女に読み聞かせたところ5歳になる頃にはクシュラは周りの子供たちよりも知性が高くなり、本が読めるようになったというストーリーですが、それは両親の深い愛情、声の持つ力、本の素晴らしさなどが関わっているのではないかとされています。
世界で初めて脳科学で読み聞かせの効果を解明したのが日本大学大学院総合科学研究科・泰羅雅登(たいら・まさと)教授で、実験の結果として読み聞かせをされた子供の脳で活性が見られたのは、思考、創造、意図、情操を司る”前頭連合野”ではなく、脳の深部にあり情動、感情に関係しているといわれている”大脳辺縁系”で、「心の脳」といわれ『楽しい、うれしい、怖い、悲しい』に関係する部分、つまり読み聞かせは心の脳を活性化させるといわれています。
これは高齢者の方々にもすごく大切なことだと思います。
そして昔、本を読んでもらったことを思い出したりするのも素晴らしいことだと思います。

毎年9月21日は「世界アルツハイマーデー」があります。
自分の大切な人がアルツハイマーにならないようにするには、自分がアルツハイマーにならないようにするには、何か出来ることはないのか、母の写真を見ながら考えてみようと思います。

 

2384707874_b07229bbfc_o

photo by aidantmorgan